アフタートーク出てきました

2009年04月29日(水) 1時10分
本日、カスガイ『リビング』のアフタートークに出演させて頂きました。

明日が千秋楽ということでね、迷っている方は見に行って損はないと思います。
私は自分のブログでは特定の劇団の名前を挙げて感想を書いたりすることをなんとなーく禁じてるのですが、
今回は好き勝手喋らせて頂いたご恩もコミで言わせて頂きます。
迷ってるなら見て損はない!と。

というのも、私の都合で、観劇自体は別日にさせて頂いたんですがその時に、この完成度だったら楽日に向けて観客数伸びまくるんだろうなー、楽日とかパンパンなんだろうなー、すげえなー、とか思ってたんですよ。
でも今夜の時点で、楽日の二公演、お席に若干の余裕があるそうです。
ビックリしました。
え!なんで!って。

たぶん、
旗揚げだし、役者さんのユニットだし、ということでみなさん警戒してるんでしょうか…?
なーんてお節介に思いまして、こうしてブログで訴えてみました。

迷ってるなら是非。

てあとろの同期の須貝くんがとても素敵な演技をしていたので嬉しくなりました。これは身内の話。


アフタートークはね、ま、いつも通り、前に出すぎるゲスト、ってかんじで楽しませて頂きました。
タカハうぜ〜とか思われているかと思うとゾクゾクしますね(変態)

くうっ!明日からゴールデンウィークですね!!
ひさびさにゆっくり実家に帰ろうと思いまーす!!

女子力ってナンデスカ?!

2009年04月19日(日) 12時11分
最近よく聞くんですけど、

「女子力」

アレってナンデスカ?
使用法から推測するに、「恋愛力」ほどの意味かと。
調べてみると、特にこれといった定義はないようです。
あとは、「身綺麗にする能力」っていうのも女子力には大きく関わってるようですね。

じゃあ、「男子力」ってあるんですかね。
あまり聞かないですよね。
なにか、すごい、筋肉…とか?


「女子力」という言葉の跳梁跋扈が意味する物はいったい何なんでしょう。

「女子力」ってようは「社会の求める女性像」っていうことなんでしょうね。
「女子力上げなきゃ!」
とか、自発的な文法で語られることが多いから、「女性が自ら求める欲する物」かのように感じますけど、実はそうでなくて、逆に求められているんですね。
てことは…、今、社会が女性に求めてる能力って、
「小綺麗にして、恋愛する能力」??
…だけ?

いや、たぶん違う。
ウン十年前の日本ならいざ知らず、現代社会はもっと高度な要求をしてきているはず。
「身綺麗にして、恋愛する能力」のまえにこういう文言が必ずついている。
「仕事もしっかりこなして」

「仕事もしっかりこなして身綺麗にして恋愛する能力」

これがいま、社会に求められてる女性像ですよ。
女子、大変だね…。

もともと私は「女子力」って言葉に批判めいた感情を持っていたんだけど。
なぜなら「女子力」「女子力」言われるとあたかも、「女は綺麗にして恋愛してればいいんだよ」というメッセージだけ強調されてるように感じてしまうから。
けど、そこだけに過剰反応して、ウーマンリブよろしく「前時代的だー封建的だー女性蔑視だー」って叫ぶのはなんだかちょっと的はずれなような気がしてきたんだ。

たぶん振れ幅の反動の問題なんだよね。

で、これだけ「女子」であることが強調されるのは、女性が「女性性」以上に「男性性」を求められてきたことへの反動なんじゃないかと思うんですよ。
社会に進出するなら「男になれ」って言われ続けた反動が「女子力」って言葉に現れてるんだろうと思う。
だから改めて思う。

女子、大変だね。

男性と同等であることを求められながら、男性はしない化粧をし、毎月パンツを血で汚すんだから。
そしてそれが今やもう、「当たり前」なんだから。
女子の標準装備のスペック、どんだけ高いんだよ。
で、はじめの話題に戻るんですが、

ねえ…、

男子は?

