個人的な稽古場日誌13

2009年09月30日(水) 0時42分
ラジオの放送時間わかりました!
9月30日21:30〜
だそうです。
明日収録して明日放送かあ!!
あー緊張する。
放送禁止用語とか言わないように気をつけよう、まじで。

今日は稽古帰り、浦井君と一緒になりました。
浦井君は、今回の座組で唯一、初演モロトフカクテルに参加している人間。
タカハ劇団にも3回目の客演。私が浦井君の所属するコマツ企画さんに客演させていただいてることもあって、なんだかんだの腐れ縁です。
とはいえ、今回の現場に入ってから、サシになったのは今日が初めて…。
ということで、電車に揺られるほんの数分の間、妙な同窓会気分に浸ったのでした。
こういう仲間がいるってことは喜ぶべきことだなあ、なーんてね。

稽古はまさに佳境です。
多分なにか、重要なものを見落としてるんだ、私。
重要かつ初歩的かつ基本的ななにか。
もう一度それを取り戻すために、今一度真っさらになって台本を読み直すことが必要だ。

頑張るだけなら誰でも出来る。

これは私の座右の銘。
頑張るだけなら誰でも出来る。頑張るのは当たり前。
行きたいのはさらにその先なんだから。
とにかく立ち止まらないように。

個人的な稽古場日誌12

2009年09月29日(火) 0時40分
オフ明けの稽古。
本番までもうオフが一日しかないと思うとゾッとしますね…汗

ちくちくちくちく、穴を突くような、痛いところをえぐるような稽古を試みてみる。
何がどう出来ていないのか、突っ込まれないと気づかないってことはあると思うから、痛そうに庇っているところも無理矢理ほじくり返してみる。
今後はもっと上手いことつっこんでいこう!!的確に。ぐりぐりっとね。
みんな、もっと苦しめばいいのだ。
役者なんてそもそも業を背負ってるんだから、いっそ業火に焼かれてしまえ、と思う。

今日はお休みの役者さんの代わりに稽古場助手の桜井君が代役に入ってくれたんですが、彼の芝居がホントに素晴らしくて、目から鱗の落ちる思いがした。
秋の空のような、スカッと突き抜けた、何も足さない、何も引かない、純真な言葉がそこにあった。
「お芝居しようっ」て衿を正されるような演技。

桜井君は役者経験はあるのだが、今は裏方として作品を支えていく立場になりたいとのことで、スタッフワークの修業中とのこと。
役者さんではないのだ。
でも今日一番いい芝居をしていたのは彼だった。
まわりにいるプロの役者達が彼に鼓舞されていた。

これは一体どういうことだろう…?

彼はこの現場で一番の若手。
キャリアだってまわりに比べたら全然ない。それなのに…
彼にあって、役者達にないものはなんだろう…。
と考えてふと思いたった。
桜井君が持っているのではなく、役者達が持ちすぎているのだ。
「自分をこう見せよう」という打算。
「こうあるべきだ」という思い込み。
それを経験が後押しする。

いらんいらん。
そんなものいらんのだ。
ただ舞台上にそれとして「いる」ということ。
役者の仕事はそれだけで充分なはずだ。
「こうしよう」として「こうした」ことは、舞台上では通用しない。
こうしてしまった!
こうなるべくしてなってしまった!!
そうして表出したものしか舞台上には存在出来ないのだ。
役作りっていうのは、「こうしよう」とプランを考えてくることではなく、「こうしてしまう」状態になることなんだろう。

なーんて、そんなこと、みんなわかってるんだよねぇ。
それでも「こうしよう」と自己演出を加えてしまうのは、なにか、どこかになんらかの、心許なさを感じているからなんだろうね。
例えば演出に対する不信感だったり…ね。
いっこづつ取り除いていこう。
とまあ自己批判もしつつ明日の稽古に想いを馳せる。

