今日のGospel Nightで、講壇に立つ祝福を与えられました。 

2013年07月01日(月) 3時23分
今日のGospel Nightで、講壇に立つ祝福を与えられました。
ずっと疑問の多かった、マタイの福音書14:22-32を与えられ、準備しました。
イエスが水の上を歩く奇跡のところです。
正直、解説書を読めば読むほど、迷宮に入って行く辛い準備期間でした..
知識は増えて行くのですが、その分自分の語るどんどん内容が散漫になって行き、解説書はやはり解説書であり聖書ではなく、時には黙示録の最後で禁じている「この書への付け加え」すら感じれもしました。
23節では、イエスは一人で祈ります。マタイの福音書の中でイエスが一人で祈るのは磔刑になるまえのゲツセマネの祈りとこのときだけです。夕方に男子だけで5000人の食料を2匹の魚と5つのパンでまかなう奇跡の後から深夜にいあたるまでの、とても長い祈りです。
「なぜこの奇跡の後、弟子たちを無理に船で群衆から離れさせたのか?」
「なぜ祈る必要があったのか?」「何を祈ったのか?」

そして、水の上を歩きます。
ペテロが「私も歩いてイエスのところに行けるように命じてくれと頼みます。」
その後ペテロは風を見て、沈みかけ「主よ助けてください」と言います。
イエスはすぐに手を伸ばしてペテロをつかんで「信仰の薄い人だな。なぜ疑うのか?」と言われ、二人は船に乗り移り、風はやみます。

「なぜペテロは水の上を歩きたがったのか?」→イエスは弟子たちのほうに向かっているのだから、水の上をペテロがあるかなくてもイエスは自然と来てくれるのに..
「沈みかけた時、なぜペテロはイエスに助けを求めたのか?」→ペテロは漁師で、沈んだら普通に泳げるはずです。
「イエス様が「信仰の薄い人だな。なぜ疑うのか?」と言われた時どのような表情だったのか?」

水の下というのは「絶対的な肉体の死」があります。というのは僕らはえら呼吸ができないので、5分と水の中にいれません。

このとき、ペテロはマタイ17章20節にある「からし種の信仰」があったのではないでしょうか?主が命じるなら、御心なら、山は動くし、水の上もあるいて(「死」を足の裏に踏みつけながらですら)イエスのもとに行ける。という。
そして、ペテロが風を見て→イエス様から目をそらし、沈んだ時、溺れてしまう「肉体の死」というよりも魂の死の予感:イエスとの断絶に襲われたので「主よ助けてください!!」と助けを求めたのでないでしょうか?

「苦難の時に私を呼び求めよ。私はあなたを助け出そう。」(詩編50:15)
イエス様はいつでも僕らを引き上げてくださる。という内容が僕の今回のメッセージの題名でした。

沢山の賛美と祈りに支えられ、無事メッセージは終わりました。
帰りの車でなにかが突然降ってくるよう考えが与えられました。

「ひょっとして、5000人を2匹の魚と5つのパンで養う奇跡の後、イエスが一人で祈ったのは、奇跡の人!!これこそ神の奇跡!!とスーパースターになり、生き神様..なんてあがめられる(イエス様自身が偶像となってしまう)のを恐れ、その代わりにからし種の信仰が誰かに与えられるようと祈ったのでは?」
「それにいっときであったとしても、ペテロの魂にその祈りがとどいたのでは?」
「このときまさに「からし種の信仰」がペテロの中にあったのでは?」ただ、これは少々読みすぎの感もあります。聖書に書きくわえている感も否めません..
僕の想像・妄想の域も少々感じます。半分フィクション?(苦笑)

32節:そして二人が船に乗り移ると、風がやんだ。
とあります。
31節でイエス様がペテロを引き揚げたのは水の上です。そこから船に乗り移るまでもう少し歩いたはずです。
これは妄想でなく、事実をつないで見える書いていない事実とできるのでは?

そして、僕の中で、こんな光景が浮かんできました。
船に乗るまでイエスがペテロを沈まないように手をつなぎ、船(まるで御国のようにすら感じます。)まで2人で歩いている姿が目の前に浮かびました。「信仰の薄い人だ。」といいながらも、見捨てることなく、しっかりと引き連れて行ってくださるイエス様の姿と、ちょっとおこられてばつ悪そうにしながらも、幼子のようにイエス様を信頼しきって水の上をともに歩くペテロの姿でした。

自分とペテロをかってに重ね合わせ、信仰の揺らぐ時、イエス様でなく世の他のものを見てしまう時、力強く引き上げてくれ、一緒に歩いてくれるイエス様の姿を感じました。

逃げ出したくなるような、聖書箇所にタックルした数週間の末...読み慣れたはずの(少々読み飽きた感のあった)聖句が全く新しくきらきらとしたものに見えてくる、祝福を与えられました。ハレルヤ!!

