豪雪地帯の地場産業のように

2007年10月30日(火) 5時10分
どーも。
高羽ですよー。
久々の更新ですね。皆さん、お元気でしたかー?
もう風邪の方も完全に治りましてですね、いまや病床に伏してはおらず、ただ単に、床に伏してる毎日を送っております。
高羽ですよー。
バイト以外は家から出ず、出たとて、道で知り合いにすれ違おうものなら顎が胸につくほどに俯き、気づかれまいと必死で歩幅を広くとる、そんな毎日です。

完全に引きこもりに半身突っ込んでる状態であります。

しかしまあ、これが、心地いいんだな。
色んなことを無きこととして振る舞う毎日。

できない脚本。
迫り来る稽古時間。
足りない予算。
声に出さずも、「沈黙の賃上げ闘争」を敢行する愛しいスタッフ達。
ん?なんだね安田(制作)。ふむふむ。明日?劇場レンタル費の支払日。

ほほぅ。

金?
ネーよ、バカお前、一昨日ウチ電気止まったんだぞ!!

こうして、毎夜見る夢にまで立ち現れては、すでにボディーブローをしこたまくらっている私の首をさらに締め付ける諸々のことども。
さあ!こういう時こそあれだ、夢破れて山河あり、と故郷を振り返れば離婚寸前の両親。

すごいですね。
こういうのなんて言うんですか?
そう。
八方塞がりです。
八方塞がりです。からこそ、何事も無かったかのように日々を過ごすんですね。
なにも起こらない毎日ですよぉ。
平和。
平和です。
平和すぎてアレです。編み物しちゃいました。

ホラ。



どうだこれ。
熊の編みぐるみだ。
隣に置いてあるのは、読みかけの『め組の大吾』。

でかいのよ。

これ、今日一日で編みきりましたからね。
あとは綿入れて縫いつけちゃえば完成だもの。
編み物、好きなのよ。
ただ、何かを完成させたいんじゃなくて、ただ、黙々と一目一目編む、その行為自体が好きなのね。
だからこの熊は、綿も入れられず、結合もされず、このままの状態で放置される可能性が、高い。

ブラックジャックに出会えなかったピノコ。

今はただ、私の中のブラックジャック先生がお目覚めになることを、祈るしかない。

次の現場の稽古が始まったらアウト。
まともに授業に顔出し始めたらアウト。
バイトもうひとつ増やしたらアウト。
道のりは険しい。

皆さん、このピノコになる前の物体の誕生を、どうか祈ってください。

そう。

次の、現場の稽古が始まったらアウトなんですよ。
稽古始まると、他のことなんもできなくなっちゃう。
こういう、編み物的な?趣味、とか、余暇、っていう概念が、海の泡のごとくはらはらと消えて無くなってしまうわけだ。(ギターは弾く)
その代わり、外へ出ても、人と触れ合っても、何事もないように振る舞えるわけだね。
そーいういみで、やっぱり芝居は偉大。

逆に言えばですよ、この時期は、本当に色んなことができるわけですよ。
色んなことがしたくなるわけですよ。

小説を何冊も同時に読んでみたり、
youtubeで、『電脳コイル』(NHKで現在放送中のアニメ、めっちゃおもしろい)を見漁ってみたり、
『水曜どうでしょう』のDVDを見倒してみたり、
ネットでとりあえず「大泉洋」を検索にかけてみたり、
でかい熊を編み上げてみたり、

楽しい楽しい!やりたいことがどんどんどんどんわきでてくる。
ぜんっぶインドアだけどな。

そうすると改めて自分の嗜好性を認識したりして。
今日なんか本屋で(本屋は行く。絶対行く。森林浴が必要なように私には書籍浴が必要なんだもの)、美少女フギュア専門誌を手にとって開いたが最後、周囲の視線は気になるもののその場から立ち去ることができずに何十分もその雑誌の中の美少女フィギュアを眺め続けてしまった。
どんなだ、私。

でもそう、好きなのよ。
ほんとはこういうの好きなの。
芝居なんか始める前からこういうのが好きで、でもなぜだろう、芝居を始めてからアニメもあまり見なくなったし、漫画も描かなくなってしまった。
でも今みたいななんもない期間になると、むくむくと湧き上がってくる欲求。
どうしたって好きなんだなこういうのが。
絵と文章が好きで、ジオラマとかフィギュアとか編み物とか、一人でチマチマチマチマつくるようなものが好き。
やっぱり私の嗜好性はこっち方面に向いてるんだ。