「男子力」は…?
女子になくて、男子にある能力って何…?

男子は今、何を求められてるんだ?


ティンとキタ!


女子が「男性のように仕事をしっかりこなす能力」を求められてそれを獲得した今、男子に求められているのは「女性のように身綺麗にして恋愛する能力」だー!!!
そしてそれを獲得したのが「草食系男子」かーッ!!!

書きながら思いついたけど…でもそっか、そういうことか…。
ほわぁ〜世の中って良くできてるなぁ世の中って自然界なんだなぁ。
もう、私はてっきり、このまま男性はカマキリの雄のごとく、交尾のあとバリバリたべられる運命になだれ込んでいくのかと思ってましたけど、そうはいかないか!
進化してるんだなぁ男性も女性も。
じゃあ男性も、女性のようにみ綺麗にし恋愛しながらも、「男らしくッ」なんてことを求められちゃうのか。
男子、大変だね。

結局、男子も女子も両方大変だって結論になっちゃった(笑)

こうやって私たちは、女性性と男性性の振り子の振幅を行ったり来たりしながら、いつか性差無き存在になるんでしょうか。
振り子が静止する日は来るのかな?
そしたらギリシャ神話のアンドロギュノスみたいに、頭は二つ、手足は4本ずつ、両方の性器を兼ね備えた生き物になるのか…。
ちなみに、アンドロギュノスは「神をも恐れぬ不遜な態度」だったらしい。
無敵すぎる。

おしらせいくつか〜オーディションとか

2009年04月17日(金) 22時56分
800字課題のその後ですが。

皆さん、大方の予想通り、先日は寝ちゃいましたよ。
あんだけゆっといてホントに寝ちゃうんだから、神経を疑います。
で、「朝早く起きてやろう」作戦を決行することに。

まあこちらも、予想通りの結果ですよね。

しかし、実は提出期限を一日早く勘違いしていたことに気づき胸なで下ろすも、結局提出がギリギリすぎて授業で取り扱って貰えなかった。

なんか、ザ私、って感じのエピソードですね。
人間が成長するなんてウソだな…。

今日は書きたいことがいっぱいあるんですが(めずらしいな…)とりあえず!取り急ぎ!!お知らせを!!

タカハ劇団第五回公演
『モロトフカクテル』
出演者オーディション開催決定!!


これこれ…これをお知らせしませんと…。
詳細はこちら

いろいろまあ、こちゃこちゃーッ!と書いてあるので、参加したいと思ってくださった方はそちらを参考にして、応募なさってください。
郵送でなくても応募出来るようなので。

オーディションといっても、WS形式です。
で、WS形式だからこそ、というか私の力量不足というか、参加人数が非常に限られております…。
でもその分ちゃんと、参加者の方と共に芝居を一本創るつもりなので!きっと面白いよ!!

出演者オーディションですがそれ以上に、色んな方に出会いたい!というのがありますので、あまり作品のこととか、配役のこととか、考えずにいらして頂けたらと思います。


お知らせその一終わり

その二
アフタートークに出ますよ!

またか…。
アフタートークじゃなくて、本編でろよ…。
と一抹のさみしさは感じるものの、やっぱり呼ばれりゃ嬉しい、ということで、今回ものこのこ出演させて頂きます。
カスガイっていうプロデュースユニットのお芝居ですよ。
詳細こちら

その3
先日の…

取材の件ですが、掲載誌はこちらになります。
所属事務所のWEBをみたら、あっさり雑誌名載っていたので。
有り難いことですね…。

★ 日経エンタテインメント2009年6月号(5月2日発売)
   掲載ページ:「麻生香太郎の業界潜行」

潜行されてきました…。
親類縁者はこぞって買い求めて欲しいですね。

取材していただいた!!

2009年04月13日(月) 21時35分
取材を受けて参りました。
雑誌名は、もうちょっとあとになってから公表しますね。広告が出る辺りに。
配慮っていうか単純に、ほんとに記事になるのかな…私の夢だったらどうしよう…とビビってるからです(笑)

…。
……。
うわああああ。
緊張したあああああ!!

