【 更新情報 】





>>> 失業保険を賢く増やす方法はこちら

退職の挨拶文(中途退職の場合)

中途退職する場合の退職の挨拶文の前文、は頭語と時候のあいさつ、安否を問う言葉の順に書き出します。次に中途退職した事実を簡潔に知らせて、在職中の感謝の気持ちを伝えます。そして、退職後の予定や身の振り方を示して指導や交誼をお願いする文章を作成します。もちろん日付も忘れずに入れましょう。

■ 中途退職の挨拶文(スタンダード)
 
 拝啓 陽春の候 皆様にはいよいよご健勝にてお過ごしのこととお喜び申し上げます
 さて 私儀 このたび一身上の都合により○○○○を円満退職いたしました
 ○○○○在職中は格別のご懇情を賜り、ありがたく暑くお礼申し上げます
 退職後はしばらく休養しましてから再就職する所存でございますので、今後ともご指導
 ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます
 取り急ぎ書中にてごあいさつ申し上げます 敬具
  
  平成○○年○○月


■ 中途退職の挨拶文(スタンダード)

 拝啓 さわやかな季節を迎え、皆様にはご壮健のこととお喜び申し上げます。
 この度の退職にあたりましては皆様から暖かいご芳情を賜りましたこと、心よりお礼申し上げます。
 在職中は公私にわたりお世話になり至らない私が大過なく過ごすことができました。
 これはひとえに皆様の並々ならぬご支援とご厚情の賜と深く感謝いたしております。
 今後とも、変わらぬご交誼をお願い致しますとともに皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げ
 略儀ながら書中をもってお礼と退職のご挨拶とさせていただきます。 敬具

  平成○○年○○月


■ 中途退職の挨拶文(独立する場合)

 拝啓 残暑厳しい折柄、皆様にはご清祥のことと拝察いたします
 さて 私こと 去る○月○日をもって○○○○会社を円満退社することになりました。
 入社以来○○年間 親身のご温情に欲しましたこと、改めてお礼申し上げます。
 退職後は かねてより念願でありました○○○事務所を開設する予定でございますが
 準備が整いましたら改めてご挨拶申し上げます。 敬具

  平成○○年○○月


■ 中途退職の挨拶文(家業を継ぐ場合)

 拝啓 ○○の候益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。
 さて 私儀 このたび○月○日をもって○○○○会社を円満退社することになりました。
 ○○○○会社に在職中は長年にわたり格別のご懇情を賜りまして誠にありがとうございました。
 未熟な私が今日まで無事に勤務し得ましたのは 皆様の温かいご指導のお陰と存じ
 厚くお礼申し上げます。
 今後は○○市において 父が営んでおります○○業を継いで精進致す所存でございまので
 末永くご交誼のほどお願い申し上げます。
 末筆ながら 皆様のご多幸を心からお祈り申し上げます。 敬具

  平成○○年○○月

退職の挨拶文(転職の場合)


転職をする場合、退職の挨拶文は退職が決定したことを関係者に連絡するために送る挨拶文です。定年退職については後述するとして、退職の挨拶文を出すときは、状況によって転職先が決まっている場合とまだ決まっていない場合があります。どちらのケースでも今までお世話になった会社に迷惑をかけないように留意することが大切です。たとえば、業務の引継ぎがある場合など、様々なことを考慮して挨拶文を出すタイミングと内容を考える必要があります。

■ 転職の挨拶文(転職先が決まっている場合)

 拝啓 ○○の候 ますます御清祥のこととお慶び申し上げます
 さて、私こと この度 去る○月○日をもって○○○○を円満
 退社し○○○○に勤務することとなりました
 在職中は皆様に支えられ充実した会社生活を過ごすことができ
 感謝いたしております
 今後は新しい職場で微力なが精一杯努める所存でございます
 何卒今後共相変わらぬご交誼を賜りますようお願い申し上げます
 末筆ながら皆様方のご健康とご多幸をお祈り申し上げます 敬具

  平成○○年○○月


■ 転職の挨拶文(転職先が決まっていない場合)

 拝啓 時下ますますご健勝にお過ごしのこととお慶び申し上げます
 さて、私こと この度 去る○月○日をもって○○○○を円満退社いたしました
 本当に永い間公私にわたり色々とお世話になりましたこと ここに厚くお礼申し上げます
 今後とも一層御指導と御鞭撻下さいますようお願い申し上げます
 末尾となりましたが皆様のご健勝を心からお祈り申し上げます 敬具

  平成○○年○○月

定年退職の挨拶文(その1)

