ロングバケーション 

2007年12月29日(土) 17時51分
お久ぶりです

最近、夜に耳を澄ませると

2008年の足音がもうすぐそこまで迫っているのを感じます



12月のことを書きたいと思います

リアルジャムのイベント「メルナイト」

があり

それに向けて奮闘していました

辛いこともありましたが

それだけに、イベントをいい形で終えれた時の

感動の大きさもワンソルトです

すいません

感動の大きさもひとしおです





学園祭の時もそうでしたが

イベントの思い出というのは

印象が強く

自分のなかで思い出がケインです


すいません


自分のなかで思い出がコスギです

そろそろ、うざいですね



練習しているときに鏡を見て、たまに思うんです







でも自分の心に言い聞かせます

「いや・・・そうじゃねえ・・・・ダンサーになっちまったのさ」

すると違う自分が

「ただの自信過剰でしょ??」



こういう一人問答をして、僕の夜はふけていきます


海南の牧くらいふけたところで、一人問答をやめます


なにはともあれ、リアルジャムっていいなあ

と思う毎日でした

チームのみんなありがとう!!

僕はもうダンスのとりこです























そして、クリスマスにはサンタクロースに

二つの素敵なプレゼントをもらいました

ひとつは

風邪

このせいで38度くらい熱が出て

布団の中でクリスマスを迎えました

その時にロングバケーションというドラマを見たんですが

最終回にいいシーンがありました


瀬名 「一緒にボストン行こ。今よりも全然楽しいと思う
から。だから一緒にボストン行こ。」
南 「……。」
瀬名 「ハイは?ハイって言わないとチューするよ。」
南 (口チャック)
♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

のところです


http://www.youtube.com/watch?v=8n4_mgcHOZg&feature=related







もう一つのプレゼントは


単位

二学期で22単位頂きました

四年間で一番とりました

サンタクロースに本当に感謝です

ケンタッキーのカーネルサンダースと同一人物だと高校生まで思っていたことを謝ります。

これでなんとか、単位の方は揃いそうなので

卒業はもう目と鼻の先です


え???卒業論文はどうなったのかって??

実は、12月はロングバケーションでした

ドラマの中でキムタクがこう言っています

「こういうふうに考えるのダメかな。
長〜いお休み。いつも走る必要ないと思うんだよね。
あるじゃん、何やってもうまくいかないとき。
そういうときは、神様がくれたお休みだと思ってさ。
無理に走らない、焦らない、頑張らない。
自然に身をゆだねる。」

