今のところは、花粉症を抑えられています

April 28 [Thu], 2016, 13:29

通常、便秘に効く食事は、水分や食物繊維、乳酸菌が豊富な 、発酵食品等です。







大変な便秘の方は、便が固く腸内に溜まった状態になっております。







とにかくこの状態をなくして、便を出やすく柔らかくするため、第一に水分と水溶性の食物繊維を摂りながら、乳酸菌で腸内を整えるのがいいでしょう。







近年の研究でインフルエンザを予防するには乳酸菌は効果が高いということが分かり始めてきたのでした。







実際、インフルエンザというのはワクチンだけで百パーセント防ぐことはできません。







常日頃から乳酸菌を摂取していくことで免疫力のほうがアップして、インフルエンザ予防になったり、症状を軽くしてくれる効果が高まると言われます。







オリゴ糖は乳酸菌の数を多くする成分として高く興味を持たれています。







オリゴ糖を摂取した乳酸菌の活動は活発になり、胃や腸、の悪玉菌の増殖を減らし、内臓環境を整調してくれます。







乳酸菌とオリゴ糖は両者とも内臓の働き向上や健康にはなくてはならない成分であります。







実はアトピーは、乳酸菌の摂取を積極的に行うと、症状の改善に役立つ可能性があるのです。







アレルギーの原因物質が腸内に進入すると、IgEと呼ばれる抗体が生まれてきます。







そして、発生したこのIgEがたくさんの数、発生してしまうことにより、過剰反応を起こしてしまうことにより、アレルギーが起こってしまうのです。







これがアトピーの原因であるとされており、乳酸菌には、IgEの発生を抑える働きがあるのです。







主に1〜5歳くらいの子供が、インフルエンザに感染をし、発熱してしまった後、突然けいれんや異常行動、意識障害などの症状が出るのがインフルエンザ脳症といったものです。







インフルエンザ脳症とは、生命に関わることのある重篤な疾患であり、治った後に後遺症が残ってしまう場合もありうるのです。







インフルエンザにならないようにするために乳酸菌が効果があるといわれています。







およそ1年前に、テレビで児童に乳酸菌が豊富なヨーグルトを食べてもらったところ、インフルエンザに罹る子供が大きく減ったというコンテンツを見ました。







うちの娘が受験を控えておりましたので、それからというもの、ずっとヨーグルトを食べさせています。







腸まで乳酸菌が届くタイプのヨーグルトが格別にいいそうです。







うんちがでなくなると、体に不要なものが体外に出ないため、口が臭くなります。







どれだけ毎食後に歯ブラシをして、歯間ブラシ、マウスウォッシュを使用して口内のケアをしても、口臭は腸から胃を伝わって必要でないものを出そうとし、口臭を引き起こすのです。







そうなると、お通じがよくなると、口臭もあわせて改善されると言われています。







乳酸菌シロタ株イコール、ヤクルトしかありません。







昔、白血病になり、病気を克服した経験のある渡辺謙さんのCMをよく目にします。







みごとに白血病を治し、ハリウッドでの演技が高い評価をうけている渡辺謙さんがCMで大絶賛していると、とても効果が期待できそうな予感がします。







俗にいう乳製品以外にも、乳酸菌入りの食品があると知り、乳酸菌て何だろうと調べてみました。







そうしたら、乳酸菌は乳酸の菌ではなくて、化学反応を起こして乳酸を作り出す菌類全般のことなのだそうです。







これは世間での常識ですか?生まれて30年以上生きて来て、初めてわかった事実です。







花粉症となってしまって以来、乳酸菌を摂取するようになりました。







2年前より花粉症を発症してしまって、くしゃみと鼻水がでっぱなしです。







お薬を飲むことは避けたいことだったので、テレビ番組でやっていた乳酸菌サプリを飲んでみました。







今のところは、花粉症を抑えられています。







主に1〜5歳くらいの子供が、インフルエンザといったものに感染をし、熱を出した後、急に意識障害や痙攣、異常行動などの症状が現われるのがインフルエンザ脳症というものになります。







インフルエンザ脳症とは、命にも関わる大変な疾患であり、病気の回復した後に後遺症の残ることもまれにあります。







そもそも、インフルエンザは風邪と異質なものという説があります。







その症状は1日から5日ほどの潜伏期間をのあと、急な高熱となり、3日から7日程度それが続きます。







タイプによって、関節の痛み、腹痛や下痢など症状に少しのが見られます。







しかし、肺炎を伴ったり、加えて脳炎や心不全を起こす事もあり、怖くもある感染症です。







おならの臭気に悩んでいる方は乳酸菌が効きます。







おならの臭気の原因は腸内の悪玉菌にあるとされているのです。







そんなわけで、腸内にある善玉菌を増やし、悪玉菌が増えるの、を防止する力のある乳酸菌を継続して摂取することでおならの臭気を和らげることができます。







もし便秘になっても、薬に頼れば簡単に、対策はできるとは思いますが、薬に頼ってばかりなのはダメなので、、やはりまず最初に食生活を見直してみてください。







例えば食物繊維が多く含まれた食品を摂るのは効果的で、不溶性、水溶性の2つの食物繊維をバランスよく摂るのが重要です。







野菜やきのこ類、海草類を多めに食べましょう。







アトピーは乳酸菌を積極的に摂ることで、改善できることもあるといいます。







アレルギーを発生させる原因物質は腸内に進入すると、IgEという名の抗体が発生します。







そして、発生したこのIgEが数多く作られすぎてしまうと、体内では過剰反応を起こしてしまい、アレルギーを発生させることになるのです。







ここにアトピー症状を起こす原因だといわれており、乳酸菌は、IgEの大量の発生を抑えるといわれています。







オリゴ糖は乳酸菌の数を増す成分として高く興味を持たれています。







オリゴ糖を投与された乳酸菌の活動は活発になり、胃や腸、の悪玉菌の増殖を減らし、内臓環境を整調してくれます。







乳酸菌とオリゴ糖は双方とも腸の機能改善や健康増進には必要不可欠な成分だと主張することができます。







昔から、乳酸菌が身体に優しいのはわりと知られた事実ですが、一方で効果のない説もあって当然ですよね。







この説も事実かもしれません。







それは、それぞれ個人差がありますし、乳酸菌はあくまでもただの菌なので、絶対に、効果が期待できる薬ではないからです。







一度試して自分に合うかを確認してから判断するのがよいです。







インフルエンザにならないようにするために乳酸菌が効果があるといわれています。







およそ1年前に、テレビで乳酸菌が豊富なヨーグルトを子供に食べさせたところ、インフルエンザに罹る児童が大幅に減ったという番組がありました。







うちの娘が受験を控えておりましたので、それからというもの、ずっとヨーグルトを食べさせています。







乳酸菌が腸までたどり着くタイプのヨーグルトが特に効果があるそうです。







乳酸菌を毎日摂取しているおかげで、私はすごく健康になることができました。







毎日朝起きたら欠かさず、ヨーグルトを食べるように心がけています。







ヨーグルトというのは味にも変化をつけやすいですし、便秘になることなく過ごせます。







乳酸菌を毎日摂るようにしてから、肌の調子も良くなってきて、体重も減ったのでした。







美肌効果があると聞いて、ヨーグルトをたっぷり食べていた私ですが、実は、ヨーグルトと同じくらいに納豆やお味噌といった食材も乳酸菌を含む食べ物なんだそうです。







「乳」とついていることから、てっきり乳酸菌は乳製品からしか摂れないのだと思っていました。







これはちょっと恥ずかしかったです。








おいしい食卓
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:taitu0u
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/taitu0u/index1_0.rdf