(無題) 

2006年09月24日(日) 4時54分
移転
http://skyline320918.blog.shinobi.jp/

Speed is sweet. 

2005年07月03日(日) 18時37分
車に乗ることが好きだ。
若気の至り、というのだろうか。ついつい運転技術の追求をしてしまう。
気づけば半年足らずで、走行距離14000Km突破。
今までは、街中を深夜、気分よくドライブするのがよかった。
しかし最近は、もっぱら山道、峠を攻めることが日課とまで化している。
車は日産のアベニールに少し手を加えたもの。
高速とかでは、150とか160キロでがたがたくる、フツーの乗用車だ。
それにもかかわらず、たっくは山道を100をゆうに超える速度で突っ走っている。
後輪が持っていかれるのは日常茶飯事。手汗びっしょり、心臓バクバク。
少しのミスで死の可能性大。
だが、中毒なのか、これがやめられない。決して人を乗せてはマジ走りはできない。
エンジン音、風の抵抗、暗闇を切り裂くハイビーム。
すべてが五感とシンクロして、酔いしれるほどの開放感を与えてくれる。
そして、今日、悟った。
昼間だが、山道を、限界に攻めてきた。いつも以上に速く。走り終えた後、「このまま走りを追及していけば、やがてそれだけじゃ満足できなくなりさらに上を目指してしまうだろう。そうすればいずれ人を巻き込むことにつながる」
こう思った。
安全運転。また、そこで楽しさを見出せるはずだ。
そう信じて、アベニール君に一言詫びた。

振り返ることに対する抵抗感への疑問 

2005年06月20日(月) 21時14分
ちょっと急用で実家に帰った。
もちろん車でだ。
長時間の運転は、海沿いの道を通っていった。
2時半に出て、八時に着いた。
一人でただ黙々と運転しているといろいろ考えてしまう。そんなときかんがえていたことだが、急ぎ足でいると、見落とすものが多いな、と言うことである。
ふと目に入った、立ち寄りたい場所を通り過ぎてしまった場合、急に引き返すことは簡単にはできない。
しばらくしてその道を行った時、思い出に浸るかのように、その場所による。
人との出会いの一期一会もそんな感じではなかろうか。
通ってきた道には思い出みたいなものが存在する。
わざわざ引き返さなくても、回想するだけでもいい。
刻んできた思い出は、捨てずに背負っていこうと思えた。

そんな夜 

2005年05月19日(木) 3時00分
眠れない夜は実は久しぶりである。
このところ布団に入るなり即、寝ることができていた。
しかし今日は久しぶりに眠れない。
学校をサボって寝てたことも理由だろうがそれだけが理由ではない。
と言うものの、他にあるはずの理由が自分でもわからない。
5月病、と一言で済ませばそれで済むのだが、たっくは結構、考えたい性格なので厄介である。
今宵は非常に風が強く、窓に殴りかかる風達が不安を掻き立てる。
たっくはそんな夜の深夜徘徊が好きだ。
うちの近くにはだだっ広い(実家ほどではない)田んぼ道がある。
この季節、水が張ってあり早朝に行けば、朝日の照り返しが綺麗で、昼間は初夏を感じさせ、そして夜にいけば、湖、と言ってもいいかもしれない。
たっくが散歩をするときは大概その道をぶらぶら行く。
この風の強さで聞こえる音は風の音のみ。たっくは歩くことをやめ、その場に座って、あいもかわらずボーっとしていた。携帯を見れば小1時間が過ぎていた。
実に有意義な1時間だ。
ただ、自分に認識できる情報は風の音と、暗闇の中小さく波打つ水の流れ、そしてそれに映るは星も見えないただの夜空。
決して感動やロマンを感じることはない。しかしそれ故に自分の思考を停止させることができる。
このことが如何に楽になれることか。
帰ろうと思ったとき、停止していた思考が動き出し、こう思う。
できるのなら、目の前にある水面に立ち、風に押し倒され、視界に広がる空を受け止めたいものだと。
だが、現実的にその後の処理がメンドイと帰路につく。
端から見たらただの変人だし、警察に見つかったら連れてかれただろうなー。
そんな夜。

アシタメンドイ 

2005年05月17日(火) 22時37分
水曜日は、憂鬱な曜日である。
朝一から授業がある上、夕方まで授業があるというちとめんどくさい一日。
しかも授業についていけない感が否めない。
このままではまずいと感じたたっくは、今日も実習をサボろうと思ったところ、またもや教授に見つかり、チェックされているというなんともついてないたっく。
ホントにこのごろ、運が悪い。今までにないくらい運が悪い。
この流れに乗じて、落ちるところまで落ちてしまいたい。
そうすれば上ることしかないのだから。
この流れを打破するためには、まず自分の気持ちを切り替え、きちんと日々の目標を持ち暮らしていくしかないだろう。

