Lesson Diary 2016/10/20「歌伴/Jazzレッスンが長く続く生徒さんの特徴/新商品・コードの作り方レシピ」

October 20 [Thu], 2016, 11:49
Lesson Diary 2016/10/20
「歌伴/Jazzレッスンが長く続く生徒さんの特徴/新商品・コードの作り方レシピ」


本日は朝練からの販売用教材制作。

午後2時〜8時半まで7人レッスン。

ウチに戻って、
おでんとビールにハイボール2杯(ジョッキ}。

ね、眠い…。


大人の歌伴・Jazzピアノレッスンが長く続く生徒さんは、
「出来ないことを恥と思わない人」。

やった事がない弾き方だったり、考え方そのものを再構築する訳でね。

新しい事だから、恥ずかしくもなんともない。
かっこ悪い自分を見せるのはちょっと…という人は、ホントに続かないのだな〜。

10年以上続く生徒さんもいれば、
体験レッスンの後、一回目の本レッスンで姿を消す方もいますからね。

ねぇ、どこいっちゃったの〜?
コードを覚えるって、そんなに大変?

アレンジ考えて弾くのは楽しくないのかな?

結局書き譜で弾くピアノが好きなだけで、
音楽はあまり知らないって事か…。




昨日から作り始めた教本が出来ました〜!

新商品「コードの作り方 レシピ」TAK-YAMADA M.Lab[エムラボ]
https://takyamada.thebase.in/blog/2016/10/20/112405

#BASEec Tak-Yamada MUSIC School

Jazzピアノレッスンをしていますと、
教えているうちに浮かぶアイディアというのもございまして…。

単なる暗記ではない、自ら試して覚えるコードヴォイシングの教材って
あまり世の中には無いな〜と思いまして、
昨日と今日で制作した教材を早速発売しますね!



※コードの「基本形・第1転回形・第2転回形」の3パターンで作成してあります。








2016/8/11(山の日)ピカチュウ大量発生チュウ@横浜みなとみらい

TAK-YAMADA,昨年8月・右手小指の故障から復活まで―。

August 10 [Wed], 2016, 2:37
はい、仙台から戻ってまいりました。
今週は通常よりはちょっと少なめのレッスン日程。
それとリハーサルをたっぷり。

リハの準備をしつつ、オリンピックを観ていると、
ケガ・故障・病気を克服して…という選手達が。

えー、ワタクシTAK隊長もいろいろありましてね。

昨年の8月下旬のレッスン中に
右手小指の第一関節を痛めてしまい、
半年以上プレイに支障が出ました。

2015年9月〜2016年2月位までは痛みに耐えながら
弾いてましてね。

現場で一緒だった皆さんは気づいていたかしら?


いやー、辛かったですよ、ホントに。

いくら替え指を使っても、オクターブのフレーズでは
小指を使わないわけにはいかないですから。
ラテンのフレーズ、モントゥーノとかキツかった〜。

小指が痛いから練習量も減らさなければならないし、
かといって他の指は動かしていないと衰える…。

本番の日から逆算して、なんとかコンディションを作って
仕事をしてきた感じです。
決まってるライブは休めないのでね。
常に小指にはテーピング。

その後「末梢神経」に効く薬を服用するようになり、
2016年に入ってから痛みがそれほど出なくなってきました。

ただ、痛みがなくなってきても、
半年以上右手小指をかばって弾いてきたため、
右手のフォームを改めて作りなおす作業が待っていました。

要はリハビリですね。
これがまたキツくて…。

日常生活では問題がなくても、
弾く動きは手に打撃を与え続けるわけですから。

関節が痛まなくなった代わりに、周辺の筋肉がすぐギブアップ。

それでも練習量を徐々に増やすうち、
ショパンの革命やベートーヴェンのソナタを弾いても、
手が耐えられるようになってきました。

4月の発表会あたりでようやく弾けてきた感じ。

今はまぁ良い時と比べると
8割くらいのパフォーマンスですかね。

歌伴の人としてはキャリアもあって技術が向上しているけれど、
ソロプレイヤーとして自信をもってやっていくには、
もうちょっと。
珍しくこんな事を書いてしまうけど…。


本番でハードヒッティングした翌日はつらいのね…。
耐久力はまだまだ。

でもね、現役を続けられているんだから、
とりあえず文句はないです、ハイ。

9割くらいに状態をアップ出来たら、
何か違うことも始めたいね。弾き手としてね。

それにしても、故障している真っ只中でも
ライブの他、レッスンも制作・ピアノレコーディングも
してたんですから!

