低体温で体調を崩しやすいのを改善するには?アレで体調が…!? 

December 25 [Fri], 2015, 18:36
「低体温のせいで体調を崩しやすいんだけど、
 なんとかならないかなぁ?」



平熱が36.5℃以下だと低体温になります。

そうなると、免疫力が低下したり
体内器官が正常に働かなくなったりして
体調を崩しやすくなりますよね。

そうなると、仕事や家事ができなくなったりしますし、
なによりも、よく体調を崩していたらツラいですよね。

「こんなつらい日々から解放されたい!」
と、あなたは思いませんか?


■低体温を改善して体調が崩れないようにするには?


低体温の主な原因は、以下の通りです。


栄養不足

私たちの体は糖質や脂質から熱を作り出しますね。

それで、熱を作り出す時に、
各種ビタミン、ミネラルなども必要です。

それらが不足すると熱を作り出すことができなくなるので、
低体温になります。

食生活の乱れのほか、ダイエットで食事制限をしても
栄養不足になって低体温になる事があります。


寝不足

寝不足になると自律神経が乱れがちです。

そうなると体温を調節できなくなるので低体温になります。


ストレス

ストレスは血液の流れが悪くなります。

すると、筋肉などに栄養を運ぶことができなくなるので、
熱を作り出すことができず低体温になります。


運動不足

運動不足になると血液の流れが悪くなります。

また、筋力が低下します。

熱を作り出すのは主に筋肉です。

その筋肉の力が低下したら、
熱を作り出すことができなくなるので低体温になります。


体を冷やす食べ物、飲み物の摂りすぎ

冷たい食べ物は体を冷やします。

また、夏の野菜は体を冷やします。

それで、低体温になる事があります。



低体温を改善するにはこれらのこと全てを
改善することが望ましいです。

ようは、食生活を改善し、適度な運動をし、充分な睡眠を取り
ストレスを発散すればいい、ということになりますね。

ただし、すべて改善するのが無理でも、
できることから少しずつでも改善していくといいですよ。


■低体温を改善し体調が崩れにくくなるためにおすすめのアレ


低体温で体調が崩れやすい場合は、
同時に熱を作り出す食べ物を積極的に食べるといいですよ。


熱を作り出して体を温める食べ物で
多くの人が知っているのがしょうがですね。

それ以外にもコショウやトウガラシなどがあります。

それらの食べ物は、糖質や脂質が燃えるのを促すので、
低体温を改善する働きがあるんですよ。


ただ、これらの食べ物を頻繁に食べるのは
ちょっと面倒だと思いませんか?


そこで、しょうがの成分がそのまま配合されている
サプリがありますので、それなら手軽です
よね。

「しょうがでホッと」は蒸したしょうがの成分が
凝縮されたサプリメントです。

しょうがは蒸すとぽかぽか成分が35倍にもなるんです。

ですから、普通のしょうがよりもぽかぽか効果が
高くなることができるんですよ。


低体温を改善して体調が崩れない元気な毎日を送りたい、
そう思っているあなたに「しょうがでホッと」はおすすめです。


詳しい情報は下のリンクをクリックすると確認できます。
「しょうがでホッと」詳しくはこちら


















.