『帰還の虹』無事全公演終了いたしました

2014年07月31日(木) 9時36分
昨日、7月28日(月)をもちまして、タカハ劇団第10回公演『帰還の虹』全公演が終了いたしました。

たくさんの方に見ていただき、また皆様に熱い感想をいただいたき、とても光栄に思います。

本当にありがとうございました。

また、この公演を支えてくださったスタッフ・キャストの皆様にも、熱く御礼申し上げます。


さ、


公演に際しての所感など、ざっくばらんに書いていこうかと思って、かなりひさびさにこのブログにログインしてみたのだが、いざ記事作成となると案外なにも思いつかないものだ。
もちろん、感慨がないわけではない。というかすごくある。
ありすぎて、あまり人にいえない……というセンチメントな風が、私の中にそよいでいるのだ。なんてね。
ということで、特に感慨深くないあれこれを、ちょこっとだけここに書いて公演終了のお知らせとさせていただきます。


タカハ劇団企画公演『ブスサーカス』

2012年03月05日(月) 14時37分

ばいーーーん!!


ぼいーーーん!!
そして再びクリアファイルプレゼントいたします!
しかも今回は、2月19日までにご予約いただいた方全員に!!
予約フォームはこちらから!ばいん!!

注:このお芝居に美少女は出てきません


■CAST
青木岳美
異儀田夏葉(ヨシロォの夏は夢叶え冒険団)
内山奈々(チャリT企画)
高野ゆらこ(毛皮族)
二宮未来(田上パル)
高羽彩

■タイムテーブル/開演時間
2012年2月
2月
21日(火)19:30★
22日(水)19:30★
23日(木)14:00★/19:30
24日(金)19:30
25日(土)14:00/19:30
26日(日)13:00
27日(月)休演日
28日(火)19:30
29日(水)14:00★/19:30
3月1日(木)19:30
2日(金)14:00★/19:30
3日(土)14:00/19:30
4日(日)13:00

★…割引適用回
*受付開始・開場共に、開演の30分前を予定
 *ギャラリー公演のため、お席に限りがございます。お早目のご来場にご協力くださいませ。

■チケット(日時指定・全席自由)
2012年1月21日(土)10:00〜 販売・予約開始
一般 2500円
★=初日・2日目・平日昼割引 2000円
ペアチケット(2枚一組) 4000円(前売り券のみ)
学生割引 1500円(要予約・要学生証提示)

第7回公演『完璧な世界』公演詳細

2011年07月18日(月) 12時00分
※この記事は高羽彩からのお知らせです。通常のブログ記事はこれより下に表示されます。

2011年7月5日(火)〜17日(日)
Gallery LE DECO 4

■特設ページはこちら!!

■出演者

深井順子(FUKAIPRODUCE羽衣)
根津茂尚(あひるなんちゃら)
松本大卒(チャリT企画)
岡本篤(劇団チョコレートケーキ)
キムユス(散歩道楽)
井手豊
石澤彩美









(イラスト マサオ)
※掲載中の画像はイメージイラストです。実際のフライヤーデザインとは異なる場合があります。

【主宰からのご挨拶】


■タイムテーブル

2011年7月
5日(火)     19:30❤
6日(水)     19:30❤
7日(木)14:00❤ 19:30
8日(金)     19:30
9日(土)14:00  19:30
10日(日)15:00
11日(月) 休演日
12日(火)    19:30
13日(水)    19:30
14日(木)14:00  19:30
15日(金)    19:30
16日(土)14:00  19:30
17日(日)15:00
(計16回)

❤...ペアチケット導入ステージ

*受付開始・開場共に、開演の30分前を予定
*ギャラリー公演のため、お席に限りがございます。お早目のご来場にご協力くださいませ。



■チケット(日時指定・全席自由)
5月23日(月)10:00 販売・予約開始

●前売(6月20日24:00まで受付)
一般  2800円
❤ペアチケット  5000円(4日(火)19:30、5日(水)19:30、6日(木)14:00限定)

*マサオ氏イラストによるオリジナルクリアファイルつき!!
*事前に料金をお振り込みいただき、チケットとクリアファイルをお手元に郵送いたします。
振込手数料・送料(120円)はお客様負担ですが、割引料金でご観劇いただけます。


●当日精算予約(各ステージ前日22時まで受付)
一般 3000円
❤ペアチケット 5600円(4日(火)19:30、5日(水)19:30、6日(木)14:00限定)
*ご観劇ステージ受付にてご精算いただきます。
*開演予定時刻にご来場のない場合、ご予約をキャンセルとさせていただくことがございます。