故障から一年。
自分で自分を褒めたいね(笑)。

LESSON DIARY 2016/7/5「歌伴するには型を持たねば!」

July 05 [Tue], 2016, 23:14
LESSON DIARY 2016/7/5「歌伴するには型を持たねば!」

今年度が始まってから「歌伴」レッスン希望の生徒さんが
多く来てくれるようになりまして、レッスン数が増えた分、
口伝えだった部分のテキスト化・練習曲の
共通化等を行っているところです。

「歌伴」レッスンとはいってもですね、
"コードを押さえるので精一杯"
"バッキングのリズムパターンが思いつかない"
"そもそも何を弾けばいいのかが分からない"
…といった段階の生徒さんが多いですね。

例えばロックが好きで聞いていたとしても、
ギターとベースとドラムスを"ピアノで再現"する事に
チャレンジした経験がなければ、
ロック系の伴奏パターンなど思いつかないですよね。

ラテンが好き…という人でも、
打楽器なし、ピアノのみでサルサとサンバの違いが出せるのか?

ポップスというのは、言ってみれば
様々なジャンルの要素が散りばめられたもの。
曲によって○○風なんて衣をまとう。
つまりアレンジをする訳ですが―。


いろいろとテクニックやらコツやら教えたい事はあるんですが、
ポップスの歌伴は難易度高いですよ。

知らなければいけないことが多すぎて…。
何から手を付けていいか分からないまま、
時だけが過ぎてしまう。
…それだけは、どうしても避けたいですよね!



そこでTAK隊長のレッスンでは、
ピアノトリオ(ピアノ・ベース・ドラムス)を想定した
「Jazzピアノ」の弾き方に絞り込んで、
歌伴初心者向けレッスンを行っております。


Jazzに絞り込んでしまえば、リズムは4Beat・2Beatの2つ。
コードの押さえ方は3音限定。

ルートは基本、ベースに任せて、ピアノでは弾かない。
右手でコードを押さえればバッキングに専念。
左手でコードを押さえれば、右手でメロディ&アドリブが弾ける。

たったこれだけの事が出来るかどうか。


いちいちアレンジされた譜面など使わなくても演奏できるのか?

クラシックではないピアノ演奏"歌伴"の型を持てるのか?


"C→ド・ミ・ソ" "F→ド・ファ・ラ"しか知らず
カッコいいサウンドを出せなくて悩んでいる人でも、
Jazzスタイルでのコード押さえを覚えれば、
ポップス歌伴をこなすのに十分なサウンドを出すことが出来ます。

コードの押さえ方が分かれば、
後は各ジャンルのリズムパターンを身体に取り込むだけ。

Jazzスタイルのリズムバッキングをマスターしていれば、
それほど難しいことではありません。


マスターしていれば…ね。




生徒さんにとっての壁は、
コード押さえを暗記すること、これにつきます。

ギタリストがやっているように、ピアノでやる気があるかどうか。

譜面に書いている通りに弾く「受動的な自分」から
どうやって脱出するのか?

それには「型」をつくるしかないと思うんですけどね。


…という訳で、何希望で習いに来ても、
Jazz教えるよって話でした〜。

6/24(金)は小学校の給食試食会へ

June 25 [Sat], 2016, 14:53
昨日6/24(金)は小学校の給食試食会へ。
小学一年生の親のみという事なんでね。


試食の他、子供達の給食時間の見学もできるプログラム。
父親参加はワタクシの他、もう一人いるかなー…。




一時間程、給食に関するお話があり、
川崎はなかなか恵まれているな〜と思いつつ、
数十年ぶりの給食を頂きました!


いやー、なかなか美味しかったですよ!
スープもきちんと出汁をとっているし。




試食の後の給食時間見学も楽しかったですね〜。

たまたま娘が日直だったので、
「いただきます」「ごちそうさま」を仕切っている(?)感じが
頼もしかったですよ、ハイ。

ちなみにポテトフライを給食では「じゃがいものからあげ」と表記するんですね!
一瞬何の料理か分からなかった(笑)。






「FlightNightParty vol.49 アンプラグドLIVE!」お疲れ様でした!

June 20 [Mon], 2016, 15:31
昨日の大久保伸隆さんLIVE
「FlightNightParty vol.49 〜アンプラグドLIVE!〜」お疲れ様でした!



