外崎だけど船戸

August 10 [Thu], 2017, 23:51
葉酸の摂取については、赤ちゃんを授かった事が分かってから葉酸を積極的に摂取し始めた、という妊婦さんのお話をよく耳にします。では、赤ちゃんを無事に出産した場合には葉酸の摂取を止めても問題ないのでしょうか。胎児の成長のために葉酸を摂取されている、という場合は、葉酸摂取の期間を出産までと限っても問題はありません。一方で、葉酸は不可欠な栄養素の一つで、人体のバランスを整えるといった働きをしています。ですから赤ちゃんを無事出産した後にも、定期的に摂取する事で身体を健康的に保つことをおススメします。
葉酸についてですが、今では産婦人科においても、妊婦への摂取が勧められているんですよね。葉酸サプリのサンプルを、産婦人科が配布する場合もあるそうですから、その効果のほどが伺えますね。しかし葉酸の有効性はここ最近注目を浴びたものですので、妊娠中に葉酸を摂っていなかったと不安に思っている方もいますよね。仮にサプリメントを摂っていないとしても、サプリ等で摂取する印象が強い葉酸ですが、実はビタミンの一種です。ですから普段食べる機会の多いホウレンソウなどの野菜やお肉にも多く含まれているんです。ですから、食事によっても、多少は摂取できているという事ですね。
葉酸については、多くの方がご存知のように、妊婦にとって重要な働きをする栄養素なのですが、仮に葉酸が欠乏してしまうと、赤ちゃんの成長に、どう影響するのでしょう。実は、葉酸には細胞分裂を促すという働きがあります。そのため、赤ちゃんに葉酸が欠乏した結果、先天異常を発症する可能性があるという研究結果が報告されました。ほかにも、ダウン症予防に効果があると言われていますから、是非、葉酸の摂取を意識してみてください。
妊活中や妊娠中の多くの方が、葉酸の名前を耳にしたことがあると思います。それもそのはずで、妊娠と葉酸は大変密接に関わりあっています。その理由は、葉酸の果たす役割が、妊娠初期に最も重要になるからです。もちろん、妊娠中だけでなく、妊活中の女性にも同じことが言えますよね。妊娠が発覚した後で、慌てて葉酸を摂取しても間に合いませんから、妊娠しても問題の無い母体になるために、妊活中から葉酸を摂るように注意してください。
スムーズに妊娠できる体を作る食べ物といえば、豆腐(豆乳)、納豆、魚といった身近な食品があります。卵、ブロッコリー、ごまといった食材のほか、好き嫌いは分かれますがレバーにも母体作りに必要な栄養が豊富に含まれますから、毎日の食事でとっていきたいものです。全体的にはバランスよく様々な食品群の中から栄養を摂ることが健康維持にもつながるのも事実です。その一方で、冷えやすい飲料や食料は妊娠を妨げるので避けたほうが無難です。
妊娠後、赤ちゃんのために葉酸を摂取している方へのアドバイスなのですが、葉酸を出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸を多く含んでいるほうれん草などの葉物野菜あるいは貝類、レバーを、意識して摂るようにしている方も少なくないですよね。しかし、実は葉酸は熱に弱いため調理の際の加熱によって葉酸が流れ出して無くなっていることもあるため、結果的に、摂取量が十分に摂取できていないかもしれませんから、注意してください。
適切な葉酸の摂取の結果、お腹の中の赤ちゃんの先天性神経管異常といった障害を発症させにくくするという効果が明らかになりました。こうしたことを踏まえ、適切な量の葉酸摂取を厚生省が勧告しているのです。例えば葉酸サプリや補助食品の充実も、葉酸の効果を裏付けているものだと言えますね。また、こうした食品の中には特定保健用食品に指定されているものもあります。こうしたものは、安全性と有効性の高さから妊婦に特に利用されているといったこともあるようです。
妊娠を希望している方や、計画されている方に向けて、厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働きかける栄養素で、妊娠初期に葉酸の補給が不十分になると、細胞分裂が正常に行われず、胎児に神経管閉鎖障害などの先天異常があらわれるリスクが高くなるという話があります。細胞分裂は、一般的に妊娠に気付きにくい受胎時から既に始まっています。この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、普段の食事にプラスして、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給がお勧めです。
妊娠を希望する方にとっては、どのような栄養を摂取し避けた方が良いのか知ることは大切ですよね。食事内容はもちろん、普段から飲んでいるお茶の栄養も気になりますよね。妊活に効果が高いお茶としては、タンポポ茶ですとか、ルイボスティーが良いようです。あまり馴染みのないお茶かもしれませんが、これらのお茶はカフェインゼロですから、赤ちゃんを授かる可能性の高い妊活中の方にとっても、赤ちゃんにとっても優しいお茶で、妊活中に飲むのにぴったりだと言えますね。ルイボスティーの常飲は、貧血予防になるという事ですので、赤ちゃんを授かった後も、飲み続けるのがお勧めです。
妊娠初期に多く代謝される葉酸は、細胞分裂をサポートし、血液を造る力を強めるという働きがあります。それは不妊治療にも効果を表し、とくに着床困難を解消するため、妊娠確率が上がるのです。タイミング療法と合わせれば更に効果も出やすいでしょう。また、葉酸で血液が増えれば血行が良くなるだけでなく生殖機能が正常化して活発になり、不妊対策に良い結果をもたらすのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミオリ
読者になる
2017年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/taem5etywyestr/index1_0.rdf