●当日券
 3300円
*販売状況により入場時間を遅らせていただく可能性や、キャンセル待ちとなる可能性がございます。


■お問い合わせ
WEB http://takaha-gekidan.net/
MAIL info☆takaha-gekidan.net
このたびの震災で被災された方には、心よりお見舞いを申し上げます。ご観劇に際して不安なことがございましたら、どんなことでもお問い合わせください。

完璧な世界稽古場日誌3&4

2011年06月11日(土) 22時50分
先日から、劇団チョコレートケーキに出演されていた、岡本篤さんと根津茂尚さんが合流されました。
ってことで、早速立ち稽古。
合流前はほとんど、本読みとWSでしたので、ついに、はじめて、です。
もちろん、皆さん台本は持った状態で、しかも今回の作品は舞台装置の位置関係が分かりにくいので、結構混乱させてしまったかな…とちょっと不安を感じる一幕もあったり。
とはいえ、まだまだ始まったばかりですからね。
気長に落ち着いてやっていきたいと思います。

岡本さんと根津さんは、なぜか競演が続いているらしく、6月頭まで上演されていた「12人の怒れる男たち」、タカハ劇団、さらにはその後風琴工房さんの公演でもご一緒なさるようです。
いくら狭い世界とはいえ、これだけ競演が続くっていうのはなにか因縁めいたものがあるんじゃなかろうか…と思っちゃいますね。
そんなお二人なので、さぞ打ち解けた様子でいらっしゃるかと思いきや、両者並外れた人見知りということで、なにやら曖昧に視線を交わすだけの控えめなコンタクトを取ってらっしゃいました。

大変控えめな方が多いなという印象の、今現場。(特に男性陣は)
私もいろいろ繊細に振る舞っていきたいと思っています。
きをつけないと、鼻息一発でなぎ倒してしまいそうです。

完璧な世界稽古場日誌2

2011年06月06日(月) 2時55分
びよびよびよびよーん!
眠い!
目覚まし代わりに、ブログ更新します。
でも、ブログを更新したことで仕事した気になってしまいそうなので、その点は自分に釘を刺しておこうと思う。

一昨日は稽古二日目でした。
台本には全く触れずに、コミニュケーションを重視したWSメインの稽古。
ずっと、運動したり、ゲームしたり。
こういうのはのんきで本当にいいですね…。
とはいえ、月曜日に岡本さんと根津さんが合流したらそうのんきにもしていられないので、
おそらく最初で最後のWS回かと思います。
おかげさまで、結構打ち解けられたかな…?と思いますが、役者さんたちの真意はいかに…。
帰りにぽつりと「ビール飲みたいなぁ…」とつぶやいてみたのですが、見事にスルーでしたので、
まだまだ親密度の伸びしろはあるようですね!(泣)

はやいこと、がつがつ台本稽古をしたいものです!!
ほんと!!

一ヶ月なんて、本当にあっという間ですから、集中して乗り切っていかなければいけませんね。
がんばります。

『完璧な世界』稽古場日誌1

2011年06月03日(金) 12時28分
永田町方面がゴタゴタしている中、タカハ劇団第7回公演『完璧な世界』の稽古がスタートしました。

リアルとバーチャル、心と身体、愛と自己愛、いろんな葛藤の中で乖離してく自己、そんなものがおもしろおかしく描けたらいいなぁ、なんて思っている今作品です。
岡本さんと根津さんがまだまだ本番中と言うことで、役者全員集合とはならなかった稽古初日でしたが、それゆえラフに、和やかに皆様にご挨拶できたんじゃないかな、と思います。
私からしたら、役者は皆さん知っている人なんですが、役者間では全く知らないもの同士…ということで、まずは関係性を解きほぐしていきたいなぁと思っております。
深井さんが結構緊張しているように見えた。

にしても…
今回の作品のキャッチは
「世界は大変なことになっているけれど、僕には関係のない話だ―――」
です。
もちろん逆説的な意味で使ったつもりだったんですが、テレビなどを見ていると、どんどん自分の思う現実(リアル)と、社会とか世間とか世界、で起こっている出来事が乖離していくような感覚に陥ります。
リアルから切り離されたエンターテイメントを見ているような…。
フィクションであったはずのキャッチコピーが、現実のものとして自分に覆い被さってきています。
なんだかぞっとします。
フィクションを描くためには現実をしっかりと把握しておかなければならないはずなのに、フィクションと現実がない交ぜになっていく危機感。

311以降、リアルとフィクションの天地がひっくり返って混ざり合っているようです。
ただ、すべては現実ですから。
自分の足を地面に縫い付けておくための作業が、創作であれ…とは思っています。