座席100人分の空間にスタインウェイ・コンサートグランド。




さすがに音が大きいので、
蓋を閉めてのプレイでしたが、
その分歌とよく馴染んだのではないかと。

ライブ中、雨で湿度が上がってきたのを鍵盤から感じ、心持ち手のリリースを早くして
音のキレをコントロール。

アコースティックピアノならではの感じですね。






“トラックメイカー” TAK-YAMADA制作音源♪ 花王 マジックリン 「卒業前の大そうじ 要小学校」ドキュメント映像

May 08 [Sun], 2016, 8:03
“トラックメイカー” TAK-YAMADA制作音源♪
花王 マジックリン 「卒業前の大そうじ 要小学校」ドキュメント映像






木下綾香さんのアルバム「My Baby」収録の
「冬に咲くひまわり」がBGMで使われております。
https://itunes.apple.com/jp/artist/mu-xia-ling-xiang/id304577731



木下綾香さんの1st full album『My Baby』



01. 煌めく世界
02. Forever road
03. VENUS MAGIC
04. September love
05. 冬に咲くひまわり
(花王 マジックリン「卒業前の大そうじ 要小学校」ドキュメント映像使用曲)

06. Like a Bird
07. 溺れた星
08. かいちゅうでんとう
09. ゆりかご
10. あいづち
11. つづく空
12. 5文字の贈り物
(ハウス食品 バーモントカップ<君の夢篇(90秒) 使用曲)

13. 小さな大きな宝物

収録13曲中12曲の編曲・
演奏・トラック制作・MIXを担当しました、このアルバム。


曲紹介クレジットを見れば、よく分かりますね〜(笑)。

早過ぎるよね…。

May 02 [Mon], 2016, 10:04
2004年12月30日のブログです。
「素晴らしきかな、忘年会。」:http://yaplog.jp/tak5/archive/156


昨日、都内でカミさん父母と我々家族で過ごしていたんですが、
娘と二人で買い物待ちをしている時、
仙台育英吹奏楽部の後輩の訃報をFBで知りました。

後輩ですからね、まだ30代―。


直接あったのは2004年12月30日が最後ですね。



2004年の忘年会から時は経ち、2015年4月23日。

友達リクエストのメールがありました。

「高大先輩、ご無沙汰しております。
育英吹奏楽部でお世話になりました…。
baritone sax を吹いておりました。…覚えていらっしゃいますか?(記憶に無かったら、、すみません。)
先輩にご指導いただいた、sing sing sing ♩とても懐かしく楽しい思い出です。ありがとうございます。
仙台七夕の写真にイイネしたところ、先輩のお名前を見つけて。requestさせていただきました。」


"sing sing sing"は僕にとっても懐かしい思い出です。

浪人中に後輩からのご指名があり、
顧問の先生がいるというのに(!)僕をよんでくれました。

黒スーツに蝶タイで、sing sing singの棒振り。

育英吹奏楽部を一年追加でやった感じ。
受験に合格して上京していれば、
卒業した後の新入部員との出会いはありませんでした。


baritone saxの可愛らしい一年生、よく覚えています。


何か気の利いたことを書きたいのだけれど、
もうね、早過ぎるよ。

LESSON DIARY 2016/4/26「2016年4月・レッスン日程再編のタイミングで思うことを」

April 26 [Tue], 2016, 10:57
LESSON DIARY 2016/4/26
「2016年4月・レッスン日程再編のタイミングで思うことを」


4月はレッスンスケジュール再編の時期。
2年間レッスンした木曜夜枠(矢向)が今月をもって終了となり、
空いた枠に金曜夜レッスン(蒔田)を移動。これで身体的には楽になりますね。

※夜枠大人向けレッスンはお問い合わせくださいませ。



https://t.co/RBlUir2OTs
https://t.co/N9wqTAO5TO

火曜日夕方の小学生レッスン、水曜夜の未就学児出張レッスン、
昼間の大人レッスン(歌伴・コード奏法)は新たに3人増。

4月のレッスン再編でスケジュールがスッキリしましたね。
月・木・金は横浜出張レッスン。
火・水は川崎での自宅 & 出張レッスン。
平日の行き先がハッキリ分かれました。すごく助かります〜!


