顕微鏡治療の意義。

October 15 [Wed], 2014, 12:49
口の中はいろいろな形があります。顔や体に個性があるように口の中にもいろいろな個性があります。生まれつき歯が少なかったり、歯の位置がずれているなどさまざまな違いがあります。特に歯の根っこにある根管とよばれる部分は曲線を描いている場合があり、歯の治療に帆上に大きな影響を与えることが有ります。さらに歯の中にいろいろな治療を施している場合にはその治療に使ったかぶせ物などの器具が根管の中に残ってしまうことが有ります。その時には口の中の治療をしなければならないのですが、複雑になった口腔内の細かい部分に残っている器具を見つけだすことは非常に困難です。最近では顕微鏡をつかった治療が流行しているため、そのような細かい部分の治療も簡単に行えるようになりました。さらに同時に複数の医師がその部分の治療を同時にみることができます。さらに治療の様子を映像として保存することも可能なのでその後々の確認にも役立ちます。
http://インプラント東京おすすめ.asia/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:takahachi
読者になる
2014年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/takahachi4269/index1_0.rdf