定期検診 

2017年05月19日(金) 11時53分
5月17日(水)


10年前に虎ノ門病院で前立腺癌の手術を行った。
以来 年2回定期検診を受けている。
本日はミセスマスダも先生に御挨拶にと同道してくれた。
特に問題なし。半年後に又検診。

ついでにお遣い物を送るため煎餅屋の播磨屋に立ち寄った。店内に展示されている「風神・雷神」は大正時代に模写されたものである。この店のサーヴィスで出た「お汁粉」は美味しい。

ランチは近くのフレンチ・カフェ「ル・プティ・トノー」
パリのカフェの雰囲気があるようでミスターマスダの
お気に入りのレストラン。
場所柄多数の外人のお客も来ている。



ここのビーフストロガノフはお薦めである。

遅ればせながら銀座の「新名所」ギンザ6の見物。
天井から吊られている草間弥生のオブジェを是非観てみたかった。水玉の南瓜 草間弥生得意のモチーフである。


店内はブランドショップと若者向けブティック どうも我々には縁遠い。
13Fのレストラン街は時間外れの割に混んでいる。いつか来てみたい。
屋上に登ってみた。狭いが池があった。地下には「能楽堂」。
澁谷・松涛にあった「観世能楽堂」を移築したもの。地下の食品売り場は菓子・パンに偏り過ぎか?  
新しい物・店が大好きな我々日本人、どの店も行列・行列,大にぎわいである。

帰りはギンブラをしながら新橋へ。途中「黒田陶苑」に立ち寄る。

マザースディ 

2017年05月14日(日) 16時17分
7月12日(日)


今日はマザースディ。






ランチは家で、チーズプレートとサラダ・ニソワーズ (ニース風サラダ)
ブルターニュ地方カンペール産の大皿で。これも40年余り愛用している。



アンドレ旋風(5) 

2017年05月12日(金) 12時31分
4月13日(土)

アンドレとハイディが昨夜箱根・京都の小旅行から帰って来た。
京都では伏見稲荷に感激、嵐山の美しさも。
箱根は「強羅花壇」に宿泊、
心こもった日本の「おもてなし」は忘れられないと。
スパも今まで受けたどこのスパより心がこもっていたと、日本絶賛である。
小旅行から帰って、日本最後の夜は
ハイディが親孝行の為、渋谷のホテル・セルリアンタワーに
母親のアンドレを招待したのだそうだ。

ホテルのロビーは天井も高く高級感に溢れている。
時節柄桜ずくしである。


渋谷の街中も桜・桜である.
ハイディが前衛芸術家の「草間彌生」に興味を示していたので
渋谷の駅にある岡本太郎の壁画を見に行った。
もしよければ岡本太郎美術館をと思ったが
それ程の興味はないようだったのでそれ以上薦めなかった。

今日は二人のラスト・ショッピングに合わせて観光を進める予定。
渋谷からJRで原宿へ。先ず「竹下通り」。
もう二人は若くは無いのに日本の若者ファッションに痛く興味を示した。
オーストラリアには百均は無いのか?
葛飾北斎のあの朱富士を模した扇子やコースタ、京風の髪飾り等々、色々買っていた。

竹下通りから「表参道」此処で予期せぬことが。
表参道から裏手には行ったところに小洒落たカフェやブティックがある。
裏原宿と言うらしい。ハイディがネットで調べたブティックで
ハズバンドへの土産にジャケットを買うと言う。
外国人が色々情報を持っているのに驚かされる。
背格好がハズバンドに近いという店員さんに
あれこれ試着してもらって濃紺のエレガントなものをゲット。
ブラブラ歩いているともう一軒気になる店に出会って
ここでも店員さんにモデルになって貰って、
今度はスポーティなジャケットを求める。
この十日あまりの日本への旅の間、留守と四人の子供のお世話を
一手に引き受けてくれているというのだからこのお土産も宣なるかな。

ランチは表参道の「アニヴェルセル」気に入っているカフェである。
店の名前はビル内に展示してあるシャガールの”アニヴェルセル”の原画?
昔は此処にシャガール美術館があった。

引き続き表参道散策。
少し路地を入ったところにコペンハーゲンから来ている
雑貨店・フライングタイガー。
シドニーにはまだ上陸していないようだが、この店の事も熟知している。
ユニークなアイテムが一杯。
四人の子供へのお土産をゴッソリ。


