シャープの太陽電池

シャープの太陽電池についてです。

太陽電池・シャープ製・84W(NT-84L5H:2枚組セット)-ソーラーパネル

シャープの太陽電池は、2007年待つ累計で世界の太陽電池総生産量の
4分の1にあたる2ギガワットを生産しました。

1995年の開発以来人工衛星160機以上、灯台1900箇所以上に設置されております。
シャープの太陽電池は、過酷な環境下にも耐えられる太陽電池をつくってきました。

また1994年からは、シャープの太陽電池は住宅用の発電システムなどの普及に
積極的に開発してきました。

シャープの薄膜シリコン太陽電池は量産体制できており、その採光できる薄さは特徴で 
発電する窓ガラスとして利用できることから注目されてます。

住宅で屋根や窓ガラスに設置して採光でき発電もできる
「シースルー太陽電池」としてヨーロッパでは注目をあびてます。

シャープは、大阪・境市に稼動予定の年間1ギガワット規模の
生産能力を持つ大規模な工場を予定してます。1

0年後には、発電コストを現在の家庭の電力料金と
同じ23円/キロワット時にする目標をたてています。


一般家庭での普及に大いなる期待と注目が充てられています。

シャープの太陽電池の住宅用の発電システムには
太陽の無尽蔵なるエネルギー利用が出来ることから地球温暖化への
解決に切り札としても期待されてます。 

シャープの太陽電池には、一般家庭への取り組みには、
大いに期待が持たれています。

身近なところでもシャープの太陽電池は期待できます。

詳細はこちら↓↓
>>シャープの太陽電池 ウィンドウショッピング(楽天)

京セミの太陽電池

京セミの太陽電池についてです。

京セラ製多結晶ソーラーパネルKD95SX-RP【b_2sp0523】

京セミの太陽電池は、球状のもので「スフェラー」といい、シリコンの大きさは直径約2ミリの微小球です。
シリコンが球状のため直射光だけではなく、反射光や散乱光などのあらゆる方向から光を効率よく取り
入れられるという点が大きな特徴です。

京セミの太陽電池は、今までの、安定した電力を得るためには太陽の動きを追いかけて電池の角度を
合わせなければならなかったという余計な動作も必要ありません。

スフェラーは、シリコンの球状の微小な球から柔らかいフィルムを基板に並べて接続することでその形状も
平面的にも立体的にも自由自在です。そのためにデザイン性にもマッチしたものを追及することができると
いう透明感がある太陽電池をつくることができます。

またコストダウンをを実現する生産工程で平面型電池の場合、結晶シリコンの塊をスライスしてつくるため
多くの削りくずがでますが、これが原材料のロスに繋がっていたわですが、京セミの太陽電池「スフェラー」は
溶かしたシリコンを14メートルの高さから落として、無重力状態で自然に真球化させるという製造法で、
このことから原材料のロスがほとんどなくして製造できるといことなのです。

直径2ミリの微小球のしりこんで発電する京セミの太陽電池「スフェラー」は注目されてます。

詳細はこちら↓↓
>>京セラ 太陽光ソーラーパネル ・ウィンドウショッピング(楽天)

富士電機の太陽電池

富士電機の太陽電池についてです。

富士電機の太陽電池は、「アモルファス太陽電池」として空中に波打つ太陽電池です。
富士電機の太陽電池は薄さ1ミリで柔軟性に富んでいるものです。基板にプラスチックフィルムを
使用しているために、局面にも設置することができて美観とか環境にも配慮したことが出来るというものです。

重量はガラス基板の10分の1程度。建物への重量負荷が少ないために大きな面積のものをつくることが
可能になります。20年以上耐久性のあるフィルムの内部には太陽光の短波長と長波長のそれぞれに
応じた電池増があり、それが幅広い波長の光をを吸収するために曇りの日も発電できるというものです。

シリコンに比べて高温時の発電効率が低くなることがすくないのです。さらに、ロール状に保管することが
出来るために場所をえらばず、運搬や施工などがし易くなるというメリットがあるというのも注目されている点ですね。

富士電機の「アモルファス太陽電池」は、曲面にも設置できるという利点です。
これを活かせば美観を重視した建物でも利用できるので、普及へ大いに期待されるところです。

最近では、積極的に取り組んでいる企業や公共の建物でも取り入れていこうとする動きが活発です。
局面にも設置できるメリットを活かしてのこれからの世界へ向けての日本からの情報発信に期待が
持たれています。これも世界に誇れる日本の技術ですね。環境技術は、世界でも1位2位を争う日本
ですから、今後もきたしたいですね。


詳細はこちら↓↓
>>アモルファス電池 詳細情報 ウィンドウショッピング(楽天)

太陽電池とプリウスについて

プリウスと言えば、エコカーとして
又はハイブリッド車として有名です。



トヨタ自動車が、太陽光発電システムを搭載したハイブリッド車「プリウス」を
2009年春に発売するそうですね。
新型「プリウス」の屋根部分に太陽電池パネルを搭載するそうです。

太陽電池の搭載によってエアコン駆動に必要な2〜5キロワットの電気の一部を
太陽光でまかなうというすぐれた自動車ですね。

トヨタ自動車は商品開発についてコメントは避けていますが。
言えることは太陽光発電システムの普及車への搭載は、
自動車大手ではトヨタが世界初となるということですね。
トヨタは2009年1月にアメリカのデトロイトのモーターショーに新型プリウスを出展しています。

平成9年にハイブリッドカーとして登場して以来3代目となる新型プリウスは、
エンジンやトランスアクスルの高効率化、モーターなどの小型・軽量化を図り、
システム全体の90%以上を新開発しました。

1.8Lガソリンエンジンにモーターとリダクションギヤが組み合わされています。
「ソーラーベンチレーションシステム」、「リモートエアコンシステム」など、快適性も高めています。

太陽電池搭載の新型プリウスは乗る人にも環境にもやさしい凄い自動車なんですね。
世界へ向けて日本の優れた環境技術でぜひ地球にも優しい自動車を開発し続けて欲しいものです。

太陽電池の技術で日本はトップレベルだそうです。
地球に、環境にも優しい太陽電池の普及で世界へと発信して欲しいものです。


詳細はこちら↓↓
>>トヨタプリウスの魅力 人気情報 ウィンドウショッピング(楽天)