日にち薬

December 01 [Thu], 2011, 2:00
とりあえず話し合いはもう望めないというか終わったみたいになってしまったことを親友Yに電話で報告した。
逆ギレして暴力振るわれるかも・・・的な心配をしてくれてたYは・・・
無事で良かったけど、何やねんお前の旦那・・・で、どうすんの?
晴れ子:私が聞きたいわ(T_T)
でも、離婚したいと思えない。。。
Y:じゃあ乗り越えるしかないんちゃうん?まぁいざとなれば離婚はいつでも出来るしな。またなんかあったらいつでも聞くからな!
晴れ子:ほんまやな・・・とりあえず頑張ってみる・・・ありがとね

報告終了。。。
それからシャワーして、またアホみたいに溢れてくる涙も流して寝室へ・・・
広いベッドに1人ぼーっとして・・・このまま溶けて消えて無くなりたいなって思いながら、新聞配達のバイクの音が聞こえて来て、空が明るくなってきて、スズメの鳴き声が聞こえてきて、それでも眠れなかった。
そのうち、旦那の携帯アラームが向こうの部屋から聞こえてきて・・・旦那が起きた気配。。。
寝室のドアを開けるのはものすごく勇気が必要だった。でも、向き合う努力をしなきゃ何もかも駄目になる気がして、何とか、おはようって言った。そんな嫁の行動が予想外だったみたいで、
お、おはよう・・・
と挨拶を返してきた。
そして出勤時間に車のエンジンをかけて
送るわ・・・と言って会社まで送り、帰宅。
心身共に物凄い倦怠感だった・・・そしてリビングのソファで寝てしまっていました。
毎日徐々に1言2言会話が増えて行き、仕事が終わる時間のメールが来るようになり、旦那が寝室のベッドで眠るようになり、何となくぎくしゃくしながら、普通っぽく戻っていきました。
時々風俗のカードを見たショックのフラッシュバックがあったりして、ある晩ベッドで電気を消してから、
2人でちゃんと夫婦としてやっていきたいと思ってるから風俗は二度と行かないでほしい・・・
と言いました。
旦那は、わかってる
とだけ言いました。
そしてしばらくして旦那の寝息が聞こえてきて、何故か泣けてきて、声を殺して背中を向けて泣きながらいつの間にか眠りに落ちてました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:晴れ子
読者になる
2011年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/taiyounoko/index1_0.rdf