ピカソの陶器 

2017年06月13日(火) 12時17分
6月9日(金)

今日はゴルフの予定だったが体調と言うより気力が萎えて
ゴルフ友達に不義理をしてしまった。

なるべく散歩をはするようにしているが散歩も目的を持つとより楽しくなる。
今日の散歩は前々から招待状を頂いていた銀座一丁目にある
NUKAGA ギャラリーでピカソ・セラミックス展を見学。

20年ぐらい前に南仏コートダジュールのヴァロリスにピカソの
陶芸工房を訪ねた事がある。
ピカソ監修の下、職人が一つの作品を300個位のレプリカに制作している。
本日の展示もそのレプリカではあるが中々の迫力である。



ピカソの陶芸作品を観る機会は少ないが、
箱根・彫刻の森美術館には何点か展示されていて、
これもなかなか見応えがある。

ヴァロリスではヴァロリス城内にある礼拝堂(ピカソ美術館)
の壁画「戦争と平和」はいつまでも記憶に残っている。

かまぼこ状の礼拝堂の内部の天井部分で左右に分けられ、
戦争と平和のモチーフが描かれている。
『ゲルニカ』は戦争反対を前面に打ち出した内容になっているが
『戦争と平和』では、戦争の愚かしさと共に、
幸せや世界平和の大切さが描かれている。

天井までびっしり絵が描かれている礼拝堂に入ると、
全身絵に囲まれその迫力に圧倒されたことを覚えている。


今日のランチは偶々丁度向いにあるパリのカフェ風の小洒落た店で。
馴染みの店で何度か来ている。お気に入りである。

ランチ後は銀座通りを新橋まで散歩を続け万歩計は9000歩となった。

紫陽花 

2017年06月08日(木) 19時37分
6月8日(木)


ミスターマスダの散歩道 神奈川県立「三ツ池公園」 家から徒歩5分、
時間が出来たら気楽に散歩に行け健康管理に役立っている。


三ツ池公園は桜の名所として有名だが公園の管理人のお陰か
よく手入れが行き届いて居り季節季節の草花も大いに楽しめる。 
今は色々な「紫陽花」の花盛り。















本当にこの三ツ池公園には色々な種類の紫陽花が植えてある。
紫陽花の三大名所と言われる鎌倉の「明月院」「長谷寺」「成就院」に
数では劣るかもしれヌが種類では負けないだろう。

永田町 黒澤  

2017年06月07日(水) 11時33分
5月29日(月)

SG御夫妻とセルバンテス・スペイン文化センター・東京の
「戸嶋靖昌の見たスペイン」展を見学した後はランチ。

国会議事堂の近くという凄い場所にある「永田町 黒澤」
世界的高名な映画監督黒澤明さんの身内のかたが経営しているそうだ。
 
黒澤映画にゆかりの品が色々展示されている。
監督直筆の絵コンテも興味深い。

入り口の広間は蕎麦処 石臼自家製粉の手打ち蕎麦を出す。
我々はここでお酒のおつまみとと蕎麦を愉しむ。

奥は個室になって居り鹿児島県産黒豚・黒牛のしゃぶしゃぶ、
すっぽん料理などの伝統の和食となっている。













戸嶋靖昌の画 

2017年06月06日(火) 18時54分
5月29日(月)

今日はSG御夫妻とのランチ。年3〜4回ランチを行っているが
あと何回ランチが出来るかなとSGさんが呟いていると奥さんから聞いた。
我々ももう以前ほどには外出が出来なくなり、
人生末期が近づきつつあると言う事か。

ランチの前にご主人のSGさんの希望でNHKの日曜美術館で紹介していた
セルバンテス・スペイン文化センター・東京の
「戸嶋靖昌の見たスペイン」展を見学することになった。

ミスターマスダは戸嶋靖昌画伯のこと全く知らなかったが
戸嶋靖昌は26年間スペイン・グラナダで生涯をかけて独自の
リアリズムを追求した知られざる日本人画家だそうだ。
その絵画には人間の魂を強く感じさせる圧倒的な存在感があると言われている。