僕の場合、走ってないので、このセリフが全く参考にならないことに今きずきました


とりあえず、スーパーロングバケーションは終わりました

卒論発表までのあと一か月でどげんかせんといかんとです



今日も先生に怒られ

年末年始は実家に帰れないことが決定しました。



実家大好きな僕が年末年始帰れないのはつらいですが

研究室で初日の出を拝むのも一生に一度くらいはいいかなと思います

今思えば毎年のように

父親の頭を初日の出のように拝んできたので・・・


しかし、先生に気持ちを入れ替えた決意を表すために

ボーズにして来いと言われました


今年の初日の出は、自分の頭になりそうです

血は争えませんね




今年一年を総括すると

今年は選択の年でした

さまざまな重大な選択を迫られる年であったと思います

サンタクロースならぬ「選択苦労す」がやってきた年と言えるでしょう

しかし、選択においていけないのは

間違った選択をすることではなくて

間違った選択を恐れて、選択の機会を失う、はばを狭める、選択をしないことであり


大事なのは


自分の決めた選択を間違ったものにするか、最適なものにするかは

その後の自分次第ということです

選択は自分でつくるものです



自分の下した選択に疑問を抱きいつまでも、揺れているのは好ましくない

選択することを怠ってはだめです



忍者の自来也も

死ぬ間際に自分のとるべき選択

あきらめねえ 

という選択を見つけ出して死んでいきました






かの有名なこの方も







選択ということの奥深さを唱えています


では長くなりましたが、よいお年を

カンシャー×カンシャー 

2007年11月19日(月) 17時42分
今日自分が生きていることに感謝している

と言うのも先日、死にかけたからだ


先週の三連休で実家に帰ったわけであるが

突然帰る事になったので

持ち合わせがなくて

車にガソリンを入れるだけで、高速代がなかったので

一般道で一路長野まで車を走らせた

出発は23時


深夜の道はすいていて、気持ちよく僕を運転させてくれた

ところが、ナビは僕をすごい道へと導いてくれた


車一台通るのがやっとなくらいの狭い山道

ほんとに狭かった

例えるなら、何をやっても怒るのびたのお母さんの心

くらい狭かった


しかし、ここで歩みを止め闘いを忘れてしまったら

アントニオ猪木に頭が上がらないと思ったので

つき進んだ

道はひたすら、紆余曲折していてひたすら、上り坂である

そして、深夜4時くらいに峠の頂上まで行った

しかし、ガソリンがエンプティーランプをともし

車の温度計で外気の温度を見てみると


−13度・・・

タイヤはノーマルタイヤなのに

道は





こんなん


朝になるまで待って、落りるか

否、凍死するし

そもそもガソリンがない

兄に迎えに来てもらうか

否、携帯圏外

一人でこの状況は、怖すぎる・・・







外の暗闇はまがまがしいオーラを放っている

思い切って外に出てみる











−13度の世界はすごかった




しかし、そんな恐怖の中にも素晴らしいものを見た

鹿の親子がこっちをじっと見ていた

タヌキもいた

もののけ姫になったような気持ちでそっと彼らに言った

「ともに生きよう」




そして、空を見上げると星たちが茨城で見る星より

何倍も光を強く放っていた

キルアになった気持ちでそっと星たちに言った


「じいちゃんのドラゴンダイブ!!!」







彼らのおかげでこんな死にかけていた僕に勇気をくれた






そして、下山するが

すべることすべること


山手線の吊り革くらいすべる




カーブのときは、相当緊張する

深夜のドンキホーテの駐車くらい緊張する


しかし5時前くらいには山を降りた

そして山を降りたとき、僕の拳は












このように最近の僕は感謝の気持ちに満ちている

感謝って、言葉にするのは簡単だけど、本当の気持ちってどうやったら伝わるのだろうか

ポケットをたたくとビスケットは増えるが

感謝の気持ちってのは、周りの人に恵まれていなければ

簡単には増えない


11月16日は僕の誕生日であったが

多くの人が祝ってくれた

real jam,森,研究室の方々本当にありがとう!!!

そして、社工の友達には


盛大に祝ってもらって、とても嬉しかった!!

僕が自分え呼びかけたのもあるけど、こんなに集まってくれてよかった

これもしおりちゃんのおかげである

そこで感謝を表現するため

今日から






を始めようと思う



彼らは、本当にいい仲間で

僕がつらいときも心配してくれたり理解してくれた



彼らの中の一人がいつか言っていた

「俺らは卒業したら、ドラゴンボール並みに全国に散らばる」と


卒業して、別れるのが辛い


しかし、いつかつくばのこの地でみんな集って、シェンロンを呼び寄せよう!!!

それまで待ってるから!

桜木を体育館で待つ晴子さん並に待ってるから!!


