OECDトンネル会議

September 30 [Mon], 2013, 16:43
トンネル(英: tunnel、英語発音: /?t?nl/)とは、
地上から目的地まで地下や海底、山岳などの土中を通る人工の、
または自然に形成された土木構造物であり、
断面の高さあるいは幅に比べて軸方向に細長い地下空間をいう。

1970年OECDトンネル会議では「計画された位置に所定の断面寸法を
もって設けられた地下構造物で、その施工法は問わないが、仕上がり断面積が
2m^(2)以上のものとする」と定義された。機械動力の無い時代、
あるいはその確保が困難な場合、トンネルの掘削はツルハシやノミなどの
器具を用いた人力に頼るしかなかった。日本においては青の
洞門(大分県中津市本耶馬溪町)や中山隧道(新潟県長岡市-魚沼市間)が
その端的な例である。自動車用で長大トンネルでは
大規模な換気設備・防災設備が必要である。

また、日本においては道路法で長さ 5,000 m 以上並びに
水底・水際の道路トンネルは危険防止のため危険物積載車通行が禁止されている。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:じだん
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tabinidetayon/index1_0.rdf