ぐーぐるぐるぐる、同窓会旅行記後編

March 13 [Mon], 2017, 21:26
さて。

やっと。
やっと。
関ジャニ∞ツアーDVDのお知らせがやってまいりました。

ツアーオーラスに「出るよー」って聞いてから二か月。
ここから発売まで二か月、長いなー( ;∀;)

楽しみ先延ばし感満載だけれども。

先延ばしされ続けてた同窓会旅行も終わっちゃえばあっという間なわけで。
ま、たぶん、二か月なんてきっとあっという間。

ということで。

同窓会旅行二日目。

昨夜宴会して温泉入って、
おしゃべり続けようと思えばいくらでもしゃべっていられる気はしたんだけど
←温泉入って目が冴えちゃってる(笑)
それでも半世紀生きた身体に完徹はやばいよね、さすがに寝ねば!とお布団に入ったのが深夜3時。

朝食8時にお願いしてある関係上、
最低でも7時半前には起きねば、お顔の板金塗装が間に合わぬ(笑)
起きれたら朝風呂行きたいねって女子もいるにはいたけど、
起きれるはずもなく。

朝7時。
どうにか目を覚ましたのは私一人。
女5人で一部屋使ってるので、洗面台が渋滞しないうちにと思って起きだして、
窓際でこそこそお顔を板金塗装。

リミット7時半に全員起きて、
ばたばた支度してお部屋を出たとこで、お隣部屋の男性陣とばったり。

聞けば4時まで喋ってて温泉入ってないとか言ってるし(笑)
「このまま帰ったら何しに行ったんだってかみさんに叱られる!」って。
そりゃそうだ((´∀`))ケラケラ



私的には、これが感動ですよ。旅館の朝食!上げ膳据え膳!
いつもエイトの遠征でホテル泊まったとしても、
朝の貴重な時間、食べるより寝る重視の娘と一緒だと朝食付けないので、
それだけでもう、うれしい←

このほかに別でパンと牛乳は別に用意されてたんで。
きっちり自分の分たいらげたあとに、
パンと牛乳もお腹に入れました、ごちそうさまでした。

お部屋に戻るまえに、幹事さんがお宿の代金の請求書をもらいに行ったら、
御在所ロープウェイの割引チケットがあることが判明。

実は。
二日目何する?どうする?って話で、当初から御在所ロープウェイに行こうよって話をしてたんですけど。
ほら。
「山」ですから。
当然、寒いわけですよ。
でも、そんなのわかってるわけですよ。
みんなそれなり覚悟と準備もしてきたわけで。
なのに。
8人もいたら意見も分かれるわけで。
←というか、かなりネガティブな意見を言うのは同じ人だったりするんだけど(笑)
女性陣全員、ここでついでに買っちゃったら有無を言わせず行く口実になる!って合意に至り(笑)
さくっとチケット人数分購入( *´艸`)

案の定、ぼやきが入ったけど強行突破で。
チェックアウト後は御在所ロープウェイに行きました。

で。
ぐーぐるナビさんの出番です。

ホテルから出て、ロープウェイまではお決まりの一本道。
一本道ではあるけれども、
ネピア号は、ぐーぐるナビに一応「御在所ロープウェイ」を入れてスタート。

・・・・・・どうなったと思います?(;'∀')

今度は、人間の方がぐーぐるナビ不信に陥ってた(笑)

とある分岐点で、一旦はぐーぐるナビのさす方向に向かったものの、
山道の上り下りを交互に通す信号に差し掛かったあたりで、
「ねえ、また矢印の方向違うんじゃない?」ってなりまして。
←進行方向が若干ズレてた。
「戻ろう、戻ろう!」って駐車スペース使って、バックさせてUターン(笑)

分岐点まで戻ったら。
「車はこちら」って矢印看板が!
今しがた来た方向を指してた!
つまりは、ぐーぐるナビは正しかった!(笑)

まあ、もう、ぐーぐるナビが勝ち誇ったかのように笑った(・・・りはしてませんが、人間負けた感はある・笑)

あおりをくらったのは後続のゴインキョ車。
無駄にUターンしかけてた。
お疲れさまです!(笑)