本日は昼・大人2人、夕方・体験、出張・17時半〜2人…。

TAK隊長のレッスンで長続きする生徒さんは、
「最初の先生がTAK-YAMADA」なんですよね。
他の教室から移ってきた生徒さんで続いているのは、
「小学校低学年」で移籍した場合がほとんど。
高学年になってからだと、ウチの流儀に対応できないのかも知れませんね。

しっかり練習して「完成」させてから…という気持ちで
レッスンに通わせていた親御さんにとっては、
ウチのやり方は異質かも知れません。


TAK隊長の流儀は「譜読みから付き合う」。

一曲仕上げる段取りを覚え、
一人で実行する力をつけてもらう為に、
譜読みから仕上げまで付き合います。

自宅での練習でいくら曲を仕上げてきたといっても、
「音楽的な考え方(コード進行)・曲想」が伴っていないものは
意味が無いですから。

聴いた感じだけで判断している親御さんには、
多分僕の考えは分かってもらえないだろうな…と。


TAK隊長が思うに、芸事は「歳相応」が大事だと思うんです。

親御さんは”小学○年生なのに中学生レベルで弾ける”事に
喜びを感じるのかも知れませんが、
もし中学生になってもそれほど技量が伸びていなければ、
子役の時だけスゴかった役者さんと変わらないですよね。

小学生のうちは、見た目の完成度よりも中身が大事。

音楽を知らずに「ピアノ演奏技術」だけ磨いても仕様がない。


音楽が好きなら、歌うでしょうし、楽器に興味が出るでしょうし。

だからウチの教室は「ピアノ教室」 じゃなくて
TAK-YAMADA MUSIC SCHOOL。音楽教室。




LESSON DIARY 2014/4/14
「ピアノを始めたい子供達にとっての壁」
http://yaplog.jp/tak5/archive/2352



LESSON DIARY 2014/7/17
『音大に行かせる訳ではないので、楽しくやっていけたら‥』と考える親御さんに送ります。
http://yaplog.jp/tak5/archive/2378

本日、入学式でしたー。

April 06 [Wed], 2016, 0:16
本日、入学式でした〜。


あっという間にこの日を迎えた感じですね。
苦手な早起きを徐々にさせている感じですけど…。



明日からは本来の登校時間になるので、
少々心配ではあります、ハイ。




入学式の後は、幼稚園で「祝・ご入学」。




卒園生がしばらくぶりで集まり、
ランドセル姿を先生方に披露したり友達と見せ合ったり。


園の先生の子供達の掛け合い
「みなさん!みなさん!」「なんですか?」も
今日で聞き納めかな〜。

既に懐かしい感じですね。



LESSON DIARY 2016/3/23「ポピュラーピアノアレンジ レッスンは難しい…」

March 23 [Wed], 2016, 23:13
LESSON DIARY 2016/3/23
「ポピュラーピアノアレンジ レッスンは難しい…」


発表会も近づき、レッスンも追い込みモード。

ウチの教室の場合、
譜面通りのクラシック曲を演奏する生徒さんの他、
ポピュラー曲をピアノアレンジして弾く生徒さんもいます。

ワタクシTAK隊長がアレンジする場合もありますが、
キャリアを積んだ生徒さんに関しては
基本、自主性を重んじる感じで、
弾き方・練習プランは本人にお任せです。

まぁこのやり方はリスクもあるんですが…。

数年ピアノアレンジというものに
取り組んでいるなら良いのですが、
始めたてだと「頃合い」が分からんのです。


原曲をよく聴いてフレーズは覚えていても、
端折る「頃合い」が分からず、
ピアノへのコンバートがうまく行かない。

フレーズの難易度が高いせいで
新たな技術を覚える必要があり、
どのくらい練習時間が必要かが分からない。


バンドサウンド→ピアノ用に変換する事自体に慣れていないと、
いくらピアノという楽器を弾くテクニックを持っていても、
ピアノアレンジはなかなか難しいものです。

さすがに本人だけでは発表会に間に合わなそうな時は、
アレンジと練習方法をアドバイスしますが…。


もしポピュラーピアノアレンジを
自力でやってみたいと思った方は、

1.ピアノでベースの真似をする
2.ピアノでドラムの真似をする(8・16beat/Jazz etc.)
3.ベースとドラムのニュアンスを混ぜてみる(左手のみ/両手でも)
4.左手でベース/ドラムフレーズを弾きつつ、右手でコード弾き

