失恋もたやすいIT社会ですよ

2006年10月26日(木) 4時17分
 好きな人の名前を、検索エンジンにかけてみたことあります?

 あるでしょ?
 あるはずです。

 恋のアプローチとしてはちょっと暗めですが、まあ、一億総内気な日本人であれば、こういう発想が割と普通に浮かび上がってくるんではないでしょうか。
 そんでもって、日本は一億総IT国家なので、その想い人が有名人でなくても、何らかの形で引っかかったりするわけです。
 あら同姓同名、とか、あ、もう一人のタカハさんはフィギュアスケートやってるのね、とか、本人じゃないケースもありますけど、そこは一億総IT社会ですよ。
 ブログとかに普通にヒットしちゃったりとかしてね。
 ミクシィいとか、結構アレしちゃったりとかしてね。
 ああ、いけない、こんなの暗すぎる…とか思いつつも、まあ見ちゃいますわな。開かれたネット社会ですもの。見ますよ、ええ。
 んで、
 
 あ…彼女いたんだ……
 とか、
 え…妻子持ち……?
 とか、
 あれ?裏社会の方でらっしゃる?
 とかね。

 そうやって、恋の終わりがやってきたりするんです。
 恋愛スタイルもいよいよ変わってくるんですね。
 恋は生まれるより、終わる方がたやすいんですよ。
 ただでさえそうなのに、このIT社会はそれに拍車をかけ続けるんでしょうね。

 でもまさに合理的。
 どうせ上手く行かない恋なんだから、始めにそれを知っておけば、無駄にエネルギー使わなくていいでしょ、ってことなんですかね。
 そうやって、恋のなりぞこないの屍が、山となっていったりするんですかね。
 なんか中絶みたい。
 どうせ育てられないんだから、生まれる前に殺しちゃえばいいんでしょ、みたいな。
 合理的ですけど、受精卵は命じゃないの?みたいな疑問はぬぐいきれないわけで。
 なんか、同じレベルで語っていい話かどうか分かんないですけど、でもなんか似た感じです。

 そんなこんなでしみじみ思うんですが、恋愛って、お互いのプライバシーがあって初めて実現するんですね。
 わからんところはわからんままにしておくからこそ、生まれる恋もあるわけで。
 というわけで、人のプライバシーは大事にしよう。
 プライバシーというか、個人の領域ね。
 たとえそれが恋人同士であっても。
 
 まあ、それが難しいんだけどね。なんでだろ。
 私のように、他人とのコミュニケーションに悲観的な人間は、他人の領域は尊重するけど、踏み込まない分、恋愛は困難だし。
 人は分かり合える!僕らの間に秘密は無しだよ!!みたいな人は、最初は良くても絶対に行き詰まってくるし。

 おお、これが世に言う「ハリネズミのジレンマ」か!!

 結局、痛み無くして他人と共にはあれない、ということか…。
 痛みと、温もりと、天秤にかけたらどっちをとる?! 
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:高羽 彩(タカハ アヤ)旗揚げの時の舞台写真ですね
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:5月10日
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる


タカハ劇団主宰 役者 脚本・演出家 所属:クレイ

このブログは高羽の個人的なつれづれを綴ったブログです。
タカハ劇団の公式活動情報につきましては、劇団HPをご覧ください。
またお問い合わせは
infoあっとまーくtakaha-gekidan.net
(迷惑メール対策のため、@を「あっとまーく」と表記しております)
までいただきますようお願い申し上げます。

-----ニュース!!-----


次回公演詳細まだまだ未定!
詳細はこちら!
タカハ劇団の公式情報をお求めの方はタカハ劇団WEB


-------今後の活動-------
【タカハ劇団】
次回公演
今春?!

作:演出:
乞うご期待!

【高羽 彩】

お仕事待ってます… -------最近の活動-------

工事中
チケット予約メールフォーム//お名前・ご連絡先・希望公演名・希望日時・希望枚数を御記入ください。

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
©PETAPPA