90)ラ・ボエーム

2014年12月20日(土) 14時59分
7月17日(木)夜



シェークスピアのグローブ座を見学したのち
昨日見残したハロッズを再訪。矢張り世界一デパートだろう。
支えているのはアラブ人とイギリスのお金持ちか。 
ミスターマスダもイートインで
シャンペン・キャビア各々100ポンドのメニューを横目で見ながら
ホットチョコレートを飲んでみた。

一旦帰宅してお昼寝。

コペントガーデンのロイヤルオペラハウスで「ラ・ボエーム」鑑賞。
驚いたことにオペラハウスのロビーは
「ポール・ハムリン・ホール」と名付けられている。勤め人時代にお世話になったイギリスの出版社の社長さんの名前である。
大金をドネーションしたのだろう。
ミスター・ポール・ハムリンに敬意を表してポール・ハムリン・ホールで
シャンパンを飲みながら舞台の開くのを待った。










ラ・ボエームの舞台は古典的、写実的な舞台装置。
最近はコンテンポラリー調が多いのでホットする。
音楽は素晴らしい。スーパーインポーズについてゆけず
少し物語の進行がわからぬところもあったが
「冷たい手」「私の名前はミミ」のアリアは良かった。











興奮を抑えるため駅前でビールを求め家で二人で飲んだ。

今夜がロンドン滞在 最後の夜。
明日はデュセルドルフに戻ることになる。

89) グローブ座

2014年12月19日(金) 13時56分
7月17日(木)午後

ランチの後はテート・モダンに隣接するグローブ座の見学。
ミセスマスダの強い希望である。

グローブ座(グローブ座、Globe Theatre)は、
エリザベス朝を代表する劇場の一つ。
1598年、ロンドンのテムズ川の南岸(サウス・バンク)に建てられた。
ウィリアム・シェイクスピアの戯曲が数多く初演された劇場として、
演劇史に名を残している。
劇場は木造で、20角形の円筒型をなしている。
中央の中庭部分は、立ち見客用の平土間と、建物から土間に突き出す形で
設置された舞台からなっていた。
円筒の部分は桟敷席となっており、
追加料金を払った観客が上がっていくことができた。
桟敷席では、座って舞台を見下ろしながら観劇することが可能だった。

復元されたグローブ座はシェックスピアの時代を再現しており
雰囲気も味わえ本当に良かったグローブ座の前に開けるテムズ川

復元されたグローブ座











舞台裏でのレッスン風景

シェクスピアの胸像と記念撮影

此のグローブ座で上演されたジュリアス・シーザーのポスター

リア王のポスター

今晩はコベントガーデンでオペラ鑑賞。
一旦アパートに帰ることにした。



16) ジム・トンプソン(完)

2011年04月15日(金) 18時07分
3月7日(月)


今日は帰国日
午前中は出発まで自由行動。
水上マーケット見物の時間は無いし
中途半端な時間だ。


取り敢えず朝の散歩に出る。
ホテルの周りは余り開発されていないので
朝市も少し汚いが活気がある。








ミセスマスダが熟慮の結果 
出発までの時間を利用して「ジム・トンプソン
のミュージアム見物となった。
昔 タイからの土産は大抵「タイ・シルク」
ジム・トンプソンのネクタイが多かった。

ジム・トンプソンはタイで最も成功したアメリカ人だが
マレーシアの密林で失踪・行方不明となり彼の神話が始まった。
彼はどうもCIAらしい。

ミュージアムはジム・トンプソンの元住居。
ジム・トンプソンは一代で築き上げたアメリカの実業家であり、
ジム・トンプソン・タイシルク株式会社の創業者でもある
ジム・トンプソンが晩年住んでいた家です。





伝統的なタイ建築の特徴であるカーブした屋根の形状は
多分ナーガ(蛇)のモチーフでしょう。
この家は、タイの各地から集められたチーク材を使った、
釘を使わない伝統的なタイ建築である。

 当時は閑静な郊外だったが今は街中

庭には南洋の(熱帯)植物が一杯 見学はガイド付きツアー













日本語の大変上手なタイ人ガイドさん







ジム・トンプソンのミュージアム見学でタイの観光は総べて終わり。
天候に恵まれ それに二人とも体調を崩すことなく
タイ国を楽しめたのはこの歳になると何よりの事である。

「タイ四都巡り」を最後まで御覧頂いた皆さん有難うございました。

15) ソンブーン・レストラン

2011年04月13日(水) 17時57分
3月6日(日)夜


タイ滞在も最後の夜
寺院巡りも終わり今回のツアーグループのみなさんと
別れ今夜は別行動とさせていただいた。


この写真は「バンコク中央駅
景気対策で国民に対しては運賃はタダとなっている
とガイドが云っていた。
本当だろうか?