まずはこの辺りの事から始めてみると良いでしょうね。

もし「ベース」「ドラム」のフレーズが
思いつかない様でしたら、
それがクラシックピアノに集中してきた何よりの証拠。

ジャンル毎のフレーズを「形」(かた)として持っていないと、
瞬間的にピアノアレンジするのは非常に難しいです。

瞬間的に…というのは、コードとメロディだけの
メロディ譜を見て演奏するということ。

この領域に到達するのは大変ですよ〜。



南武線/尻手駅前、都内からでも通いやすい場所です。
夜間もスタジオ等、出張レッスンします!
川崎・横浜のピアノ教室 TAK-YAMADA MUSIC SCHOOL

http://www.tak-yamada.net/piano.html

[TAK-YAMADA レコーディング参加作品] CD「Swingin' in the wind」フルハシユミコ

February 23 [Tue], 2016, 22:32
[TAK-YAMADA レコーディング参加作品]
CD「Swingin' in the wind」フルハシユミコ





http://morinkhuur.thebase.in/items/2474294

本日、フルハシユミコさんから
送っていただいたCDを聴いております♪
えー、とにかく心地良いですね〜。



ワタクシTAK隊長参加の曲は
2曲目の「Winter Song」です!




ピアノとオルガンをプレイしております。

まずはAmazonで聴いてみよう〜!
http://www.amazon.co.jp/dp/B019RSLGCQ/ref=cm_sw_r_fa_dp_PzISwb1FVWG1B

2/11(木)はHIP Dance Arts Entertainment「PLACING THREE PIECES」リハでした!

February 12 [Fri], 2016, 9:22
今週は月曜・水曜が2/13(土)大久保伸隆さんLIVE
「FlightNightParty vol.47 〜気分はチョコっとサルサ!」
のリハーサル。



昨日2/11(木)は原宿・HIP Dance Arts Entertainmentにて
2/28(日)本番「PLACING THREE PIECES」のリハーサルでした。
http://www.hip-company.jp/event.html



連日リハ続きの影響か、やたらと冴えてましたね、TAK隊長(笑)。




時間のない中、急ぎで作成した譜面も役立ち、
良いテンポでリハを終えることができました〜。
本番が楽しみです!


HIP Dance Arts Entertainment
2016年2月28日(日)

PLACING THREE PIECES

村田仁美先生・酒井麻也子先生・前田 敦先生
それぞれの先生による3つのオムニバス作品公演!

17:00 19:30 の2回公演です。
チケット 前売 2,000円 好評発売中!

ご予約メールは→ info@hip-company.jp
ご希望の回、枚数、お名前をお知らせください。
http://www.hip-company.jp/event.html

まもなく2月ですが、ライブ予定を。

January 30 [Sat], 2016, 23:07
まもなく2月ですが、ライブ予定を。
http://yaplog.jp/tak-yamada/


2/13(土)大塚Hearts+
「FlightNightParty vol.47 〜気分はチョコっとサルサ!〜」

大久保伸隆さんサポート

http://www.okubonobutaka.com/live/fnp47/




2/28(日)原宿・HIP Dance Arts Entertainment
「PLACING THREE PIECES」3つのオムニバス作品公演

17:00/19:30 (2回公演)
Ticket 前売 2,000円 当日 2,500円(全席自由)

前田 敦・村田 仁美・酒井 麻也子


http://www.hip-company.jp/event.html



どちらの出演もリハーサルがたっぷりあるので、
結構大変ですね。

しかも、2月中の制作業務が結構多くてですね、
本番2本の割にはかなり忙しいですー…。


さらに先の予定はこちら。

4/2(土) 第14回ピアノ発表会@川崎市国際交流センター

http://yaplog.jp/tak-yamada/archive/478

午後1時からの開催です。
多分出演者数は過去最高になるでしょうね〜。

先週はリハ&LIVE、今週は…。

January 24 [Sun], 2016, 15:37
リハとLIVE忙しい先週土日が終わった所で、
今週はレッスン業務の合間に玄関&部屋のリフォーム。



カミさんが得意の壁紙張替えをやってくれまして、部屋の明るさは見違えるようです。
あっ、「なんという事でしょう!」ですね(笑)。




ピアノ前にあったカラーボックスを撤去して、大型の書棚を導入。
電動ドライバーがあってよかった!
大型家具も組み立てが楽♪。




かなりスッキリの仕事部屋ですよ。

これで自宅レッスンの生徒さんが増えるかな?
体験レッスンの印象が変わるでしょうからね。


昨日土曜は朝9時半から自宅、
11時から出張レッスン。

午後からは娘が行きたいと言うので
「こどもの国」へ。


園内には雪が残っていて、
今季初の雪だるま?作り。






娘的には時間が短くて「遊び足りない」らしく、
本日日曜は三ツ池公園からのマクドナルド・プレイランド。




引率のTAK隊長、もうヘトヘトです(*_*;。

1/17(日)LIVEはyascoさんのサポート@新橋ZZでした♪

January 18 [Mon], 2016, 15:11
1/17(日)LIVEはyascoさんのサポート@新橋ZZでした〜♪http://www.zzpad.com/


