2012/7/29(土) やっぱり福浦へ

July 31 [Tue], 2012, 7:12

移動先の福浦テトラ。
俺様はウキ、やっぱりネクラは投げ。

カサゴー



テトラ上で写真を撮る余裕がこのあと無く、以下帰宅後撮影。

にぎやか。




ネクラの大好きな白身魚のオンパレード。しあわせ〜



アナゴとキスを天ぷらでいただく。



ゲフー
ごちそうさまでした!


2012/7/29(土) 1:00〜6:00(あいまい)
@福浦テトラ
晴れ、ものすごい湿気。



↓静かに参加中
にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ

にほんブログ村

2012/7/29(土) ほろにがJヶ島デビュー

July 31 [Tue], 2012, 7:01

今週はPCいじる時間ナシ、備忘録として写真のみup。


残念ながらJヶ島磯ではノーフィッシュだったけど
入磯(←コレなんて読むんだろう)ルートもわかったし
休日出勤で疲れてるとこお付き合いしてくれたtoshi3さんに感謝!

以下、暴風からの避難先の漁港で釣れたものたち。



いきなりゴン様… そっとお帰りいただく。




ネクラが釣ったコチ。ものすっごいアタリだった




でかキス〜これもネクラ。狙ったものが釣れるとうれしい。
やっぱりネクラは投げが好き。




そして俺様が執念で釣ったアナゴ。
ネクラにはうなぎとの違いがわからねぇ。



ものたりない俺様とネクラ、帰り道だからといってそのまま福浦へ。
仕事明けで疲れているtoshi3とはここでお別れ。

タフですね〜といわれたけど、 お 互 い 様 で す


つづく。


2012/7/29(土) 18:00〜24:00(あいまい)
@Jヶ島 磯→漁港
くもり
磯爆風、漁港無風



↓静かに参加中
にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ

にほんブログ村

2012/7/21(土) 福浦爆釣、グッバイ三浦。

July 22 [Sun], 2012, 16:36


といっても未来永劫ではないけれど、
夏の間は控えておこうという程度。


だって三浦、何も釣れないんだもん。

----------------------

平日、ネクラハウスに増え続ける磯釣りグッズ。
今週はフェルト地の磯シューズと、フローティングベスト。
聞くと「ネットと釣具屋で半額以下に割引されていたから」。
真偽のほどは定かではないが、とりあえずわかっているのは
メジナ釣る気満々ですね、ということ。


そして17日火曜日にめでたく御年39歳となられた俺様。
毎年プレゼントのほかにちょっといいゴハンに出かけて
いたのだが、今年はウッカリ「ゴハン行かないとしてその分で
何か買いたいものあったりする?」と聞いてしまったところ
即答で「磯竿!」。


ということで、ポチッとした竿がコレ。



(甘すぎる?でもネクラも冬になったらこれ以上に
お返ししてもらうから良いのです)



さぁ、新装備で出かけましょ。


金曜からの雨は朝方であがり、先週と違って風もない。

「今日は釣れそうな気がする」うすら笑いを浮かべる俺様。
・・・うん、イメージは大切だからね。


しかし


やっぱり三浦半島の磯は俺様に厳しく、今日に至っては
エサ取り三兄弟(フグベラキンギョ)すら現れない始末。


たいくつなネクラは前夜急ごしらえで仕上げたネイルを撮影。



朝9時から3時間コマセを打ち続けたが、結局俺様の竿が
三浦の磯メジナを釣り上げることはないまま終了。


「道具揃えると釣れねーな…」うつろな目でつぶやく俺様。


確かに、明日は釣りだからと言ってお刺身用にと大葉を
買ってきてしまうと釣れないようなあんな感じ。


Shinnrikoさんの言うとおり、三浦からはおさかなが
いなくなってしまったのだろうか。

----------------

失意のまま移動。

実は元から夕方は福浦で紀元さんと待ち合わせをして
夜釣りをすることにしていた。

途中の釣具屋でイソメを仕入れ、ついでに腹ごしらえ。
※本当はもっと時間が空くと思っていたので健康ランドに
行ってひと休みするようなレジャー的要素の高い釣りを
目指していたのに、結局のところはやっぱり部活動に。


福浦到着。テトラの角が空いている!ラッキー!


