だめだ…

2007年12月30日(日) 8時33分
やっぱり、家に帰るとそのまま寝てしまう…。
おかげさまで、おでこの中心にニキビができてしまった…。「沢田さんのほくろ」みたいな。
あーもー!
まさに自業自得。

ああ、出番も少ないし、動く芝居じゃないのに、なぜにこう疲れるのか。
逆に、っていうのがある。
動く芝居云々はおいといて、少ない出番の中で生きるっていうのは、結構な労力を使うのだな。
しかもこの芝居、勢いに任してどうなるもんではない。研ぎ澄まして研ぎ澄ました先に、フラットな状態をもってくるっつう。

むう。

劇場のある阿佐ヶ谷は、昨日あたりから一気に正月ムードですよ。
人が多い。
夫婦で、とか、家族連れで、なんて人が、年末から正月にかけて食材の買い出しにきてたりしてる。
あったかそうなコートとあったかそうなマフラーに、繋いだその手もあったかいんだろーなー…、なんて、本当に恨めしそうな目で見ている自分の姿がショウウィンドウに映ってぎくっとする。

手に入れたいものって、ほんと多い。
でも、何かを犠牲にしても手に入れたいものは一つだけ。

だからまあ、こんな年越しもいいか、なんて考えて、さて、今日は楽日。
愛すぞ!!

PS すぐ寝ちゃうのは、疲れてるからでなく、飲んでるから、という説があるけどもね

本番中なのだよ

2007年12月28日(金) 9時48分
ビールばっか飲んでるな…。

焼酎が好きなんだけど、いつのまにやらビールばっか飲んでますよ。
なんなんでしょうね、あの、ビールの、なにものをもなぎ倒して前に前に出てくる感じは。

そしてみんなビール好きだよな〜。

ということで、本番中ですよ。
本番中ですよって話が、いきなり酒の話で始まるのもなんですがね。
もう三日目ですよ。中日!!入り時間が午後なのも今日で最後!!
後は怒濤の早起き&昼夜二回公演。

ちゃんと湯船に浸かって疲れをとってから寝よう、と思ってるんですが、どうしても酔っぱらって帰るとそのままこてんと布団に倒れ込んで気づくと朝に…。
ちきしょう…。
ジーパンのままで寝た日には身体ガビガビですよ。

今日こそは、ビールでなく焼酎を飲んで、そしてお風呂に入ってから寝るぞ!!

今年最後の舞台。
怪我人など出ず、みんなが笑顔で無事に千秋楽を飾れますように。
神様への今年最後のお願いです。

今年最後のワークショップと大事なお知らせだよ

2007年12月13日(木) 1時38分
やあやあ。
大食い漫画に刺激されて、このクソ寒いのに一人、そうめんをかっくらった高羽ですよ〜。
いやあもう、喰った喰った。
今腹部に激痛感じてるもの。
ちょっとした刺激で、ポロロっと何か出てきそうですよ。

淋しいね…。

さて、タカハ劇団本年度最後のワークショップが今週土曜に開催されますよ!!
年末だし…、まだちょっと寂しい感じなので、まあ気軽に皆さん参加して頂けたらなと思いますよ。
なによりねぇ、なんか、今のとこ、男の人ばっかなんですわ…。
私は男の人好きですけどね、むさっくるしいのはいやですよ??
女子!
女子求む!!

さて、そして重大なお知らせ。
んもう、ちょう宣伝怠ってたんですけど、そういや私、もうすぐ本番ジャーン!!っつう話。

正直ね、正直言いますよ。
私が今まで、ずっと敬遠してきたタイプのお芝居に出てます。
私が自分の劇団で芝居をやり続けていたら決して触れないタイプのお芝居です。
これはね、いい意味でも、悪い意味でもなくね。