今日の桜井君の演技は宝物みたいに私の心に残ると思います。


あー。
ラジオに出させていただきます。
ちょっくら宣伝してまいります。
収録は9月30日だそうです。
放送は…えっと…明日確認してみますね(笑)
扉座の有馬自由さんと、キャラメルボックスの畑中智行さんと行ってきます。
エフエム世田谷さんの世田谷的演劇案内〜シアターFという番組です。
有馬自由ファンと畑中智之ファンは必聴です!
ネットでも配信されるとのことなので、静岡在住のタカハの両親始め親戚一同も必聴です。

個人的な稽古場日誌11

2009年09月27日(日) 0時23分
明日はオフー!!ということで、稽古後は嬉々として飲みに行きました♪
今日はどんだけ飲んだって大丈夫なんだーい!
といいつつも、もちろん深酒はせず、よきところでサラリと帰りましたよ?
オフだって仕事はあるのだから…。
でもま、ね?
いいお酒でした(笑)

お酒の美味さとは反比例して胃はキリキリ…。

台本の1から10までをこんこんと役者に説明して聞かせることは簡単ですが、それが作品を向上させるよき演出とは限らないですよね…。
誰かに与えられた答えより、自分で得た答えの方がいいに決まってるんですから。それを促すのがいい演出、だと私は思ってるんですけど、どうですか?世の演出家の皆様。
ぎりぎりぎりぎり締め付けて1から10まで徹底的に叩き込むのが演出の仕事かなぁ?
だとしたら役者の存在意義って一体…ロボットでいいじゃない!と私は思うのですが。

ロボットにしてやろうか…。
(蝋人形してやろうか、的なノリで)
とか時たま思うこともありますけどね(笑)
それはもう…リーサルウェポンなのさ…。

あと二週間。
まだ早いわよねぇ?

このオフで各自どれだけ飛躍できるか、楽しみですね…。
ふふふ…。
キリキリ…。

明日は自炊しよう。野菜食べよう。
化粧下地も切れたし、買いに行こう。
そして9月末締め切りのお仕事、ちゃんとやろう(^-^;

個人的な稽古場日誌10

2009年09月25日(金) 23時29分
稽古二週目ももう終わりかぁ…。
うわあ…。
20時には稽古終えたのに打ち合わせやらなにやらで結局帰路につくのが23時を越えてしまった。
ま、ほとんど雑談してたけど。
タカハのスタッフは、私、演助、舞監、美術、照明、音響と同じ大学出身なので、学生運動だなんだって話になった時、簡単にビジュアルイメージを共有できて、やりやすいです。
あそこの校舎のあのかんじ。
立て看板っつったらあのかんじ。
アジビラといえばこうだよね〜。
で伝わるからね。
7年目にして、ようやく大学行っといてよかった!!と思ってます(笑)
経験は多くしといた方がいいのね…。

で今日は演助さんと美術さんと大学の思い出話に花咲かせたんですが(私は現役ですが)美術さんがぽつりと
「私、新聞記者になろうと思ってたのに…」
と呟いたものだからぶったまげました。

道踏み外しすぎ(笑)

人生ホント何が起こるかわからないよねー、と今ともに芝居作りの現場にいることを喜び合ったのでした。

稽古はいよいよ核心部分に触れるものに…。
見ていて辛いです。
人が怒ったり泣いたり傷ついたりしている姿を見るのは、例えそれがお芝居上のことであっても、登場人物達とともに心を動かしている訳なのでね。
まあ、しんどいのと同じくらい楽しいんですけどね。
役者さんは大変だ(^-^;
でも羨ましいっ!!

