2005年09月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:taclog
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
お引越し。 / 2005年09月18日(日)
yaplogからjugemにお引越し。

新しい住所はこちら
    ↓
http://taclog.jugem.jp/

ちょっとずつ、ここにあるblogも移動していくつもりです。
よろしくおねがいします
 
   
Posted at 23:35/ この記事のURL
コメント(5)
GAMBA YEAR!! / 2005年09月04日(日)
いったれいったれ〜♪


ガンバ、5年ぶりの首位
その瞬間を、この目で観てまいりました。
9月3日、味の素スタジアムにて。
私がアウェイで勝利を見届けるのは、実に初めてだったのでした。

先週は、大阪に出向いて、
ホームでの観戦!これ最高です!
雰囲気が違う。サポーターが違う。
いかにも大阪ギャルが、ユニフォームを着て、
夢中で応援し、観戦してる。

ミツさんが3点目をゴールしたとき、
みんな立ち上がって歓喜乱舞。

やっぱり万博だねー、大阪に住んじゃいたいねぇ、
あ、となりの阪大病院に就職しちゃおうか!なんて思っちゃいました。

次の日も万博記念公園に出向き、
サテライトのグラウンドトレーニングを見学し、
ユニフォームやらカードやらにサインをしていただきました。
松さんの色紙に書いていただいたサインは、家宝にしたいと思います。

今度は是非、トップの練習を見に行きたい。
もっといっぱい、ホームの試合を見に行きたい。
なので、
きちんと稼ぐようになったら、大阪に通っちゃうかもしれません・・・。

 
   
Posted at 12:53/ この記事のURL
コメント(1)
SW / 2005年08月16日(火)
まったくと言っていいほど、興味がなかったんです。

だって、SFでしょ?
あれは、男の子の観る映画でしょ?

そういって、どんなに勧められようと拒否していました。

しかし・・・・・・
こんなにハマってしまうとは

 
 ほら、聞こえてくるでしょ?
 
 StarWarsのテーマソングが。
 
 アナキンが、ダークサイドに堕ちちゃうの。
 
 ベイダー卿になっちゃうの。
 
 ・・・泣けるんです、ホントに泣けちゃうんです。
 
 SFならぬ、こりゃ完全にテーマが『愛』のラブストーリー。
 ラブストーリーというか、ヒューマンドラマ?
 
 私は、実にルーカスの演出に反した順番で、過去の作品を鑑賞してしまいました。
 本当は、エピソード4⇒5⇒6 と観て、エピソード1⇒2⇒3と観るのが、いいんです。
 
 なんだけど。
 エピソード1をあわてて観て、移動しながらエピソード2のあらすじを聞いて、
 エピソード3を映画館に観にいきました。

 そのあと、エピソード4以降を観たのです。
 要するに、ネタバレしている(誰がベイダーなのか)ところで観ちゃってるわけだから、
 こう、推測したりする楽しみはなかったの。

 すっかりその魅力にハマってしまい、
 今ではスピンオフの小説にまで手を出している次第です。
 
 一般女性の立場から、SWの興味を紐解くと、
 やはり『ラブストーリ』が根底にあるところが、いいのではないでしょうか。
 
 私は特に、SFに興味があるわけではないので、
 父親がWOWWOWで観ていたSW三部作には、見向きもしなかったことを覚えています。
 3POとR2D2を知っているのは、DisneyLandのスターツアーズにいったからでしょうか。

 おススメの観かたではないけれど、
 SFは苦手だな、と思っている、恋愛小説好きのあなた。
 まずはエピソード1から、観てみてはいかがでしょうか?
 アナキンとパドメの恋物語をみれば、
 きっとダースベイダーに対する気持ちが変わります。
 SWに対する気持ちも変わります。
 
 きっと・・・

 私みたいにアホみたいなハマり方はしないと思うけど
 
   
Posted at 23:48/ この記事のURL
コメント(0)
オノマトペを知っていますか? / 2005年05月04日(水)
今年のお正月の特別番組のなかで、知った言葉。

このかわいらしい?響き。日本語?それともポルトガル語?
不思議な響きの言葉です。

オノマトペというのは、
「雨がしとしとふっている」「きらきらと光る星」「ドアがバタンと閉まる」などの、
擬音・擬態語を指します。

まぁ要するに、長嶋茂雄なわけ。
「んーバッティングのコツはねー、1・2・3で腰をぐーっと入れてバットを振ったらガッと腰を引いてバシーンと打ち上げるんですねぇ、うん・・・」
何だかサッパリわかりません(笑)