そんなこんなで今日一日緊張しどおしでしたよ…。
いやもちろん一日中取材ってことじゃなくて、取材自体は夜の一時でしたけどね。
もうそのことを思うとドキドキドキドキ…。
16時を回る頃にはミゾオチ辺りがシクシクシクシク。胃に尋常でない激痛が。
取材を終えた今は、急激な安堵でまた激痛が。脂汗が。
ふぅ。
構ってもらいたがり気質のため、人様が自分の話しを聞いてくれることが嬉しく、舞い上がってよけいなことしゃべったんじゃなかろうかと心配するも時既におそしです。

誌面に自分がどのようにあらわれるのか…
楽しみです。
高羽家にまた一つ家宝が増えるな(笑)
あの場にいた皆様、お世話になりました。ありがとうございました。



さて、
帰ったら大学の課題を一つこなさなくては。
800字のショートを一本上げなくてはならないのです。
が…
この状態で家に帰って自分がワードを立ち上げる姿が全く想像つかないな。
化粧も落とさずねむりに就く姿なら容易に想像つくけど。
でも課題やらなきゃ…とかなんか大学生みたいでカッコイイな!!
夢にまで見たキャンパスライフ。
わーい。

ちょ、まじ週末とか呑み歩いてたしぃーバイトマジきちぃしぃー課題とかマジチョーテキトーなんだケド!!

とかいいてー(ホントはめっちゃ一生懸命やってるのに)

てかマジ適当だから全然面白くネーってかこことかチョーウケルんですケドー!!

とかいいてー(ホントはめっちゃ自信満々のくせに)

自分を卑下することで自分を守る、そんな甘酸っぱいキャンパスライフおくりたい。
その為にはまず一生懸命課題やらないとね。

あとこれはちょっと真面目な話なんだけど、
演劇実技系の授業はもうなんかイヤだったので(後輩とかいそうだし…)、小説創作系の授業をとってるんですけど、なんか、とても高い割合で受講者の方が、
「自分なんかには小説の才能なんてないんですけど…」とか、
「僕が書いた小説なんてホント子どものお遊びみたいなもんで、全然つまらないですけど」的なことを仰る。
そんなこと言わなくていいのに。
才能がないとか、この作品が面白くないなんてことは、自分で言わなくても、どうせ周りの誰かが言ってくれる。
(それは本当にその人自身に才能があるかないかに関わらず、なんらかの作品を発表してしまえば、絶対にそういうこと言う人がいる。それって絶対だし、それが健全)
どうせ誰かが言うことを、わざわざ自分でも言うなんて二度手間、踏む必要はないんじゃないだろうか。
誰かに言われるのは傷つくから、それなら先に自分で言ってしまおうっていうのは、すっごくよくわかる。すっごくよくわかるし、私もその手はめちゃめちゃよく使う。めちゃめちゃよく使う上で思ったことは、
自分で先に言っていようが言っていまいが、「つまらない」って言われて傷つく、その傷の深さは変わらないってこと。
どんなに先手を打って防衛線を張っても、「つまらない」「才能無い」って言葉は、そんな防衛線易々と飛び越えて胸に突き刺さってくる。
防衛線張っても意味無い。
意味無いなら張らなくていいじゃん。
自分だけは自分のこと、「つまらない」なんて言わなくても、「才能無い」なんて言わなくてもいいじゃん。
どうせイタイ、そのことには変わらないだからさ。

ただ、確かに、好感度は変わるけど(笑)
自分に自信満々でそれを隠さない人間より、自分のことをちょっと卑下するぐらいの方が、たぶん第一印象はいいけどね。
でもそんな!
学生時代からそんな処世術身に付けてどうするよー!!ガンガン傷ついちゃえよ〜!
みんな学生なんダゼ?!学割効くんダゼ?!庇護されてるんダゼ!!モラトリアムだぜ?!何でもありじゃんヘイヘ〜イ!!
とか思ってると大学7年も行くハメになるのかも知れないけど…。
でもいいじゃん…。
ねえ…?