相変わらずネクラはヨタヨタ。
まだ明るいのでキス釣りを試すため、天秤仕掛け投入。
俺様はイソメをつけてウキ釣り開始。

1時間も経っていない頃、俺様の竿がしなる。



念願のメジナ!



ようやく本命の入魂ができた竿とリール。
(ネクラはテトラから動けなかったため俺様撮影)


ネクラの投げ竿は動きの速い潮に仕掛けを取られ
動きを止めているのが精いっぱい。

それにしても、こんなに動くもの?

藻かゴミでもついてるのかも。

巻いてみると、重い。
でも、動きはない。ゴミかな。

見えてきた。


ん?



タコ!!!!!!


実は軟体動物を釣ることへの憧れがあったネクラ。
俺様に白い目で見られながらも「タコもエギすきやねん」を
買って試したこともあったが、釣れなかった。

ウレシー


逃げないように袋に入れて、クーラーへ。

その後ピンギスも釣れたのだが、写真を写真を撮ろうと
していたらテトラの隙間に落としてしまった。


17時、紀元さん登場。
相方さんは残念ながら体調不良で不参加とのこと。残念。


紀元さんも投げ竿とウキを出す。


ネクラさんはウキやらないの?と聞かれるが、実はウキ釣りが
少し苦手のネクラ。
苦手というか、ウキの楽しさを実感したことがあまりないのだ。
アジ釣りのときは確かにあの電気ウキが海中に沈むシーンが
とても楽しかったのを覚えているけど、どうにもウキの
コントロールがうまくできず、すぐにちょい投げに走ってしまう。


「セットしてやるからウキやれば?」と俺様。


俺様がここまで言ってくれるのも珍しい。
やっぱり同じ釣りで楽しい方がいいっちゃいいもんね。

よし、ウキやろう。

でもメバルがかかるかもしれないから、投げ竿の仕掛けは
天秤から胴突きにチェンジして、放り込んでおいてみる。

そして投げ竿をテトラの隙間に置き竿にしようとしたとき、
何か違和感を感じてもう一度持ち直す。


なんかついてる!

胴突き一投目でアタリ。しかも結構わかりやすいアタリ。

なんだろう。まだ明るいのにメバル釣れちゃったりするの??


上がってきた姿を見て、びっくり。



アジですよ!!!!

※口切れが怖いので急いでヨタヨタテトラ上へ持って行って
ようやく写真撮影。
ネクラは今まで外房で釣ったのよりも断然でかい。
嬉しい!


ネクラ 「これならお刺身もできるね!」

俺様 「居着きのっぽいからうまくねーんじゃねーの」


嫌なことを言う…

ムッとしたネクラに気付いたのか、苦しまぎれに
「羨ましいからから言ってんだよ」と言いながらまた
釣り場に戻る俺様。
見てれまた釣ってやる。


たいていこんな意気込みは空回りになるのが普通なのだが
この日ばかりは違っていた。
なんと、その後もアジがヒイラギとのダブルであがり、
アジのダブルなんてのも有りひそかに大興奮のネクラ。

胴突きでアジ…初体験。

イソメ触れるようになってよかった。


※ウキも試してみたが、風が強くなってきてすぐに断念。
やっぱりネクラは投げが好き。


俺様はというと、メジナをコンスタントに釣り上げて
いるかと思えば、シマダイまで釣っている。
(紀元さんタモ有難うございました)

