定年退職を祝う場合の例

September 29 [Tue], 2009, 8:50
定年退職をお祝いする場合、家族の場合は第二の人生をこれから楽しんでもらうという意味に思えるような演出があればいいと思います。

長い仕事生活に終止符を打って退職をするのですから、長年の労をねぎらい、感謝の気持ちを込めてお祝いをしたほうがいいと思います。

また、父親の定年退職と同時に家族は母親にもねぎらいと感謝の気持ちを込めて一緒にお祝いをしたいものですね。

家族揃って食事会を開いたり、記念品を贈ったり両親水いらずで温泉旅行に行ってもらったりと子供たちから贈られるものは格別に嬉しいものだと思います。

職場の場合は、今までの感謝の気持ちとねぎらいの気持ちを込めて、無事に仕事を勤め上げられたことに対しての記念品などを贈るといいかもしれませんね。

餞別として現金を贈る場合「御餞別」とのし書きに表書きした紅白5本の結びきりの水引で贈りましょう。

送別会を開く場合は退職する人を引き立てるような演出を是非考えてください。

話題も、暗い話はなるべく避けて、新たな人生が送れるように、励ましの言葉とかいいかもしれませんね。

下記に退職の記念品の一例と、お返しの一例を記載しますので参考にしてみてください。

【お祝い】・ガーデニングが趣味の人向き園芸図鑑、庭道具セットなど・運動をよくする人にはスポーツウェア、ゴルフ用品、登山洋品など・おしゃれを好んでいる方にはループタイ、アスコットタイ、帽子など・女性の場合は、アクセサリー、スカーフ、このほか、フォトフレーム、アルバムなど(注)また働くことを連想させるような時計、書類カバンなどはタブーとされています。

【お返し】本来お返しというのは不要であるが、性格的にどうしても気になってしまうと言う方には、近況報告も兼ねて簡単なものを返したほうがいいと思います。

テーブルセンター、コースター、箸置き、卓上小物などなど。

退職記念品ランキングに対してのコメント

September 29 [Tue], 2009, 8:50
定年退職の記念品ランキングについてのコメントを少しご紹介します。

定年退職者といえば圧倒的に男性のほうが多いと思うのですが、記念品ランキングの上位に「花」がランキングされていたのは意外な気がしました。

それにパソコンが入っているのにもちょっとびっくりしました。

2007年あたりは団塊の世代の方々の定年退職者が多いと思うのですが、「旅行」というのがひとつのキーワードになっている感じがします。

ランキング1位の「旅行券」に始まって7位のデジカメ、12位の旅行カバンなど旅行に関する品が3つも入っています。

そのほかには、絵画や万年筆、ゴルフ用品など、もらう側の趣味に合わせた品物を贈っているパターンもあるようで、自分の趣味を知っていてくれたという気遣いが嬉しかったということのようでした。

もらった側の気持ちからすると、贈られた物自体が嬉しいというよりも、自分の好きなものを知ってくれてそれを贈ってくれたという気持ちが喜びとして現れているということを再認識させられるようなランキングの結果になったと思います。

職場で渡す場合は、商品券なんかが結構多かったような気がします。

それほど深いお付き合いの無い取引先などの方には、お花を贈ったりもしていました。

ちょっと改まった感じの送別会などが行われる場合では、ちょっといい台紙の電報を送ったりもしたこともありますね。

贈る側と贈られる側の意見が合う記念品というのは、やっぱり金券とお花かな?っていう感じがしました。

退職記念品のお返しはどうしたらいいか?

September 29 [Tue], 2009, 8:49
定年退職をする人に対して、同僚や部署の方から記念品と言うものをもらう事も多いと思います。

たまにスーツ姿でかわいらしい花束を持った人達がいると思いますが、その人達が退職した人たちだと思います。

自分自身も頂きましたが、本当にこれで定年退職するんだなって言う実感が嫌でも沸いて来たものでした。

退職する側からとして、お返しやお礼の意味も込めて何か贈ろうかなって思ったのですがいったい何を贈ったらいいのでしょうか?その人と親しい場合は相手の好みが分かるので特に問題があるわけではないのですが、できれば少ない予算で喜んでもらえたらなって思っています。

変な話ですが、退職すると会社に残るものは、引継ぎ用の資料やマニュアル、「そんな人いたよねぇ?」という思い出だけだと思います。

ですので、できればお返しとして贈るものも形に残らない方がいいんじゃないかな?って思います。

一番無難なのは、有る程度日持ちして、小分けになっているタイプのお菓子がいいんじゃないかな?って思います。

その部署の好み一人一人に合わせたものを買うのは難しいので、無難にお菓子を贈るのがいいと思います。

あとは、どんなお菓子をおくるかですが、そんなに気にしなくても大丈夫だと思います。

贈られる側の好みもあるかと思いますが、文句言いながら結局は食べてくれるものです(笑)ちょっと変わったものとしては、コーヒーのドリップパックや、紅茶のティーバッグなどもいいんじゃないかと思います。

予算の目安は、記念品をもらったものをみて、大体1人当たりいくらくらい徴収されているか見等がつくと思いますので、それ相応、または半分くらいで充分だと思います。

定年退職時祝いのマナー

September 29 [Tue], 2009, 8:44
定年退職される方へ記念品やお祝い品を贈るときは、長年勤続されてきた事へのねぎらいの気持ちと、感謝の気持ち、また第二の人生へ踏み出すための成功の念を祈って贈りましょう。

定年退職というのは、される本人にとっては本当に感慨深いものだと思います。

いままでの苦労や思い出を思い出してかみしめていることでしょう。

その、本人に職場全体からのお祝いや送別会などもものすごく大事だと思いますが、ご家族からの感謝の気持ちを込めた、ねぎらいの言葉をもらうのもものすごく大切だと思います。

仕事しかしてこなかった人たちが定年退職すると、気力がなくなる方もいますが、その気力を失うことなく、新たな人生の目標をきちんと持って頑張ってもらえるようにご家族のサポートが必要になってくると思います。

定年退職のお祝いをする際には、会社では職場単位で計画したほうがいいでしょう。

特にお世話になった人に対しては、個人的にお祝いしてもいいと思います。

家族からの場合も家族全員でやってあげるのがすごくいいと思います。

お祝いを贈る時期についてですが、退職の前後あたりがいいかと思います。

あまり遅すぎたり早すぎたりしても間が抜けて後味悪かったりするかもしれませんので、前後1週間ほどがお勧めじゃないでしょうか?記念品の金額の目安についてですが、10,000円前後が妥当かと思います。

多すぎると敬遠されますし少なすぎてもちょっと・・・だと思うので妥当金額は把握しておいたほうがいいかと思います。