そう、、彼らは





俺を置き去りにした





盗難 

2007年10月23日(火) 9時09分
知る人ぞ知る大強盗

ルパン三世は

カリオストロ城にて

すごいものを盗みました

お金、でも宝石でもなく







クラリスという少女の

心です

銭型警部はクラリスに言いました

「ヤツはとんでもないモノを盗んでいきました・・・。

あなたの心です」




これに似たような、盗難が僕の周りで最近多いです

先日、大学の端末室の前にこんな張り紙がされていました




とんでもない大事件です

赤福の賞味期限ぎれ事件なんて、へのかっぱです




最初に言っとくとこの事件の被害者は

僕です

卒業まじかで足元をすくわれたくなかったので

必死で犯人の究明に全力を注ぎました




慌てて端末室を出ると、もう誰もいませんでした



そこで、一番怪しい人物が

僕です


要するに、「被害者、兼、容疑者」です


自分でなくした可能性が大きいので

自分のその日のアリバイを見つけるため一日を振り返ってみました





その事件の当日、大学ではスポーツデーという

大学全体でさまざまなスポーツにおいて競い合うというもので

今回、僕はサッカーに出場しました


試合までの時間、朝6時から端末室で卒論の作業をしていました

そして、サッカーへと出陣します








全部で4チームにおいて出場した僕は

正に、ひっぱりだこ!!



といっても、引っ張る側のたこなので

みんなの足をひっぱりました



でも、同じ学類のフットサルサークルで出場したときは大活躍し

50チームくらいの中でベスト8に入りました


特にこのときは選手として出たわけではなく


「選手兼監督」として出場しました






監督としての風格があるでしょう??

「牧・高木時代」の到来です



結果的にずっと監督のままの




「補欠君」

となってしまったわけですが

後輩たちのがとてもうまく、試合を見ていて感動しました

最後は同点で

じゃんけんで負けてしまったものの、実力は他のチームの群を抜いていました





ここでもう一つ事件が起きました

このチームの僕の友達が

審判に怒られていました


なんと

蹴球部の使うグラウンドに

たちしょん

をしていたそうです





異変に気づいていました


良くなる後輩たちのプレーをずっと見ていたかったので

彼に目を配るのを怠っていました

監督失格です。








と言ったように、この日は選手権監督をしていたという完全なアリバイがあります


するとそこへ、一本の友達からの電話が・・・





自首してきました




端末室でさしっぱなしだった、フラッシュメモリを

盗まれるといけないからと親切に、

所持していてくれたと言う理由で





盗んだようです



一本とられました

賞味期限ぎれの赤福を食べてたのかと思う

くらい悔しいです

この福助が!!



嘘です・・・


ゆうや君、心からありがとう


これに免じて、卒論




「今はこれが精一杯」



と言わずに

精一杯がんばっていきたいと思います。















10月 

2007年09月29日(土) 0時20分
ふっ

と気がつくと、もう十月

世間は内定式の時期でしょうか??



行きたかった〜

ここ一ヶ月は怒涛のような一ヶ月でした

かつて小泉元首相が「人生いろいろ」と言ったが

この言葉が身にしみるような一ヶ月でした


九月の一番の反省は

十五夜に兎が餅をつくのを見るのも忘れていたことです

というのも、最近の僕はズバリ



飢えています


特に兎に飢えています

兎ちゃん大好き



先に小泉元首相の話が出ましたが




気づいてみれば、総裁も変わり、福田内閣が発足しています

福田氏には共感できる部分が多い

福田氏といえば、ポスト小泉として小泉氏の下での官房長官としての印象が強い

しかし、彼は常に首相になることに飢えていた

元サラリーマンであった彼が、こうして内閣総理大臣となっている

父親が第67代内閣総理大臣の福田赳夫であることもあり

首相に飢えていたに違いない

福田は飢えていた

リングへの飢え(閣僚の不祥事0)

ゲームへの飢え(体調を崩さない程度な生き抜きも必要)

勝利への飢え(民主党への勝利)


彼をここまで上り詰めさせたのは飢えである

そしてガムシャラさ

そして十五夜の月に勝るとも劣る

「ほわちゃあ!!」と言う名の月・・・・・いや突き



しかし、


様々なものに飢えていれば良いと言うものでもない


首相という立場上、一度に多くのことを考えなくてはなりませんが


「二兎を追うもの一兎を得ず」と言う言葉があるように

目の前にある問題を一つ一つ解決の方向にもって行くことが望ましいのかもしれません

安部前首相のように体を壊しては元も子もありません



様々な問題をかかえる自分はこの状態に陥りやすい

特に今の自分は多くの問題を抱えていて

100兎を追う者

になっている


こういう意味で、兎に飢えざるをえなくなっているのです


しかし、今はそれ以前に

二兎を追うもの一兎を得ず

ではなくて

ニートを追うもの一兎を得ず

になっているので

そこから、解決していきたい

自分はもう「がけっぷち」(達筆)

いわば「背水の陣」なのである!!!