シマダイの引きに笑顔の俺様。
オニューの竿とリールの使い心地も存分に味わえた様子。
よかったよかった。

福浦の魚種の多さと魚影の濃さに驚かされた夜釣り。

いつものように上がり時を見失い、日付が変わるまで
頑張り続けてしまったが、紀元さんにご挨拶をして
帰宅したのが25時すぎ。


釣果。





2012/7/21(土) 
9:00〜13:00 @三浦の磯
16:00〜24:00 @福浦テトラ
くもりときどき霧雨

◆俺様
メジナ×9 うち紀元さんからのいただきもの3匹
シマダイ×1
カサゴ×6
メバル×1
タナゴ×1 りりーす
※木端メジナはリリース

◆ネクラ
アジ×4
メゴチ×1
タコ×1
キス×1 テトラ下へ落下
タナゴ×1 リリース
ヒイラギ×5 当然リリース
フグ×1 自分から落下

さかなの処理は一気にやってしまった方が楽という俺様が
すべてのさかなの下処理を終え、乾杯したのは朝の4時。

釣ってきたさかなを食べるってうれしい。

手前がメジナ、奥がシマダイ。
久々のなめろうと一緒においしくいただきました。
(大葉は24時間営業のハナマサで買って帰った)

たくさんのメジナは本日、ネクラの両親に向けて発送。

-------------
※追記
母に釣果写真つきでメール。福浦といってもわからないだろうなと思い
シ−パラなら知ってるかも?と「金沢八景で大漁」とメールをしたら

「金沢まで行ってきたの?何キロ走ったの?」
 
いやあの 横浜なんですけど…
まぁ、数年前のネクラもそんなもんだったかもしれない。

翌日夜、メジナとカサゴを揚げる。



メジナはネクラが塩コショウと片栗粉で、カサゴは俺様がから揚げ粉で。
大変美味しくいただきました。
--------------

ごちそうさまでした!


三浦まで足を延ばさず福浦で頑張っちゃいそうな予感の夏。
釣り場が増えるって幸せ!



↓静かに参加中
にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ

にほんブログ村

2012/7/16(日) うなぎ泥吐き用水槽を買ったので

July 20 [Fri], 2012, 7:36



うなぎを釣りに行く。


※この日の朝(つまり福浦からの朝帰りのあと)
ブロ友Shinnrikoさんからサバ釣り@館山へのお誘いを
いただいたのだが、ダブルヘッダー2日連続のあとだったので
体力が持たず、泣く泣くご遠慮させていただいた。
Shinnrikoさん、今回は残念でしたがまたの機会に
ご一緒させていただきたいです。マジで。


釣ったうなぎは今までバケツに入れてブクブクで生かしていたが
充電式の乾電池の持ちが悪く、ちょっと長く留守にすると
すぐに昇天してしまっていたため、水槽+電気ブクブクで
生かして泥を吐かせる作戦に。


入門編購入。



なんで俺のシマに置く…




(コード届くのがそこしかないんだよ)


まさかネクラハウスに水槽を導入する日が来ようとは…



せっかく水槽があるので、うなぎを釣りに行くことに。

ただし前日は日付を超えるまで福浦で夜釣りをしていて
寝たのが朝6時、翌日の火曜日は仕事で朝6時起きなので
軽い装備でサクッと行ける東京側のポイントへ。


だがこの日は俺様の気合が入りきらなかったのか、
新規のエサも買わずに前日のあまりを使用。
しかも道具を洗う際に中身がカラだと信じ込んで
お湯をかけてしまったので瀕死(というか即死)状態。



そんなんで釣れるほどうなぎは甘くはないのだ。


なんとなく予想したとおりこの日はうなぎが釣れず、
グダグダイソメの代わりになるエサにしようと
俺様が延べ竿でテナガエビを確保してきたのだが、
エサにふさわしくないデカさだったためキープ。




せっかく買ってきたうなぎハウスが空っぽなのも何なので
ご入居いただくことにした。


名目は泥吐かしのためだが、ウキ釣りのとき
エサにしているエビをなんとなくあげたら
なんともいえない感情が生まれてきた。


「エサにエサをやってはダメ」
紀元さんはうまいこと言ったものだ。


2012/7/16(月・祝) 18:00〜21:00
tama川@東京側
晴れ、強風
うなぎ ゼロ
シーバス×2
メガテナガエビ×1
いずれも俺様(ネクラノーフィッシュ)


そういえばこの日はシーバスもキッチリ血抜きして
持ち帰ってみたらとても美味だったことをここにご報告。
「薄造りの方が美味い」by俺様 だそうです。


ごちそうさまでした!



