れびゅ〜♪10『3rd. クライシス』 

February 02 [Thu], 2006, 17:35
とりあえず、これが最後の一曲ということで☆

この曲もかなりインパクト大きくて!!
なんかもう・・・とにかく濃厚でヘヴィやし、Tamaちゃんの重低音に思いっきり全身打ちのめされたようで、かなり衝撃的でした!!
最初ちょっと、精神的にも耳にもどっしりと重たすぎて、これ1曲だけで凄く疲れてしまいましたのよ
でもやっぱり「これぞへヴィでロックなTamaサウンド!!」で、脳に全身に、そして胸の奥にずっしりと響いてくる感じがとても気持ちがよかったです。

この曲も聴いていると、ちょっと陰鬱で不思議なイメージが次々と浮かんできました。
そして、頭の中はグラグラ、体はユラユラ揺れているような感覚、それから生ぬるい風も肌に感じるような・・・そんな錯覚に陥ってしまいました。
目を閉じて聴いていると、こんな感覚になって最後にはちょっとぐったりしてしまいました(汗)
でもそれが決して嫌な訳ではなくて、その感覚がTamaさんの世界に今まさに浸っているんだわ☆と、
体感できて嬉しかったです。

やっぱりTamaちゃんには、こういうずっしりへヴィでカッコいい音楽が一番です!!


れびゅ〜♪9『Desert Moon』 

January 28 [Sat], 2006, 18:01
この曲もとってもカッコいいですーーー!!!
最初から「ドカン!」とは来なかったんですけどね(汗)
聴けば聴くほどじわじわと男の哀愁やシブさ・色気がしっかりと伝わってくるように思えるようになって来ました。

この曲のトランペットの音色にははまるで哀愁漂う「荒野をさすらう男の背中」がとてもよく似合うと思いました!
とても力強く、逞しいベースの音に男の色気と哀愁漂うトランペットが重なって・・・これはもうTamaちゃんの音楽の魅力そのものではありませんかっ!!

それから、とても印象的なのは曲の間に入っている叫びや囁きやため息のような人の声?です。
それらの効果なのか、この曲が強い意志や感情を持って、何かを叫んだり訴えているように聴こえてきます。
全体の雰囲気は淡々としていてクールにも聴こえるけど、でも熱気も同時に伝わってくるような温度を肌で感じれる作品だとも思いました。

こんな感じで熱や色々な感情を体感できるところからか、じっくり耳を傾けていると、連想ゲームのようにいろんな言葉やイメージも次々に浮かんでは消えていくのがとても面白かったです。
上に書いたような「男の背中」や「哀愁」から始まって・・・やっぱり最後は「Tamaの色気と魅力」がゴールかな?^^

れびゅ〜♪8『Canonball train』 

January 23 [Mon], 2006, 22:30
いろいろと感想を語る言葉を探していますが。。。この曲も『カッコいい!!』の一言に尽きるのです。
こんなタイプの曲はこれまであまり聴いたことがなかったのでとにかく新鮮だったし、ただただ感嘆のため息をつきつつ引き込まれていくばかりでした。
Tamaちゃんの音楽の世界の広さや深さに改めて驚きましたです。

この曲ってすごくクールな印象が強いです。
でもクールなんだけど、とても熱いエネルギーも感じられます。
ギターや打ち込みの音からスピードを上げて走り抜ける列車の車輪の軋む音や警笛を連想させられました。
そしてトランペットにはこの曲にもノスタルジーを感じました。

あと。。。
タイトルからイメージしたのは、灰色がかった夜明け前の吹雪の雪景色の中を警笛を鳴らしながら走り抜ける夜行列車でした。
って・・・一番最初に聴いたのが、特急列車や新幹線で雪景色を観ながらやったからなんですけどね^^;
けどそういう風景とこの曲はとても似合っていたと思います。

前から密かに思ってたことですが。
「弾丸列車」。。。とは、そんな雪景色の中Tをamaちゃん目がけて突っ走るワタクシそのものと違うん?、って(笑)

