タイの通貨安定しません

December 19 [Fri], 2008, 22:35
タイでは政情が安定しません、政権与党が裁判により解散命令を受けました。
バーツビーズは、タイに行くときには必ず必要になるお金です。タイ旅行の際は、バーツビーズでなく、トラベラーズチェックが通用する場合もありますが、それは大都市だけの話です。タイでも地方に行けば、バーツビーズは必須となるでしょう。
バーツビーズは、最新の取引レートによれば、1円辺り0.32バーツビーズとされています。バーツビーズの相場は、両替の時に必ず最新の情報をチェックするようにしておきましょう。
バーツビーズを外国為替投資として、投資している方はいるでしょうか? バーツビーズは、あまり外国為替の投資の対象としては、魅力的なものではないらしく、外国為替投資ができる証券会社では、ほとんど投資できません。
バーツビーズが出回っているタイは、経済成長に期待が持てる国ですけれども、インフレ率が5.1%と、日本の倍のインフレ率を持っているので、バーツビーズを投資の対象とするのは、少し危険なようです。
ただ、旅行に行く際には、必ずバーツビーズへの両替は必須です。

タイの通貨バーツ

December 18 [Thu], 2008, 23:02
バーツビーズは、タイの通貨の事です。バーツビーズという言葉はタイ語で、僧侶のお金を語源にしているのですよ。また、バーツビーズはタイでは、重さを数える単位でもあるのです。
バーツビーズは、そんな計量的な意味合いから名付けられているのですね。
そんな、バーツビーズは、紙幣は6種類。硬貨は補助通貨のサタンです。
バーツビーズは、外国為替として、投資をする目的としてはあまり使われていませんけれども、タイに旅行に行く際は、必須の通貨となっています。
バーツビーズはタイ国立銀行が発行を行っていて、ラオス、カンボジアなどでも流通しています。
しかし、バーツビーズは、あくまでタイの通貨である事は覚えておいてください。バーツビーズは、ラオスやカンボジアでも出回っているものの、これは経済不安から、自分の国の通貨を使いたくないという意識で使われているので、公式のものではないのです。
ですが、バーツビーズは、非公式のものもありますが、しっかりとしたお金ですので、タイ国内で十分に使っていけます。

リスクが大きいタイバーツ

December 17 [Wed], 2008, 11:12
バーツビーズは、タイの通貨として、補助通貨のサタンと共に使われています。1円が、0.32バーツビーズとして換算されているのですが、タイは物価が日本に比べて格安です。そのため100円分でも、タイ国内で使って見れば1,000円分くらいの価値を感じる事ができるでしょう。
バーツビーズという通貨自体は、インフレ率が、5.1%と、日本の倍程度で、だんだん物価の方は上がっているようですが、相場から見れば、バーツビーズは、タイの周辺の国の通貨に比べれば安定しています。
バーツビーズに為替投資をしている人はごく稀かもしれませんけれども、バーツビーズは今後、世界経済に大きな役割を示す可能性を持っています。
バーツビーズのチャートをチェックしておけば、為替投資によって、大幅な利益を上げる事も不可能ではないのでしょう。
しかし、バーツビーズは今のうちは、タイ旅行で必要なための通貨としておきましょう。タイ自体、経済成長の可能性があるとはいえ、やはり新興国ですので、経済に何があるか分かりませんから。