↓静かに参加中
にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ

にほんブログ村


2012/7/15(日) 福浦デビュー

July 16 [Mon], 2012, 14:46



・・・ということで福浦へ。

紀元さーん ポイント教えてくださーい

サーフ帰りでお疲れの紀元さんに電話でポイントを聞き、
まずはイソメが置いてあるというスリーエフに寄ってみる。


ほんとにある…




ひとパックだけイソメ買うか、と俺様が言うのでお買い上げ。
テトラじゃエサ箱は供用できないから、1個空いていたエサ箱に
買ったイソメを写して、そういえばテトラの上は荷物を減らした
方がいいかなと思って指サックもエサ箱の中に放り込む。
そう、未だに虫エサを触れないネクラは指サックをつかっている。
指サックの中にイソメ入ったら嫌だな…
そんなことを思いながら、エサ箱をバッカンへ。

さて、テトラへ向かおう。

道とテトラを隔てる壁を俺様がヒョイッと超え、竿の準備。
テトラは怖いけど、動かなければ大丈夫かなと思い
ネクラもその壁をのぼろうとする。

が、

テトラが怖い以前にその前の壁を  

超 え ら れ ま せ ん


まさに「よじのぼる」という表現がぴったりの絵だったことだろう
みっともない格好でようやくテトラ側に乗り、ネクラも仕掛け準備。

と そのとき。

仕掛け準備中の俺様の竿から異音。
見ると、インターガイドの竿がポッキリ…


ネクラもじっと見ていたわけではないが、どこかに当てたわけでは
ないということくらいはわかる。
ショックを受ける俺様。
どうにかしてあげたいけど、どうにもできない…

しかたなく、もう一本持っていたインターラインの短めの竿
(ネクラがフカセをやる気分になったときに借りる用)をセット。



テトラに乗る。


ヨタヨタのネクラ。
マジで危ない。座ったが最後、動かないのが身のためだ。

自分の体力(の無さ)を知っているネクラはこの事態を
ある程度予想していたのでウエストポーチに仕掛けを詰め、
エサ箱とタオルも腰にかけてある。
よし、これならひとりでできる。

ネクラ行きまーす!

見てもいないガンダム風の掛け声を心の中で叫び、
意気揚々とエサ箱を開いたところで、顔色がかわったことが
自分でもよくわかった。


指 サ ッ ク が な い


なんで??確かにさっき入れたはず… はず… 


・・・



もうひとつの方か…



俺様はすでに自分の釣り場を見つけて仕掛けを打ち込んでいる。
この段階で「エサ箱ばくって」とは言えない。

仕方ない…


そうしてネクラは虫エサを直でつかむという技を手に入れた。
釣り人としてとても大きなものを得たような気持ちがあるが
同時に人として何か大事なものを失ったような気がする。
脳裏に浮かんだのは5歳のころからお世話になったピアノの先生。

先生… ネクラは東京へ来てからというものピアノを弾かない
ばかりではなく、イソメまでも触れるようになりました…

先生がこの事実を知ったらきっと、ネクラが手を百万回
洗おうとも金輪際あの部屋のグランドピアノを弾かせてくれる
ことはないだろう。
先生ごめん。でも今はこの生活が楽しいんだ…
先生… さよなら…


そうしてネクラMAXな妄想に浸っていると、竿からドカンと
アタリがくる。なんだこれ!というレベル。


あげてくると、メバル!
(実は見ただけではよくわからなかった)