もうバンコクには仕事の関係で40回以上出張して街の事情に詳しい
長男のS君より機会があったら一度行ってみたらよい
というレストランを紹介されていた。

レストランの名前は「ソンブーン・シーフード
お薦めは蟹カレーである。



水槽には活きたマッドクラブ蟹?と手長海老

結構流行っているレストラン 日本人駐在員らしいグループも来ている

蟹カレーは看板メニューの様だ

我々は手長海老(スキャンピー)も注文した



バンコク最後の夜。
センチメンタルジャーニーの締めは
マンダリン・オリエンタル・ホテル
35年前お祖母ちゃんを含め家族5人でこのホテルに滞在。
三泊四日と時間もたっぷりとったので、小学生だった息子達は
毎日、スイミング・プールで大はしゃぎだった。
レストラン「ホワイト・エレファント」での豪華ディナーも結構な思い出だ。
覘いてみると今夜は結婚レセプションで貸切。

ホテルの佇まいは昔と変わらず 

食事は済んでいたのでガーデンでお茶をした

イルミネーションが綺麗で雰囲気を盛り上げている



花火が上がった 綺麗だ

夜の結婚式、そのお祝いに上げているとのこと



室内に戻るとロビーでは弦楽四重奏 

噴水の周りは、彩豊かに蘭の花が飾られている。
ミセス・マスダはホテルのアーケイドでのショッピングに大忙し。

昔と変わらず中々プレステージアスなホテルである。

バンコクの最後の夜は静かに更けて行く。

14) 涅槃像

2011年04月12日(火) 13時44分
3月6日(日)午後

午前中にエメラルド寺院・暁の寺の見学を終え
午後からは楽しみにしていた横たわる仏陀、涅槃像の見学だ。

ワット・ポー
全長46メートルもある寝釈迦仏(涅槃仏)を
安置しているところから涅槃寺とも呼ばれている。



























以上でタイで計画した寺院巡りのスケジュールは終わり。
夜はツアー・グループと別れ自由行動。
長男お薦めのを食べに行くことになっている。

13) 暁の寺

2011年04月11日(月) 13時19分
3月6日(日)昼



暁の寺を訪ねる前に「迎賓館」の前を通った。
観光ルートの都合なのだろう。

月並みな観光旅行の習らわしだが衛兵と記念写真

この迎賓館には日本からのVIPも泊まるらしい

さすがに立派な植木鉢だ 陶芸の資料として写真に撮っておこう



愈々「暁の寺」に向かう。
正式には「ワット・アルン」という。
黄金に輝く仏塔が高さ80メートルの人工の丘の上に建てられている。



暁の寺には渡し船で行かねばならぬ。
この川は主要生活路なので色々な船が行き交っている。


水上観光船だ



我々の渡し船の船長さんは片手でのんびり運転

これは水上タクシー



愈々対岸の暁の寺の船着き場に接岸



船着き場の周りには観光客の餌撒きを期待し「ナマズ」が物凄く集まっている



暁の寺に入場。
夥しい数の陶器の欠片でお寺の建物は飾られている。
王室へ納める陶磁器を積んだ中国からの船が難破してしまい
その陶片を利用し美しく飾ったのだそうだ。



