タヒチでの新郎、新婦向けスパ

September 28 [Mon], 2009, 11:49
ウェディング前にスパで自分によりいっそうの磨きをかけて、記念すべき挙式に臨みたい! そう思う人は多いですよね、海外ウェディングでも、現地でスパを受けることができます。

ただし、一般的にはウェディングの基本プランには含まれていないことが多いため、オプションでのお申し込みとなります。

タヒチウェディングを企画、提供している、株式会社プレイガイドツアーでは、オプションとして新郎と新婦それぞれにブライダルのスパコースを企画・提供しています。

「ボラボラ島ブライダルスパ」という名称で、インターコンチネンタルリゾート&スパまたはインターコンチネンタル・ル・モアナリゾート宿泊のお客様限定のコースです:*新婦向けスパインターコンチネンタルリゾート&タラソスパボラボラ内にあるスパ施設「ディプオーシャンスパ」のトリートメントルームで、160分のトリートメント受けるコースです。

新婦のためのブライダルコースとなっています。

●含まれる内容:ボディスクラブ、デラックス・ハンドトリートメント、クラシック・フットトリートメント、インテンシブ・ブライトニング・フェイシャルトリートメント料金:\54,000*新郎向けスパインターコンチネンタルリゾート&タラソスパボラボラ内にあるスパ施設「ディプオーシャンスパ」のトリートメントルームで、120分のトリートメント受けるコースです。

新郎のためのブライダルコースとなっています。

●含まれる内容:深層水のリラクシング・ハイドロマッサージバス、オーダーメイドオイルマッサージ、メンズハンドトリートメント、メンズブライトニング・フェイシャルトリートメント料金:\44,000
ウェディングDVD
大切な海外ウェディングを素敵なDVDに残しておきたい! そう思いますよね。

多くの場合、挙式の基本的なプランには含まれず、オプションとなることが多いのですが、ウェディングDVDの製作をオーダーすることは可能です。

ご予算や希望内容に応じて、お手軽コースや充実コースなど、を設けている場合が一般的です。

海外ウェディングの企画、実施をしている、株式会社 プレイガイドツアーでは、オプションとしてウェディングDVDの製作を請け負っています。

フォト撮影にセレモニーとドキュメントという二つのコースを設け、そのDVDをそれぞれ次のコースで製作するというものです:ウェディングDVD●セレモニー(メニュー付)・・・ウェディングビデオの内容(セレモニー)を、メニュー付でDVDにてお引渡しするコースです。

ビーチでの撮影は含まれません。

・規格:DVD?Video(DVD-Rに記録)、特性ケース入り。

(送料込み)(*お届けには挙式後約1ヶ月間が必要です。

)・価格:12P/30カット。

\175,000●ドキュメント(メニュー付)・・・ウェディングビデオの内容(ドキュメント)を、メニュー付でDVDにてお引渡しするコースです。

・規格:DVD?Video (DVD-Rに記録)、特性ケース入り。

(送料込み)(*お届けには挙式後約1ヶ月間が必要です。

)・価格:\200,000*さらに各種のDVDを申し込みされた方を対象に、コピーサービスも行っています。

●コピー1枚・・・品質の劣化なく、マスター映像よりコピーしたDVDをお引渡し。

コピーについては事前の申し込みが必要です。

撮影終了後にお申し込みの場合、受付不能または料金が異なる場合があります。

エア タヒチ ヌイ について

September 28 [Mon], 2009, 11:38
最近、新しいリゾートとして人気が急上昇中のタヒチ。

タヒチへの日本からのフライト時間は約11時間です。

エア タヒチ ヌイ は、1998年11月に東京からタヒチへの運航を開始しました。

エアバスA340機の最新テクノロジーで快適な空の旅を提供しています。

海外ウェディングが人気になるにつれ、タヒチへのハネムーン、および現地のウェディング挙式をあげる方々が増えています。

それに伴い、エア タヒチ ヌイでは、日本?パペーテ間の席を、ハネムーナーやカップルに隣り合った席になるよう配慮もしてくれます。

「ヌイ」とは、タヒチ語で「偉大」を意味する言葉です。

エア タヒチ ヌイでは、業界トップともいわれる最新テクノロジーに南国のタヒチの温かいホスピタリティで、きっと新しいお二人の素敵な思い出作りに手を貸してくれることでしょう。