今私、凄く不思議な立ち位置です…。
みんなと同じ学生なのに、かなり年上…。
教室での立ち居振る舞い方が妙ですけど、お姉さんぶって色々見てると楽しいや。

自分のポテンシャルの高さに愕然

2009年04月11日(土) 18時30分
さて、オタクだニコニコだ散々言ってきましたが、最近、さすがにこれは不味いんじゃないか…と自分でも思うようになってきました。
パトランプが常に点灯。

とにかく家にいるからいけないんだよ。
外に出て、ネット環境から自分を切り離さなきゃヤバイ。リアルの世界に帰って来れないっていうか、芝居の世界に帰って来れなくなる気がする…。

遠回りして…。
遠回りして帰ろう…うん。

そんなことを思いながらぶらついていたバイト帰り。
立ち寄ったのは、カラオケボックスでした。
まあこの時点でいろいろ可哀想な私に愕然というのはあるのだけども、いや、私の想像の斜め上を行くその出来事は、カラオケボックスの中で起こったのでした。

「GOD NO NAME」以降の抜け殻期間、ネット上の二次元世界に浸かりきっていた私は、自分でも気づかぬウチに…

ア…

いやこれ言っていいのかな…

ア…ニソンのレパートリーが100曲超えてた!

くらいのオチにとどめておいた方がいいのかな…。
いやそんなの全然凄くない、し、さすがにそんなレパートリーはない。
つまりですよ…。

ア…

ア……

アニ、
やめよう…。

なんか、自分的にはかなり愕然としたんだけど、この衝撃、どうやったって伝わる気がしない。
し、伝わったところで、今後の自分の人生に一ミリも、一グラムも、有益じゃないわ…。
し、第一面白くない気がしてきた。
ただほんと、自分的にはマジビックリしたって事ですよ。
あと、リアルな危機感が背筋を冷たく滑り落ちていった。
この気持ちだけ皆様に吐露して、今日のところは終わろうと思う…。

なんか、「オタクキャラって面白くネー?」とか無邪気にはしゃいでいた頃の自分が眩しいな…。
いまはただただ自分が痛い。

さて、話は微妙に変わって…

ま、ま、タカハ劇団のまわりにはそんなに漫画だアニメだよく見るって人がいなかったんで、常々オタク友達欲しいわ〜とか思ってたんですよ。
オタクいないな〜少ないな〜って。
で、今週一週間真面目に大学行ってて気づいたんですけど…

早稲田大学文学部って、オタクっぽいヤツ多くね〜?

イヤッイヤッ!!
これ全然侮蔑とか、そういうことではなくで、私個人的にはすげー嬉しいんですよ、こんなところに仲間いたッ!みたいな。
何とかして友達になりたいと思ってるんですけど。

いやそれにしても。

本来マイノリティーであるハズのオタクが全然マイノリティーじゃないむしろマジョリティー!!
でも市民権は持ってない、みたいな。
あれなんだろ不思議だな?
大学の風景ってこんなだったかな?

ってか、話しかけてもいないのになぜわかるんだろうね「あ、あいつは仲間だな…」って。
これホントに不思議です。
あの独特のビジュアルとか、キャラクターって、どうやって形成されるんでしょうか。
なんでみんなチェックのシャツ着てるの?
あとなんか、首元にヒモついたやつ着てるの?
流行ってるの?

大学には不思議がいっぱいです。

ちょっと大学行ってくる

2009年04月07日(火) 17時23分
ふはは!
人がゴミのようだ!!
な、春の大学は。

人多い。

なんデスか?
やる気満々デスか?
新生活に心躍らせてるんデスか?

ヤメロッ!
躍るなッ!!
貴様のバレエシューズに画鋲を入れてやるぞ。

みんなが笑っているぅぅぅぅ!!
桜の照り返しのせいかみんなの頬が桜色に染まって見えるぅぅぅぅ!!

