【 更新情報 】

 

テーブルマナーとは

テーブルマナーと聞くと人によっては、「フランス料理」の食べ方や「ナイフとフォークの使い方」を連想するかもしれません。確かにそのようなイメージは、間違ってはいませんが、テーブルマナーとは、食事を快適に楽しくする為に廻りの人に迷惑をかけたり不快感を与えない為の大事なマナーのことです。

必要以上にーブルマナーはむずかしいものだとか、堅苦しいものだとか難しく考える必要はないのです。

私達が、現実にテーブルマナーを必要とするのは、「会社の取引先との接待」だったり、「急なパーティー」だったりと、実にさまざまです。

このような食事の際に、同席者にクチャクチャと音を立てながら料理を食べられたり、ナイフやフォークが皿と擦れあって、キンキンと音を立てられたら、食欲がなくなってしまいますよね。

このように食事中、相手に嫌な思いをさせないようお互いがお互いのことを“気遣う”ことは、大人には必ず必要とエチケットです。このエチケットを、ルール化したのがテーブルマナーなのです。

お互いに料理を楽しく食べるための約束ごとですから、細かな形式まで知っていなくてもひととおりの食事の手順とタブーを心得ていれば、恥ずかしい思いもしないで楽しい時を過ごすことができるでしょう。

いずれにしても、社会に出たらある程度のテーブルマナーを身に付けておいた方が、お得なのは間違いありません。具体的には、食事が洋食か和食であるかによってマナーは異なります。

洋食のマナー・テーブルマナー

洋食のマナーの基本三大原則は、@ナイフ、フォークは外側から各1本ずつ順番に使う、A食事の途中ではナイフ、フォークを八の字に広げて置き、食べ終わったら2本揃えて置く、B全部を無理に食べなくてもよい、残したものは皿の上でまとめて、です

座ったらまず、テーブル上のナプキンを広げ、2つ折りにして膝の上に掛けます。この時、端の方がテーブル側になるようにします。膝を組んだり、肘を付いたりすることはNGです。実は手をテーブルの下に隠すのもマナー違反です。

その後、料理が運ばれてきて、ウェイターさんが料理の説明をします。もし興味が無くても、最後まで聞きましょう。料理を持ってきて頂いた時なども軽く会釈をするとエレガントに見えます。

食物を切る時は右手でナイフを、左手でフォークを持つ(左利きの人も同じ 但し食べる時は、持ち替えてもかまいません)。フォークとナイフは外側に置かれている物から各1本ずつ順番に使います。

食事の途中はナイフ、フォークを八の字に広げて置くと”まだ下げてはいけない”のサイン、一つの料理を食べ終わったら使ったナイフとフォークを2本揃えて置くともう下げてよい”のサインです。

食べ終えたときは、ナイフは向こう側に置き刃をこちらに向け フォークは手前で上向きに、2本揃えて置きます。無理に全部食べなくてもかまいません。残したものは見苦しくないよう皿の皿の上でまとめておきましょう。

最後に退席する時は、ナプキンはテーブルの左側に軽くたたんで置きます。他には、物を噛む時に喋ってはいけない、スープを音を立てて吸わない、皿に口をつけないなどがあります。

和食のマナー・テーブルマナー

会食では、最初の箸は主客(年長者など)が取ってからとるようにします。正しい箸の持ち方・使い方ができないと、スムーズに食事ができないだけでなく、楽しくいただけないことにもなりかねません。

タブーとされる箸使いは、たくさんありますが、これだけは覚えておきましょう。
握り箸・・・握り拳でお箸を扱うこと
迷い箸・・・何を食べようかと料理の上でお箸を動かすこと
寄せ箸・・・お箸で器を手前にひきよせること
探り箸・・・器の中から食べたいものを探すこと
違い箸・・・長さの違うお箸を使うこと
刺し箸・・・食べる物にお箸を突き刺すこと
渡し箸・・・お碗の縁にお箸を乗せない。
なめ箸・・・箸の先をなめること
指 箸・・・箸で人を指したり、振りまわすこと
仏 箸・・・ご飯にまっすぐ箸を立てること
 
和食マナーの大原則は、いただきます、ごちそうさまは忘れない、箸はなるべく先の方を使う、ご飯とおかず汁ものを交互にいただく、口に入れている間は箸をうごかさないなどです。

また食事の席では、たばこや香水は控えめにしましょう。現在では、食事中は禁煙というのが原則になってきました。さらに、食事中は髪を直したり、顔をこすったりなど肩から上を手で触れないように注意してください。