れびゅ〜♪7『Smoky』 

January 18 [Wed], 2006, 21:54
タイトルに「れびゅ〜」とか付けてますけど、あまりにもレビューとはかけ離れている気が増している今日この頃
でも今更修正するのもアレなんで、強引にこのまま突っ走ることにします☆

今日は『Smoky』です。
この曲はとてもゆったりとしていて、耳にも心にもやさしく響くとても素敵なバラードだと思います。
Tamaちゃんのおおらかさや優しさがトランペットやギターの音色からたっぷりと伝わってくるように聞こえて仕方がありません。
壮大で優しく暖かいメロディが安堵感や癒しを与えてくれるようにも感じます。
聴いているだけで気持ちが穏やかになって落ち着くんですよね〜☆

そして、何度聴いても「郷愁」とか「旅情」という言葉とそれに似合う風景が思い浮かびます。
一番最初に耳にしたときにTamaちゃんのセルフライナーノーツを一緒に読んでしまったせいでか、この曲を聴いていると、とても穏やかで静かな夕陽に染まる海の風景が目に浮かんできます。
(やっぱり、去年の6月に訪れた瀬戸内海の海の景色かな〜^^)
他にもいろいろと自分が過去に見た懐かしい風景などが次々浮かんでは消え浮かんでは消え。。。そしてそういうイメージを薄ぼんやりとしたスクリーン越しに観ているような、そんな感じですかね。
とにかくですね。じっくりとこの曲に耳を傾けるたびに、ノスタルジーを味わいながら堪能しております

あと、ぽわんぽわんぽわん。。。って、いう音が凄く気持ちいいんです。
終始柔らかいボールが気持ち良さそうにメロディに併せて跳ねていて、そして最後にぽわあん。。。ってゆっくりと消えていく感じが物凄く心地よいですvv
私にとってのこの曲は「聴いているとしだいに心地よい眠りに誘われていき、曲の最後に安心して瞼を閉じれる曲☆」でもありますです






れびゅ〜♪6『Macaroni(wes)』 

January 15 [Sun], 2006, 20:42
あら〜。。。またも間隔があいてしまいました
放置するつもりは全くなかったんやけど、お絵描き集中しすぎてついつい・・・なかなかこっちが進まない

では、今日は6曲目の『Macaroni(wes)』の感想を☆
この曲は、最初に耳にしたとき。。。「あれ?この感じは凄く懐かしいな〜」というのが第一印象でした。
何が懐かしいのか??というと。。。
この曲の持つ雰囲気全部が、これまでの(ポルノ時の)Tamaサウンドに一番近いように思えたからです。
それもうんと最初の頃。。。私はインディーズの音源も聴いたことがあるんやけど。。。その中の数曲と同じ匂いがしたんです。
特にギターとベースの感じがね。。。同じ匂いがしたのっ!
だから、この曲を聴くと「あ〜、やっぱりTamaちゃんの音楽は昔と変ってない所も沢山残ってる!やっぱりTamaちゃんだ〜♪」って、凄く安心できるのです☆

そうそう、感想です。
とにかく、男っぽい匂いがぷんぷんしているトランペットやベース凄く格好良くて好きです!!
ごつごつしていてワイルド感漂い、少し荒っぽく聴こえるベースの雰囲気がかなりお気に入りですのよvv
このベースのリズムに合わせて、指をぱっちんぱっちん鳴らしながら踊りたくなるのは私だけじゃないと思うのですが。。。どうでしょう??^^;


れびゅ〜♪5『Our Sin』 

January 13 [Fri], 2006, 10:19
すっかりのんびりモードで展開中です。
これでやっとTamaちゃんの『Great Pleasure』の5曲目です
相変わらず音楽について語るのに苦心してますが、今日も頑張ってみたいと思います!