そして俺様もデカメバルとちびカサゴをコンスタントに釣り、
俺様の電気ウキが藻にとられて沖に流されていくのを
目視したところで、今日の釣りは終了。

長かったぜ・・楽しかったけど。


久々の写真。



2012/7/15(日) 20:00〜25:00(たぶん)
@福浦テトラ
お天気はくもり?風がちょっと強いけど三浦よりまし



久々に、釣りから帰ってきてそのまますぐ食させていただいた
メバルのお刺身。 オイシーデース!




中っくらいのやつは俺様が煮てくれた。
これまたオイシーデース!




聞いてはいたけど福浦ってスゴイとこ。また来たいね!


いつもポイントを教えてくださる皆様ありがとう。
お返しはおさかな捌き教室でご勘弁を!
(つまりネクラは何もしない)

ごちそうさまでした!


2012/7/15(日) 初の三浦半島堤防釣りも玉砕

July 16 [Mon], 2012, 9:04


前日うなぎ釣りから帰って道具を洗い、ビールを飲んで
ひと息ついたらもう25時。
そろそろ寝ようかというところで、紀元さんよりメール。
起きられたら3時半頃に起きて、サーフへ向かうとのこと。

実は先週忘れ物スパイラルでうなぎ釣りにご一緒した際
次週はサーフに出るという紀元さんの予定に図々しくも
乗っからせていただきたいとお願いしていたのだ。

だが。

ウッカリうなぎ釣りも頑張ってしまったネクラと俺様は
到底3時に起きることなどできない。
アルコールも注入してしまった。

サーフには行きたいが、今回は単独で動く旨紀元さんに
返信し、26時ころ眠りについた。

--------------

とても眠いがせっかくの三連休、今日無理したとしても
最終日にゆっくり休めばいい。
頑張って起き上がり、お昼過ぎに出発。
地図でアタリをつけていた逗子方面へ向かう。


が、


すごい渋滞…


ようやく目的の浜にたどり着いたが、サーフは海水浴客と
サーファーで激混み、ちょっとした磯っぽいところも
ガキんちょたちの格好の遊び場となっており、とても
釣りをするような環境ではなかった。

俺様 「ダメだろこの辺は。地図ねーの?」

ネクラ 「あ 持ってきてない…」

俺様 「… 地図なきゃどうしようもねーな」

・・・

怖い…


しかし途中でJ州屋を発見したので釣り場を調べ、
結局は南側にある堤防でフカセをやることに。


-----------------------


堤防着。

先端はテトラが入っていて、その手前でフカセを
している人がいたので、挨拶をして入れてもらう。

俺様はフカセ、ネクラは前日釣具屋で仕入れた
チロリをつけてチョイ投げ。


そして釣れてくるのは

いつものヒイラギ




マイクロメバル…




俺様にはいつものネンブツ。(写真なし)

さかなを釣り上げるのを見て、居着きのねこが
寄ってくる。こんなの食べるの?


その後、俺様が20cmメバルを釣り上げ(写真なし)、
ネクラの投げ竿にもチビっこいがキスがかかる。




また、ねこが寄ってくる。すっかり餌付けしてしまった。
これはあげられないよ。外道をたくさんあげたでしょ?

途中、手前の浜のキャンプ客が水着のまま釣りに来たりと
どうにもいつもと感じが違い、調子が狂う。



なんだか中途半端なまま俺様のコマセが切れて、終了。


バッカンを洗ったりしている間、ネクラはしつこく
ちょい投げを繰り返し、俺様の片付けが終わりそうかなと
いうところでネクラも竿をお片付け。
チロリはイソメに比べてとても弱っちく、エサ箱に
残っているのは切れっ端のみ。これはポイだな。
千切れ千切れのチロリを海に返し、そういえばバケツに
メバルとキスを入れっぱなしだったのでクーラーに入れてから
エサ箱をゆすごうかなと水汲みバケツがあった場所へ行くと、
既に小さくまとめられバッカンの中におさまっている。


あれっ?