戸嶋は40歳の時、スペインに渡る。プラド美術館のベラスケスの芸術に出会い、
人間の生命感あふれる絵画はいかにすれば描けるのかを探求。
グラナダの人々との交流の中から、魂の気迫に満ちた作品を生み出した。
何か「崇高」なるものに近づきたいと言う画家の切迫した魂が
垣間見られる感銘を覚えた、と書かれている。



戸嶋靖昌




戸嶋の作品は富と名声をもとめず「陰鬱さ」に満ち溢れている。
建物を描けばユトリロ風にも見えますし、肖像画はレンブラント。
しかし鴨井玲の画の雰囲気が一番似ていると思う。

タルト・タターン 

2017年05月28日(日) 10時59分
5月25日(木)


先日シドニーより遊びに来たアンドレ母娘より、
ミスターマスダはアップルパイ作りにはまっているらしいと・・・、
それならばとル・クルーゼのタルト・パンを土産にと頂戴した。

ならばと、今日はアップルパイでなくタルトタタンを焼いてみた。初挑戦としては上出来。
アップルパイに比べ作業工程は少ない上、
タルト・タタンはミスターマスダの大好物、暫くはこれでいこう。

アマリリス 

2017年05月27日(土) 16時03分
5月24日(水)


我家の庭のアマリリスが咲いた。何年か前に植えた球根が毎年、毎年、約束をたがえず
この季節には大輪の花を見せ、我々を喜ばしてくれる。



この花、名前は知らない。数年前、上高地へ行った時、道すがら万屋の店先で老婆が売っていたので、
一鉢求めて来た。年々増えて、増えて、今やこの季節、庭を占拠してしまうほどである。
花が終ると同時に根から抜いて種子が残らない様にしているのだが、
なかなか強い植物のようだ。
だが、花そのものは美しい色、そして可憐で、愛すべき風情である。

ピカソ展 

2017年05月26日(金) 10時40分
5月23日(火)


計画通りなら今日から一ヶ月間のパリ生活が始まる予定だった。
体調に自信が持てず止む無く中止となった。

ふらんすへ行きたしと思へども
ふらんすはあまりに遠し
せめては新しき背廣をきて
きままなる旅にいでてみん

パリの代りに田園調布のピカソ展を見学することになった。
「ピカソ、その芸術と素顔」
みぞえ画廊 田園調布

その画廊は宝来公園の閑静な住宅地の中にある。

福岡に住んでいる画廊オーナーの邸宅を画廊にしたもの。
大きな門が画廊の入り口。
広々とした玄関、胡蝶蘭が乱立している。
今をときめく麻生・菅さんなどの名札が見られる。
室内は広々としてゆっくり絵画を鑑賞出来る。
ゲルニカ空爆の前日に描き上げた「静物」
ピカソが没する一年前に描かれた「男の顔」
ロベルト・オテロ氏の写真

この「みぞえ画廊」は通常油彩画を展示販売しているギャラリーだが
画廊開館5周年を記念してピカソ展を開催している。

定期検診 

2017年05月19日(金) 11時53分
5月17日(水)


10年前に虎ノ門病院で前立腺癌の手術を行った。
以来 年2回定期検診を受けている。
本日はミセスマスダも先生に御挨拶にと同道してくれた。
特に問題なし。半年後に又検診。

ついでにお遣い物を送るため煎餅屋の播磨屋に立ち寄った。店内に展示されている「風神・雷神」は大正時代に模写されたものである。この店のサーヴィスで出た「お汁粉」は美味しい。

ランチは近くのフレンチ・カフェ「ル・プティ・トノー」
パリのカフェの雰囲気があるようでミスターマスダの
お気に入りのレストラン。
場所柄多数の外人のお客も来ている。



ここのビーフストロガノフはお薦めである。

遅ればせながら銀座の「新名所」ギンザ6の見物。
天井から吊られている草間弥生のオブジェを是非観てみたかった。水玉の南瓜 草間弥生得意のモチーフである。


店内はブランドショップと若者向けブティック どうも我々には縁遠い。
13Fのレストラン街は時間外れの割に混んでいる。いつか来てみたい。
屋上に登ってみた。狭いが池があった。地下には「能楽堂」。
澁谷・松涛にあった「観世能楽堂」を移築したもの。地下の食品売り場は菓子・パンに偏り過ぎか?  
新しい物・店が大好きな我々日本人、どの店も行列・行列,大にぎわいである。