そういった意味でも


福田内閣には

憲法改正、社会保障費、財政健全化、自衛隊イラク派遣問題、労働三法問題

様々な課題が山積みではありますが


僕を含め、ニートの人口が年々増加している状況の中

ニート問題に力を入れて取り組んでいってもらいたいものです



福田首相の掲げる「背水の陣内閣」


きっと、良い内閣になるでしょう










旅立ちの時 

2007年09月02日(日) 23時31分
8月25日から始まった世界陸上

数々のドラマがトラックの上で生まれました

僕が一番感動したのは

男子走り幅跳び


イタリアのアンドリュー・ハウが大ジャンプの8m47を最終跳躍でマークしトップに立った直後

パナマのアービング・サラビノが、さらにそれを10センチ上回る8m57を記録

トップアスリートの真剣勝負が生み出した逆転劇

鬼気迫る逆境にたたされた時のアスリートの力というのは、ものすごいものがあります。

僕も昔、走り幅跳びの選手で県内でも其の名をとどろかせる選手だったので

ものすごく、選手たちの気持ちが分かってしまいました


人と言うのは、自分の置かれている状況が

厳しい時や、難しい状況であるほど精神的な高ぶりによって

凄い力を発揮し、大逆転劇を生み出します

挫折を味わってる人間ほど、強いのはそのためです



その世界陸上の影になってあまり目立ていませんでしたが

もう一つのドラマが繰り広げられていたことを

皆さんはご存知でしょうか??

8月終わりのうだるような暑さの日に

大学院入試がありました


この戦いは

僕と教授三銃士との戦いでした


教授三銃士とは



学内の違法駐車による度重なる車輪施錠をされた時や

その他もろもろとお世話をただいたかつての学類長

吉田 教授

研究室決定の面接の時に一時間のお説教を頂いた

藤井教授

研究室から熱烈なラブコールを受けていたのに、断った世界的権威の教授

金子 教授


です



こうして戦いのひぶたは切っておろされたのでした



一日目は筆記試験

周りの不安をよそに

土佐玲子選手の銅メダルくらい、よく出来たと思います


きっと、三銃士たちも戸惑ったことでしょう


織田裕二の扱いに戸惑う、中井美穂

を彷彿とさせます



そして、余裕をもって望んだ二日目の口述試験

面接官に三銃士の誰かが来てはまずいと思っていました

面接官は三人

一人は若手の先生

もう一人は






そして最後の一人は




世界的権威の金子 守教授 でした


でも筆記試験で優位に立っていることには変わりないので

自信を持って望みました

志望動機、研究計画については良く答えられたと思います

すると





この研究は先行研究として既に行われている分野なんだよ


と言われたので

この先生と若手の先生の二人を手玉に取り

十分くらい討論していました



すると真ん中の

金子先生はずっと「何かに」下を向いたまま何か書いています


すると口を開き


「まあ、まあ、時間もないので先に進めますが、ところで高木君

英語で自己紹介してくれないかね??」


頭が真っ白になりました

面接二万回合宿で「それで足りるのか??」

というくらい面接練習をしてきましたが



まさかこんな質問が来るなんて思いませんでした

頭が真っ白になりましたが

あたかも自信満々なそぶりで

「My name is Yuji Takagi,

My favorite sports is ValleyBall,Tennis,YAKYUU and so on.

My favorite foods is susi and GEISYA・・・・

声がどんどん小さくなっていくのが分かりました

もう、三人とも笑っていますし

僕自身パニックに陥り何を言ってるのか分かりません

なぜ野球を野球と言ったのか、食べ物で芸者が出てきたのか

タイソン、ゲイ選手もびっくりです


ここで金子先生が

「いやいや、そういうことじゃなくて、大学の試験なんで大学に関することを言ってもらえないかね??