で、この本。
 『オノマトペ擬音・擬態語をたのしむ もっと知りたい!日本語』
 著:田守 育啓
    ↑
 この方、かなりのオノマトペ通







なるほどと思っちゃう、そんなオノマトペがいっぱい載ってます。
「きらきら」と「ぴかぴか」
「かしゃーん」「がちゃん」「かちゃかちゃ」「じゃーん」
「のそのそ」「のろのろ」「とぼとぼ」「てくてく」「ばたばた」「ちまちま」

たのしいたのしい、オノマトペ。

私はそのオノマトペの表現が、ちょっと人とは違うみたいで、
「その言葉はおかしい」とよく指摘されちゃうんですが、
我が家では、当たり前のように使い、そしてその意味が伝わるんです。

「ちょっと時間がたってから食べるサンドイッチのサニーレタスって、はもはもするよね」

はもはも。
水気がなくなって、ちょっと歯切れが悪くなってて、口の中ではもはもするんです。
姉や母には通じるんですが・・・お付き合いをしている方には通じませんでした。
最近では、私のオノマトペに汚染されてきましたが。

では、試してみましょう。あなたのオノマトペを。

・今、話題の愛玩用ロボット犬、AIBOは(     )と歩く。

あなたなら( )に、どんなオノマトペを入れますか?
 
   
Posted at 23:57/ この記事のURL
コメント(3)
人生の経験値 その2 / 2005年04月29日(金)
長くて文字オーバーだったので、
分けました。
 
 続きを読む…  
Posted at 15:00/ この記事のURL
コメント(0)
人生の経験値に妹も挑戦! / 2005年04月29日(金)
姉のblogから、面白そうなのをいただきました。

四半世紀を生きた私の経験値。
レベルアップする日は、来るのだろうか・・・

 
 続きを読む…  
Posted at 12:41/ この記事のURL
コメント(0)
絵本の紹介。 / 2005年03月30日(水)
だいぶ前の話なんだけど、ユトレヒトという本屋さんでひとめぼれした絵本を紹介します。

『がちょうのペチューニア』
 出版社: 冨山房 ;
 ISBN: 4572003653 ; (1999/01)
 ロジャー・デュボワザン(著) まつおかきょうこ(翻訳)

 以前は『おばかさんのペチューニア』という邦題だったようですが、
 変わったみたいです。
 








なんといっても、絵がかわいい。
色使いがとってもいいのよね。

このおはなしは・・・
がちょうのペチューニアが、『本』を拾い、
本を持てば利口になれる!と思い、みんなの相談役になります。
だけどペチューニア、ちっとも利口になりません。
それどころか相談役になってみんなを大騒動に巻き込んでしまい・・・

ペチューニアに出会ったのは、実は去年の夏あたりだったと思います。
ユトレヒト。知ってる方も多いと思います。
よく中目黒にふらりと遊びにいくんですが、代官山で降りて、必ず寄っちゃいます。
ついでにキルフェボンでタルトも食べちゃいます。

話がそれました・・・
で、ペチューニア。
シリーズに『ペチューニアのクリスマス』というのがあるんだけど、
かなしながらに絶版です。
重版未定じゃなくて、絶版。

というわけで、復刊ドットコムに登録しました。
あまりにも票数が少ないので、おそらく復刊には至らないでしょう・・・。

しっかり仕事に就き、自立(?)したら、
絵本をたくさん部屋に並べるのが私の夢のひとつです。

子どもの頃に読んだたくさんの絵本。
そしてこれから出会うたくさんの絵本。

そのコレクションのひとつに、ペチューニア。
興味のある方、読んでみてください。

おっとと・・・
これも品切れ、重版未定の商品でした・・・。
Amazonでも、在庫切れです・・・。
失礼しました。
 
   
Posted at 18:36/ この記事のURL
コメント(1)
アジアンタムブルー / 2005年03月20日(日)
春休み、思い切ってたくさん本を読んでいます。

そこで、この本を紹介。

 『アジアンタムブルー』
 著:大崎 善生
 角川書店









大崎善生さんの著作は、『聖の青春』 『パイロットフィッシュ』に続いて3作目です。
私、電車の中で読んでいたのですが、
泣いてしまいました。
花粉症なので、くしゃみしてごまかしながら。