...でも疲れたぁ〜(笑)
牧師先生って毎週これかぁ....すごいな。
毎週これを続けているってこと自体が証であって、強烈な器の選びを感じます。
僕は年数回でしなしなのすっからかんになりそう.....(爆)

新潟Gospel Workshop祭り。全日程が終了しました。 

2013年05月07日(火) 14時30分

5/3〜5/6と行われた新潟Gospel Workshop祭り。全日程が終了しました。
いつもですと、大きなイベントの後は抜け殻のようになるのですが、今回は全く燃え尽きた感がない!!逆に4日、シャワーのようにふり続けた、祝福で、めっちゃ養われて、魂がパワーに満ち溢れています。自分が成長できて一回り大きくなれた感の充実感にあふれています。

この4日間は、なんか映画フォレストガンプの彼が一人でずっと走りだすシーンのようでした。最初の片桐実行委員長との「1回してみよう」って思いにどんどん伴走者が増えて行って、大きなパレードのようになっていく。魂と愛が、どんどんそのように集まって一つのところに向かって走って行く。そんな体験でした。
映画フォレストガンプと違うのは、最初の走り出した「彼」は孤独でした。でも僕らの前は、常に先導し、ずっと応援し、ずっと支えてくれる「イエス様」がいたことです。笹川先生が何度か口に出された「He is mighty good leader」...
なので道のりはどんどん楽しくなり、疲れの代わりに充実感がどんどん増え、どんどん霊的に成長できるものでした。
そう、いま文章を過去形で書いていますが、実際は進行形です。

実行委員会、演奏家以外にも、とても多くの方が助けでとして参加してくれました。食事、駐車場整理、近所への配慮、清掃、撮影記録、設営、ちらし、情報の配布etc...もうきりがありません。
普通のイベントですと、「ありがとうございます」と参加者、観客の方も含め、全ての功労者の方に頭が下がるのですが、今回はここも違い、実際の気持ちは「一緒に走りきったね!!」「一緒に素晴らしいものができたね!!」「やったー」と一緒に成功をもろ手を挙げて喜びたいです。

はぁ、素晴らしい体験でした。

期間中、古いGospel曲のI'm soldier in the army of the Lordが何度も口から出てきました
https://www.youtube.com/watch?v=QB5UOPRiBfE御国を広げる戦い。戦いって言うとなんか血なまぐさいですが、実際は賛美と祈りでどんどん「愛」の領土が広がって行く、楽しくて疲れ知らず。心配もなく、充実感一杯。100戦100勝。サタン(ねたみ、憎しみetc..)は常に負け続けて、居場所もなくどんどん退いて行く。そんな体験でもありました。

家に帰って、4日ぶりに家族と会って(この期間、朝から晩まで僕がいないので、近所なのですが実家に戻っていました。)、食事に行ったら、レストランで突然3才の娘が大声で「ハレルヤ」を歌い出しました(笑)。家に帰ってもずっとでした。3日のKidsの時は「英語わからないっ!!」ってぐずっていたのに...とっても楽しかったのでしょう。嬉しかったです。

そうそう、Kids Gospel クラスもすごい祝福でした。結婚、出産で、何年も一緒に歌えなかった方々が子供を連れて戻ってきてくれました。おぉ次世代につながれている!!って実感できなんか身震いする感動でした。
また、期間中の5/5には2人の洗礼式もありました。(嬉)

「祝福温泉4日の旅」から帰ってきた感じです。
この4日の祝福を一つ一つを数え上げると、1冊の本のようになりそうなので、FB上では割愛させてください。
さってエネルギーに満ち溢れて来年のGWまですごすぞっ!!

PS.最終日、フィナーレコンサートは真柄(寺川)葉子さんをはじめ、沢山の懐かしい方が来てくれました。親戚達もわらわらきて、「ご無沙汰しています、お元気そうで、○○ちゃんこんな大きくなって..」なんて言葉の連発で、ふっとなんか同窓会か法事みたいだなぁ..なんて一人で笑っていました。

いや。久しぶりに怖気づいた。 

2013年03月10日(日) 14時46分

Last Sunday I visited The 29years Pastor Jesse Bernard Bilberry.Jr 's anniversary at Mount Pilgrim Baptist Church. It was also my first oppotunity to listen to the preaching of Pastor Perry Wright.
At first I sat on the seat of congregation back. Suddenly a decon called me and took me out.
He brought me the pulpit and let me sit next to Pastor Perry Wright.I recoginized that he called me. I was really surprised in front of over 1000 congregation.
I didn't expect it.I became the first Japanese to have a seat on the pulpit of the Nation Baptist President's anniversary.
It was great experience for me.
The choir was awesome. I really impressed the preaching and all survice of that anniversary.
I really had a great time.God is good all the time!!

