つけ麺探訪R(リターン)

2006年01月24日(火) 1時59分
「え?まだやってるの?」
って言われちゃいましたから。
つけ麺探訪。

バカ野郎。
「まだやってるの?」
じゃねーよ。
バリバリ現役なんだよぉ!!
むしろ加熱の一途だ。

バイト先が高田馬場(ラーメン激戦区)ということもあって、バイト後は8割9割の確率でつけ麺を食べている私だ。
それだけなら、まあ今までと大して変わらないのだが、どこがどう加熱しているのかというと、今までは割と気に入った店に通うというスタイルを採っていた私が、最近は「開発」に専念している、ということだ。
自分でも、ついに引き返せないところまで来たかなー…とちょっと不穏に感じたのは、本屋でラーメン情報誌を読みふけっている自分に気づいたとき。
そして、チェックしたつけ麺店に速攻出向いていたとき。(本は立ち読み)

あ〜私が目指しているのは、フランス料理からつけ麺までこなすオールマイティーグルメレポーターなのに、金銭的な状況が私にB級グルメレポーターの道を歩ませる…!!
こんなはずじゃない…こんなはずでは…、、と思いながら向かったのは、神田川沿いにひっそりたたずむ、「べんてん」。

感じたり、シャキッとしたりもする、ブラ。

2006年01月17日(火) 22時01分
今朝起きて、「さー新しいパンツでもはいてバイト出かけるかー」と思ってタンス開けたら、
パンツが分解していました。


ええ、パンツが。ええ、ええ、そうです、分解です。はい。パンツで間違いありません。はい。あの、女性用下着の、下の方にはくヤツです。パンツ。そう。が…、はい、分解。

パンツの臀部と前の方をつなぐ、架け橋的な部分、あるじゃないですか。あそこがね…。
我ながら引きました。だって、分解ですよ?破けたとかならわかるけどさ。分解だもの。二つあった穴が一つに繋がりましたもの。
思わず聞きましたよ。
ヘアバンドですかと。

う〜ん。考えてみたら、随分長い間、下着を新調していない私だった。
母の「ちゃんと学校行きなさい。」の言いつけは守らなくても、「下着はちゃんとしたのを着けなさい。」の言いつけには背いたことのない私だ。
安い下着なんて買えない。
というか、買ってないのだ、単に。
だって、高いんだ!
男性諸君には考えも及ばないかも知れないが、女性用下着は高いんである。どんなに安くても、「三着1000円」っていう値段設定には、ならないのである。
いや、百歩譲ってパンツでならそのお値段が実現するとしよう。しかし、ここで忘れてはいけないのが、ブラジャーの存在である。

私の創作の源泉

2006年01月14日(土) 23時57分
携帯の画像データは、夕景の写真でいっぱい。
ということに最近気がつきました。
といっても、写メールとかホント撮らないんですけどね。撮ると言ったら、まあ、つけ麺?…くらい。
そんな私の画像データフォルダに入ってる画像が、つけ麺か、夕日か、って位のレベルなんですけど、まあよく夕景の写真を撮ってるんだなーと思いまして、断然つけ麺の写真の方が多いんですけど、それにしても、つけ麺と並ぶぐらいには夕景が好きだったんだなーと、自己を再発見しましたよ、という話です。今日は。

これは、私が最近見た中で、もっとも美しいと思った夕景。
連日のバイトで、疲れ果ててへとへとでボロボロでケチョンケチョンになって、それでもあと一仕事。テナントビルの裏手にゴミを捨てに行かなければと非常階段をまさに下りよう、と思った瞬間に出会った夕景です。
これはね、きれいですよ。
ビルの谷間からね、夕日が覗いてるんすよ。
これを見た瞬間に、あ、あたし夕日が好き、って思いました。
でも、これちょっと言ってること矛盾しちゃうんですけど、きれいって思うのと同時に、今わたしがきれいって思ってるのは夕日じゃないな、とも思ったんです。
ビルがきれいでした。
こんなにも美しい夕焼けを、切り取らざるをえずに猥雑に立ち並ぶ、ビルがきれいと思いました。
最近思うんですが、ビルって人間みたいだなと。
夕焼けを削って削って、星空を削って削って、そうやって、元々人間に与えられていた沢山の美しいものを犠牲にして、何かを得るために、もしくは、何かを守るために、人間はビルを建てたのかなと。
高層ビルって、よく人間の進化に例えられるけど、その感覚、今ものすごくよくわかる。
そうやって人間はビルを建てて、進化して、何を得たんだろうか。
切り取られた夕焼けと星の消えた夜空以外の何かを、人間は得たんだろうか。
と考えたときに、なんてきれいなんだと思いました。
夕焼けを切り取って並び立つ建造物群に、人間のせつなさを感じました。

人間って遊べる!!

