もう一年、一緒にいてもいいですか?

2005年04月11日(月) 0時50分
語学、落ちてしまった…。
よって、とりたかった語学の授業がとれない。

落ちるっていうのは、別に成績が悪いから、とか態度がよくないから、とかそういうことではなく(親族が読んでいる可能性が高いので敢えて断っておくと)、単に抽選からはずれた、と言うことなのである。
まあ普通なら、じゃあ別の授業とろー、となるのだが、そうはいかない。語学だから。
大学には当然、卒業に必要な単位数ってのがあって、うちの学部にはその中でも、「英語は4。英語以外の外国語は8単位とらなきゃダメなのよ。」という決まりがある。つまり、「語学でとれなかった4単位分、別の授業でとろー!」と言うことが出来ない。
語学は、絶対に、とらなければならない、のだ。
それをこう易々と落とされたら、もう、どうしろっていうの?あと一年、大学にいろって?
そりゃ、あたしだっていたいよ!大学大好きだもの!!あと一年いていいって言ってくれたら、そりゃいるよ!!
でもね、私は知ってるんだ。
大学を四年で卒業できない奴は、五年でも卒業できないって。
これ、かなり至言だと思うんだけど、どうですか?

ということで、明日大学に掛け合ってきます。っつっても、補充登録っていうのに行くだけなんだけど。うまくいけばロシア語がとれるはず。他学部の…、しかも一年生の授業の……。
ぜってー友達出来ねぇ…。も〜…(泣)

作者不在

2005年04月09日(土) 17時29分
漫画家が死んだ。
特に人気があったというわけでは無く、でも全然売れてないという程でも無い。そういう漫画家だった。
私にとっても彼女の作品は、たまに、暇つぶし程度に読む、ぐらいのウエイトで、特に好きとか、ファンというわけではなかったのだが、本屋で「ラスト・コミックス」と帯の巻かれた本を見つけて、思わず買ってしまった。はじめは、「ラスト・コミックス」と言われてもピンとこず、引退でもしたのか、とも思ったが、いつの間にか漫画業界から消えて無くなる漫画家なんて数知れず、わざわざ引退するからって帯巻かないだろう、と思い直し、まさか、よもや、と気になって買ってしまったのだ。
購入後早速、本の中にそれらしい記述が無いかと探したところ、巻末の1ページに彼女が病気で逝去したとの知らせが載っていた。
とはいっても、作品のどこにも病の影や死の影は無く(当たり前だが)、いつもどーりの彼女の作品、いつもどーりの彼女の世界観が、ただ展開されているだけだった。
何だか不思議な感じがした。この作品を描いた漫画家はもうこの世にはいない。でも特にファンというわけでもなかった私には、彼女の死を実感する事ができない。それでも、巻末やページの余白にありがちな、作者の一言、みたいなものが無かったり、装丁や作品掲載順序に、どこか、作者不在の感があって、このただの作品群と、その裏にある彼女の死やら人生やらとの、余りにも遠いような、限り無くゼロに近い距離感のような、そこら辺に、ヒトの死にまつわるリアリティーなどを感じたりしたのだった。

最後に彼女の書籍一群を見てみると、既刊6作品のうち、実は4作品も持っている自分に気付き、なんだかそういうこともあるよなー…、とぼんやりと何か思ったりもした。

無難なところで近況報告でも

2005年04月08日(金) 23時34分
役作りのためにビデオを借りてみる。
役作りで映画を見るってことはあまり無いんだけど、というかぶっちゃけ初めてなんだけど、周りの役者さんなんかに話を聞くと、みんな結構そういうことをやってるらしいので、私もやってみることにする。
というのも、今回の役は、かつて無いほどに、なんというか、想像が及ばないというか、所詮二十年ちょぼっとしか生きていないぺーぺーには計りかねるというか、とにかくそんな感じなので、まあ藁をも掴むと言う感じで三本ほど映画を借りる。

ひかりごけ
13階段
田園に死す

どうでしょう、このラインナップから、次回作の内容を推し量ってみるなんつーのも楽しいかも。たぶん、無理だけど…。「ひかりごけ」以外はストーリー知らずに借りたしね。正直、「田園に死す」は役作り関係ないしね。へりくつこねれば関係ないと言えなくもない、と言ったところ。

まあまあ、そんなかんじで五月の公演の稽古も半ばを迎えているのです。
ついこの前「高羽英一郎」が終わったと思っていたのに〜!!もーーー!!!(発狂)
最近、追い立てられるようにして日々を生きているような気がします。つまり、余裕がない。こういうときは、人に開かれた、というか人に向けた文章ってのが書けませんね…。プロの物書きはそこが凄いよな、と思います。コンスタントに文章を提供できるから、そこにギャラが発生するんですよね。不定期更新ブログなんかとは訳が違うわけです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:高羽 彩(タカハ アヤ)旗揚げの時の舞台写真ですね
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:5月10日
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる


タカハ劇団主宰 役者 脚本・演出家 所属:クレイ

このブログは高羽の個人的なつれづれを綴ったブログです。
タカハ劇団の公式活動情報につきましては、劇団HPをご覧ください。
またお問い合わせは
infoあっとまーくtakaha-gekidan.net
(迷惑メール対策のため、@を「あっとまーく」と表記しております)
までいただきますようお願い申し上げます。

-----ニュース!!-----


次回公演詳細まだまだ未定!
詳細はこちら!
タカハ劇団の公式情報をお求めの方はタカハ劇団WEB


-------今後の活動-------
【タカハ劇団】
次回公演
今春?!

作:演出:
乞うご期待!

【高羽 彩】

お仕事待ってます… -------最近の活動-------

工事中
チケット予約メールフォーム//お名前・ご連絡先・希望公演名・希望日時・希望枚数を御記入ください。

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
©PETAPPA