体臭がひどくなる食べ物には・・・ 

2013年01月23日(水) 11時06分
体臭がひどくなる食べ物って、あるのでしょうか?

実は元々、日本人は体臭の少ない民族でした。

ところが、食生活の欧米化に伴って、体臭が強くなってきたと言われているのです。

その原因は、肉類や乳製品、卵などに多く含まれる動物性脂質や動物性タンパク質です。

動物性脂質は、皮脂腺やアポクリン腺を刺激して汗の臭いを強めるだけでなく、硫化水素やインドール、スカトールといった悪臭の原因となります。

また、油にも注意が必要です。

ラードやバターなどの動物性の脂肪酸は体臭の原因となりますし、リノール酸は体内で酸化して過酸化脂質となり、臭い物質を作りやすくします。

食生活を和食に変え、野菜中心の献立に変えるだけでも効果がありますが、油はオレイン酸が多く含まれるオリーブ油や、αーリノレン酸の多いゴマ油やシソ油をできるだけ使うようにすると、さらに良いでしょう。

体臭を除去する作用のある酢や、昔から消臭効果があると言われている緑茶、梅干し、海藻類などのアルカリ食品を積極的に食べるようにすると、体臭の改善が期待できます。

臭い対策


P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/taisyu11az/index1_0.rdf