表参道に来た目的の一はナイトガウンがわりに「着物」を買う事。
アンドレは日本に来るといつも着物を土産に買っている。
所が原宿きっての有名店であるお目当ての
「インターナショナル・バザール」は休日。
それでは浅草に行くかという事で地下鉄で浅草へ。「仲見世」で着物は売っている筈。
目出度く着物数枚もゲット。

無事、今夕の便でアンドレ母娘はオーストラリアに帰国。
これでアンドレ旋風もシドニーの方へ飛んで行った。

アンドレ旋風(4) 

2017年05月11日(木) 12時26分
4月9日(日)


今日のアンドレとハイディ、昼間は二人で東京見物。
夕方銀座の”和光”で我々と待ち合わせ紀尾井町に向かう。
今夜は4人でビッグディナー。
ホテル・ニューオータニの「なだ萬」で日本食。
昨日の夕食は、お寿司だったので、少し変化をと・・。
桜尽くしの懐石料理の美しさに二人は大喜び。







食事中アンドレとハイディが今日一日の楽しかった事を話してくれた。
築地の魚市場の見学や場外での食事。
両国の相撲部屋見学。
ハイディがスマホで情報をとって抜かりなくやっているので安心だ。

帰りは弁慶橋の方から地下鉄。
弁慶堀の夜桜が印象的であった。

明日からアンドレとハイディの母娘二人は京都から箱根へ、
三泊四日の小旅行。
ミセスマスダが前もってアンドレの希望を聞いてアレンジしているし
ハイディのスマホもあるし楽しい二人旅になるだろう。
13日の東京での再会を約してバイバイ。

アンドレ旋風(3) 

2017年05月08日(月) 12時07分
4月8日(土)


アンドレ・ハイデイ親子の東京見物は六本木国立新美術館の
草間彌生の展覧会「我が永遠の魂」から始まった。

草間彌生ワールドを存分に楽しんだ後はランチ。
東京ミッドタウンの中のNIRVANA NEW YORK 
東京で本格インドカレー。
バイキングなのでほんの少しずつ何種類ものカレーを食べられるのが良い。
二人共、大層気に入ったようなので良かった。

食後は東京ミッドタウン内のこ洒落たショップで土産物捜し。
アンドレは御主人に包丁を買うと言う。
堺の包丁はプロ仕様、一本の包丁で左利き右利き、
どちらでも自由に使えるという、中々高価なものだ。
専用の砥石も同時に求めて、贈り物ラッピング 完璧。

ハイジは自分の家族用にと塗箸と有田焼きの箸置きなどを買う。東京ミッドタウンのガラスに映る桜。

東京ミッドタウンの前庭は満開の桜。素晴らしい。

さて本日の主目的 櫻見物に行こう。
何と言っても桜は靖国神社〜千鳥ヶ淵コース。結構な人出である。
二人共「お御籤」を引いたところ大吉が出て大喜び。
そろそろ英文のお御籤があってもいいかも。


千鳥ヶ淵も中々良い桜だ。ハイディもシャッターを押すのに忙しい。

御堀のボートから見上げる桜はどう見えるのだろう。
最近は郊外の桜見物ばかりだったので
久し振りの靖国神社〜千鳥ヶ淵は大変楽しめた。

アンドレ旋風(2) 

2017年05月01日(月) 19時51分
4月8日(土)中


アンドレ・ハイデイ親子の東京見物第一歩。
草間彌生の展覧会を観たい。ハイデイの希望である。
早速六本木の国立新美術館へ。

草間 彌生1929年長野県松本市生まれ。
幼い頃から悩まされていた幻覚や幻聴から逃れるために、
それらの幻覚・幻聴を絵にし始めた。

1957年に渡米すると絵画や立体作品の制作だけではなく
ハプニングと称される過激なパフォーマンスを実行し、
1960年代には「前衛の女王」の異名をとった。
草間彌生のいくつかの作品は、
水玉模様などの同一のモチーフの反復によって
絵画の画面や彫刻の表面を覆うことが特徴の一つである。

美術館の庭の木には水玉模様の布が巻きつけてあり
草間ワールドの始まりである。クリストの様だ。
会場の入り口 ポスターの草間彌生のお出迎えを受ける。

入り口にドーンと草間彌生の代表作 浮世絵へのオマージュか。
会場の作品は一部を除いて撮影可。アクリル絵具だからかな?









