血糖値を上げるホルモンと言うのがある?

August 25 [Sun], 2013, 11:21

ホルモンの中には、血糖値(食後は急上昇しますが、次第に下がってくるというのが一般的です)を上げるホルモンもあると思います。

例えば、糖質コルチコイドというホルモンです。

これは体内が低血糖状態になった時に分泌されるホルモンで、タンパク質を分解してブドウ糖(低血糖になってしまった場合には、ブドウ糖を摂取すると症状が改善します)を生成する働きがあります。

つまり、この糖質コルチコイドが働くと、体内の血糖値(血糖ということもあるでしょう)が上昇するみたいですよ。

また、エピネフリンと呼ねれているホルモンも、血糖値(血糖ということもあるでしょう)を上げるホルモンとして有名でしょう。

エピネフリンはアドレナリンという別名のほうがピンとくる人が多いかもしれませんね。アオイの引越しにっきもどうでしょう。おすすめですね。

興奮状態になった時に多く分泌されるホルモンで、悪い意味で血糖値を上昇させると言われているようです。

それに、(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)が体に負担をかけてることによってもエピネフリンは分泌され、イライラしたり憂鬱な気分になりかねません。

アドレナリンと耳にして体に良いというイメージを持つ方も多いと思うのですが、実は体にとってはあまりダメだホルモンだったりもします。

この他にも、成長ホルモン(加圧トレーニングやスロートレーニングを行うと分泌量が増えるといわれています)やグルカゴンと呼ねれているホルモンも、血糖値を上げるホルモンとされているんです。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:マサキ
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tada50d8/index1_0.rdf