あなたに愛する人がいるのなら、
この作品、ひとごとではないはず。

死を迎える、死を受け止める・・・
このお話は、しがない雑誌編集者の男性の物語。
恋人が死に、死を受け止められず、デパートの屋上で佇む毎日。
主人公と、その恋人が迎えた『死』。

これだと、何だかチープな恋愛小説に見えるでしょ?
お涙頂戴ものでも、世界の中心で愛を叫んじゃうものでも、ないのです。
よみがえって会いにきちゃうわけでも、ないのです。

街の喧騒や、海辺の強い太陽の光や、静かな心の動きを、
あなたの心で感じて、読んでみてください。

 
   
Posted at 01:13/ この記事のURL
コメント(0)
つくってみました / 2005年03月18日(金)
先日、iPod Shuffleを手に入れました

ところがところが。

ネックストラップ(というかただのヒモ)が、ビックリするほどかっこわるいの。
こんなにスタイリッシュなボディなのに、
デザインに力を入れているアップルなのに!
これはとても、そのまま首にかけることはできません。
あまりにも、カッコ悪すぎ

革紐でも買おうかなと、某ハンズに行ってまいりました。
フロア案内をみて、クラフト素材のあるフロアへ。
お、革のコーナーはここかぁ・・・と眺めていると、
目に入ってきたのは、革のハギレ。
ハトメ、カシメ・・・。
ぽわーんと、創作意欲が沸いちゃいました。

じゃじゃーん♪


あんまりよく見えないかしら・・・







ばばーん♪


変わらないかな?スヌーピーに持たせてみました。






簡単なんだけど、何が大変かって。。。

革が分厚くて、穴が開かないのね。
ポンチ、っていう道具を使って、穴を開けます。
バンバン木槌を使って、家中ガンガン響かせて。

しかも初挑戦だったから、小さなハトメキットを買ったの。
その中に入っていたポンチも小さくって、
2つ穴を開けたら、刃先がダメになっちゃうし。
カッターや裁ちばさみを駆使しながら、何とか穴を開けて、
ハトメとカシメをつけました。

なかなかいいものができました。
革細工、ちょっとハマっちゃうかも・・・
 
   
Posted at 01:30/ この記事のURL
コメント(0)
ダ・ヴィンチ・コード / 2005年03月08日(火)
花粉まっさかりですねー
いいお天気です。

さてな、明後日からルミネの10%OFFがはじまります。
とあるルミネでは、書籍も割引の対象になりますので、
ご来店くださいませ。

そんな本屋のハシクレから、
最近読んだ本をご紹介。


ダヴィンチコード上 ダヴィンチコード下

これね、ベストセラーになるだけのことはあります。
おもしろい。

誰でも知っている、モナ・リザやレオナルド・ダ・ヴィンチ。
耳に覚えのあるパリのルーヴル美術館。
この表紙のモナ・リザのほほえみ。
何か感じませんか?

物語自体はフィクションなんだけど、
芸術作品、、美術品、文書、秘密儀式や宗教団体、すべては事実に基づいているのです。

ダ・ヴィンチにまつわる多くの謎。
その背景にある、歴史的事実。
この物語は、ルーヴル美術館の館長が残したダイイングメッセージをめぐって、
とある男女がパリ市内を駆け回ります。
男は、宗教象徴学者。
女は、司法警察暗号解読官。
館長の残したダイイングメッセージとは。
その隠された謎とは・・・。

この作品には、ルネッサンス時代の多くの芸術作品、建造物が登場します。
ルーヴル美術館を訪れたことがある方なら、なおさら、この作品を楽しめるでしょう。
訪れたことがない方でも、きっとルーヴルに行きたくなります。
私、行きたくてたまりません

パリ、ロンドン、ミラノ、と並べただけでもルネッサンスの匂いがプンプンするでしょう?
ぜひぜひ、読んでみてください。

こんなテレビ番組、3/12(土)にフジテレビ系で放送されるそうです!
『超時空ミステリー 世紀の天才レオナルド・ダ・ヴィンチ 最大の謎と秘密の暗号』

楽しみですね〜
 
   
Posted at 13:14/ この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
GMO MadiaHoldings, Inc.