【 更新情報 】

スポンサード リンク

退職願いの書き方のテンプレート

退職願いの書き方はだいたい形式が決まっているので、テンプレートもあります。
退職願いの書き方のテンプレートはダウンロードして使えるものもあるし、会社によっては会社が用意したテンプレートなどを使い退職願いを提出する場合もあるようです。

退職願いもパートやアルバイトなどの場合は口頭で伝えるだけでもいいこともあるようですし、小さな会社では用意された書類に捺印するだけのところもあります。
テンプレートなどを利用して提出してもいいところもありますし様々です。

前もって上司に退職の意思を伝えた上で、退職願いの書き方についても相談してみると良いのではないでしょうか。最近では縦書きなど形式にこだわらない場合も増え、テンプレートなども縦書き横書きとあるようです。
形式などで迷った場合には、黒のペンを使い縦書きで正式な書き方をしておけば間違いはありません。
どちらにしても、退職願いの書き方や退職にあたって必要な手続きなども勉強しておいて損はないと思います。

退職願いの書き方の形式

退職願いには書き方の形式があります。
例文などでは多少違いがありますが、形式に合わせて書けばそれほど難しく考えなくても簡単ですし、間違いがありません。

退職願いの書き方の形式は、例文などがあるのでそれらを参考に書きます。
便せんや封筒の形式は、B5サイズの白地の縦書きの用紙と白い封筒となります。
ペンは黒のサインペンか万年筆、ボールペンなどを使います。
名前の横に押す印鑑は、朱肉を使うタイプのものを使い捺印します。

退職理由は色々でしょうが、退職願いの書き方の形式では、すべて「一身上の都合」となります。
結婚退社、不満を持っての退社、転職など理由は色々でしょうし上司からは理由を聞かれると思いますが、退職願いの書き方としては理由は書かず、形式通り「一身上」とします。
退職願いを提出するのは直属の上司になりますが、宛名の書き方は会社の社長当てになりますので間違えないようにしてください。
退職願いの書き方は、形式通りに簡潔に丁寧に書きましょう。

退職願いの書き方は縦書きか横書きか

退職願いの書き方は、縦書きか横書き、どちらが正しいのでしょうか。
退職願の書き方の例文を見ても縦書きものもと横書きのものがあり、最近ではどちらでもいいという考えもありますが、やっぱり退職届の書き方としては縦書きが普通のようです。
会社へ提出する公的な文章でもあるし、入れる白い封筒のことを考えてみても退職願いの書き方としては縦書きが正しいマナーといえます。

退職願いは書き方のマナーも大切ですが、提出する前に事前に上司に退職の意思を口頭で伝えておくのも大切なマナーです。
法律では退職届を出して14日間たてば退職することが認められてますが、仕事の引き継ぎなど会社に迷惑がかからないように退職する日にちなどは上司に相談して決めた上で退職願いを提出するようにします。
不満を持っての退職の場合、突然退職届を出すことも多いようですが、会社だけでなく同僚や後任の人へも迷惑をかけることにもなりますので、きちんと対応するようにしてください。

退職願いの書き方と封筒の選び方

退職願いでは封筒の書き方にも気をつけましょう。
退職届いを入れる封筒は白地のものを使います。
退職願いの封筒の書き方は、封筒の表面まんなかに「退職願」と書きます。

裏面の書き方は、封筒の左下に所属部署名を、行を変えて自分の名前を書きます。
退職願いにはワープロソフトは使わず、黒のボールペンか万年筆を使って書きます。
退職願いの書き方は、インターネットなどで例文が色々紹介されています。
例文によって多少は書き方にも違いがありますが、基本はだいたい同じで、気をつけたいことがいくつかあります。
必ず「退職願」とし、「退職届」「辞表」とは書かない。
「私は」「私儀」「私事」といった書きはじめの言葉はどれを使ってもいいのですが、行の下部、最終段に持ってくる。
最後の宛名の取締役の敬称を「殿」とする。
名前の下に押す印鑑は三文判を使わないなどには気をつけるようにしてください。
どうせ辞める会社だからと考えずに、最後だからこそ感謝の気持ちをこめて書きましょう。

退職願の書き方の例文

退職願いの書き方はどう書いたらいいのか、例文を探してみましょう。
退職を決意したらまず上司に伝え、その後、退職願いを提出しなければいけませんが、そう何度も書くものでもないので書き方がわからない人もいるでしょう。

一人の社会人として、お世話になった感謝を忘れずに、書き方の例文を参考にきちんとした退職願いを出しましょう。
インターネットでも書き方の例文をがたくさん紹介されています。
例文を参考に簡単に説明すると、退職願いの書き方は、まず始めの行の真ん中あたりに「退職願い」と書きます。
1行あけて、「私はこの度一身上の都合により、何年何月何日をもちまして退職いたしたくお願い申し上げます。」と書きます。

このとき書き出しの「私は」だけは下の方に書き、続きは行を変えて上から書きます。
次に行を買え提出する日付を書き、所属、名前(印を押す)を下の方に書きます。
後は会社名と代表取締役の名前を行を変え上部にあて名として入れます。
退職願いも例文によって書き方にも多少違いがあります。
P R
カテゴリアーカイブ