週2回は一緒に何かしている、The Light house singersのペリー牧師が説教をするとのことで、午後からMount Pilgrim Baptist Churchに行ってみた。ルイジアナのNation Baptistの代表アニバーサリーだった。すごい大きい教会で、電光掲示板にペリー牧師の写真が載っていた。途中まで後ろのほうに座っていたら、教会の役員が僕を外に連れ出して、どこかに案内してくれる。なんだろう?とおもってついて行ったら、説教壇の牧師の真横の席を案内された。最近、大体のシチュエーションには動じなくなったけど、1000人を超す黒人バプティストの会衆を目の前に一番上の席に座って、横には代表。横にはペリー牧師..さすがにおじけづいた。
ペリー牧師がぼそっと「来るとわかっていたら、ソロをプログラムに入れたのに..」...よかった、こっそり来て..
その後の食事会も、新郎新婦席みたいなところでした。いやぁ貴重な体験をしたなぁ...

マーティンルーサーキング記念日 

2013年01月21日(月) 23時36分
今日、1000人規模の教会にマーティンルーサーキング記念日を祝いに行ってきました。彼のI have a dreamの一部が朗読され、その説明を聞いていたら「肌の色ではなく、黒も白も黄色も..」
あれっ?「黄色」ってキング牧師の説教に入っていたっけ?

突然「日本からきた方いたら手を挙げてください。」
びっくりして手をあげたら。
「お立ちください。」
なんとも不思議な感じで拍手に包まれて立ってみたら..

「Hey Bro.Taisukeあがってきて歌ってくれ!!」

「あっ!!あの牧師知っている!!先週の土曜日に僕が歌ったときに前でノリノリだったおじちゃんだっ。」

やられた〜(大笑)

予期せず、説教前のソロを歌いました。
初めて訪れた教会だったのに、役員とか知っている人が多くて、とってもホームな感じがしました。
久しぶりにサプライズひっかけられたなぁ..

長い日曜日。 

2013年01月20日(日) 23時37分
朝:Providence Baptist Church #1で日曜礼拝
昼:Evergreen Baptist ChurchのMusicalにクワイアーと出演
夜:New Faith mission Baptist Churchのアニバーサリーに参加。
ふぅ。日曜日は長いなぁ...めっちゃ楽しいけど。

I GOT A CAR!  

2013年01月19日(土) 12時38分
I GOT A CAR!

providence BC#2 

2013年01月13日(日) 12時39分
昨日、ある教会のコンサートに招かれてpeace in the valleyを歌ってみた。
老いも若きも、オーディエンス総立ちで全員合唱になって、ついにやにやしてしまった。
やっぱりOld Hymnはみんな好きなんだなぁ..
こんな歌です。
http://www.youtube.com/watch?v=WMYitk6HP2o

Gospelを歌ったときの黒人オーディエンスのわかりにくいリアクション。 

2012年12月06日(木) 0時36分
Gospelを歌ったときの黒人オーディエンスのわかりにくいリアクション。

○顔を下に向けて首を振る
 →心にしみるなぁ..deep down in my soul
☆これは要注意:日本人は結構間違っていて、この反応をネガティブ反応「俺ら黒人文化をダメに歌っている..」とたら得る人が多いです。

○目をだるまのように、怒ったように見開く、そしてときに叫ぶ
→凄い良くて驚いている

○腕組みをして目を見開く
→なんだこれ!?いいぞっ!!

○腕組みをして片手であごをなでる
→うーん。こりゃすごい

○何か起こったように叫んで背中をたたく(結構強いです。どつかれた感じ:笑)
→ちょういいぞっ!!もっと歌え!!orもっとやれ!!その調子だっ!!
☆これは最高の褒めのひとつです。

○大笑いしながら立ち上がる
→日本人がGospelを歌って、黒人のつぼをつくと嬉しくて...なんて感じのことが多いです。

これらは全部良い反応です。

日本人は知っていないと、凄い否定されているように思う人もいるようです。途中で逃げ出したくなった人もいるみたい。
わかりつらい...

***
では、悪い反応
○なんか腐ったもののにおいをかいだみたいなひどい顔をする。
○奥歯で銀紙をかんだみたいな表情をする
○無反応(ただ、この場合歌が悪いというより、Gospel音楽に飽きていることも..)
○誰もたたない→「ぼちぼち」だという意味です。
○携帯をいじる(ただ、この場合も歌が悪いというより、Gospel音楽に飽きていることも..)
○帰る→この場合、明らかに不快だというしぐさをしたり、周りに何か言ったりしながらいなくなります。そうでないときは、なにか用事があることも..