ふふ、すしとかじゃなくて・・・」


「わ、分かりました」

「I can't be interested in study い、いままでは・・・・、but I want to study.....

言葉に詰まっていると

先生がこういうことかね???みたいな感じで英語でおっしゃってくれたので


声を張って

「OH!!YES!!」

今日一番の声でした


こうして、三銃士との戦いは幕を閉じました






そして、昨日が合格発表






僕の番号はありませんでした






三銃士の大逆転勝利です

敗因は何か考えました


英語を僕が喋っているときの金子 先生の表情にヒントがありました













こういわんばかりの表情でした


そして、金子先生が何かを必死で書いていたことを思い出しました




間違いなくデスノートです


ノートには「二週間後に受験に失敗しテディベアと一緒に自殺」

と書かれていたことでしょう







今思えば






彼は死神「リューネン」


だったのかも知れません

さすが三銃士です

こんなとっておきを出されては、完敗です




でも、僕は誇らしげです

噂では同大学生の中かから毎年何人かは

「そんなに甘くないぞ」と言う見せしめのために落とされるらしいです


誰かが其の役割を担わなくてはなりません

その大義名分のもとに、損な役回りではありますが

役割を果たせたことを誇りに思います

これから社会に出てこのような場面は、きっと訪れるでしょう

誰かがやらなくてはならない損する仕事


そういう仕事を自分から、進んでこなしていくことが後に

大逆転を生み出すのです


もし、地球の爆発をたった一人の命で何とかできるとしたら

あなたならどうしますか??






なにはともあれ、受験に失敗し進路を失った私は

長い長い旅に出ます













わざわざ、家になぐさめに来てくれた方々、本当にありがとうございました

 

2007年08月16日(木) 1時42分
最近は院試の勉強におわれる毎日ですが

そういった一つのことに専念しているときこそ

いつも、気にかけないものが、意識的に見えてきたりします

最近、僕は空を見あげるのがとても楽しみです

夏の空はすばらしいです

積乱雲に

青い空

その透き通る青さは、吸い込まれるようです

そのたわわに実った二つの果実は、吸いつきたく・・・・・

すいません、取り乱しました




空といえば先日

先輩の家で、飲み会をしているときのこと

そんなに飲むつもりはなかったのですが

あまりに楽しかったので、人生で一番くらいに飲んでしまい

意識を失った僕は

ここからは聞いた話なのですが

家主の先輩の顔にゲロをかけたらしく(その先輩はもう意識がなかった)

そんなことは問題ではないのですが、問題は

その先輩の顔が先日紹介した、まことちゃんにそっくりだったということです





そして

部屋の外に飛び出して行ったらしいです



その後みんなで部屋の中を








といった具合に、探していたのですが

外に飛び出していったのだから、いるはずがありません



そして、外でみんなが見たものとは








一人の死体

どうも、夜中ずっと外で寝てたみたいです


そして、朝僕が目を覚まして

見たものとは

ななななんと










しかも、吐きすぎて、しまいには血まで吐くようになり

病院へ行くと、吐きすぎによる喉の損傷だと言われました

大したことはなかったので、不幸中の災いでした





昨日まで、2日間だけ実家に帰っていました

勉強するつもりが

中学の友達と飲んだり

花火大会に行ったり

高校の友達10人と山にペルセウス流星群を見に行ったりと

お盆休みを謳歌してしまいました


花火や流星といったように、夏の空は夜空も

いとをかし

特に流星群は、すごく綺麗で女の子のように感動してしまいました

最初行ったときは









といったかんじで流星なんて一つも見えませんでした

一時間待っても、見えないので

ロケット流星群を見ようということになり

100発くらいのロケット花火を飛ばして遊びました


すると突然

メンバーの女の子の一人が



空を見上げて








と叫びました

まさか、流星群じゃないでしょ〜〜??