はじめまして。こんにちは。どうぞよろしく。 

2005年05月16日(月) 20時17分
新しいバイトが決定した。
それは、、
家庭教師!!
6月1日から遂に仕事がはじまる。
懸命な読者諸君はお気づきのことと思うが、このブログを開始して以来、たっくはかなり早いペースで仕事を転々としている。
たっくは非常に飽きやすく、バイトに関しての持論は、『所詮、バイト。社会のほんの一部をチラ見するための経験でしかない』とおもってる。
もし、たっくがもっと強い意志を持ち、親の意見を聞き入れず、高卒後に就職していたなら考えはもちろん変わったであろう。
しかし、今はしがない大学生。しっかり先を見据えてがんばっていれば、困ることはないと思う。この考えも甘いと言われるかもしれないが、その辺はたっくの意識レベルが低いと捉えられてかまわない。
さてさて、家庭教師の話に戻るが、正直な話、たっくには向いていないと思う。
Mr.ちゃらんぽらんことワタクシたっく。
人にものを教えられるほど、人生深く生きておりません。
教えるのは、小学5年と6年の姉妹。
できれば男がよかったー!!
男子校育ちなもので正直子供の扱いは苦手なんよね。
皆さんできれば世話のコツってものを教えてくださいな。

足し算、引き算、紙一重 

2005年05月15日(日) 15時04分
ツライに1を足せばシアワセになるといわれる。
その逆もまた然り。
運の流れも似たようなものでやなことが続けば、いい事も続く。けどその変化は荒波のようなもの。
常にそうなることを想定して生活できればいいものなのだが、早々できるものではない。
人生経験に裏打ちされた理論、直感が必要なのだと思う。
たっくは、そんな力を身につけたいと感じているが、なかなか無理な話である。
大学生活中、自分の成長速度は限りなく遅い。
単に、年を食い、頑固になったことにより人から吸収できることが減ったのかもしれない。
最近気づいた理由として、友達の幅が狭くなった。
その原因は自分でもよくわからない。5月病が原因で一時的なものかもしれない。
どちらにせよくすぶっていることには変わりはない。
冒頭の言葉から、辛いに足すべきその1というごくごく簡単なものを見つけるのがこれからの課題である。
お分かりだと思うが、解説として
辛+一=幸
という適当な発想である。誰かが言ってた気がする。

ぼんやり 

2005年05月05日(木) 20時25分
今日は、暇人だった。
久々に一人な休日だ。そんなわけでとりあえず暇になった。
何もすることがない。
本来は勉強せねばならないが、そんなやる気も出ずぼーっと朝を過ごす。
昼、腹が減ったのでチャリで外出する。何かあてもなく適当なところで食おうとしていた。
ぼんやりゆっくり近くの大通りを行く。
田んぼ道でぼんやり空を眺めていた。
すると昼過ぎ。メシはどうでもよくなった。あいにく快晴でなかったため雲の動きは楽しめなかったが、ちと休めた感があったので良しとした。
晩飯にスパゲッティを作ろうとするも妥協。
お湯を沸かした時点で終了した。
なぜなら、ケンタッキーの6ピースが890円。
コレを逃す手はない。
早速買いに行き、食べるも量の多さに嫌気がさし、そして今に至る。
明日は学校らしいが、たっくは年中休日の自由人なので関係ない。おそらくサボるであろう。
学校に行くと色々めんどいのだ。
自由人といったが、このごろ何かに縛られているような気がしてならない。
例えるなら四方が崖の草原にいるようなものである。
一見そこにいる者は自由に緑を駆けているが、そこから離れられない。
崖から飛び降りて新しい大地を探しに行こうとすることはできる。
しかし、本当にあるのだろうか、という不安で旅立つ勇気がもてない。
鳥になりたいという人たちはこんな気分なんだろうか、とそう思いつつ、何の発展もないまま今日という一日を終えようとしているたっくである。

そりゃないよー 

2005年04月15日(金) 19時19分
ドラえもんが再開しました。
ひどい。
ひどすぎる。
ぼくたちのドラえもんはいずこへ?

たっくはもう二度と、ドラえもんを見ることはないだろう。
新時代が切り開かれていくのはわかるが、やはり、昔ながらのものが今の世の中にも出回っている気持ちがわかった。
これを「ドラえもんの法則」(ドラ則)と呼ぶことにする。

さようなら、ぼくたちのドラえもん。

更新再開 

2005年04月14日(木) 18時02分
皆様、おひさしぶりです。
長い間、待たせてすんません。
ようやっと2年生になれたわけですが、はやくもサボり癖が出てきてしまい、学校に行きたくない病にかかってしまいました。
さてさて、この間、花見しに東京の小金井まで行ってきました。
でも実際にはほとんど花見ではなく、宅飲みで語っていた感じです。
春休み中はたっくは引越しに明け暮れていたので、どうも更新に手が回らなく申し訳ない日々。
それぞれの春休みを終え、これからまた楽しくやっていきましょう。
そいでは今年度もよろしく。
P R
2006年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像たっく
» Speed is sweet. (2006年07月12日)
アイコン画像こりん
» たっくです。 (2006年06月07日)
アイコン画像こりん
» たっくです。 (2006年06月07日)
アイコン画像53
» Speed is sweet. (2005年09月17日)
アイコン画像わださん
» Speed is sweet. (2005年07月21日)
アイコン画像けいすけ
» うええーん!! (2005年03月19日)
アイコン画像そうた
» 体力の限界!(千代の富士) (2005年03月16日)
アイコン画像ダンディ軍団一員の53
» 最高の贅沢御託 (2005年03月01日)
アイコン画像takagi
» 最高の贅沢御託 (2005年02月28日)
アイコン画像けいすけ
» いやはや (2005年02月15日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tak-niconico
読者になる
Yapme!一覧
読者になる