四ツ谷から家まで 

October 12 [Wed], 2005, 4:55
歩いた。

4時間半かかった。

多摩川を越えて神奈川県入り。都⇒県に。

疲れたけど、スッキリした。楽しかった。

卒論について 

October 07 [Fri], 2005, 23:41
今日は唯一の学校がある日。

ゼミの時間だ。

う〜ん…卒論のテーマがまだ定まらない。

やりたいこと、調べたいテーマは大まかには決まっている。

でも、どこを切り口として、どう掘り下げるのかが

未だ決まってない。

今日のゼミで色々とヤバイことが明らかになった。

ってか間に合うのか>?

教授から結構問題を叩きつけられた。

実際問題、仮提出の11月25日まで時間があると余裕を

ぶっこいていた自分に焦りが見え始める。

よく思い出してみよう。

去年書いた論文は正直な話、毎日図書館に引きこもり、

毎日のように教授の研究室の扉をノックしては

問題点を叩きつけられ、ショックを受けて帰る日々。

それが毎日だったのだけど、

またそれと同じ日々になるのか>?

うん、有り得ない。

まずはテーマから確実に固めて先行研究から読みあさらねばならぬ。

内定者代表あいさつ 

October 06 [Thu], 2005, 23:28
10月3日。

内定式に向けて動き出した。

朝、ちょっと仮眠を取って、友人宅から一路内的式が行われる表参道の会社へ。

緊張とともに会場入りした。もぅほとんどの内定者が席についていたのにも

関わらず、視野が狭すぎた…。ホントごめん。

朝の挨拶が行き届かず…ごめんなさい。

緊張した状態のまま、内定者代表として内定までの感想を

述べさせてもらった。ちゃんと言うべきことを用意してきた。

ここで、少し気持ちを入れて読んでみよう。ここで一息入れて、

こうしよう、ああしようって色々と考えはあった。

にも関わらず、結構な頻度で紙を見ながらただの朗読。

そんな余裕なんてなかったな、

という印象だったと思う。もうすこし、余裕を持って話ができたら

よかったな、と思っておる次第です。

でもね、内定者のみんな!!

書かせてもらった内容についてはホントです。

あの時間を共有できてほんとによかった。みんなとこれから一緒になって

働き、喜びや苦しさを共感したいと思っとります。

これからもひとつよろしくね

爆睡18時間 

October 06 [Thu], 2005, 23:01
6日間の泊りコースが終了した。

29,30日とオレの家で作業を開始し、1日から3日までをオサムの家で過ごした。

そのあとの1日、つまり4日はオレの家に戻って最終作業。

ピンキリ10月号の編集が終わった。

当初の予定よりもはるかにオーバーした期間だったが、

何はともあれ終わったことはいいことだ。

昨日のこと。

データを無事入稿して、りょうちんと一緒にラーメンを食らい、

一緒に乗り換え駅の大手町まで帰ったあと、

それぞれ乗り換えの電車へ。

オレは半蔵門線まで。電車に乗って…

気が付けばそこは

中央林間!!

終点まで行っちゃった

中央林間までの記憶は一切なし。

家に着いたのは大手町を出てから約2時間後。

眠くて眠くてそのままベットイン。

今日起きたのは昼12時。

合計18時間寝てしまった。

睡眠ってほんとに大事。風邪に注意しよう。

眠い 

October 01 [Sat], 2005, 7:03
おはようございます。朝です。

徹夜で作業、みんなでラーメン、楽しいんだけど、疲れます。

10月3日がとりあえずの締切。

頑張ります!

夜明けとともに 

September 29 [Thu], 2005, 7:44
本日の天気は快晴。

いい天気だ。

夜明けを迎え、ようやく仕事が一段落ついた。

あとはクライアントがOKをくれるかどうかが問題なのだが、

そんなことはお構いなし。

とりあえず、能書きたれて言いくるめるつもり。

今まで結構通じてるから何とかなるだろう。

お昼までしばし睡眠の時間です。

今日は竜太郎が泊まって一緒に作業だから、

夜の体力温存のために睡眠は必要でぷ。(←ありさのものまね)

おやすみなさい。

阪神優勝の経済効果は? 

September 27 [Tue], 2005, 23:41
阪神タイガースの優勝マジックが残り3となって野球界をはじめ、

各業界でも大きな注目を集めている。

阪神が優勝した場合の経済効果ってどのくらいになるんだろうか?

今月22日に発表されたUFJ総研の試算では約1455億円。

2年前の3423億円よりも約57%下回っている。

前回の優勝はバース・掛布がいた18年前ということもあって

大阪ではかなりの盛り上がりで、道頓堀に飛び込む者、

食い倒れ大阪の繁華街を歓喜とともに練り歩く連中、店を

壊してしまう者など大いに盛り上がった。

しかも2年前は今年よりも阪神の優勝マジックが

早く点灯した。それらのこともあわせ考えると今年は盛り上がりに

少々欠けるのかもしれない。

ただ、マジック3として明日から本拠地甲子園に戦いの場を移す。

3連勝を飾って気持ちよく優勝を飾って欲しい!!