と思ったら、ほんとに

流星群ではなくて、モモンガみたいな動物が飛んでいました



すると、その直後に

われわれが見たものは

まさに、流星!!30分くらいで100個くらいのりゅうせいを見ることができました

堺 正章 風に

「星3つ4つ5つ!!」と数えていたら、お願い事するのを忘れました



中学のときに受験直前に仲間と一緒に寝袋の中で見た、しし座流星群を思い出しました

中学や高校の友達と遊んだりしていると

その一時代を共有していた仲間ですが

その後、歩んだ道が違うので、価値観のずれを感じるときがあります

でもそれが、また面白いのですが

みんな、それぞれ今は違うことをしています

看護婦さんになった人

薬剤師になった人

大工をやっている人

自衛隊に入った人

ニートやっている人

奥さんになった人

飲みすぎて、血を吐く人


みんな、違う道を歩んでいますが、唯一共有しているものがあります







そう、この青い空です




まことちゃん 

2007年08月12日(日) 0時09分
最近、勉強に忙しい毎日ですが

そんな日々にも楽しいことは見つけられるものです

最近の僕のマイブームは

「まことちゃん」です




これは漫画家「楳図かずお」の代表作で

主人公がまことちゃんで

髪型はパッツンで

写真のようなポーズをとって


一言

「グワシッ!!」と言います

楳図かずおといえば、最近

建築中の邸宅に対し周辺住民から「異様な外観になり、閑静な住宅街の景観を破壊する」と工事差し止め仮処分をされた人物で

家をトレードマークの紅白の模様にしたり、屋根にまことちゃんの人形を作ったりするつもりだったらしいです。



マンガの中身は知りませんがギャグホラー漫画だそうです

机の上で、グワシの手の形ができるかやってみるのが最近の楽しみです


今馬鹿にしたそこのあなた!!

スポーツ界では数年前から

まことちゃんが一世風靡してるんですよ!!






おそらく、開拓者はこの人

シドニーオリンピック水泳の銀メダリスト

田島寧子です。

そうあの流行語にもなった名言は有名です








「めっっっちゃグワシ〜~!!」



「赤白がいいですぅ~!!」




きっと、泳いでいるときの手の形は「グワシ」だったのでしょう




そして、サッカー界ではこの方










ロナウジーニョのこのキメポーズは

間違いなく「グワシ」でしょう



そして、テニス界ではもう一般でも使われている言葉ですが

ラケットにボールがうまく当たらないことを

「ガシャる」と言いますが最近では、みんな

「グワシッ!!」と言います


よく使う選手はシャラポアで、彼女は良く打つときにおたけびをあげますが

あれは実は




下のように



「グワッシ〜〜〜〜!!!」

と言っていることが多いです

写真は左手がグワシになる直前の写真です

このときはすぐにグワシができなくて、もどかしかったのでしょう


そういえばテニスの王子様でも

「動くこと『雷霆』のグワシッ!!」という技を使う選手がいたような



相撲界では

朝青龍が、「腰の骨の疲労骨折」と医師に診断されモンゴルでサッカーをしていたことが

問題となっていますが

本当のところはグワシでの突っ張りのしすぎ

による

中指のつきゆびの間違いだと



僕に電話で相談してきました











そして、バスケットボール界ではこの方











グワシッ


赤木の手がグワシになっています。


そして一言

「まことちゃんブームは、まだ始まったばかりだ」


これから、絶対にはやると思います。

紀州と奇襲と奇臭 

2007年08月01日(水) 22時34分
大学二年の頃から、仲の良いメンバーで一つの旅行を始めた

其の名も「まいう旅行」

日本はおろか、世界各地のおいしいものを探し求める旅である

今回その旅行も四回目

今回の行先は

紀州と言われる、和歌山をはじめ奈良、三重などの紀伊半島であった


行く途中でも、横浜中華街、名古屋などにも寄りました


この旅行の特徴を簡単に説明すると

ジャンケンで負けた人が全員分の食事の料金を払う

宿泊はテントかメンバーの誰かの実家(奇襲)

