« 女子バレーワールドグランプリ | Main | クマがりんごを食べちゃった »
* 太陽系惑星は8個で *
2006年08月26日(土) -----
チェコのプラハで開催された国際天文学連合総会で、
惑星の定義について議論された結果
太陽系惑星は「水金地火木土天海」の8つになったらしい。

すごーっく簡単に言うと、太陽系の惑星とは
恒星(太陽)の周りを回っていて、けっこうな大きさがある球体で
衛星でも恒星でもない天体。
ってことらしい。厳密に言うと難しくなるので
それは専門機関におまかせ。後でゆっくり読むとして・・・
国立天文台 - 「惑星」の定義について

この新しく定義づけされた惑星にガッツリと当てはまるのが
classical planetと呼ばれる1900年以前に発見された
「水金地火木土天海」ということですな。

これまで曖昧だった惑星の定義をはっきりさせよう
というのが今回の総会で注目された決議案。

1930年に発見された冥王星。
発見当時は地球くらい、あるいは地球の数倍の大きさの天体だよ
ということで太陽系の惑星に仲間入りしたようなんだけど
実はとても小さいのよと言う事がわかってきて
おまけに冥王星より大きな天体が後から見つかったりして、
これってどうなの?と改めて見直すことになったらしい。

今回惑星候補になっていた、セレス・2003UB313も
新しい惑星の定義には当てはまるとは言い切れないらしく、
それらの『惑星と言ってしまうのはどうだろか?』という天体は
矮惑星(わいわくせい)という新しい天体分類に属することになる。
矮惑星候補は他に十数天体あり、今後増えていく可能性があると。

天体観測やら何やらの技術が進歩し、
それに伴い惑星の定義を変える(はっきりさせる)のは重要なこと。
今回の、惑星は12個?騒動で
太陽系惑星というものに興味を持つ事ができてよかった。
そのわりに、何も学べてないのは気のせいなのか?

「久しぶりに空でも見上げてみようかな」なんて思った。
今晩、晴れるんかな・・・。
太陽系惑星の定義が変わったので・・・

天体望遠鏡とかあるといいんだろな、きっと。
しかし、広い夜空のどこを見ればいいのやら・・・

BlogPeople
iza(イザ!)
にほんブログ村 イラストブログ アナログイラストへにほんブログ村に参加ちうです。
ポチっと応援ありがとうございます♪
*描いた絵がたっぷりたまっているのよ〜という人にお知らせ*
自分で描いた絵でオリジナル絵本 を作ってみたり、
1年間を楽しく彩る写真入りオリジナルカレンダーを作ったりできちゃいます!

* この記事のURL *


* コメントする *
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字


* コメント *

プロフィール

DEWDROPです。
絵を描くことが好き。
いつも気ままに過ごしている。
そんな生き物です。
イラスト制作のご依頼を受け賜ります。下部メールフォームよりご連絡ください。

*にほんブログ村に参加ちう。

My status 時々オンラインになります。
まずはチャットから♪
無料IP電話のスカイプ○

イラスト一覧
クリックすると記事を表示します。
















忍メールフォーム


yaplog!広告
原画・グッズ販売ちう
ART-Meterで販売ちう。自由が丘に実店舗があり、そこに原画が置いてあります。
***かみんぐすーん***
----------
オリジナルデザイングッズストア
UPSOLDでブランドを展開ちう。
POI

例えば
手をつなごう
手をつなごう
聞こえる?
ぷりてぃ〜ふらわ〜
ぼくのバス
こういうグッズがあります。
デザインとアイテムが増殖する予定。

リンクとか

気になるブログ
素敵なブログを勝手にピックアップ(ランダム表示。)

各ブログ管理者様、もしも都合が悪かったならお知らせください。

みんなで止めよう温暖化
チーム・マイナス6%

おすすめ
--------------------

自分の作品を本に!
--------------------
"便利で安全なメールの使い方"
あります。
--------------------
火星の土地とか月の土地 とか金星の土地 とかが、買えちゃうって知ってる?
--------------------
ブログを書いているならば!
--------------------
便利なお財布いかが?


▲ ページトップへ