ほほぅ。

っていう。

こういうリアルの突き詰め方もあるんだなって言う。

タカハの芝居はけしてリアル芝居じゃないですし、私も別にリアルを求めてはいません。
ただ、「決してまっすぐには現れない人間の感情」を描こう、という部分にのみ、私の求めるリアルがあるんですね。
そしてそれは、いまのとこ、今のところですよ?わりと、台本に依拠してる部分が多い。
台本というか…私、そう、私ですね。私発信。
うーん、なんか色々誤解されてつつかれそうなんでこれ以上は語りませんが…。
ん、まあ、結局は私の生理って事です。

今度私が出るお芝居はですね、リアルっていうのが、ことごとく「生」に近い意味合いを帯びています。
「ライブ」の「生」ももちろんですが、それよりも、「生肉」とか、「ナマでやらせて」とか、そういう「生」。
いかにも森羅万象の曼荼羅が渦巻いているな…、と、そういう感じのお芝居になっております。
ある意味グロテスク。
ある意味人間賛歌。

見に来て頂いた方と、是非、飲み屋であーだこーだ語りたいですねぇ。
個人的には、頂いた役がかなり気に入っているので、その部分も是非見て頂きたいです。

ド年末で家から一歩も出たくない気持ちはわかりますが、そこはそれ。
年越しの楽しいひとときを、私と一緒に劇場で過ごしてくださる方、大募集です。

沈みゆく島

2007年12月09日(日) 2時32分
「沈みゆく島」
なんとなく次回の公演タイトルを考えていたときに出てきた言葉。
けっこう気に入ってはいるんだけど、なんか地球温暖化がテーマの芝居なのか?!とか思われそうとか、何となく既出な気がする(沈まぬ太陽とか、ぽいよね)っつうことで、タイトル決定にはいたらず。
でももしかしたら、これがタイトルになるかも知れず。

さて、長いこと連絡を取れなかった人間とようやく連絡が取れた。
怒りとか、まあ、色々あったはずなのに、その人の顔を見た瞬間に、全部忘れてしまった。
ホッとしてしまって…。
私は弱い人間だなあ、と頭のかたすみで考えながら、二人、コーヒーをすすった。

この人が男の人でなくてよかった。と何となく思ったり。
もしこの人が男で、私の彼氏で、ある日突然連絡が取れなくなり、さみしさで私が毎夜枕を涙でぬらしていたとしても、ふと連絡をよこしたその彼を、私はしかることもせず、また連絡をくれたことに感謝すらしてしまうだろうことは、想像に難くない。

卑屈です。
誰かが自分の側にいてくれることに関して、私はどうして、こんなにも懐疑的になってしまうのだろう。
もっと他人を信用できるようになりたいんだけど。

私は知っている。
私がどれだけ他人を信用していないかなんて、ほんとはみんな知っているということを知っている。
私の嘘を、みんなが見抜いていることを知っている。
だからありがとう、まじで、と思う。
もう少し、私の嘘を許していてください。
私がもう少し、よい人間になれば、この嘘は真実になりますから。

なんつーてな。
ブログにこういうこと書くのとか、ほんとだせーよな…。やだー…。
でも書いちゃう。だって作家さんだもん。
モヤモヤッとしたこと書きたくなっちゃうんだもん。
あーヤダヤダ。でも全然反省しません。

先日、お芝居仲間の何人かで暴飲したんですが、なかにはまだ出会って間もない人なんかもいて、そういう場合にお決まりで繰り出される
「どういうタイプの人が好みなんスかー。」
という話題に花が咲く。
「一人では生きていけない感じのダメな人。」と答えると(死)
「じゃあ、○○くん(作家)なんかどうすかねー。」と、これもお決まりな感じの話題の展開。
脳で考える前に、舌が
「作家は嫌。」と答えておりました。
「だって、私との恋愛関係において生じる心のモヤモヤを、文章で昇華させちゃうんだもん。」
というと、隣に座っていた女史が激しく同意してくれました。
「わ!わかるぅぅぅぅッ!!」
とそれはまあ、激しい同意ぶりでした。
彼女は、一個前の彼氏が作家で演出家で、という人だったのですよ。
「ブログに書かれたり、芝居に書かれたり!!その人の芝居を見て、これ私に対する文句?!とか思ったり!!」
「あー!ねー!!」
「私との間で生じたモヤモヤを、なんで、私とじゃなくて、文章で昇華しちゃうわけ?!」
「もうおめーは自分が書いた文章とセックスしてろ!!っつーね!!」
「わ、わ、わ、わかるぅぅぅぅぅ!!!」
大爆笑。みたいな。
と、こんな感じでいきなり火がついて一気に爆発した女史二人のマシンガントークに、目の前に鎮座する男性陣は息を飲むばかりでした。
いやーおもろかった。
あの瞬間に私たち一つになりました。
しかし、
「作家は嫌」
って、天に向かってつばを吐くとはまさにこのことなり。
ひとしきり盛り上がった後は、私は、自分が吐いたつばで、そぼぬれに濡れていたのであります。
あーもーびっしょびしょ。