***
悪い反応と思ってしまうけど、なんでもないこと。
○突然立ってどこかに行ってしまう
→大体、携帯で緊急事態の呼び出し。

○目の前でゲームをする
→シャウト、カルテットハーモニーなど「おじいくさい」「説教くさい」と感じる世代も..

***
<余談>日本で歌ったことのある黒人Gospel singerから聞いた話。
歌っている間、観客がずっとシーンとしていて超怖かった。いやなら帰ればいいのに、最後まで誰も帰らない。
あせっていくら歌いあげても、まったく無反応...
僕の歌は大失敗だったのか?と失望していたら、アンコールが来た??

やっと合格点!! 

2012年11月12日(月) 9時59分
Music Ministerってえらい大変な仕事です。
音楽に満ち溢れた黒人教会独特の礼拝全部をとりまとめるのですから..
いつもどこか、ぎくしゃくしてしまうところが出てしまうので、
今日は、超細かく礼拝全体の流れを、まるでラジオの番組収録のように書き出して臨みました。

例えばこんな感じに..

献金の説明の時の音楽
献金の祈り
献金をしに歩いてくるときの音楽
献金箱をかたずけるときの音楽

聖餐式のテーブルを持ってくるときの音楽、
パンを食べ、葡萄酒を飲む前の祈りの曲、
飲んだ瞬間の後のハッピーな曲。
テーブルをかたずけ次に続く間の音楽。

実際は、もっとたくさんのシーンがあります。

やっと年寄り達に、合格という感じでほめてもらえたぁ...

その後、教会の生き字引みたいな、おばあちゃんのうちで飯を食っているときに教えてもらっいました。このように細かく曲が変わるのは当然ですが、そのときそのときのスタンダードのhymnがいくつもあるらしい。それを突発的に牧師が歌い出したり、他のデーコンが歌いだしたり、会衆から自然発生的に歌い出すこともあるそうです。

なんかノリノリでなんとなくやっている感じにも見えるゴスペルの礼拝は、超細かく再分化されていて、完成度と成熟度の高い礼拝なのです。
沢山のことを全部暗記して、まるで息するくらいあたりまえに対応するんですね。

とりあえず、各シーン3曲づつくらい教えたもらった。これをマスターすれば、どこの黒人教会に行ってもとりあえず勤まるだろう。とのこと。

今日は、礼拝2つ。
日曜日は燃え尽きるなぁ...
でも、今日は凄い達成感があります。

***
そう、もうひとつMusic Ministerに求められるのは日曜礼拝の音楽もですがperformerとは違うそうです。音楽を通して教会全体の霊的な動きをより活発にすること(うまくて当たり前、うまけりゃいいってものじゃない:クゥーーーきついっ!!)
牧師を中心とした教会全体での祈りと新しい魂の救いを音楽によってよりサポートすること。
合唱団を中心に教会全体のクリスチァンとしての霊的成長を音楽を通してを導くこと。
要求されます。

「うまく歌えばいいってもんじゃない!!」そこに霊的な成熟に基づいた祈りと聖霊の動きがないとただの音楽だ!!だそうです。

Deep South厳しい...やっと合格点だよぉ...嬉しい嬉しい。

でも、同じこと来月しているとダメだしもらうから、どんどん成長しなくては..

やりがいのある仕事だ。

10月21日の日記 

2012年10月21日(日) 23時20分
朝、日曜礼拝で、ピアノ・オルガン・合唱団指揮・ソロを歌う。
昼、近くの教会の牧師のアニバーサリーでソロを歌う。
その後ミシシッピーへ行って、lighthouse singersと一緒にフェスティバルで歌う。
すいません。変わり映えしない日記です。
とにかく歌いっぱなしです。それも黒人の前でしか歌っていないです。何人かにサインと記念写真、握手を求められたました。南部ゴスペルコミュニティでじわじわ知名度が上がってきています。
毎回喉がちぎれるまで歌うのですが、なんか1時間くらい口を閉じていると回復する。主食チキンのせいか?!南部喉になってきているのか?
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Bro.taisuke
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1973年12月30日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:新潟県
読者になる
ご覧になってくれてありがとうございます。 人生は美しい!!I got blessing everyday!!「毎日が祝福されている!!」(Mighty Clouds of Joyの名曲です)  全く時間・曜日感覚のない日々でのことを徒然に不定期に書きとめています。    Official HPはhttp://spiritofsouth.oops.jp/です。そちらも良かったら遊びに来てください。
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

ムービーボード