私は本当にとんちんかんな人間なので皆様と一緒にしちゃいけないとも思うのですが、それでもやはり、皆様も私と同じように混乱してらっしゃるんじゃないかしら?とかってに心配したりしております。

まあ、がんばりましょう。

『完璧な世界』特設ページについて

2011年05月21日(土) 17時25分
いやーようやく、『完璧な世界』特設ページができましたよー
ここ数公演(『ボクコネ(再演)』以降)は特設ページ作ってなかったのでね、念願の!といった感じです。
いちおう、「小劇場界一わかりやすい」情報ページを目指して作ってみたのですがいかがでしょう?
是非感想が知りたいです!
あとはチケットページ。
演劇のチケットって、あまりなじみのない方にはシステムとか分かりづらいですよね?
「当日精算ってなに?当日券とどう違うの?」みたいな。
まあ、タカハ劇団をご覧になっている方は「そんなこと百も承知でござる」という方が多いとは思うのですが、
演劇のチケット買うのが初めてな人でも、わかりやすく購入方法を説明したい!と思いまして、制作さんとWEBデザイナーさんと、推敲に推敲を重ねて作り上げたページなんですよ…。
できるだけ敷居は低く、間口を広くもうけたいですからね。
いかがですか?
是非このページからチケットを購入してくださる方がいらっしゃるといいのですが。
あと、ここ分かりづらい、みたいなことがあったら教えてください。
可能であれば修正していきたいので。
システム上無理!みたいなことだったらごめんなさい。

さて、フライヤーもお気に入りのものができたし(まだ手元には届いてないけど…)、WEB宣伝もやりたいことはできている…という中で、唯一ふるっていないのが、タカハ劇団のツイッターアカウントなんですよ!!
私個人のアカウントなんかよりよっぽど有意義なことつぶやいていますので(レスポンスもいいし…)是非フォローしてあげてください…(:_;)

さてね…私は台本書かねばね…。
まあ、昨日までは「どうひっくり返っても書けない!!」みたいな気分だったんですが、なんか今日の昼下がりぐらいに、急に、「これは書けるかも」みたいな気分に切り替わりました。
まあ、実質は書けていないのですが。
でもなんか、ちょっとは安心した。
がんばりマース。
励ましのお便り待ってます、はい。

主宰からのご挨拶

2011年05月13日(金) 21時01分
※この文章は4月19日にタカハ劇団サイトに掲載されたものです。

主宰よりご挨拶

この度の東日本大震災で亡くなった方々に謹んで哀悼の意を捧げるとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

また、直接被害に遭わないまでも怖い思いをしたり、今もずっと不安に苛まれながら日々を送っている皆様にも、同じように、お見舞い申し上げます。

怖いですよね...。大変ですよね...。もしかしたらこれから先もずっと大変かもしれない、いや、もしかしたらもっと悪いことが起こるのかもしれない、私もあれから毎日そんなことを考えています。

でも、お芝居をやります。

このお芝居を観ても、空腹は満たされません。
このお芝居を観ても、収益の一部が義援金として寄付されることはありません。
このお芝居が、直接被災地の方々のためになるようなことは無いでしょう。

ただ、

この作品を観るために劇場に足を運んでくださる皆様に、よき時間を。

家を失ってもいず、たいした怪我もなく、大切な人はみんな元気で、文句なんて一つも言える立場じゃないって我慢して、怖かったり、不安だったりしても黙って日々を過ごしている人。

あなたが、

劇場にいらして、少しでも楽しい思いをしてくださったら。



ご観劇に際して不安なことがございましたらinfo☆takaha-gekidan.netまでお問い合わせください。
ご来場心よりお待ち申し上げております。

タカハ劇団主宰 高羽 彩


タカハ劇団第7回公演

「完璧な世界」

2011年7月5日(火)〜17(日)