そうしてまたそれを文章に書いてさ。
業が深いなーと思います。

もー!たすけて!!

ワークショップオーディションの報告と、次回お知らせ

2007年12月05日(水) 2時02分
さて、タカハ劇団第四回公演に向けて、私の手の届く範囲で大々的に開催を宣伝しているワークショップオーディションが、先日12月2日、ついに開催されました。

いや〜、ほんとに参加者なんて来るのか!私が一人で稽古場に立ちつくすなんてことになりはしないか!と、散々気を揉ませたワークショップですが、箱を空けてみればありがたいことに、大変実りの多いワークショップオーディションとなりました!!
参加して頂いた方、このブログを読んで宣伝してくださった、なんだかとってもお優しい方々、本当に有難う御座いました!!

驚くほど幅広いところから参加者が集まってくださり、恥ずかしいやら何やら、稽古最中は必死でしたよまあほんとに。
ほぼ初対面でしたからね。
こういう状況で稽古をするって言うのは、オーディションを兼ねたワークショップといえど、むしろこっち側が試されてる!!という感じでがします。
初対面の人間同士で、あの稽古場のグルーヴ感を産むのは難しい。
改めて勉強になることも沢山ありました。

このワークショップオーディションは来年1月まで継続されるものなので、段階を踏んで色々やっていきたいと思います。
1月のワークショップが終わる頃には、また違った稽古場になっているんじゃないでしょうか。


さてさて、引き続きまして次回と、来年1月のワークショップオーディション日程のお知らせです!!

第二回 12月15日(土)12:30〜16:00 早稲田大学学生会館E221
第三回 1月12日(土)13:30〜17:30  早稲田大学学生会館E218
        13日(日)13:30〜17:30  早稲田大学学生会館E221
最終回 1月19日(土)13:30〜17:30  早稲田大学学生会館E321
        20日(日)13:30〜17:30  早稲田大学学生会館E418

第三回、最終回においては土日の二日連続の稽古になります。
オーディション希望の方は、どちらか一日のみの参加でも構いませんが、可能な限り両日とも参加して頂ければと思います。
また、オーディションの合否については、全日程終了前にお知らせする可能性もございます。ご留意ください。

■参加条件

経験・年齢不問。
オーディション希望の場合は、2008年3月から開始予定の稽古(於早稲田周辺)・5月の公演に参加できる方(出演条件についてはご相談させていただきます)。 ワークショップのみの参加も歓迎!

■参加費
無料


■申し込み方法

タカハ劇団e-mail(info@takaha-gekidan.com)に、件名に「ワークショップ参加希望」と入れて、
1.お名前(ふりがな)
2.年齢
3.性別
4.所属劇団・団体(あれば)
5.希望日程(1回のみでも、複数回でも)
6.オーディション希望か否か
7.ご連絡先(当日連絡のつく電話番号とe-mailアドレス)
をご送信ください。追ってこちらからご連絡します。


■締切
各回前日22:00まで(予定定員(12名)に達し次第締め切らせていただきます)

■内容
アップゲームやエチュード。高羽彩が大切にする、「気づき」「想像力」に焦点を当てた稽古。
第三回以降に関しましては、次回公演出演者も交えての稽古になります。
運動できる服装でいらしてください。