日本からタヒチ(パペーテ)へのフライとスケジュール(2007年10月28日?2008年3月29日)*東京・大阪 → パペーテ●便名 TN077便 月曜 東京発11:30 パペーテ着 同日4:05●便名 TN087便 水曜 東京発17:25 大阪着19:15 大阪発 20:25 パペーテ着 同日12:55●便名 TN077便 土曜 東京発12:55 パペーテ着 同日5:00*パペーテ → 東京・大阪●便名 TN078便 日曜 パペーテ発 3:30 東京着 翌日10:55●便名 N088便  火曜 パペーテ発 8:05 東京着 翌日15:25 東京発 17:25 大阪着 19:15●便名 TN078便 金曜 パペーテ発 3:30 東京着 翌日10:55エア タヒチ ヌイは、東京・大阪以外にも、ホノルル、シドニー、オークランドへ運航しています。

タヒチで挙式後、ホノルルやシドニーへ飛んでさらに楽しいひと時を過ごしたり、といったプランも可能ですね。

海外挙式のスタイル

September 28 [Mon], 2009, 11:27
海外でウェディング挙式をあげるカップルが増えています。

ローマやパリなど、格調の高いヨーロッパの教会で、伝統と歴史溢れる古城で、あるいはタヒチやハワイなど青い海が広がる南国のリゾート地での水上ウェディングやクルージングをしながらの優雅なウェディング。

さらには、ディズニーランドなど、テーマパークでウェディングを!というユニークな演出まで、枠にとらわれない自由で、個性的なウェディングを実現できるのが、海外ウェディングの特徴であり、最近急激に人気が高まっている理由のひとつかも知れませんね。

海外挙式のスタイルには次の3つがあります:●リーガル挙式フォーマル挙式とも呼ばれます。

日本の戸籍に記録が残る、正式な挙式です。

つまり、日本での入籍をしていないことが条件となります。

現地で結婚登録を行うことから、到着日から挙式日までの日程的な余裕が必要です。

●祝福式ブレッシング(=祝福)式とも呼ばれます。

お二人の結婚をお祝いするという形でのインフォーマルな挙式です。

戸籍には記録は残りません。

「結婚証明書」を発行し、思い出に残る形にしてくれる場合が多いようです(法的力はありません)。

タヒチなどでのリゾートウェディングなど、海外ウェディングの大半がこのタイプです。

日本を発つ前に入籍が必要です。

●人前式クルージングを楽しみながらの開場結婚式はこのタイプです。

船のキャプテンなどが立会い、進行役を務めます。

宗教に関係なく、立会人に結婚の先生を見届けてもらいます。

自由な挙式スタイルが魅力です。

現地でのレンタル衣装

September 28 [Mon], 2009, 11:13
女性にとって、ウェディングドレスは憧れですよね。

でも、海外ウェディングの場合、事前に衣装合わせなど、出来るのでしょうか?現地に行ってから、気に入ったものを見つけられるのでしょうか?サイズは大丈夫かしら・・・?心配は付きません。

だって・・・失敗は許されないですものね。

海外ウェディングの場合、特にタヒチウェディングの一般的な例に考えみましょう。

タヒチウェディングで、現地レンタル衣装は、基本プランに含まれている場合と、含まれていない場合があります。

セットプランとして、挙式の基本プランだけで40万円程度、それに新郎・新婦のレンタル衣装一式を含めると、総計で60万程度、さらにヘア・メイクセットプランをオプションで新婦は、48000円、新郎は11500円ほどで用意されていることが多いようです。

現地レンタル衣装の詳細は次の通りです:*新婦のレンタルドレス●ドレス5?15号●ベール●ペチコート●手袋(無地サテンまたはメッシュ)●ネックレス(一連ネックレス・・・イミテーション)●イヤリング(一粒パール)●パンプス(2.15?25センチメートル)●ヘッドピース*新郎のレンタルタキシード●タキシード(S?3L)(シャツ、タイ、サスペンダー、ベスト、手袋を含む)●靴(24.5?27センチメートル)●カフス●ポケットチーフ新婦のヘアスタイリングとメイクアップ、着付けは、日本人美容師により、お泊りのホテルでリラックスしたなかで行ってもらえる場合が多いようです。