メンバーの中には香辛料と言われる臭い人が何人かいる(奇臭)

そして、この旅行の最大特徴として

様々なゲームをして負けた人がバツゲームをすると言うものがあります

そのバツゲームの一部を紹介します






松坂牛の焼肉のお店にて、若干24歳になる大先輩が




こんな格好で、お店に入っていき

店員のお姉さんに笑われてかなり、凹むどころか

喜んでいました








奈良公園にて、メンバーの一人である

体が異様に白いオヤジ、である通称


「ホワイトじじい」が鹿と添い寝していました








海水浴場にて、

とあるファミリーの横で砂に埋められ

さらには、しっかりと人間としての凹凸も作られたまま

10分ほど放置されるという罰ゲームがあり


当然ファミリーの二、三歳の子供二人が笑って見ていて、一言

「お兄ちゃんなんで、ここ膨らんでるの??」

両親は苦笑い


埋められてた当人は僕らに一言

「任務は終わった・・・・」と言って去っていきました








そして、僕がやった罰ゲームで

浜辺にさしてある旗を抜いて

それを振りかざしながら、人があふれる海水浴場を

「とったどーーーー!!!」と叫びながら

浜辺中を駆け回ると言うもの



終わった後、みんながなんだあいつは??きちがいか??みたいな顔でこちらを見てきます

しかし、一番きれていたのは


ライフセイバー

と言っても地元のヤンキー



と言わんばかりの表情で

説教・・・・

もう、ぼこされるかと思いました


しかも、いるはずの仲間は僕を取り残しどこかへ逃亡していました


最悪、僕を取り残して帰るつもりだったみたいです








東大寺の柱の穴にて

岩に閉じ込められた孫悟空のまねをしろという罰ゲーム

を自分から勝手にやる人



がいたり



日曜に名古屋のど真ん中にて

世間では投票日で

参議院選挙で熾烈な戦いが繰り広げられる中


交差点の中央分離帯にて

宮本 武蔵  VS  DJオズマ

の戦い、略して

名古屋の変



が繰り広げられました。現代版関ヶ原の戦いと言われています


自民党が歴史的敗戦の中、DJオズマが敗戦した模様です






この他にも、

鹿せんべいを使って、鹿とポッキーゲームする

名古屋市街の噴水にて、DJオズマを踊りおじいちゃんおばあちゃんを楽します

名古屋市街の路上ライブに乱入する

銭湯で「いい湯だな〜〜あはは〜〜〜ん」と歌って、最後に「あひ〜〜〜!!」と叫んで自害する

海水浴場で遊んでいる子供を溺れてもいないのに、海猿気取りで救出する

屋台で必要のない物(変な笛、変なTシャツ、変な鉢巻)を買う


などのものがありました






バツゲームだけではなく、当然おいしいものも頂きました

中華街のあんかけやきそば

奈良の鹿せんべい

和歌山のラーメン

松阪の松阪牛

三重の海産物

名古屋の味噌カツ

体臭の臭い先輩の体拭いたタオル


どれも、舌を唸らせる物ばかりでした




しかし、全四回のこの旅行で一番おいしかったものは

先輩のうちに泊まりに行った時に、先輩のお母さんが寝ている僕を起こして

食べさせてくれた夜食の


マンゴーは

甘くてみずみずしくて最高に美味しかったのを覚えています

 

2007年07月27日(金) 14時26分
昨日、大洗の海へと行った

ここは

僕にとって忘れることのできない場所である

ここへ来ると、一年前を思い出す


一年前となにも変わっていなかった

僕自身は、きっと変わっただろう


しかし、海はいつも変わらない、笑顔で僕らを迎えてくれる




僕は海へつくと、子供のように無邪気に遊んだ



バトミントン、ハイテンションバトミントン、花火ごっこ、野球、シャチの狩り、すし屋のおじさんとおしゃべり、スイカ割り


ワニワニパニック


など、いろいろな遊びをした



きっと、こうも無邪気になれるのは

海がいつもかわらない笑顔でいてくれるからだ




君の笑顔もいつも変わらないでいてほしい






海に来れば、どんなに人が変わろうとも


楽しかった、あの日に僕らをいざなってくれる気がする







帰るときに、夕日に染まる海が



ニコッと笑ったような気がした








こんなくさいこと、書かせやがって!

