つけ麺探訪3

2005年08月24日(水) 0時56分
 今日も今日とてつけ麺を食べました。
 早稲田にある、某有名つけ麺店です。
 そこに行って気づいたんですが、前回のつけ麺探訪で取り上げた店!営業時間が4時間で経営態度は舐めきってて、それでも毎日長蛇の列が出来ているあの店!期待をあおりつつも味自体は超ふつー、と私に言われたあの店!は、じつは…
 めちゃめちゃ有名店だったんですね〜。
 今日行った店の店主も、そこ出身だそうで。
 つけ麺っつー食べ物を、開発したのはあの店の店主だったそうで。

 へー。
 ほー。
 モナー。(言ってみたかっただけ)

 そう言われれば、味が超ふつーだったのも納得できますな。だってまさにその店のつけ麺こそが、つけ麺の雛型だったわけですから。原点の味ですから。
 うん、でもまー、ふつーなもんはふつーですわー。今日の店も、うん、まあ。ちょっとつゆの味が大味な印象。生卵をトッピングしたのがいけなかったのか…。味が薄くなっちゃった…。
 でも、つけ麺を開発したってのはちょっと凄いですよね。私つけ麺大好きですけど、それでも、なんて変な喰いもんなんだろうコレは、と毎回思いますもん。だってさ、まあ、つゆと麺を分けたのは何となく分かりますよ?日本には蕎麦っつー喰いもんもあるわけだし。でもね、つけ麺の最大に謎なところは、つゆは熱くて、麺は冷たいってことなんですよ!!なんで!?
 この、アツアツ!とも、ヒエヒエ!とも言えない感じ!なんなの?!
 あっつい麺をふうふう食べる感じ!最高ですね!!冷たい麺を、勢いよく食べる感じ!ナイッス!!
 でもブッチャケつけ麺って言うのは、麺を口に運んだ瞬間、「ぬるい」んですよ。ぬるいって、本来食べ物としては好ましくない温度なはずですよ!
 でもね〜〜〜、うまいんだな〜〜〜。
 新食感!なんて、安い言葉で語りたくないね。熱いつゆと、冷たい麺の出会いはまさに、み・ら・く・る☆
 そう言う意味で、やっぱりあの店は凄い。
 でも、味ふつー。

今日という日は…

2005年08月12日(金) 2時17分
 今日という日は、御巣鷹山の尾根に日航機が墜落してから、20年目の日になるわけです。
 私はだから、あの時二歳ってことになるんですね。
 ものっすごい他人事だし、当然記憶も残っていないわけで、だから、20周年っていう言葉のリアリティーも、「戦後60周年」っていうのとなんら変わらない程のモノ、のはずなんですけど、どうにもこうにもそうはいかないみたいです。
 というのも、今年の五月にこの事件(事件なのか…事故なのか…)を取り扱った芝居をやりまして、私は遺族を演じさせて頂いたんですね。
 生半可な事件じゃないですから、ちゃんとしなきゃと思って、個人が生活の片手間に出来る範囲ではありますが、調べたりしたんです。
 でも、調べれば調べるほど、この事件は私の想像の範疇を超えていき、役柄が遠のいていくように感じました。
 悲しみも辛さも、結局何も分からなかった。と、今になって思います。分かった気になって演じていましたけどね…、なんか今それがものすごく重く、私にのしかかってきています。
 この出来事の重さを一役者として、ちゃんとお客さんに伝えきれなかった自分を、ものすごく悔しく感じます。もうこんな思いはしたくないですね。
 話がずれましたが、今日という日はそう言う日なのです。

長編で面白い漫画持ってる人いたら貸してください

2005年08月01日(月) 1時28分
 もう7月が終わりましたよ!!うわぎゃ〜!!
 暑いせいもあって、疲れますな。暑いって、それだけでなんか疲れる感じしますわな。寝てても体力が奪われていくもの…。
 疲れますけれども、稽古後に飲みに行ったり、漫画を買いあさったりする力は不思議と残っているのです。残ってるって言うか、別のところから力が出てる感じ。そうすることで、疲れがとれたりもしますし。
 にしても、漫画ってすぐ読み終わっちゃうからつまんないすね…。と思って、ちょいまえは小説を読みあさってました、が、最近は再びまた漫画。漫画漫画な日々です。前回お伝えしたように、ただ今お芝居の現場に入っていて、もうあとちょいで本番!という時期まで来てますが、演助という微妙な立場の故、力が有り余っちゃってるみたいですね。…そんなこと言うともっと働け!!と怒られてしまいそうですが、まあ、そこはそれ…ですよ。ハハハ…。ということで、一日一冊の勢いで漫画を買ってる気がします。しかも、めぼしいヤツを片っ端からという買い方なので、お金がだだもれですよ…。そう言う金銭感覚が麻痺してるってことは、やっぱり疲れてるんですかね。疲れてないっていうのもなんだか後ろめたいので、疲れてるってことにしときましょうか。はーい、疲れてますよぉ〜!…でもやっぱり、今の現場、私より明らかに疲れてる人たちがたくさんいるので、そう言う人たちを前に、自分が疲れてるって言うのもなんだかね、と思います。
 疲れてないって言うのが後ろめたかったり、疲れてるって言うのが後ろめたかったり、結局なんにしても後ろめたい人生なんすかね。なんつー人生。
 最近自分が、小学校3年生とか4年生とかの、一番生きづらいと思ってた頃の感じに戻ってるような感じがしますね。先祖返り?当時からどんどん、生きやすく、楽〜な感じになってきてたと思ったのに、ここに来て何故かものすごく、あの頃の感覚を思い出しますね。不思議…。自分が後退してるとは思いたくないので、さらなる成長への布石って位置づけにしときますが。
 にしても、何故あの頃はそんなに生きづらかったのか。自分の居場所が、見つけられなかったからでしょうかね。
 今の私も、居場所を見つけられずにいるんでしょうか。
 だとしたら、探すまでです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:高羽 彩(タカハ アヤ)旗揚げの時の舞台写真ですね
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:5月10日
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる


タカハ劇団主宰 役者 脚本・演出家 所属:クレイ

このブログは高羽の個人的なつれづれを綴ったブログです。
タカハ劇団の公式活動情報につきましては、劇団HPをご覧ください。
またお問い合わせは
infoあっとまーくtakaha-gekidan.net
(迷惑メール対策のため、@を「あっとまーく」と表記しております)
までいただきますようお願い申し上げます。

-----ニュース!!-----


次回公演詳細まだまだ未定!
詳細はこちら!
タカハ劇団の公式情報をお求めの方はタカハ劇団WEB


-------今後の活動-------
【タカハ劇団】
次回公演
今春?!

作:演出:
乞うご期待!

【高羽 彩】

お仕事待ってます… -------最近の活動-------

工事中
チケット予約メールフォーム//お名前・ご連絡先・希望公演名・希望日時・希望枚数を御記入ください。

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
©PETAPPA