ネクラ 「ねぇねぇ メバルとキスは?」

俺様  「しまったんじゃねーの?」

ネクラ 「しまってないけど…」


・・・


ねこか・・・



背後に置いてあったバケツの中から音も立てずに
獲物を持ち去るとは、恐るべきテクニック。

釣り場の選択も失敗し、結局また不完全燃焼。
時刻は19時を過ぎている。
翌日が仕事なら間違いなくまっすぐ帰っているところ。

だが、翌日は休み。


「福浦行くぞ!」


もう正常な判断ができないふたり。
体力も限界に近いが、さかなを求めて福浦へ。


まだまだつづく。


2012/7/15(日) 14:30〜19:30
@三浦西海岸の堤防
晴れ、爆風
メバル20cm×1
キス×1
ほか外道の方々たくさん
いずれもねこに献上


↓静かに参加中
にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ

にほんブログ村

2012/7/14(土) お口直しのうなぎ釣り

July 15 [Sun], 2012, 1:29



爆風の三浦をあとにし、向かったのは横須賀。
先週ナビ君のいうとおりに行ったもののオープン前だった
佐原の釣具屋さんが今週リニューアルオープンとのこと。

実は翌日曜日には初めてのサーフに行ってみたいと
目論んでいたこともあり、ちょっと長めの投げ竿が
欲しかったネクラ。
\2,980とはいえ先月も竿を買っていますよ。
うーんだけど確かにネクラの竿はお気に入りのミドリも
DV-1も2m前後、先週のうなぎサミットのときに初めて
270cmの竿を買ったけど、ちょっと投げられるようになって
欲が出てきた。もうちょっと長い竿がほしい。

オープンなら安いかな、と見てみて…


気が付けばお気に入りを一本見つけ出し、大切に抱えて
他の買い物を楽しむネクラがそこにいた。

まずい…一か月で竿2本。
浪費しているということよりも、服も鞄もアクセサリーも
何も買っていないのに、竿ばかり買っていることにびっくり。


ともあれ、今まで俺様の言うなりだったネクラが
自分で竿を選べるようになったことが嬉しかったりする。


(ところでここでは竿とちょっとだけ小物を買うだけの
はずだったのだが、なぜか竿の値段+\5,000分もお買い上げ
していたのが釣具屋の恐ろしいところだとネクラは思う)



さて、ちょっと試運転したいのですが。


なんせ時間は未だ15時、うなぎ釣りにはちょっと早い。
(行くんですねと思いました?行くんですよ)

珍しく俺様がいろいろとサーフを見てまわってくれるが
どこも海水浴客が入っているか、釣れそう?と思っても
駐車場がなかったりで、結局断念。
まっすぐtama川に向かうことに。

----------------

駐車場着。


ネクラ的には足場の良い東京側がお気に入りなのだが、
うなぎの実績では上回る川崎側が俺様のお気に入り。
次の日は休みで道具の片付けのことを気にしなくていいことから
この日俺様が入ったのはやっぱり川崎側のポイント。


どれ、オニューの竿を出しますよっと。



・・・



何ごとも起こらない。
そりゃそうだよねまだ18時前。
暗くなるまで待ちますか。


・・・


眠い…

ウトウトしていたら、俺様が「釣れたぞ!」と言っている。
まじっ 見る見る。
寄っていってみると、確かに釣れている。
そこまで大きいわけではないけど、罪悪感を持たずに
食べられるくらいのサイズはある。(写真なし)
とりあえずキープ!


その後ぎょぎょライトをセットしたネクラの竿にもアタリ!
寄せてくるとき、バシャッと跳ねる。

シーバス!