最近人気の海外挙式

September 28 [Mon], 2009, 10:56
最近、人気急上昇中の海外ウェディングですが、やはり根強い人気なのはハワイやグアム、サイパンなど、比較的日本から近いところ、しかもリゾート気分が満喫できるところのようです。

また南太平洋の島々・・・タヒチやニューカレドニア、フィジーなども人気が高まっています。

タヒチなどリゾート地では現地ホテル側もハネムーナーに特別なサービスを用意しているようです。

大手旅行会社、JTBワールドバケーションズ(ルックJTB)では、その他にもさまざまな地域、国で海外挙式のプランを打ち出しています。

2007年12現在で、ハワイ、ミクロネシア、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランド、南太平洋、中国、台湾など、世界32カ国・地域、82箇所を網羅する海外拠点でネットワークを組み、ウェディングセレモニーとハネムーンの企画を打ち出しています。

JTBワールドバケーションズでは、挙式の1年前から先行予約を受け付けています。

人気の挙式は特に早めの予約が必要だからです。

まずは挙式をおさえることが第1歩のようです。

そして挙式とハネムーンのトータルアレンジ、と称し、総合的な企画を提供しています。

また、挙式スタイルについても、基本のコースにさまざまオプションを組み合わせることで個性的な演出も可能にしているようです。

お得なセットプランにするのもいいでしょうし、追加アレンジで個性をいかすのもいいですね。

いつか大切な人と行きたいと思っていたところで・・・または恋人時代に訪れた思い出の地で・・・憧れのウェディングをあげる! それが夢ではなくなってきているのですね。

モーレア島

September 21 [Mon], 2009, 0:31
タヒチは、南太平洋に浮かぶ島です。

全部で118の島々からなるその姿は、それぞれ個性的で、どの島を訪れてもきっと期待を裏切らないはずです。

なかでもその美しい景観で知られているのは、ボラボラ島やモーレア島です。

モーレア島は、映画「南太平洋」のモデルとなった島です。

島のシンボルは、モウアロア山です。

タヒチアンブルーといわれる、濃い青の海からそびえたつその姿は、芸術作品のようだと称されます。

画家ゴーギャンはその光景は「古城」にたとえたそうです。

リゾート、ペンション、レストラン、ギャラリーなどは、眺望が美しい北側に集中しています。

モーレア島は、タヒチの首都パペートからフェリーで渡れるというアクセスのよさです。

日本からの発着便は、パペートから発着します。

パペートに着いたら、フェリーでモーレア島に渡り、そこでウェディング!というものいいですね。

モーレア島には、ウェディング挙式をあげることが可能なリゾートもありますし、ハネムーンカップルに特別なプレゼントを企画しているところもあります。

たとえば、シェラトン モーレア ラグーンリゾート&スパ は、ラグーンの美しさで定評があるオブノフ湾とクック湾に囲まれたリゾートです。

落ち着いた雰囲気の水上コテージを楽しむことができます。

ホテルからハネムーナーへは、ハーフボトルシャンパン(お二人様に1本)とフルーツのプレゼントがあります。

タヒチ名物のカヌーブレックファストで迎える朝はきっとすてきな思い出になるでしょう。

式場のバリエーション

September 21 [Mon], 2009, 0:31
イタリアのローマやフランスのパリなど、ヨーロッパでの海外ウェディングの魅力は、歴史と芸術のなかでの趣のあるチャペルや古城でのウェディングですよね。

一方、南国のリゾート、たとえば、インド洋のモルディブや南太平洋のタヒチでのウェディングは、その青く、透き通る海での水上コテージでのウェディングでしょうか?海外ウェディングプランのまず1歩は、式場のタイプを選ぶことから始まります。