そう考えると、今わたしのつくってる舞台は、なんて私の嗜好とかけ離れたところにあるんだろう、と思う。
そしてそのことを私は嬉しく思う。
きっと私は「仕事」として、芝居を続けられるだろう。
八方塞がりで退路がないことも幸いだ。

ただ、うん…先立つものは欲しいけどな。

ということで次回出演作が決まりました。


8millions.club vol.2「フラクタル」
2007.12/26〜30 @阿佐ヶ谷シアターシャイン


ちょー久々の客演。ということで、久々に役者一本。
ワーイ嬉しー!
でもこわーい!
でもやっぱり、役者ができるのはうれしい。
余命三ヶ月ですよって言われて芝居するなら、やっぱり作演じゃなくて役者やりたいもんな…。

詳細はこちら!8millions.club

年末って言う酷い時期ですが、是非見に来てください。

お腹空いた…。
お金無くて、もうどうすりゃいいんだよ!!

かめだなみだ

2007年10月17日(水) 21時13分
風邪引いた。
熱があるかはよくわからんのだけど(後に計ったらありました)、喉が痛くて頭が痛いので、あーもう風邪だわいと思って、おとなしく家にいる。
まあ、風邪引いてなくても、結局家にいるんだけどね…いつも。
こういう時期だと、誰に気兼ねすることなく風邪引けるからね。
のびのび風邪っぴき。
でもやっぱり具合が悪いとナーバスになるらしく、亀田の謝罪記者会見見て、思わず涙してしまった。

可哀想。
亀田可哀想だよ。
ぐったりしてたよ彼。
子どもじゃん。
超子どもじゃん。
ふにゃっふにゃになって、なんかよく分かんない人に支えられて、退室してたじゃん。
あんなに強いのに、ふにゃふにゃのくにゃくにゃになってたじゃん。
あんなに強いパンチを繰り出す人が。

それでもマスコミは、「無言で退室。反省の色無し」みたいな伝え方をするでしょ?
あれだけボロボロになってる人を見て、なんで。
どうすりゃ反省の色無し、になるの。
んでみんな、対戦相手に謝れ謝れ言う。
なんで。
あんた、内藤選手のなに?
そりゃ亀田はなんか色々ダメだったよ、でもさ、君らは何を振りかざして亀田にそこまで言う?
正義の使者?断罪者?
「あいつもともと目立つし気に入らなかったんだよね」って、そういう感情でのみ突き動かされているようにしか感じられないんだけど。

取り返しのつかないことをしたとき、それをしてしまった張本人が一番傷つくと思うのね。
まわりが責めても責めなくても、本人が一番心痛めるものですよ。(もちろん、取り返しのつかないことをしたという自覚がある場合のみですけどね)
しかも勝負の世界で彼は負けてるわけだし。
それ以上の断罪って無いと思う。

なんか妙に感情移入。
亀田に涙。

たぶん、弟に似てるからか?
顔だけね。

ああいうキャラって、受け付けないはずなんだけど、なんか亀田一家は嫌いにならないんだよな。
やくみつるが気にくわないからか?
いや、てか好きなんだな、たぶん。
だってあまりにも不器用。
もっと上手い生き方あるのに、できないあの感じ。
負けたら切腹とか、言っちゃうんだもん。
バカだなーバカだなー。
可愛いなー。
って思えちゃうんだよなー。

そんな自分がちょっと不気味だけども…。

ああもう、しょんぼり亀田。
大丈夫だよ、君は強いよ、早く元気になってね。

bend the spoon again

2007年10月09日(火) 20時31分
 タカハ劇団第3回公演「もう一度スプーンを曲げよ。」無事終了致しました!
 ほんとにほんとにほんとにほんとに、ありがとうございました。

 ほんとにね…。

 動員が600人を超えまして…。
 つまり、毎ステほぼ満員な状況なわけで。

 「今日のマチネ(日中の公演のこと)予約数、58でーす。」
 なんて聞いて、やべーよすくねーよーとか言ってる自分。
 「ボクはテクノカットよりコネチカット」の時なんて、予約数が30超えて、ホッと胸をなで下ろしていたというのに。

 でもなんか、意外と普通な自分もいる。
 いうても600だし。
 面白いものをつくってきたっていう自負があるから、当然の結果とも思う。(うがった言い方をすればね)
 
 ただ、千秋楽を終えて、ブースから出てきた照明スタッフに、
 「動員600超えたよ。」と伝えたときに、彼女の瞳から涙がこぼれたこと。

 この事実だけが、「動員600超え」を私の中で意味あるものにする。

 「動員600超えたんだって?」と背中に問いかける私に、なんの抑揚もない静かな声で、さも当然のように「そうだよ。」とだけ答え、後はもう黙々と仕事をこなすうちの制作スタッフ。

 この事実だけが、「動員600超え」を私の中で意味あるものにする。

 ありがとう。

 感謝の気持ちを伝える術がないので、これから先もずっと、ずっと、いいものを作り続けるという覚悟を、その代わりにして、タカハ劇団を続けていこうと思った。

 ご来場くださった多くのお客様、本当に有難う御座いました!