帰りはギンブラをしながら新橋へ。途中「黒田陶苑」に立ち寄る。

マザースディ 

2017年05月14日(日) 16時17分
7月12日(日)


今日はマザースディ。






ランチは家で、チーズプレートとサラダ・ニソワーズ (ニース風サラダ)
ブルターニュ地方カンペール産の大皿で。これも40年余り愛用している。



アンドレ旋風(5) 

2017年05月12日(金) 12時31分
4月13日(土)

アンドレとハイディが昨夜箱根・京都の小旅行から帰って来た。
京都では伏見稲荷に感激、嵐山の美しさも。
箱根は「強羅花壇」に宿泊、
心こもった日本の「おもてなし」は忘れられないと。
スパも今まで受けたどこのスパより心がこもっていたと、日本絶賛である。
小旅行から帰って、日本最後の夜は
ハイディが親孝行の為、渋谷のホテル・セルリアンタワーに
母親のアンドレを招待したのだそうだ。

ホテルのロビーは天井も高く高級感に溢れている。
時節柄桜ずくしである。


渋谷の街中も桜・桜である.
ハイディが前衛芸術家の「草間彌生」に興味を示していたので
渋谷の駅にある岡本太郎の壁画を見に行った。
もしよければ岡本太郎美術館をと思ったが
それ程の興味はないようだったのでそれ以上薦めなかった。

今日は二人のラスト・ショッピングに合わせて観光を進める予定。
渋谷からJRで原宿へ。先ず「竹下通り」。
もう二人は若くは無いのに日本の若者ファッションに痛く興味を示した。
オーストラリアには百均は無いのか?
葛飾北斎のあの朱富士を模した扇子やコースタ、京風の髪飾り等々、色々買っていた。

竹下通りから「表参道」此処で予期せぬことが。
表参道から裏手には行ったところに小洒落たカフェやブティックがある。
裏原宿と言うらしい。ハイディがネットで調べたブティックで
ハズバンドへの土産にジャケットを買うと言う。
外国人が色々情報を持っているのに驚かされる。
背格好がハズバンドに近いという店員さんに
あれこれ試着してもらって濃紺のエレガントなものをゲット。
ブラブラ歩いているともう一軒気になる店に出会って
ここでも店員さんにモデルになって貰って、
今度はスポーティなジャケットを求める。
この十日あまりの日本への旅の間、留守と四人の子供のお世話を
一手に引き受けてくれているというのだからこのお土産も宣なるかな。

ランチは表参道の「アニヴェルセル」気に入っているカフェである。
店の名前はビル内に展示してあるシャガールの”アニヴェルセル”の原画?
昔は此処にシャガール美術館があった。

引き続き表参道散策。
少し路地を入ったところにコペンハーゲンから来ている
雑貨店・フライングタイガー。
シドニーにはまだ上陸していないようだが、この店の事も熟知している。
ユニークなアイテムが一杯。
四人の子供へのお土産をゴッソリ。


表参道に来た目的の一はナイトガウンがわりに「着物」を買う事。
アンドレは日本に来るといつも着物を土産に買っている。
所が原宿きっての有名店であるお目当ての
「インターナショナル・バザール」は休日。
それでは浅草に行くかという事で地下鉄で浅草へ。「仲見世」で着物は売っている筈。
目出度く着物数枚もゲット。

無事、今夕の便でアンドレ母娘はオーストラリアに帰国。
これでアンドレ旋風もシドニーの方へ飛んで行った。
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像通りすがり
» 新宿御苑 (2016年04月08日)
アイコン画像通りすがりの者ですが
» 横山大観 (2013年10月22日)
アイコン画像たこはちろう
» (34)クリニャンクール (2013年09月01日)
アイコン画像しょこぽん
» 春が来た (2013年04月17日)
アイコン画像福沢美穂
» 誕生日 (2013年01月07日)
アイコン画像柚鳥 正彦
» 天一 (2013年01月05日)
アイコン画像hm
» ブルガリ (2012年09月10日)
アイコン画像柴田淳
» (49)パリ最古のブラッスリー (2012年08月25日)
アイコン画像hm
» (40)リヨン駅 (2012年08月01日)
アイコン画像hm
» (32)ブラッスリー クー・ポール (2012年07月21日)
Yapme!一覧
読者になる