TV電話は流行るか? 

2004年07月22日(木) 2時57分
NTT東西がIP対応のテレビ電話を発売した。値段は税込みで約6万6千円。単身赴任のお父さんとの通信なら約13万円の出費になる。 これまでのISDN対応に比べれば通信費の値ごろ感はあるものの、普及するであろうか? パーソナル用のテレビ電話は1970年代初めに誕生し、その後、静止画型の機種などを経て、ISDNの普及と共に小型でデザインの良い機種が誕生したが、爆発的な売れ行きを示す商品には成長しなかった。 一方、テレビ会議システムも同じような経緯をたどって、今やIP対応の機種が主流だ。昨今の航空機セキュリティの問題やIATAの運賃値上げで企業ユースを中心に堅調に売れている。と言うのも、テレビ電話と違って、「これから会議だ。」と言う心構えのもとに相手との通信が始まるわけで通信の相手とは対等な立場である。しかし、テレビ電話は、いわば発信者の自由意志でお茶の間に画像・音声が乱入するわけだ。この壁を破らない限りIP化しようが低価格化しようが普及は難しいであろうと考えるのは私だけであろうか? 詳細なデータはないが、FOMAのテレビ電話機能も十分には活用されていないと聞く。 マルチメディア端末と言うと、何とかの一つ覚えのようにテレビ電話に走るのではなく、もう少し工夫したアプリケーションが欲しい。 おまけ機能かも知れないが、パケット対応のLモード機能を付与した点は評価できるが、個人の趣味的な機能追加とならなければよいが、、、。

感電 

2004年07月10日(土) 11時06分
PLC:Power Line Communicationの技術を商品化したCiscoLynksysのHomePlug1.0対応の機器を評価してます。その最中に、数年ぶりに感電しました。アマチュア無線にはまっていたラジオ少年の頃は頻繁に感電したことがありますが、久し振りに経験した快感?でした。 HomePlugは米国の家電、情報機器ベンダーが普及を図っている規格で、IEEE802.3uとも関連しています。14Mbpsの伝送速度と56bitの暗号鍵によるセキュリティを実現しております。しかし、価格的には802.11gの無線LANには勝てないもので、普及にはもう少し工夫が必要かと思いました。 エコロジーが叫ばれる中で、家庭やオフィス内のエネルギーマネージメントの仕掛けとして使うsensor netoworkには使えそうな気がします。 感電に注意しながらもう少し遊んでみます。

BLOGデビュー 

2004年07月10日(土) 10時31分
少し流行りに乗るのが遅れましたが、BLOGを始めることにしました。
どの程度の頻度で書き込みできるか自信がありませんが、、、頑張ってみます。
2004年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像Tats
» TV電話は流行るか? (2004年07月23日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:takagaway
読者になる
Yapme!一覧
読者になる