個人的な稽古場日誌9

2009年09月24日(木) 23時17分
今日は良いペース配分で稽古出来た!!
と、思う…。
明日への活力がある時点で帰路についてるあたりが良い。
ま、あくまでも個人的な話しですが。

なんだかんだで稽古も折り返し地点に。
早いなぁ。
ついこの間まで、「まだまだぁ!!」とか言ってたのに、役者さんの顔にもうっすらと焦りの色が。
焦りの感情はある程度であれば必要なものですよね。
我を忘れてしまうほど追い詰められるのは良くないですけど。

これからの二週間は適度にキリキリピリピリしていくんでしょうね…。
あぁ…(>_<)
その分楽日に飲む酒がうまいっ!!てものです。
あの一杯…あの一杯さえあれば、どんな痛みも堪えられる。小腸全部引きずり出されても生きていられる。

なのでそれまでは!!

もっともっと!!
なんかよくわからないけど、
もっともっと!!
と、私の心の奥の方が沸き立っています。
私の命が燃えて燃えて、小さな消し炭みたいになってしまえばいい、って思いに駆られることがあって、もうなんか、マゾヒズムというかフェチの世界なんですけど、とにかく私は演劇で、自分を消耗したいんだと思います。
自虐と自慰がないまぜになって…、ようは、好きってことなのです。

宣伝!!

2009年09月24日(木) 11時16分
モロトフカクテルの宣伝じゃないんですよー。

劇評を書くためのセミナー

の宣伝です。
詳細こちら→http://www.wonderlands.jp/info/seminar09the.kohenji3.html
素人さんからでも始められる劇評を書くためのセミナーでモロトフカクテルについて話します。
現在受講生さん募集中だそうです。

私以外の講師の皆様はホント素晴らしい方々です。
彼等の作品制作秘話が聞ける!!ということで、いかがですか??

個人的な稽古場日誌8

2009年09月23日(水) 21時16分
今日はなぜか稽古場で、男の裸体を見た。
ような気がする。
服を脱ぐと集中力が上がるといいながら、裸体で台詞を覚えていた。
ような気がする。
いや…全ては幻。地下稽古場の酸欠が見せた白昼夢に違いない。

あ〜、
クソワロタ。

脱ぐと集中力上がるってなんじゃそりゃ(笑)
追い詰められすぎ。

確かに今回の台本、台詞が長いし日常会話では絶対使わないような硬い言い回しが多いからおぼえる人は大変だ。
にしても…(笑)

一度「この台詞苦手」っていう自己暗示かけちゃうと、あとはもう何をどう頑張ってもとちり続けるってのは実際よくある話で。
なんとかこの自己暗示、本番までにはといてくれますようにっ!!

祈ってますよ。

今日は帰りに、富士そばのカツカレー丼(540円)を食べました。
これ旨いんですよ〜。
カツ丼にカレーがかかってるっていう、どう考えても美容と健康にはよろしくない食べ物です。
味濃いんだ〜!
食べた後、喉チョー渇くんだ…。
またこれに付いてる御吸い物?
これがまたしょっぱいんだ!!

でも旨い。

このしょっぱい御吸い物、大好き。
しかし稽古が始まってからというもの食生活が壊滅的です。
自炊するほどの体力的余裕は無いし、外食で野菜補給するには金銭的余裕が無い…。
野菜が〜野菜が食べたいよ〜(>_<)
そろそろ、舌がピリピリ、口内炎がブツブツ、出来始めました。

はあ…。
誰かオサンドンに来て、私に野菜食べさせてくれないだろうか。

個人的な稽古場日誌7

2009年09月23日(水) 0時37分
オフ明け後の稽古。
まー、煮詰まってくる時期ですよねー、ていうのはこちらがわ(演出席)から見た話で、役者さん達のなかでは今まさに自分の役に対する考察がふつふつと縦横無人に沸き上がり心掻きむしってるところ、なんだろう。
休憩中のふとした会話の熱のこもり具合に、そんなこと感じたりして。
伸び時ってやつだ。
役者さん達の無尽蔵に沸き上がってくる好奇心に対して、誠実に答えうるだけの「何か」が、演出にも求められてる訳です。
まだまだまだまだ、私もこの作品に向きあわなければいけない!
初演のときのブログにも書いたけど、この作品はホント、「戦い」に支配されてるんだなあ、と…。
「戦う」ってなんでしょう!
二年前の自分に教えられることも沢山あったりして。
つくづく、自分というものはその時々の点滅のつらなりであるのだなあ…。
かつて出来ていたことが、今当然のように出来るかといえば大間違いやね、と自分を戒める日々ですよ。