実は自分でシーバスを釣るのは初めてのネクラ。
うなぎじゃなくてもうれしい。
「タモ!」と叫びたくなるのをグッとこらえ、寄せてくる。

残念ながらこの日は包丁と氷をクルマに忘れてしまったので
リリースしたが、今度は自分で釣ったシーバスを食べたいな。


その後ミニミニサイズだけども何匹かずつうなぎを釣り上げ
22時をまわったところで納竿とした。


「うなぎは裏切んなくていーな」。

ついこの間まで天然のうなぎが釣れるなんてこれっぽっちも
信じていなかった俺様が帰りのクルマでこう笑う。
どうやら俺様の中ではチョロイ部類に入ってしまったのだろうか。

・・・なんだかよくない流れな気がする。
そう、海上釣堀でやり取りの上浮いてきたさかなが赤かったのを
確認した俺様が「チッ 鯛かよ」と言ったあのときのよう。
そう遠くないうち、弁明に来なければうなぎにも嫌われる。
そんな危機感を抱きながら家路についたのが日付もかわった頃。

とにもかくにも、今日はうなぎもシーバスも釣れてよかった。



2012/7/15(土) 18:00〜23:00
tama川@川崎側
くもり?(暑い)

俺様 うなぎ2(そのほか2バラシ1リリース)、シーバスたくさん
ネクラ うなぎ2、シーバス1

たくさんストックができて嬉しい。いつ食べよう!



↓静かに参加中
にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ

にほんブログ村

2012/7/14(土) 爆風の三浦で撃沈

July 15 [Sun], 2012, 1:05











 


下書き保存したつもりが堂々と公開になっていた状態で
丸一日放置してしまったので、このまま突っ走ろうかと思う。


待ちに待った週末、やっぱり磯に行きたいねと三浦へ出発。
朝マズメというには遅い時間、車もすこし多い。

実はこの日、俺様がインターラインの糸通しを忘れるという
今までにないミステイクを犯してしまい、途中の釣具屋さんで
なんとか調達したものの(\945)どうにも使い勝手が
よろしくなかったようで、釣り始めるまでがとても大変だった。

加えて爆風。
雨の釣りは苦にならないが風の釣りはいやだという俺様、
とても釣りずらそうだが竿を出す。

@
磯に立ち様子をうかがう俺様。

ネクラはというと、いつもは俺様のインターラインの短い竿を
借りてなんちゃってフカセをしているのだが、ようやく釣りを
開始できた俺様にもう一本竿を仕立てていただけますかと
お願いするのはとても面倒だったので、傍観者に徹することに。



・・・退屈。


しばらくして、爆風の中から何やら俺様が叫ぶ声が聞こえる。

Aアイゴ…


ネクラ 「toshi3さんの師匠のブログだと美味しかったって」

俺様 「ホントかよ… じゃあ持って帰るか」

ということでB下処理。



だが。

この日は結局戦場を変え夜中まで釣りをしてしまったため
段々とクーラーから異臭が漂い、結局は食べず仕舞い。
こんなことなら逃がしてあげたらよかった。ごめんアイゴ。


ただ見ているだけのネクラは睡魔に襲われ、クルマに移動
しようとしたところで俺様がちょうどよくコマセ切れ。


C珍しく近くの定食屋さんでお刺身定食?をいただいたのち
欲求不満を解消すべく、第二ラウンドへ向かうのだった。


2012/7/14(土) 8:00-12:00
@三浦半島西海岸
薄曇り、爆風
アイゴ×1
フグ×1
ネンブツダイ×たくさん
(いずれも俺様の釣果)


誰かネクラにフカセの魅力を教えてください…


↓静かに参加中
にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ

にほんブログ村

チャカチャカ君一周年

July 10 [Tue], 2012, 23:14


5/23うまれのチャカチャカ君は、7/10に我が家にやってきた。

一年経ったね、誕生日に買ったケーキでお祝いしよう。



マテ。(※マテをしているのはネクラなのに俺様を見る)