式場のバリエーション●教会教会はあくまで信者のための施設です。

厳粛なムードのなかで行われる挙式は、格調高いものとなるでしょう。

●チャペルチャペルというのは、ホテルや地域にあるプライベートな礼拝堂のことです。

そのため立地条件が良いところが多く、パーティ会場もそなえているところもあり、挙式後のプランも楽しみですね。

●古城ヨーロッパでの海外ウェディングで魅力のひとつとなっているタイプです。

豪華な広間を借りてのエレガントな挙式となります。

伝統のある広い庭、歴史的で芸術性に溢れた調度品の数々が格調高い挙式を演出してくれるでしょう。

●ホテルホテルの敷地内のガーデンなどでの挙式が主流です。

宿泊したお部屋で着付けやメイクアップをし、そのまま挙式、パーティ・・・とすべてを一箇所で行えるのが魅力です。

●クルーズクルージングを楽しみながらの海外ウェディングも、また一味違った魅力です。

船のキャプテンが進行役となり、人前式の挙式となります。

アフターウェディング

September 21 [Mon], 2009, 0:30
タヒチでのウェディング挙式が無事終わったら、是非、タヒチの島々の魅力を堪能してほしいものです。

タヒチは初めて!という方はもちろんのこと、何度もタヒチを訪れている方でも、ご夫婦となった新しいお二人で見る海や山はまた違った魅力をもって皆さんの心を魅了することでしょう。

たとえば、タヒチの玄関口ともいえるのが、国際線が発着するタヒチ島です。

このタヒチ島の近辺ではイルカをみることができます。

途中、トビウオが跳ねるのを眺めながら、船で1時間半ほど沖合いに向かうと、ピナクル・ドルフィンと呼ばれる小型のイルカが50頭! ほどの大群で船の周りを戯れるのです。

泣き声が聞け、手を伸ばせば届きそうなくらいの近さでイルカが泳いでいる光景はまさに感動です。

タヒチ島のパペーテからツアーが出ているので、是非、利用してみるといいかもしれませんね。

料金は現地申し込み、支払いで7000CFPぐらいのようです。

時間は3時間ほどで、毎日催行されています。

また、ホテルによっては、イルカとプールで遊べる企画を提供しているところもあります。

たとえばインターコンチネンタル・モーレア・リゾートなど。

そのほかのユニークな企画としては、サメのエイの餌付けウォッチングやシュノーケリングツアー、または南半球の星空を見ながらのディナーなどもあります。

圧巻の星空を見ながら、星座や天体の話を聞くことができ、星の専門家がギリシア神話やタヒチの星の伝説を語ってくれる企画をしているところもあります。

これに・・・?タヒチ名産のブラックパール(黒真珠)があれば最高ですね! ちなみにブラックパールのいっしょう同じ場所で成育することから、「いっしょう続く愛」の象徴とされているそうですよ!

ハネムーンフォトプラン

September 21 [Mon], 2009, 0:29
タヒチでウェディングをするのではなく、日本で挙式を済ませ、ハネムーンでタヒチへ行かれるかたもいらっしゃいますよね。

せっかくだから、タヒチでもウェディングドレスを着たい! 思い出に残る写真を残したい・・・そんなカップルにお勧めなのが、「ハネムーンフォトプラン」です。

タヒチウェディング含め、旅行の企画・実施をしている、株式会社プレイガイドツアーでは、タヒチでセレモニーをされない方を対象に、ハネムーンの思い出に上記のプランを提供しています。

基本的な内容:1.現地レンタル ウェディングドレス一式レンタル(60,000cfpまで)●ドレスに含まれるもの(ショートベール、造花ダブルヘッドピース、パニエ、ショートタイプ手袋、パール一連ネックレス&一粒イヤリング、パンプス)2.現地レンタル タキシード一式レンタル (20,000cfpまで)●タキシードに含まれるもの(シャツ、タイ、ポケットチーフ、手袋、サスペンダー、アームバンド、カマーバンドまたはベスト、カフスボタン、シューズ)3.新婦ヘアーセット&メイクアップ4.ミニアルバム・・・スナップサイズ12.5cm×17.5cm 6ポーズ、撮影データなし5.造花ブーケ&ブートニア6.撮影場所までの往復送迎7.通訳兼介添え8.税金この基本プランで、パッケージ価格●撮影場所:タヒチ島・・・\170,000 *パペーテ市内の海の見えるところが撮影予定場所となります。