■ 定年退職の挨拶文

 拝啓 陽春の候、各位には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
 さて、私こと○月○日をもちまして、○○○○会社を定年退職いたしました。
 お陰さまで○○年にわたる会社生活を大過なく過ごせましたのも、多くの先輩、
 同僚、知己、ならびに地域の皆様との結縁の中で得たご指導、ご支援の賜と衷心より
 感謝致しますとともに厚くお礼申し上げます。
 今後は、気力と体力の続く限り、第二の人生を充実させるべく旅と本とスポーツを友
 として生活していきたいと考えております。
 何卒変わらぬご交誼を賜りますようお願い申し上げます。
 末筆ながら各位の一層のご健勝を祈念してご挨拶といたします。 敬具

  平成○○年○○月


■ 定年退職の挨拶文

 謹啓 霜枯れの季節となりましたが、皆々様にはいよいよご盛栄の趣、お慶び申し上げます。
 さて、私儀、このたび○○年間勤続いたしました○○○○会社を定年退職いたしました。
 在職中は公私にわたり一方ならぬご厚情を賜り、心よりお礼申し上げます。
 無事勤め上げられましたのも、ひとえに皆様のご高配あってのことと存じます。
 今後はしばらく自宅で休養し、いずれ機を見て再出発をいたす所存でございますので、
 相変わりませずご指導ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。
 まずは、略儀ながら、書中にてお礼かたがたごあいさつ申し上げます。 謹白

  平成○○年○○月

定年退職の挨拶文(その2)

■ 定年退職の挨拶文

 拝啓 ○○の候、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
 さて、私こと、このたび○月末をもって○○○○を定年退職致しました。
 在職中、大過なく過ごすことができましたのも、皆様のご厚情の賜物と深く感謝いたしております。
 今後は、地元の○○に講師として勤務し、後進の育成に努める所存でございます。
 何卒変わらぬご鞭撻とご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。
 末筆ながら、皆様のご多幸をお祈り申し上げます。敬具
 
  平成○○年○○月
 

■ 定年退職の挨拶文

 謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 さて 私こと この度○月○日をもちまして○○○○株式会社を定年退職させていただきました。
 ○○年という永きにわたり公私ともに格別のご厚情とご支援を賜り充実した会社生活を送るこ
 とができましたことを心より御礼申し上げます。
 なお、退職に際しましては過分のご芳志、ご配慮にあずかり、重ねてお礼申し上げる次第でございます。
 今後とも相変りませずご交誼を賜りますようお願い申し上げます
 略儀ながら書中をもってお礼と退職のご挨拶とさせていただきます 敬具
 
  平成○○年○○月

退職の挨拶文(結婚・出産の場合)

結婚による退職の挨拶文を書くときのポイントは明るい表現を心がけて、将来に目を向けた文面を作成することです。人生の節目となるおうな別れの場合は寂しさもつのりますが、なるべく明るい表現になるように書きましょう。また、退職後の予定が決まっている場合は、さしつかえのない範囲で述べて、未定の場合は心づもりなどを書きましょう。将来のことを書くことによって文面を明るくすることができます。


■ 退職の挨拶文(結婚による退職)

 一筆申し上げます。日増しに暖かさが増してまいりました。
 皆様にはお変わりなくご活躍のことと存じます。
 ○○部に在職中は、○年間大変お世話になりました。
 さて、私こと、このたび、ご縁がございまして結婚いたし、
 これを機に会社を辞めることにいたしました。
 皆様のお陰で、ここまでくることができましたのに、誠に申し訳ございません。
 頂戴いたしましたご厚情に心よりお礼申し上げます。
 引き続いて会社にお世話になることも考えつつも、住まいも幾分遠くなり、
 何かとご迷惑をかけることになってはと、思いきって決心いたしました。
 現在は、結婚にそなえ、実家で母から主婦の心得を学んでおります。
 元気で頑張っていますのでご休心ください。 
 末筆ながら、皆様のご活躍をお祈り申し上げます。 かしこ


■ 退職の挨拶文(妊娠による退職)

 木の葉が色づく季節となりました。皆様には、お変わりなくお過ごしのことと存じます。
 私ごとではございますが、来年の春に二人めの子どもが生まれることとなり、これを機に
 ○○年間勤めました○○会社を退職することといたしました。
 在職中、皆様には大変お世話になり、深く感謝いたしております。
 今後とも何かとお世話になることと存じますが、変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます。
 まずはお礼をかねて退職のごあいさつまで。
  
  平成○○年○○月
P R
高額時給