全身タイツための喧嘩

December 31 [Mon], 2012, 13:15
雅子の必死の懇願も京子たちに拍車をかけるだけだった。雅子は震えが止まらなくなった。紗枝は雅子の全身タイツを強く握り、思い切り土の上に倒し、顔を土に擦り付けた。あんたが少しでも綺麗になるように化粧をやってんだよ。このブス。京子は一歩下がって雅子がいじめれる光景を見詰めていた。京子自身は決して雅子には手を出さなかった。雅子を罵ることあっても。京子ちゃん、私ね。アルバイトの艱苦 私はもう22歳で、家のためにお金が欲しいで、何時までも両親のお金を使わない気がしない。


    私のこの夏休みより子供の頃ように家で全身タイツを着て寝るしてゲームをするのは違っていた。今学生なので、アルバイトを探すのは大変になかった。たとえこんな状况でも、とうとう努力の末にスーパーのアルバイトを?つけた。最終、私はスーパーでレジ係りを担任した。毎日に朝八時から午後五時まで、八時間でずっと立った。


   とても疲れたと思う。アルバイトが始めたばかり、なかなか慣れないだ。しかし、全身タイツの給料をもらうことができると、強靱になった。店員のみんなも私にとても気にかけてくれ、それからだんだん慣れた。 初めてのアルバイトによって、私は元をもらった。それはとても嬉しいと思っていた。同時に仕事をするのは楽ではないと分かった。この先、節約が必要だ。

http://plaza.rakuten.co.jp/taitu0011/diary/201212310000/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:taitu0022
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/taitu0022/index1_0.rdf