そんなこんなで、なにはともあれ、道が一本道なら目的地には着きます。
ここです。





順番待って、いざ乗車。



どどーん、と。山。



んでもって、下。

私らはロープウェイで15分で登ってしまいましたが、
途中の崖に、登山中の人もいたりして。
残る雪に足跡がついてたりして。
ひゃー((+_+))
かつてワンゲル部だった女子いわく、大学入った初めはここで練習するんだよーって。
またまた、ひゃー((+_+))

優雅に15分の空中散歩を楽しんで。



雪景色も堪能し。



気持ちよく広がる山々の景色も堪能し。



タイムトンネルくぐってる人がいる間に、
ほかの団体のおばちゃんらが、
「平成元年まで戻れるんかねー」って言ってるのが聞こえて。
つい。
「平成元年くらいじゃ中途半端だなー。もうちょっと前まで戻りたいなー」って、ぽそっと声に出てしまい。
笑われた(笑)

だってねー。
平成元年つったら、長男生まれたあたりですよ。
そこに戻ったとしても、
そこから続くのは育児とボケばばーの世話なだけで。
そこをもう一回やり直したいとは思わないじゃない?
どーせなら。
一番平和で、一番楽しかった時代、
つまりは大学時代に戻れたほうがいいんだけどなー。
あの4年間、今から思えば自分だけのために時間を使える時間だったんだなって、つくづく。

観光リフトに乗って、スキーできるところに行くのもありかと思ったけど。

やっぱり寒かったんで(笑)



食事処で一休みしながら。



今回参加できなかったゼミのコたちに、ポストカードに全員で寄せ書き。
ひとりひとり顔を思い浮かべながら、
言葉探しながら時間かけて書きまして。

次回の幹事も決めながら。



よい時間になったので、ついでにお昼もここで。
おすすめの「御在所カレーうどん」を。

お出汁が効いて、ほどよく辛くて、体があったまっておいしかったです。

日本海側へ戻る人もいるので、新幹線の時間も気になりだしたところで、下山。
お土産、ちょこっと買って。
途中のローカル駅でポストカードを投函して、
「ここでいいよ」って言う地元の幹事さんとはそこでお別れ。
最後の最後まで私たちに気を配って、「三重の観光大使」をしてくれて。
いろんなお土産を用意してくれた。
「ありがとう!またね!元気でねー!」って手を振って。

一路、名古屋へ。

私は帰りはゴインキョ車だったんで。
ぐーぐるナビさんが結局最後はどう仕事したのかわかんなかったけど。
ゴインキョ号は車内でいろんな話をして。
それこそ身近な話題から政治的なお話まで。
口をだしたら議論になりそうな案件まで飛び出して、危うかったー(笑)

新幹線は午後2時32分発。
駅前のレンタカー屋に着いたのが10分前。
急いで、急いで!って、お別れも速攻だったけど。

そんなとこまで、私たちのゼミらしい終わり方だったりかも。

湯の山旅行、二日間。
計画してくれた幹事さん、お疲れさまでした、ありがとう。
とっても楽しかったよ。

卒業して30年。
会ったら、すぐに学生気分に逆戻りして、なんの気疲れもなく過ごせるのは、
とてもありがたいことです。
それだけ濃い時間を、私たちは、あの時代に過ごしていたってことだよね。
それは何気ないけれど、とても大事な大切な宝物だと。
こういうことがあるたび、思います。

次回の幹事さんにはまたお世話をかけるけど、
5年後も、とっても楽しみにしてます。

卒論提出日にしか全員揃わなかった私たちだけど、
その思い出が更新できるように、
次回は一人でも多くの顔がそろえばいいね。

みんなの笑顔が、5年後も輝いていますように。




オマケ★



これ。
我が家のひっきー息子に買ってきたお土産。
いつも買うカレーの10倍のお値段(!)のレトルトカレー。

渡すときに、会話のきっかけになるかなーって思ったんだけど。
私からは、話しかけてみたんだけど。

ダメだったよね( ;∀;)

まだまだ、まだまだ、道は険しそう(-_-;)



ぐーぐるぐるぐる、同窓会旅行記

March 12 [Sun], 2017, 22:55
まったく。
ご無沙汰しておりました。
元気です。
はい。

いろいろ、ありまして。

凹むことから凸ることから、ええ。もう。なんというかな毎日ですが。

元気です、私も猫も、ばばーも(笑)