海は本当に罪な奴だ!!!






TK 

2007年07月25日(水) 0時02分
僕の最近のあだ名は

TK (ティーケー)です。

イニシャルでもないし、どんな意味があるのか自分にもわかりません


だからTKと呼ばれると

「やめろよ〜〜〜!!意味わかんね〜じゃん!!」とか表面上は言っていますが

心の中では

「もっと、もっと呼んでくれ・・・・・」  フルフル

とか思っちゃっています


というのも

TKといえば

小室哲哉(音楽プロデューサー)

高阪 剛 (格闘家)

加藤 鷹(俳優)

北野たけし(映画監督)

木村拓哉(歌手)

高木 和也(僕の祖父)

タケオキクチ(デザイナー)


など有名で尊敬できる方ばかりだからです

今までの僕のあだ名といえば

ゴリラをはじめ、たらこ、塗り壁、ブラックエイリアン、ウドの大木、TK、ゲイ、ゲリとか

どうしようもないような、あだなばかりであり


そんな僕にとって、

TKというあだ名はうれしかった

 


そんな、TKですが最近

「やっぱり俺TKだわ!!」って思うことが良くあります


僕の研究室には、僕の保護者がいます


要するに、僕のパパとママです

この二人は、技術動向調査という研究でチームを組んでいる二人なのですが

研究室では風神と雷神と呼ばれており

最も怖い二人です

その二人に、よりによって同じ雷様でも

高木ブーの僕です


僕も、勉強で、さまざまな猛者たちと戦って、倒してきました


花形 透

高砂 一馬

高頭 力

みな手ごわい相手でした

しかし、そんな神奈川の猛者が子供に見えるように




この二人は住む世界が違います



僕は本当に子供です

正にTK(とっても 子供)



先週、発表があったのですが、僕は研究室に監禁されていました

正にTK(高木監禁)

逃げようとしても、逃げられません

なんせ






トイレへ行くにも一苦労です




そして、両親は当然

僕のお世話を全てしてくれます

発表で質問されると、僕が発表者なのにパパが全て答えてくれます

パワーポイントの出来が悪いと、ママが全て作り直してくれます



正に僕を支えているのは

ママがパワーポイントを作ってくれるはず

すかさず、パパが報告書まで作ってくれるはず









要するに僕はTK(手のかかる子供)

なのです。



また

両親は僕が今年卒業できるか心配しています

1学期、何単位とったか聞かれます

でも、答えられるわけがありません


なんてったって




0です



正にTK(単位  来ない)



それ以来頭の中は0ばっかり、トラウマになって








0(リング)しか見えなくなっています






皆に言われます

2学期、卒論に授業に相当忙しくなるよ〜地獄を見るよ〜〜



でもそんな時は開き直ってこう言います








天罰ですから!!












もうやけくそです








僕が卒業するところを・・・・
2007年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像盗賊
» ロングバケーション (2008年10月20日)
アイコン画像をとこ
» ロングバケーション (2008年10月06日)
アイコン画像汁大臣
» ロングバケーション (2008年09月30日)
アイコン画像名医
» ロングバケーション (2008年09月26日)
アイコン画像ちちち
» ロングバケーション (2008年09月24日)
アイコン画像ゴリ
» 10月 (2007年11月01日)
アイコン画像Wぇ
» 10月 (2007年10月18日)
アイコン画像ゴリラ
» 旅立ちの時 (2007年10月03日)
アイコン画像ぱんだ。
» 旅立ちの時 (2007年09月08日)
アイコン画像キョ炎
» 旅立ちの時 (2007年09月04日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:takagi40
読者になる
Yapme!一覧
読者になる