ミスターマスダはここまで昇った ミセスマスダはさらに上を目指す



ミセスマスダ撮影

物凄く急勾配の階段



12) エメラルド寺院

2011年04月06日(水) 12時38分
3月6日(日)朝



さあ これからはセンチメンタルジャーニーだ。
35年前になるだろうか?
家族全員とお祖母ちゃんと5人で
バンコクに来て3日ほど過ごしたことがある。


バンコクは人口600万以上のアジアの大都市。
市内には色々な見どころが沢山ある。
エメラルド寺院とか暁の寺とか、その名前だけは覚えている。

まずエメラルド寺院の見学。
本堂にエメラルドの仏像(翡翠という説もある)を祀ってあることから
このように呼ばれている。
正式には「ワット・プラ・ケオ」という。









なんでここにアンコールワットのミニチュアーがあるのだろう





寺院の壁に描かれている「壁画」である。
釈迦の教えを絵解きしているのだろう。















壁はエメラルド寺院に相応しく綺麗にタイルで装飾されている。
デザインは面白くミスターマスダの陶芸にも流用出来そうだ。



















パゴダを守護している仏様達。
綺麗に彩色され小さいガラスの小片が鏤められ
キラキラ輝いている。







このエメラルド寺院はタイ王室の守護寺院であり
唯一 僧侶のいない寺院としても有名である。

11) バンコクのホテル周辺

2011年04月03日(日) 11時52分
3月6日(日)早朝


6日の午後9時頃アユタヤよりバンコクに到着。
宿泊のホテルは「パレスホテル」。
中々設備の整った良いホテルである。

ホテルのフロント

人の集まるところには国王御夫妻の御真影がある

早速ホテルのバーでナイトキャップを一杯



朝一番でホテルの周りを散策。
ホテルそのものは良いのだがホテルの周りは開発が遅れている。

ホテルの氏神様



ホテルから伊勢丹デパートまで徒歩10分 活気があり混雑しているが 古い汚い街並みだ





托鉢の御坊さんが街の角かどで市民の御布施を受けている



このホテルの周りが未開発なので 繁華街はもっと近代的だ

10) プラ・スイー・サンペット寺院

2011年04月02日(土) 10時43分
3月5日(土)夕方から夜



プラ・スイー・サンペット寺院は
アユタヤ最大規模の寺院跡
ビルマ軍により破壊されたが、
境内には歴代の3代の王の遺骨を納めた仏塔が残る。




































この寺院の特徴 3基の大仏塔 3代の王様の遺骨が祀られている



白色・紅色にプルメリアの花盛り あたり一面良い匂いが漂う





観光を終えてアユタヤの街に入った時は、もう夕暮れ時

少しゴチャゴチャしているが人々があふれたエネルギッシュな街だ



夕食は山田長政ゆかりの山田屋旅館のレストランで
名物の「手長が海老入りのトムヤムクン」とタイ料理を頂く。
この山田屋は日本からの中・長期滞在者が朝・夕食2食付きで滞在している。
またタイの土産物屋も併設しているので時間つぶしには丁度いい。
これから寺院のライトアップを見学に行くので暗くなるのを待っているのだ。

手ブレしないようなカメラ操作が必要

3秒ぐらいは息を止めていないと





幻想的なアユタヤ遺跡群のライトアップを鑑賞後
我々のバスは一路バンコクに向け出発。
1時間半の行程である。
今夜の宿はバンコク。

9) アユタヤの大仏

2011年03月31日(木) 9時48分
3月5日(土)午後


新調したパナソニックのデジカメの調子も上々。
気持よく安心して見物が出来る。
気温は結構高く動くとすぐ疲れる。
今度が大仏様の見学。
冷房の効いている室内だから助かる。





モングコンボピット仏という。
全体を黒漆で塗って金箔をはってあります。
昔は露天に置かれていたが今は建物の中。

この仏陀像はタイで一番大きい

ガイドさんは奈良の大仏より大きいと云うがそうは思えない









傍らのダミー像に信仰の深さを示すため僧侶たちは競って金箔をはっている。
  参拝客はお賽銭の額に応じた金箔を貰いはってゆく。

2014年12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像Atsuko
» アガパンサス (2018年06月22日)
アイコン画像YGさん
» アガパンサス (2018年06月20日)
アイコン画像通りすがり
» 新宿御苑 (2016年04月08日)
アイコン画像通りすがりの者ですが
» 横山大観 (2013年10月22日)
アイコン画像たこはちろう
» (34)クリニャンクール (2013年09月01日)
アイコン画像しょこぽん
» 春が来た (2013年04月17日)
アイコン画像福沢美穂
» 誕生日 (2013年01月07日)
アイコン画像柚鳥 正彦
» 天一 (2013年01月05日)
アイコン画像hm
» ブルガリ (2012年09月10日)
アイコン画像柴田淳
» (49)パリ最古のブラッスリー (2012年08月25日)
Yapme!一覧
読者になる