昨日1/16(土)は、TAK隊長緊急登板の
赤坂 Live cafe SaLa
「SaLa ボーカルセッション♪」





一人2曲ずつ5人が歌うと10曲。

10曲のローテーションを3回し。
これで( ・ิϖ・ิ)30曲。

お一人、2曲参加の方がいまして32曲。

さらにセッション頭とラストで2曲追加。

…という訳で、
ボーカルセッションの曲数は34曲!
よくがんばりましたー!





昼のお仕事が終わった後は、
翌日(つまり今宵のライブ)のリハーサル。




そちらも10曲超え〜😅。
なかなかこんなに弾かないですよね…。

そういえば新橋ZZのエレピが
KORG SGじゃなくなってた!

今よく使われている、
一般的(?)なKORGのエレピになってました。




さて、ボチボチ本番の時間!

本番前、新橋ZZに戻ってきました。
http://www.zzpad.com/
雨です。明日は雪かしら?

昼にリハをしてから、原宿へ。

「HIP Dance Arts Entertainment」の
『☆原宿スタパラダイス☆』を見に行ってました。
http://www.hip-company.jp/event.html

ワタクシTAK隊長がやっている
「CROSSWORLD」のヴォーカル・RUKAさんがダンサーとして出演していましてね。

来月「CROSSWORLD」が出演する
HIPスタジオ公演の下見も兼ねて…。
(2/28(日)PLACING THREE PIECES)

久々に舞台系の演目を見たので、
芝居のお仕事をいろいろやってきたワタクシ、観てるとウズウズしてきますね(笑)。

まぁ今日はこの後本番なんですが😎。





はい、翌日18日(月)レッスン終わりでアップしてます。
10曲以上弾きまくって、疲れましたね(笑)。

会場に来ていただいた皆さん、ありがとうございました!


とりあえず昨年の演奏動画を紹介しますね。
こんな感じでTAK隊長、弾いておりますよ♪



TAK-YAMADA MUSIC SCHOOL「歌伴」レッスンCM

January 12 [Tue], 2016, 16:43
TAK-YAMADA MUSIC SCHOOL「歌伴」レッスン



バロック期の伴奏技術「通奏低音」から
現代の「コード奏法→歌伴(うたばん)」へ。


ピアノ弾きが本来持っているべき能力「通奏低音」。
「通奏低音」の現代版が「コード奏法→歌伴(うたばん)」。

譜面に記された音符情報での演奏を追求してきた
クラシックピアニストは、音楽そのものの構造理解が十分とはいえない。

「アナリーゼ」と称しているのは、曲の解釈ばかり。
作曲家の育ちだとか心情を考えるよりも、
曲の構造・コード進行に重きをおいた
音楽そのものの純粋なアナリーゼが必要。

何調の曲を弾いているのか。
何番目の和音を弾いていて、2手先・3手先はどういう展開なのか。

「玉」で書いてあれば弾けるのに、
Cコードの転回形すらイメージのはなぜだろう?

ドミソ→シファソ→ドミソと書いてあれば弾けるのに、
ハ長調のT→X→T、C→G7→Cで弾けないのはなぜだろう?


TAK-YAMADA MUSIC SCHOOL「歌伴」レッスンは、
コードネームのみで弾きたいと思う、その気持ちにこたえます。

2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:TAK-YAMADA
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1974年6月29日
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-趣味と実益
    ・お笑い-落語
読者になる
ピアニスト/劇伴/歌伴/
作・編曲家/トラックメイカー

川崎/横浜のピアノ教室
TAK-YAMADA
MUSIC SCHOOL
主宰
劇団スパイラルメソード
2014年春季公演
『神様!HELP(^^)!』
音楽制作/演奏

宝映テレビ・Gotta!合同公演
「銀河鉄道の夜」
音楽制作/演奏。

ブライダルハウスTUTU
CM音楽制作。

宮城県民共済CMソング
秋風センチメンタル
「ひるがお」ピアノ担当。

児童虐待防止CMテーマソング
「冬に咲くひまわり」
(歌・木下綾香さん)の編曲・音源制作を担当。
月別アーカイブ
Yapme!一覧
読者になる