この『Our Sin』はトランスですよね。
でも『Drift』と違って、静かに、そして気持ちよく聴き入って酔うような感覚を味わえました。
じっと目を閉じてこの曲の世界にどっぷり浸りながら聴くのが、私はなんとも言えない位気持ちよかったです。
トランペットの音色にもシンセサイザーの打ち込みの音にも、どちらかといえば静かでゆったり落ち着いた印象も強かったですけど、物凄いパワーを感じました。
胸の奥に響いて何かを呼び覚まされるような気がして、私は凄い好きです
特に。。。Tamaちゃんのコーラスにはマジでメロメロですもの
Tamaちゃんの声がとても気持ちよく耳にも胸にも染みこんで来て、私はそのたびに鳥肌立ててメロメロしておりますです

それから曲全体の雰囲気が、とっても壮大で開放感のあるとても聴き応えのある「でっかい作品」だと思いました。
Tamaちゃんが説明しているような「神秘的」なイメージも存分に感じらました。
最初に浮かんだのは、雲の切れ間から射す陽光にキラキラと輝く大海原や海外の空撮映像の大平原や山脈など・・・そういう壮大で神々しい景色だったですね。
何度聴いてもそういう「大きな風景」ばかりが次々と浮かんできますね〜。。。

そういう風景を思い浮かべながらじっと聴き入っていると、心が洗われて自然と心が落ち着いてくるんです。
そして「よし!頑張ろう!」って思えるパワーを与えてもらえるんです。
『Fuzz Butterfly』と並んで、この曲も私にとっての「癒しの音楽」でありますのよ

とにかく、この曲すっごい好きです!!!

れびゅ〜♪4『Fuzz Butterfry feat.azumi』 

January 07 [Sat], 2006, 23:13
この曲はwyolicaのazumiさんが作詞、ボーカルで参加されています☆
azumiさんのふんわりと甘い歌声も詞の世界、Tamaちゃんのメロディにとてもよく合っていると思います。ほんわりと甘くて、優しい雰囲気がとても心地よいですvv
azumiさんの声かなり好きになってきたかも
何より、Tamaちゃんの優しさや暖かさがそのまま現れているようなこの曲の雰囲気が、とにかく耳に心地よくて大好きですの☆
それから、スキップしたくなるようなリズミカルなアコースティックギターや、ジャズの匂いのするベースも間奏に入る楽しげで軽やかなトランペットもとっても気持ちいいですvv

Tamaちゃんの曲に女性アーチストさんの詞やボーカルが乗って、という聴き方はこれが初めてだったけど、全然抵抗も違和感もなくて嬉しい驚きでした。
これからもazumiさんみたいな方とだったら、いくらでもコラボしてもらってもOKやわ☆、とも思ったけど・・・どうだろう??
それから、この曲を聴いていたらパステル調の水彩画のイメージが沸いてきます。
緑と青とシャボン玉と蝶ちょと・・・って、想像力乏しいですな
そういうお絵描きがしてみたい、と言っても意気込みだけしか出てこないのが残念

今こちらとメロディトラックのほうを一生懸命聴き比べたりもしながら楽しんでますvv
どっちがいいとか、選べないけど細かな違いとかを見つけようと只今聴き込み中〜





れびゅ〜♪3『(Everywhere) ウィーゴー!!!』 

January 06 [Fri], 2006, 17:39
1月の前半のうちに毎日1曲ずつ感想を!!と、気合は入ってたはずなのに・・・!!
のんびりペースやけど、まあええかな?
ということで、今日『Great Pleasure』3曲目、「(Everywhere) ウィーゴー!!!」について語ってみようと思います

この曲は、とにかく体が勝手に動き出す曲です。
曲に合わせて体を動かし、気持ちよ〜くTamaちゃんの音に酔いながら壊れながら踊れる、だんし〜んぐ♪&ふぁ〜んき〜♪な雰囲気が凄く楽しいですvv
ギターやトランペットはもちろん、打ち込みの音に煽られて煽られて、「We go!!」って自分でも叫びたくなってきます
全体的にお洒落だし、じわじわと開放されていくような気持ちよさがなんとも言えませんことよ
そして、とってもノリノリのTamaちゃんのカッコいいギターが前に出ていて存分に堪能できるのが嬉しいです☆
もちろんトランペットも色気があってカッコいいですわvv

この曲は、先月のライブの時はトランペットだったけど、今度は是非Tamaちゃんのギターソロも見てみたいです☆
でもトランペットも捨てがたいしな〜・・・ベースだって・・・!!
これも3パターンくらいで披露して欲しいな。
っていうか、やっぱりTamaちゃんには「分身の術」が必要よ〜。