原油高騰は第3次オイルショックをもたらすか 

September 27 [Tue], 2005, 23:13
原油高騰で世界経済が危機的状況になるのではないか。

そんな不安を最近感じる。

今月中旬、原油高騰の影響もありアメリカの航空会社、

デルタ航空とノースウエスト航空が経営破たんした。

アメリカの航空業界も競争がますます激しくなっていることは

間違いない。デルタ航空はアメリカ第3位、ノースウエスト航空は

第4位の航空会社だった。日本の航空会社は大丈夫だろうか?

ANAは今、エコノミークラスの座席を新シートに変更している。

国際線で多く使用されるボーイングでこのエコノミーシートを使用した

場合、年間で東京―千歳間の往復燃料が節約できるという。

JALも試行錯誤が続く。貨物機の機体の塗装を剥がすことで機体重量を

150s軽くし、これも同様に年間の節約量はANAと同様。

身を削りながらの対策だ。


原油高騰の原因は様々。

イラク戦争の勃発で不安定な状況におかれている地域もあり、

また中国やインドでの経済発展による原油使用量の大幅な増加。

またこれらの地域では原油使用の効率が主要先進国よりも悪いこと

から問題視されているということもある。

ただ、世界の工場となっている中国でもし原油が使用できない事態と

なれば、世界経済は大きな打撃を受けることは間違いない。

では、日本経済はこれからどうすればいいのか?

持続的な経済発展のため、環境保護は急務。

そしてこれからの日本はオタクの時代。

オタク=プロフェッショナルってこと。

安価な価格で大量生産ができる中国経済に対して

高付加価値なモノで勝負する時代。

第3次オイルショックはなるべくならば起こって欲しくない。

ただ、ゆっくりではあるが進行している事は間違いない。

代替エネルギーの大幅な活用、プロフェッショナル職の活躍で

世界経済を動かしたい。そんな大人になりたいものです。

コミュニケーションでいうところの共有 

September 27 [Tue], 2005, 0:33
情報の共有はすごく大事なこと。

少し真面目に言うならば、コミュニケーションを図る者にとって、

同じ情報を共有することが極めて重要だという。

1960年代初頭、コミュニケーションにおいて大きな影響を与えたのが

アメリカ・社会学者のミードG.H.Meadであるが、

彼はシンボリック相互作用論(symbolic interactionism)の中で

「意味のあるシンボル(significant symbol)とは、他者にも自己にも同一の反応を引き起こす言葉や身振りなどをさす。」

としている。難しい理論だけど、コミュニケーションを少しでも理解するのに

すごく勉強になった。大学1年のときから、実は

シンボリック相互作用論を勉強してるけど、卒論もきっとこの理論に

したがって何か書こうと思うくらい勉強したい。

去年書いた論文でも、このことに触れたし、

そのときはコミュニケーションを

「意味のあるシンボルを創造し共有する過程である」

と、定義した。

ほんと難しい…。でも、要するに

コトバも身振りも全部シンボルであって

それらを創造し共有することでコミュニケーションが成立するってこと。


先週、アメリカ・ロサンゼルス近郊のハーバンクで起きた

ジェットブルー航空機の前輪タイヤ格納不能事件(前輪が90度横向いて格納できなくなった事件ね)でも、乗客の中でパニックになる人たちは殆どいなかった。

それは情報の共有ができていたから。

問題が発生した飛行機の客席には衛星テレビが全席に設けられていて、

乗客全員はみんなその衛星テレビで自分達の身に起こっていることを

リアルタイムに把握していたから。

つまり情報の共有がみんなでできていたってこと。

それに、機長自身もアナウンスでしっかりと問題を伝えていた。

コミュニケーションってホントに大事なんだって、この事件を見て再認した。

情報を共有することってホントに大事なんだって。

それが分かっていてできないときもある。

ただうまく説明できないっていうもどかしさとかもあるけど、

共有することの意義がとても重要だってコトは

勉強したつもり!?(つもりでいて実践できてないかもだけど)

だから、卒論も頑張ってテーマを絞って書こうと思う。

やりたいこと、遊びたいこと、たくさんあるけど、

卒論も蔑ろにしたくないかなって最近思った。ってか今日ね。

アメリカへ 

September 26 [Mon], 2005, 3:06
アメリカに行くことを決意した。留学先のPortlandへ行こうと
今さっき、留学中の親友とメッセした。ほんと2年ぶりに連絡を取ったんだ。
e-mailはたまにしてただけだった。近況報告みたいな感じでしかしてなくて、ホント申し訳なかったように思う。でも、やっぱり暖かい。メッセで彼は言っていた。

「先週もトモダチと話してたんだよ、たけのこと。」




嬉しかった。
授業が忙しい。長期休みはバイト三昧。そんな生活も確かに充実していると言えば充実している。けど、卒業する前にもう一度羽をいっぱい伸ばして色んなとこに行ってみたい。それに一番仲良かったトモダチに会いに行きたい。話したいことは山ほどある。だから戻ろうって思う。イアンが言った。

「When will you come back to America?」って。
お金貯めるね!


決意を新たにPortlad資金を貯めようと思う。
profile
with Thomas in Portland
name: takehiro sugiyama
age: 22
blood type: AB
a comment: I love photos.
2005年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tachi0411
読者になる
Yapme!一覧
読者になる