ワークショップ、次回公演のお問い合わせは
info@takaha-gekidan.com までどうぞ。

深夜に日本の伝統と格闘。

2007年12月01日(土) 3時48分
いやはや、有り難いことに、二日のワークショップオーディションに、それなりの人数の方々がいらっしゃってくださるみたいです…。
宣伝してくださった皆様…ありがとう。
これで寂しい思いをしなくて済みそうです。
ただ、15日はまだ寂しい感じですよ〜?
年の瀬ですけどね、遊びに来てください。

さすがに、いろっんな人たちが集まりますね。
これは、稽古の内容をよく考えなくては…うん。

と思いながらもこんな深夜に何をしてたかと言いますとね、

12月2日は、ワークショップオーディションでもあるんですが、知人の結婚式でもあるんですね。
なんだか、有り難いことに二次会に呼んで頂きまして…いいのかな行っても。

これが高羽彩人生初めての友人の結婚式出席体験でして!!
密かに心が盛り上がってまして!!
あと、こんな時にどんなカッコをしていったらいいのかわからないって言うこともありまして!!
あと、新しく服を買う余裕ももちろん無いということで…
……
着物着てこうかな
と思ってる次第でございます。

盛り上がりすぎ?
盛り上がりすぎ?

と思って、その友人に聞いてみたところ(本人忙しいのに迷惑)他にも着物着てくる人いるらしいのでじゃあ私もーつうことで、実家から着物を送ってもらいさあ!予行演習で今夜着てみようとしたんですよ。


つ…疲れた…。
ほんとに疲れた…。
腕が痛いよ。確実に筋肉痛だよこれ…。

えー…。
えー…。
これたいへーん…。

高羽家は、平均よりたぶん着物着る率は高い家庭だったんですよ。
母が買い物依存症になったときに、着物ッつう高い買い物を覚えましてね。(高羽家のヘビーな事情がちょいちょい垣間見える、という趣向を凝らしていますよ)
だからまあ、見よう見まねである程度までは着れたんですよ。
着物まではね。
むしろ、けっこう上手くて自分でもちょっとビックリしたくらいなんですよ。
しかし…まー…
帯がね!!!
帯がね!!!

わっけわかんね!!
ぐるっぐるぐるっぐる回っちゃいましたよ深夜に。
自分の尾を追う犬のようにね。
で結局断念…。
無理…。
帯無理。

うえーん!
これどうしたらいいの?
帯まではきれいに着れるんだからなんとか自分で着たいんですけどねー。
だって着付けなんて頼んだら、結局新しい服一着買う方が安いなんてことになりかねないですよ。
うーんうーん…。

だれか着物の着付けできる人いませんか…??
もしくは安く着付けてくれる店紹介してくれませんか??
せっかくわざわざ実家から送ってもらったんで着たいんですよねー。

お太鼓がきれいに作れないよー…。

あーてかマジ疲れました…。
昔の人はこれを毎日やってたんだ…すげーなオイと、こんなところで文化体験ですよ。
温故知新ですよ。もうわけわからんですよ。

ふぅ…。
ほんと、大事だわ着物着るって。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:高羽 彩(タカハ アヤ)旗揚げの時の舞台写真ですね
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:5月10日
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる


タカハ劇団主宰 役者 脚本・演出家 所属:クレイ

このブログは高羽の個人的なつれづれを綴ったブログです。
タカハ劇団の公式活動情報につきましては、劇団HPをご覧ください。
またお問い合わせは
infoあっとまーくtakaha-gekidan.net
(迷惑メール対策のため、@を「あっとまーく」と表記しております)
までいただきますようお願い申し上げます。

-----ニュース!!-----


次回公演詳細まだまだ未定!
詳細はこちら!
タカハ劇団の公式情報をお求めの方はタカハ劇団WEB


-------今後の活動-------
【タカハ劇団】
次回公演
今春?!

作:演出:
乞うご期待!

【高羽 彩】

お仕事待ってます… -------最近の活動-------

工事中
チケット予約メールフォーム//お名前・ご連絡先・希望公演名・希望日時・希望枚数を御記入ください。

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
©PETAPPA