れびゅ〜♪2『Drift』 

January 05 [Thu], 2006, 0:05
今日は、ずっと使っていたMDウォークマンに付いている機能をやっと思い出し、さらにTamaちゃんのアルバムを満喫する新しい技を発見して、とってもご満悦だったりしています☆
こういうものを始めとして、電化製品にはとっても弱いワタクシ・・・今まで気がつかなかったのが悔しくて仕方ないです
もっと早く気が付いていたら、しっかりとアルバムの中に凝縮された音や演奏をもっと早くからたっぷりと楽しめたのに〜・・・!!

で、本日は2曲目の『Drift』の感想を
この曲は、これまであまり「トランス」というジャンルの音楽を聴いた事が無かったので、とにかく新鮮な驚きでいっぱいでしたよ☆
でもスピード感があり力強い打ち込みの音とトランペットは、体に音の震動が伝わってくるような気もしたし、とても勢いがあって聴いていてとても気持ちが良かったです。
ウォータースライダーならぬ、音と光の激流に呑み込まれ、流されていくような感覚も味わえる、ちょっと体力のいる曲?だったりもして
「トランス」という音楽に飲み込まれ、全身の力を抜いてなすがまま流されながら、Tamaちゃんの音やメロディに合わせて体を動かすって、ホント気持ちいですよね

ただ。。。この曲をね、新幹線に乗って流れる車窓を見ながら聴いてると・・・車酔いますから
車窓の景色と共に楽しみたい時は、半規管をしっかり鍛えてからのほうがいいと思いましたわ〜

念願のれびゅー?☆その1 

January 01 [Sun], 2006, 17:36
皆様はお正月のお休みをゆっくり過ごされ、お正月気分を満喫されているでしょうか?
私は同居人さんが仕事のため、一人お家でまったり過ごしております。
テレビがつまらな事もあり・・・今日もご機嫌でTamaちゃんの『Great Pleasure』を堪能しております

で、今日からはここで、アルバムの感想を1曲ずつまったりと、ライブの感想も混ぜ混ぜしながら語ってみたいなあ・・・と思います
だってアルバムゲットしてからずっと、ライブの余韻に浸り続けて余裕なかったですからね。
(でもこれは、音楽知識に乏しい私の言葉足らずの「感想」であります。
どうぞ、さら〜っと読み飛ばしてもらえるとありがたいです・汗)

ということで、順番どうり1曲目の『Break it now feat.E.P.E』から。

この曲はとにかく、『へヴィでワイルドでロックなTamaサウンド』を堪能できる1曲だと思いますvv
激しくて重たいベースが全身をずんずんと揺さぶってくるのが、最初から最後までファンには堪らない〜( ̄▽ ̄)ノ
そしてギターは尖がっるし!中盤くらいでは「ぎゅいんぎゅいん」唸ってるし!!!
私はあの唸ってるフレーズが密かに大のお気に入りだったりします。
そして、そこに色気とワイルド感たっぷりのトランペットと力強くて破壊的?なE.P.Eさんたちのラップが被さってて・・・とにかく「カッコイイ!!!」の一言に尽きるのです!!!
トランペットもホントにかっこいい!!!
それから、自然と体が動くのもとっても気持ちが良くてvv
ポルノの時の「ラック」のように、ヘドハン?ってやつに自然となっていくのです。
コーラスの部分のところは激しく拳を振り上げたくなります。
もちろん、24日のライブの時には激しくそんな風に壊れまくっておりました
ホント、へヴィでエネルギッシュでロックなこの曲は、やっぱりTamaちゃんらしくて、大好きです☆

あ、ライブでは本編でトランペットバージョン、アンコールでベースバージョンと、2回披露してくれました!
どちらの演奏もめちゃめちゃカッコよかったですvv
でもやっぱり、久しぶりに髪振り乱しながら腰落として弾いてたベースバージョンが私には強く印象に残っています
P R
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:taemaru
読者になる
Yapme!一覧
読者になる