通りすがりの女生徒の肌のハリを自分と比べてしまう、そんな自分に気づき愕然。
ホホウ、これが女の老いか…。
こうやって大人の女は捻れて行くんですね。
私今、着々と捻れてますよ。
嫌な人間になってきてますよ。

知るか!!

フハハハッ!!
見たまえ〜!!
人がゴミのようだー!!
どうせおまえら一ヶ月後には三分の二はいなくなってるんだろー。
私は一週間後にすらいるかどうか怪しいんだけども。

今年は卒業できますように。

出席三分の二以上とか、きびしくね?

厳しくねーか…。
みんなができることができませんタカハです

大学のお友達よろしくね!
いないけど☆

春と言えば

2009年04月05日(日) 23時13分
週末で、ようやく温かくなってきましたね。
電気代の請求額に度肝を抜かされるのも、もうあと少しで終わりでしょうか。
(節電ということがどうしても出来ないんです私は)

さて、春。
春と言えば、ゴッドブレスという名の強風が吹きすさび、全ての生物が生命(いのち)の歌を大いに歌い、大地は喜びにうちふるえる。
そんな季節の恵の光は、勿論奴らにも降り注ぐわけで。
そう、我が家の素敵な同居人。

GOKI

でましたね。
でやがりましたね。

ちっこい薄茶のニクイヤツが。
目端をサーッと横切りましたね。

叫んでも誰も助けてくれないので、沈黙のうちにそのミッションは遂行されましたが。

我が家の汚さは業界でもかなり有名だそうですか(なんか、私のいないところで私の話題が出ると必ずその話になるらしいんだ…)、今の家に引っ越してからは正直結構キレイにしてるんですよ。
でも、でた。
これはもう春のせいだ。

2週間ほど三角コーナーのゴミを捨ててないとか、食べ残しを二、三日放置してるとか、鍋の焦げ付きがどうしても取れないからもう諦めて流しに放置してるとか、

そのせいじゃない!!

…うっかり貴教ばりに、季節に責任転嫁。

ってゆっかさー、綺麗好きのヤツとかなんなの?
綺麗好きってだけでニュータイプみたいな勝ち誇った顔しやがって。
人を、ボノボみたいに見下しやがって!

類人猿なめんな!!

チンパンジーよりヒトに近いんだぞ!!

新人類は言うんだよ。
「掃除しようよー」
「片付けようよー」
「なんで掃除しないのー?」

知るか!!
だったらお前がやれ!!
「しない」んじゃないんだ。

で・き・な・い・ん・だ!!

だってほらさー、忙しいんだよー。
バイトしてる以外はさー、アニメとか見なきゃいけないからさー。
すげー沢山見なきゃいけないからさー。



シクシクシクシクシク…



GOKI一匹で自尊心すべて破壊された。
春を堪能する前に、一足早く5月病になりそうです。

あー、今日こそコインランドリー行くぞー。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:高羽 彩(タカハ アヤ)旗揚げの時の舞台写真ですね
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:5月10日
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる


タカハ劇団主宰 役者 脚本・演出家 所属:クレイ

このブログは高羽の個人的なつれづれを綴ったブログです。
タカハ劇団の公式活動情報につきましては、劇団HPをご覧ください。
またお問い合わせは
infoあっとまーくtakaha-gekidan.net
(迷惑メール対策のため、@を「あっとまーく」と表記しております)
までいただきますようお願い申し上げます。

-----ニュース!!-----


次回公演詳細まだまだ未定!
詳細はこちら!
タカハ劇団の公式情報をお求めの方はタカハ劇団WEB


-------今後の活動-------
【タカハ劇団】
次回公演
今春?!

作:演出:
乞うご期待!

【高羽 彩】

お仕事待ってます… -------最近の活動-------

工事中
チケット予約メールフォーム//お名前・ご連絡先・希望公演名・希望日時・希望枚数を御記入ください。

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
©PETAPPA