かえりに寄ったラーメン屋のつけ麺が、それなりに旨く、それなりに旨くなかったので私はご機嫌です。
最近食べた中ではわりとGOOD。
ちゅーても、最近のつけ麺はどこも似たり寄ったりですなぁ。
オリジナリティという意味で、池袋の梅本を越える一品がなかなか現れないので、歯痒い思いをしています。

あ、また稽古と関係ない話に…。

えーと、今日も恩田さんは噛んでました(笑)
連休明けなので皆さんこぞって飲みに行こー!!とか言いだすかと思ってたんですが、意外と皆さん、すらすらスラリと御帰宅なさいましたね…?
偉いです!!
全然寂しくなんてないんだからねっ!!!!

イケメンに会ってきました

2009年09月21日(月) 13時13分
イケメンに会ってきました。
私の人生でかつてこれほどまでにイケメンを目の前にしたことがあっただろうか。

否。

イケメンならんでたなぁ〜。
イケメンの惑星直列だったなぁ〜。

しかしイケメンもそれぞれ個性がある人間なんですね。
いや当たり前のことですが。
しかしどうもいままでイケメンと触れ合う事なく人生を過ごしてきた私にとってイケメンというのは、無性生殖によって無限に増殖していく単細胞生物のような存在だったのでね…。
個性がある、という当たり前のことにも思わず感心してしまうのでした(笑)

ま、何がいいたいのかといいますと、
イケメンに会ってきた。いいだろ〜♪
という自慢話です。
詳細はまた後日、お知らせできればいいなぁ〜!!

オフ

2009年09月20日(日) 13時15分
オフです。
やることいっぱいのオフ。
気の重いオフ〜(>_<)
でもちゃんとやることやって、早いとこ100%モロトフカクテルになるのだ私わっ…!!
コバエも駆除したし(してもらったし)、部屋もちょっと片付けたし、洗濯もしたし。
あとはもう、仕事、仕事っと…。
夏休みの宿題やるときの気の重さに比べたら全然平気さ。

しっかし、日本にはいつからシルバーウィークなるものが誕生したんですか?
今年から?
今年だけ??
随分な大型連休だそうじゃないですか。
へー…。
みんなどっか行ったりするんすか…。
いいですねぇ…。

見上げれば雲一つない空!!
ブルーシートみたいで気味が悪いです。
っていうのはヒガミ(笑)
眩しくて立ちくらみしちゃうっ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:高羽 彩(タカハ アヤ)旗揚げの時の舞台写真ですね
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:5月10日
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる


タカハ劇団主宰 役者 脚本・演出家 所属:クレイ

このブログは高羽の個人的なつれづれを綴ったブログです。
タカハ劇団の公式活動情報につきましては、劇団HPをご覧ください。
またお問い合わせは
infoあっとまーくtakaha-gekidan.net
(迷惑メール対策のため、@を「あっとまーく」と表記しております)
までいただきますようお願い申し上げます。

-----ニュース!!-----


次回公演詳細まだまだ未定!
詳細はこちら!
タカハ劇団の公式情報をお求めの方はタカハ劇団WEB


-------今後の活動-------
【タカハ劇団】
次回公演
今春?!

作:演出:
乞うご期待!

【高羽 彩】

お仕事待ってます… -------最近の活動-------

工事中
チケット予約メールフォーム//お名前・ご連絡先・希望公演名・希望日時・希望枚数を御記入ください。

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
©PETAPPA