●撮影場所:ボラボラ島・・・1.ボラボラヌイリゾート、メディアンボラボラ、パールビーチリゾート宿泊者限定  宿泊のリゾート内での撮影・・・\192,000・・・2.インターコンチネンタルルモアリゾート、インターコンチネンタルリゾート&タラソスパ宿泊者限定  宿泊のリゾート内での撮影・・・\235,000
挙式プラン例
海外での挙式を希望されるカップルが近年、増えています。

ハネムーンを兼ねてゆっくりと二人だけで挙式をあげる、またはご両親などご家族もいっしょに海外へ行き挙式をあげる、などその形はさまざまです。

海外ウェディングで人気なのは、ハワイ、タヒチなど、やはりリゾートが多いようです。

さまざまな日本の旅行会社がタヒチウェディングも含め、海外ウェディングを企画・実施しています。

タヒチウェディングの典型的なプランの例をご紹介します。

*株式会社プレイガイドツアー提供●「インターコンチネンタルリゾート&タラソスパボラボラ」挙式代金:一組 \463,000(インターコンチネンタル・ル・モアナ宿泊者・・・\509,000)挙式場所:インターコンチネンタルリゾート内ブルーラグーンチャペル含まれるもの:教会使用料、牧師(またはセレモニーマスター)への謝礼、音楽、通訳兼介添え、結婚証明書、生花ブーケ&ブートニア、お部屋?チャペル間の送迎(バギー)、タヒチアンダンサー、シャンパン、ウェディングケーキ、フラワーベッドデコレーション、税金*近畿日本ツーリスト提供●「メディアン・ボラボラ ファレ・デ・ヘレ」挙式代金:(基本プラン)\35,8000 (レンタル衣装つきプラン)\557,000挙式場所:メディアン・ボラボラ内「FARE TE HERE(愛の教会)」含まれるもの(基本プラン):挙式料、司祭への謝礼、日本語コーディネーター、結婚証明書(法的効力はありません)、挙式後のシャンパン(1本)とケーキ(2名さま分)、ブーケとブートニア(生花)、フラワーシャワー、リングビローのレンタル、挙式時の歌と音楽(タヒチアングループ約8人による歌と演奏)、打ち合わせ時のパペーテ空港?サロンの送迎、お部屋のフラワーベッド・デコレーション、記念写真(3枚・・・特性ホルダー入り、ネガなし)、お部屋?式場の送迎(デコレーションカート)*レンタル衣装コースの場合、二人でCFP180,000分の衣装を選択可能。

ウェディングのスケジュール

September 21 [Mon], 2009, 0:29
日本での結婚式でも不安がいっぱい! 海外ウェディングとなると・・・憧れるもののそういったスケジュールで行われるのか心配がいっぱいですよね。

海外ウェディングが人気な昨今、旅行会社がさまざまな海外ウェディングプランを打ち出しています。

やはり人気はハワイですが、タヒチ、イースター島なども人気が出てきています。

タヒチウェディングの挙式までのスケジュールを、一般的な例としてご紹介します。

これはあくまで参考のための基本的な流れです。

ご自身で個性的な! & ご予算に合わせてご計画してください。

挙式までのスケジュール*挙式前日(現地到着日のことが多いようです)●挙式打ち合わせ・・・挙式の進行手順の説明やレンタル衣装合わせなど。

*挙式当日●ヘアメイク・・・挙式開始の約2時間前にお泊りのホテルの部屋に日本人美容師が伺い、ヘアスタイリング&メイクアップ(これらはオプションのことが多いです)と、衣装の着付けを行います、・・・オプションでDVD撮影を申し込むことができることもあります。

その場合、挙式の約30分?1時間前から撮影開始となります。

↓●挙式1.セレモニー・・・1.司祭からの祝福 2.愛の誓い・指輪の交換 3.誓いの口付け 4.司祭からお二人にタヒチアンネームの授与 2.フラワーシャワーの祝福3.ホテル内レストランへ移動して乾杯とケーキカット↓●アフターウェディングホテルでのディナーが用意されていることが多いようです(あるいはオプションでのお申し込み)。

タヒチウェディングは、すばらしいリゾートでの挙式が売り物です。

ボラボラ島の自然いっぱいのなか思い出深いウェディングとなるといいですね。