GALLERY LE DECO 4F

セカイアジ稽古場日誌たぶん9

2011年03月10日(木) 16時13分
昨日はなんと、というか何というか、完本しまして、ようやく稽古初日だね!と出演者一同気持ちを新たにいたしました。

完本して心も晴れ晴れーといきたかったんですが、ま、課題もたくさんありますのでなかなかそうはいきませんね。
稽古の方はそのような感じで粛々と行いましたとさ。
さて
この日はもう一つ大きなイベントがありまして。
高野ゆらこ嬢の30歳のお誕生日だったのです!
30歳かぁ、現在27歳の私としては遠からぬ未来。
でもまだまだ実感はないんですよ。
ただ、ゆらこ嬢曰く、「この日を迎えるまでは本当に苦悩の毎日だった」とのこと。
となると、私もこれからどんどん苦しくなっていくのかしら。
恐ろしげなことです。
ただ私の周りの30オーバーの諸先輩方は皆口をそろえて、
「30代は楽しいよ!」とおっしゃっているので、何となく楽しみでもあるのです。
セカイアジにおけるオーバーサーティーズ、杉田鮎味さんと鈴木祥二朗さんも、めでたくメンバー入りしたゆらこ嬢に、
「どんどん楽しくなっていくよ!」とお祝いの言葉をおっしゃっていましたし、たぶん20代後半女が思う以上に、30代はよきものなのかもしれません。

というかそもそも、世の中に漠然とある、「30までが一区切り」感は何なんでしょうか?
それが、20歳や40歳でない理由って何なのでしょうか?
その辺を明らかにしないでただただ30歳におびえるのはなんだか無益な感じがしますし、理由の分からないものにおびえてもしょうがないような気がします。
ゆらこ嬢が30歳におびえていた記憶をとどめているうちにいろいろ聞いておこうと思います。
っていうか、こういうことを考えている時点で、「30歳」っていうものに踊らされているんですけどね。

そんなおめでたいこともありつつ、ただ、今は、この作品がよりよきものになるよう、みなで知恵を絞っているのです。

セカイアジ稽古日誌…第何回目だろうか?

2011年03月10日(木) 1時47分
タカハ劇団のWSなどもあって、セカイアジ稽古場日誌どこまで書いたのか、ちょっと分からなくなった今日この頃。
皆様お過ごしでしょうか?

本日は、といっても日付的には一昨日のことを書きますけども、
ざーっと荒く、通し稽古をやりました。
通し稽古をやると聞いたときは、さすがに無謀なんじゃねぇか?!とは思ったものの、
いざやってみるとさすがというか何というか、意外とすんなり通せたのでした。
やはり役者陣が頼もしいというか何というか…。
自分の出ているシーン以外は、おもわず「お客さん」として楽しんでしまうようなこともあったり。

特にお気に入りなのは、異儀田夏葉嬢と梨木智香嬢の掛け合いのシーンです。
夏葉嬢とは以前何度か現場でご一緒したことがあるので、予想通りのおもしろさといった感じですが、何というか初めてご一緒する梨木嬢、ここでは敬意を込めて「ナシキング」と呼ばせていただきますが、なんだか私が小劇場でみたことのない芝居をしてらっしゃる。
かといって大劇場でも見たことがない芝居をしてらっしゃる。
そしてたぶん、彼女のホームであるシャンプーハットでも、こういう芝居はしていないんじゃないでしょうか…?
なんというか、ナシキズムが爆発というか、とにかく彼女の持っている独特の雰囲気に目を奪われずにはいられない、といった感じです。
そんなこともあって、今、私の中で空前のナシキングブームが到来しています。
家でこっそりとナシキングの台詞をまねしてみたりするのですが、やっぱりうまくいきません。
やはり彼女の持つ固有のものなのでしょう。
文章で説明するのも難しすぎるので、こればっかりは、劇場で直接ご確認いただかなくては、と思います。

私ですか…?私はアレですよ、必死ですよ。
どうか…応援を…よろしくお願いいたします。
こちら!をポチッとすると私に応援メッセージが届く仕組みになっていますよー。
いや、予約フォームにとぶ仕組みになっていますよ。
ね。
こころぼそいー。
ほんと、応援よろしくお願いいたします。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:高羽 彩(タカハ アヤ)旗揚げの時の舞台写真ですね
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:5月10日
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる


タカハ劇団主宰 役者 脚本・演出家 所属:クレイ

このブログは高羽の個人的なつれづれを綴ったブログです。
タカハ劇団の公式活動情報につきましては、劇団HPをご覧ください。
またお問い合わせは
infoあっとまーくtakaha-gekidan.net
(迷惑メール対策のため、@を「あっとまーく」と表記しております)
までいただきますようお願い申し上げます。

-----ニュース!!-----


次回公演詳細まだまだ未定!
詳細はこちら!
タカハ劇団の公式情報をお求めの方はタカハ劇団WEB


-------今後の活動-------
【タカハ劇団】
次回公演
今春?!

作:演出:
乞うご期待!

【高羽 彩】

お仕事待ってます… -------最近の活動-------

工事中
チケット予約メールフォーム//お名前・ご連絡先・希望公演名・希望日時・希望枚数を御記入ください。

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
©PETAPPA