そんな中。
大学時代のゼミの同窓会がありまして、三重の湯の山温泉に行ってまいりました。

昨日土曜日の10時半「銀時計」集合←ここ大事。

せっかちな私は早めに着いておりまして、
トイレ行ったり買い忘れたものをドラッグストアに買いに行ってたりしてLINEを見てない間に。

「銀」を「金」と勘違いしてる人が居た(笑)

想定内の幕開けに、30年前のゼミ活動のあれこれがフラッシュバックするやらなんやら。

参加者8人、
とりあえず5人乗り1台は地元民が出してくれることになったので、
もう1台レンタカー借りてー、
高速乗ってー、
途中のローカル駅で1人拾うことになってたので、
そのローカル駅をナビ無し車側(以下・ネピア号)でスマホのぐーぐるナビに設定した、までは良かった。

高速乗るまでも、若干、?な案件は起きたけども、
その時点では気にもとめず。
四日市インターで降りたいのに、その手前で自然渋滞に合ったのはご愛敬。

インターで降りて、さて、右か左か。
ぐーぐるナビは右。
かたや後続レンタカー(以下・ゴインキョ号)のナビは左。

さあ、どーする。

ゴインキョ号の助手席から「どーすんの?」って問いかけられても、
とりあえず、ぐーぐるナビさんに従うしか手がないネピア号は迷わす右。

で、曲がって走り出した途端、
ぐーぐるナビさんが持論を撤回、「あんた間違ってるよー〜〜ん」とばかりに再建策を始めやがった(笑)

おい、おーーーい笑

検索しなおしの結果、走ったのはまさに地元民しか走らないような小道。

着くのか?
この道は合ってるのか?
ホントに目的地はこの先にあるのか?ダイジョブなのか?

不安すぎて誰となく笑い出すネピア号車内。

たぶん、後続ゴインキョ号の方が不安だったに違いない。

なにはともあれ、ローカル線路の脇の細道沿いに案内されて、
無事に駅に到着、
先に着いてるはずの待ち人とも、あれこれあったものの(←笑)無事に合流。

予定してたいちご狩りへ。



お写真、よく見るとね。
「本日終了」の看板。

・・・・・Σ(・ω・ノ)ノ!

予約なしでも大丈夫、摘んだ分だけお買取りないちご農園。
そんなこともあるのかも、ってあきらめかけたんだけど。

今回の幹事が上手に交渉してくれて、
(一応予めの電話連絡はいれてくれていたようで)
無事にいちご狩り出来まして。





真っ赤ないちご、食べる分だけ摘んで、これで360円。

満足、満足。

お次は、幹事オススメの自然薯料理のお店へ。



看板光っちゃってて店名読めませんが「茶々」さんです。



自然薯御膳。
たっぷりとろとろ、自然薯。
山盛りサラダ。
いちご食べたとこなのに、ご飯お替わり(←しないと自然薯がなくならない)、
満腹ぷくぷく。

仕事終わりから駆け付けてくる一人を湯の山駅で出迎えてお宿まで一本道。
(←再度、ここ重要)
ホテルへ上がっていく道が、とんでもなく坂道だったけども、
とりあえず、一本道(←あとで重要になってきます)



お宿着いて、
露天風呂入って、



早めにお夕食頂いて、



またまた高速引き返して「なばなの里」へ。



綺麗なしだれ梅やら。



なんやらかんやら←

自由人の多い集まり草鹿ゼミ、
最初は8人で移動してたのに、いつの間にやら一人減り二人減り
はぐれはぐれて(笑)

最終的に出入り口近くのおみやげ店で、どうにか全員集まりまして閉園時刻。

帰り道途中の深夜営業スーパーで酒とつまみ買い込んで、
お宿へ戻り・・・・
戻り・・・
戻り・・・・?

スーパーからお宿まで、一本道のはず。
迷うことは、たぶん、ないはず。

ネピア車が、ゴインキョ車のナビとは違う方向へ走っていくのは、なぜ?(笑)

夜道だから、ぐーぐるナビさんも迷ったの?
ねえ、この小道大丈夫?
いくら夜でも分岐点間違えることってあり?