野外展示の大きなカボチャ。
継ぎはアンドレの期待している桜見物。
今は真っ盛り。娘のハイデイも喜ぶだろう。


アンドレ旋風(1) 

2017年04月28日(金) 10時47分
4月8日(土)


オーストラリア在住時代の友人アンドレが8年ぶりに来日する。
もう何回も日本に来ており4回目の来日となるか。御主人とは二回、
前回は長女と二人。今回は下の娘ハイディとの来日。

第一波アンドレ旋風はオーストラリアよりのEメール。
箱根・強羅のホテルの「強羅花壇」での懐石料理への質問やスパの事、
そして京都や東京での買い物まで5〜6回メールのやりとりをした。

幸い今年は天候の加減もあり桜は東京・京都・箱根
行くとこ行くとこ一番の花時に巡り合えそうでで
彼女たちは大満足する事だろう。

第二波は前夜着いたと言う事で翌朝銀座のホテルに会いに行った時。
ミスターマスダへのお土産はワインとホーローの鍋。
ワインは割れない様に段ボールのケースに。オーストラリアのブロッサ・ヴァレーの赤ワイン。
オーストラリア・シドニー在住中は好んで飲んだワインで嬉しい。
ミスターマスダがアップルパイの名手という事で
フランス製・ル・クルーゼのタルト用焼き皿・TATIN DISHサイズが大きくて電子オーブンには入りそうもない。
久々にキッチンに添え付けになっているガスオーブンを活用せねば。
ミセス・マスダはシドニー時代より50年近く酷使しているル・クルーゼの
お鍋と同じオレンジ色だと大喜び。それにしても重たい。
ワインと共に良くぞオーストラリアからこんな重たいものを運んできてくれたものだ。
ミセスマスダも色々お土産を貰っていた。

さて日本での行動計画の細部打ち合わせに入ろう。

ハイデイが国立新美術館で開催中の草間彌生の展覧会を観たいと開口一番。
そんなEメールのやり取りが全然事前になかったので驚いた。
彼女がスマホで何でも情報をとっているのだ。
積極的に行きたい場所の希望が出てくれば案内し易い。
それから何と言っても桜見物。

増田彰久写真展 

2017年04月13日(木) 17時41分
3月5日(日)

ミスターマスダの実弟 増田 彰久はプロの写真家。
専門は明治から昭和までの日本近代化の象徴となっている建築物。
大学や朝日カルチャーセンターの講師から美術本、雑誌のグラビア
結構忙しく活動している。
今日は横浜で行われている彼の展覧会を見に行った。




昼食はお気に入りの「アルポルト」でペペロンチーニ。


今日の散歩は8000歩であった。

三ツ池公園は桜満開 

2017年04月11日(火) 17時36分
4月10日(月)

漸く我が家の近くの神奈川県立三ツ池公園の
桜も満開となりました。
桜の名所100選に選ばれているだけの事はある。
立派なものだ。
今日は天候が曇り。
写真が冴えないのが「珠に瑕」。







池の周りを巡りながら撮影。

辛夷 

2017年04月10日(月) 10時16分
4月4日(火)


横浜の桜は未だ未だだがミセスマスダと三ッ池公園に散歩に出かけた。

今回はミセスマスダの関心は桜よりむしろ辛夷
毎年このシーズンにはミセスマスダは辛夷を楽しみにしている。
数は少ないが立派な辛夷が咲いていた。











桜は5分咲き、それなりに綺麗で楽しめる。

例年このシーズンの風物詩は素人画伯の出現だ。





帰宅語のお茶は「油滴天目茶碗」を使用。お菓子は赤坂・塩野の「花衣」。
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像通りすがり
» 新宿御苑 (2016年04月08日)
アイコン画像通りすがりの者ですが
» 横山大観 (2013年10月22日)
アイコン画像たこはちろう
» (34)クリニャンクール (2013年09月01日)
アイコン画像しょこぽん
» 春が来た (2013年04月17日)
アイコン画像福沢美穂
» 誕生日 (2013年01月07日)
アイコン画像柚鳥 正彦
» 天一 (2013年01月05日)
アイコン画像hm
» ブルガリ (2012年09月10日)
アイコン画像柴田淳
» (49)パリ最古のブラッスリー (2012年08月25日)
アイコン画像hm
» (40)リヨン駅 (2012年08月01日)
アイコン画像hm
» (32)ブラッスリー クー・ポール (2012年07月21日)
Yapme!一覧
読者になる