19

January 18 [Wed], 2006, 15:34
「和尚。」

「嗯?」最近公子的稱呼是改了一點,雖不至於是什麼大改進,可和尚亦不欲掉以輕心。「滿寺都是,你喊的是誰?」

「你啊。」公子本是扁著嘴巴滿臉委屈,一下又掛上厚臉皮,滑上一副油腔調再說。「你啊,莫非是要人家喊你『靜兒』才應哦?」

和尚渾身疙瘩一顫。

「你說的什麼?」他轉著僵硬的肩膀,滿臉驚慌的紫青著嘴兒問,心裡,卻是如狂似喪的疾聲狂呼﹗

啊啊啊﹗瞧他說的什麼?說的什麼?他說『人家哦﹗』……

……

和尚怎麼就覺得,身後的那位不是公子,而是個自青樓裡易服而來的小倌……

「嗯?你不喜歡嗎?」公子抱著懷中的石頭,左硬右僵似的,終於感到些許不對。

不。

和尚堅定的目光烔烔有神。

「嗯?原來你不喜歡啊……枉我還特地去學習過……」公子嬌聲嗲氣的按壓著自己的嘴巴,越發是顯得紅唇艷色,珠粉片片。「你這個沒良心的……」

「我……」見到他這番嘔心所為,和尚突然感到氣悶難當,一時接不上話來。可當公子見了他臉紅耳赤之姿,目光閃躲之狀,卻反以為是美人懷羞,細細嘴嚼而下,更是倍添風情,越發顯出味道。

公子剎時情深,一時大喜大愛,也不顧和尚消受不消受得,深深就嘴吻下去。事後看看懷中和尚暈眩不堪的神情,就越發覺得他脆弱可愛,摸著摸著更是愛不釋手,一時竟不願他受苦著來。

於是公子偏移把和尚輕放,轉身已撇動下床,温柔的貼額温温和尚才道:「你正病著,讓我給你弄些吃的來吧?」

你知道我病著,還來刺激我?﹗

和尚兩眼大瞪,雖是滿臉病體之紅,一腔不滿之情有如細水長揚,涓涓直奔江洋大海﹗

「哦?和尚你這般看我……」不巧的是,公子別有一番體悟。「我知道了,你是捨不得我。」

不是﹗

「真好,真可愛……」公子喃喃魔音輕傳,吹氣噴到和尚臉上,只覺是又熱又暖。

和尚本想開罵,可見了來人盈盈雙目,卻又說不得道不得,只是腹上一涼,嘴巴一熱,輾
  • URL:http://yaplog.jp/taixtai/archive/18
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2006年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:taixtai
読者になる
Yapme!一覧
読者になる