不安になりながら着いていくゴインキョ車。

ホテルまでの坂道もないまま、突き進むこと5分。

暗闇に浮かび上がるホテルの駐車場!←

待て。マテ。まて。
坂道、どこ行った?
どういうことだ(笑)

ぐーぐる、ぐるぐる。
坂道回避の道があるなら、最初からこっちで良かろうに、
なぜに昼間の案内は坂道側を走ったんだ?

ぐーぐるぐるぐる、ナビ、ぐるぐる(笑)

ま、なにはともあれ。

真夜中男部屋に集合して、大学時代に製作した映画を鑑賞し、
メイキングも鑑賞。

前回の同窓会旅行時には参加してなかった主演女優と監督と音楽担当は、
卒業以来初めて見返したそうで、
それぞれが覚えてる撮影秘話やら裏話やらが次々にこぼれだし、
毎度同じシーンで爆笑するセリフとか映像とかを、
懐かしむやら、赤面するやら、笑い転げるやら。

8ミリフィルムをビデオテープに焼き直した段階で、かなり映像的に無理が出来てたのに、
それを再度DVDに焼き直してるので、
劣化のほどは否めないけど。

今では考えられないくらいいろんな場所でロケをしていて、
学内だけにとどまらず、ゼミ生の下宿や実家はおろか、
バイト先だったカフェや居酒屋、
大学近くの老人ホーム、お墓、
栄の地下街や七里の渡し、名古屋港に、鶴舞。
あげくは新幹線のホームや車内にまで。
今なら許可取るだけでも大変じゃない?って話もしたけど、
当時は監督も助監督もそれは困難じゃなかったって言うのが驚き。
むしろ、夜間撮影の照明当てるのに電柱よじ登った方が大変だったっていうんだから(笑)

メイキング見ながら、
私、当時はロケにあまり参加してなかった記憶があるけど、
それでも、裏方でご飯作ってたり、
隅っこで会計ノートつけてたり(←財政担当だった)してた。

音入れが間に合わなくて、
大学祭の上映にフィルム届かなくて、頭下げてた思い出とか、
打ち上げで女子全員、当時としては自身精一杯のドレスアップで参加してたりとか。

若気のいたり、ってなことも思い出したりしました(笑)

午前2時にお開きになったあとは、
冷えた体を温めるべく、温泉へ。

そこで、つらつらおしゃべりするに。

亡くなったゼミの教授の話になり。

個性豊かといえば聞こえはいいけども、
福祉を学ぶはずの、あの大学のなかにあって「文化論」ゼミを選択してくるような、
ある意味はみ出し学生を、
あまたのゼミ希望者の中から選びだし、
(ゼミ希望者が多いゼミは教授による面談があった)
卒業までよく指導したものだと感心することしきり。

というか、むしろ、こうるさい指導はせずに放任というか放牧し、
たまにお高い食事でゼミ生の胃袋つかんで手元に集める手法は、
珍しいお高い食事に飢えていた私たちゼミ生には、効果抜群だったといわざるをえない(笑)

なにしろ、ゼミ生全員が顔揃えたのは、卒論提出の日だけだったという逸話のある私たち、
他のゼミに行っていたら、おそらく馴染めずに単位も落としてたかもしれないと思うと。

教授ってすごい人だったんだね(ノД`)・゜・。という結論に至った夜でした。


すみません、続きは明日(;・∀・)
私のこと
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:のゆ
  • 性別:女性
  • 血液型:O型
  • 現住所:愛知県
  • 職業:専業主婦
読者になる
ある日突然、渋谷すばるに恋をして、
今や、身も心も、彼に捧げつくす毎日です。

行き過ぎた妄想は、留まるところを知らず、
RED様限定の
妄想小説も、
ゆっくりながら、公開中

認知症老人の介護をぼやき、
反抗期真っ只中の長男との戦いに疲れ、
時々、弱音吐いて愚痴こぼしたりもしますが、

RED様の歌声と笑顔に支えられて、
日々を生き抜いています。



ヤプログ専用メール

TITLE


MESSAGE

2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Powered by ジャニーズ通

エイトレンジャー