 反省は、また後ほど

初日の予約が…2

2007年10月05日(金) 2時21分
初日の予約が80超えた!!

ぎゅうぎゅう。

ぎゅうぎゅうですよお客さーん!!

初日以外はまだ、たぶん余裕あると思うので、是非そちらにも予約を!!
初日も、後もうちょっとは入れるのかな?
ご予約お待ちしてます。

うれしいなうれしいな。


初日直前の土壇場の役者力。
まだまだ未熟な演出家に食らいついてきてくれようとするその、作品に対する誠実さ。
逃げも隠れも、言い訳もしない。
ほんとにかっこいいよあなた達!
あとは結果がついてくる。

初日の予約が…

2007年10月04日(木) 0時27分
 初日の予約が、ぐんぐんぐんぐん伸びてる!!
 やった。
 前半、伸び悩んでいただけに、嬉しいぞう。
 とはいえまだまだお席はありますので、皆さん安心して、じゃんじゃか予約入れてくださいね。
 初日開いてからの残席状況がいつも読めないタカハ劇団です。
 予約をするのが賢明だと思いますわよ?

 あ、そうそう、今日小屋入りでした。

 演劇の神様、演劇の神様、どうか、どうかどうかどうか。

 まずは皆が無事でありますように。
 お客様が、楽しんでくださいますように。
 関わった人全てが、後悔のない作品になりますように。

 もちろん、人力でできること全部やった上でですよ?

 ただ私は強欲なんです。
 神様。
 演劇の神様!!
 舌抜かれようが地獄に堕ちようが来世は虫だろうがどうでもいいですから、ただ、今。
 私の願いを叶えてください。

 あとね、ほんとね、スタッフのみんな、ありがとね。

もうすぐ本番ですか。

2007年10月01日(月) 0時49分
なんか、前回のブログをかいたときは、ちょっと異様に追いつめられてましたね…。
台本にどう手を加えても、作品が死んでいくような、恐ろしい妄念に取り憑かれてました。
あれは、ちょっとおかしくなってた。
自分もこれで芸術家の仲間入りかな、と思うくらい、あれは、うーん…人には見せられない。
実家住まいでなくてよかったと思った瞬間でした。

今はちゃんとこの作品に向き合えてます。
あの時は、台本が悪いと思うことで、作品と向き合うことから逃げていたんだなと、今なら思います。

芝居って、やっぱ台本だけでは完成しないんですね。
わかってたつもりだったけど、なんか、実感。
演出って大事なんだね…。

今は、確実に、良い芝居をつくってる実感と共に稽古場にいます。


見に来てくださいね!是非!

私からメールを受け取っているのに、返信くれてない人!!
返信くださいね(泣)
私はいつも、正真正銘、一人一人に送ってるんですよ…。
だから返信来ないと、とっても寂しい…。

ご来場お待ちしております!!

タカハ劇団第三回公演「もう一度スプーンを曲げよ。」
日程:2007年10月
5日(金)19:30
6日(土)14:00/19:30
7日(日)14:00/19:30
8日(月祝)13:00/18:00

会場:早稲田どらま館

公演特設Web http://spoon.takaha-gekidan.com
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:高羽 彩(タカハ アヤ)旗揚げの時の舞台写真ですね
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:5月10日
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる


タカハ劇団主宰 役者 脚本・演出家 所属:クレイ

このブログは高羽の個人的なつれづれを綴ったブログです。
タカハ劇団の公式活動情報につきましては、劇団HPをご覧ください。
またお問い合わせは
infoあっとまーくtakaha-gekidan.net
(迷惑メール対策のため、@を「あっとまーく」と表記しております)
までいただきますようお願い申し上げます。

-----ニュース!!-----


次回公演詳細まだまだ未定!
詳細はこちら!
タカハ劇団の公式情報をお求めの方はタカハ劇団WEB


-------今後の活動-------
【タカハ劇団】
次回公演
今春?!

作:演出:
乞うご期待!

【高羽 彩】

お仕事待ってます… -------最近の活動-------

工事中
チケット予約メールフォーム//お名前・ご連絡先・希望公演名・希望日時・希望枚数を御記入ください。

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
©PETAPPA