2006年01月09日(月) 18時27分
「暇が怖い…」の記事の続きです。
打ち上げ以降の高羽の動きを徹底報告!!あなたの人生にとっては、無益な記事です。

30〜1月1〜3日、毎日毎日バイトバイト。
3日18:00、地元静岡へ向かう。
   20:00、着。めでたく、一家四人そろう。
        せっかくの母の手料理も、あまりの慌ただしさであまり味わえず。もっと食べたい。
4日12:00、地元の友人達と会う。卒業旅行の算段。卒業しないのに。
  19:30、東京に向かって、静岡に発つ。アホか…。
5日日中、バイト。
  18:30、「ボクコネ」でご一緒した、佐藤愛、古木知彦両氏と夜のドライブへ!!
  22:00、千葉の九十九里浜に。日本海とはまた違う海。美しくはれている夜の空。満天の星空。
        「ボクコネ」の柚ちゃんも、こんな気持ちになったんだろうか。
       美しいと思う反面、途方もなくひとりを感じる。
  中略
6日6:30、東京の台所、築地に。う、うにうめーーー!!
       もっと!お腹いっぱい食べたい!!ウニ丼食べたい!!

暇が怖い…

2006年01月09日(月) 16時45分
遅ればせながら、新年のご挨拶で御座います!!

明けましておめでとう御座います!
本年もタカハアヤを、タカハ劇団を、どうぞよろよろ、お願い申し上げます。
人の力を借りて、自分はなるべく最小限の力で、がモットーの私ですから、それはもう、よろしくお願いもするというものです。

昨晩の清算会および新年会を持ちまして、本当に第一回公演プロジェクトが〆、ということでした。
あー、すっきりしたー。
こうやって、もう終わりですよ!終わりですよ!!っていうのをちゃんと自分に言い聞かせないと、いつまでも、「公演終わったばっかで疲れてるのよ〜ん」とダラダラしてしまいそうなのでね。
本当に我が身可愛い私ですから。
もう出来ることなら、永遠に、「彩ちゃん頑張ったねー。彩ちゃん大変だったねー。おーよしよし。」って自分に語りかけながら、お家でゴロゴロしていたいですもん。

おうちでごろごろ…。っていいですよねー。
なんかふと気がついてみたら、芝居が終わって以来はじめて、「ザ!お家でゴロゴロ」しているような気がします。
芝居が終わったあとの暇を埋めるように何かしらしていたような。
遊んでいたには違いないんですが。そう、全力で遊びました。

以下その軌跡。暇な方は呼んでください。暇つぶしにはなりますよ。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:高羽 彩(タカハ アヤ)旗揚げの時の舞台写真ですね
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:5月10日
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる


タカハ劇団主宰 役者 脚本・演出家 所属:クレイ

このブログは高羽の個人的なつれづれを綴ったブログです。
タカハ劇団の公式活動情報につきましては、劇団HPをご覧ください。
またお問い合わせは
infoあっとまーくtakaha-gekidan.net
(迷惑メール対策のため、@を「あっとまーく」と表記しております)
までいただきますようお願い申し上げます。

-----ニュース!!-----


次回公演詳細まだまだ未定!
詳細はこちら!
タカハ劇団の公式情報をお求めの方はタカハ劇団WEB


-------今後の活動-------
【タカハ劇団】
次回公演
今春?!

作:演出:
乞うご期待!

【高羽 彩】

お仕事待ってます… -------最近の活動-------

工事中
チケット予約メールフォーム//お名前・ご連絡先・希望公演名・希望日時・希望枚数を御記入ください。

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
©PETAPPA