この一年を振り返ってみる。


2011年7月10日、我が家にやってきた当日。
なんと俺様の手のひらサイズ。



8月、少し大きくなった。
勢いよく開くひよこちゃん(ウエットティッシュ)が怖いらしい。



9月、俺様にマテされるチャカチャカ君。




同じく9月、3回目のワクチン。首のうしろにチクッとされても
何も気づかずポカーン。 これでお散歩解禁に。




10月、ネクラの実家へお出かけ。初めての飛行機。
伸びているからわかりにくいけど、このころから頭の毛が
だんだんと白くなってきている。




11月、雪国の生き物かと見紛うほどのボサボサっぷり。




洗われる。無抵抗。




12月、初めての本格トリミングでバッサリ。
取り違えなんじゃと本気で心配した。
動きまで機敏に見えるから不思議。




1月、ネクラの母のボケ防止策でセーターが送られてくる。




2月、ドキドキの手術。パラボラアンテナチャカチャカ君。




3月、初めて一緒に旅行。高速のSAで休憩。




よその犬に負けている。




騒ぎ疲れて爆睡。




4月、いつの間にか俺様がバリカンを買っていた。




落ち武者のよう…




5月、ネクラが仕事先でいただいてきたお花と一緒に。




6月、ネクラの両親と一緒に登別で一泊。
地獄谷に落とすぞと俺様に脅される。




そして迎えた7月、大きな病気も怪我もなく一年が過ぎたことに感謝。


ヨシ、お食べ。



これからも元気で仲良く過ごそうね。


2012/7/8(日) ふつか連続うなぎ釣り

July 09 [Mon], 2012, 23:49


目が覚めると、14時。

寝すぎだろう…

外を見ると、晴れている。
午前中は雨が降ったのだろうか。


チャカチャカ君をドッグランに連れて行こうかとも思ったけど
やっぱりうなぎ釣りに行くことに。

陰干しのおわった紀元さんの椅子をたたんでクルマに積み、
toshi3に足場の良いポイントを教えていただいて、出発。
紀元さんにこれからうなぎ釣りに行くことを伝え、
福浦に行くなら椅子と三脚を積んでいくので寄り道しませんかと
メールすると、これまた急なのに寄ってくれると返信が来た。
よかった、これで忘れ物を返すことができる。


そのポイントは釣り場と駐車場が遠いのが難点と聞いてはいたが
教えてもらった駅についてみると、たしかに…
コマセをつかう釣りと違って軽装なので距離は気にならないが
バッカンを持って街中を歩くのがちょっと恥ずかしそうな俺様。


釣り場到着。
足元はコンクリート。
これはいい。
なんせ昨日は大雨だったこともあって何もかもが泥だらけ。


さて、今日は青イソメひとパックだけ。
18時半釣り開始、翌日も早いので21時には撤収予定。

仕掛けを入れる。





・・・



まぁ、まだ明るいから…

そんなとき、紀元さんから近くについたとメールあり、
ネクラが忘れ物の返却と釣り場の案内にお迎えに出る。
(俺様は竿の見張り)
そして紀元さんのクルマにお邪魔して一緒に駐車場を探し、
なんとか見つけ出したコインパーキングに紀元号を停め
ふたたび釣り具を持って駅前を歩くことに。
(紀元さんも俺様と同じく少々気恥ずかしいようだった)


釣り場に戻る。


ネクラ 「アタリありました?」

俺様 「ちーバスだな」


なるほど、確かに仕掛けを入れると竿先がプルプルと
震えるけれども、のってる感じはない。
あげてみると、イソメがかじられている。

俺様の固い投げ竿でもはっきりわかるアタリがあるが
あげてみるとちーバスがついていることがほとんど。

だったのが、

ついに俺様の竿に





うなぎ!

そしてまた俺様の竿にメソっ子がいらっしゃる。
(少々余裕ができたのでチビはリリース)


時合?時合なの??



ネクラも内面あわてながら一生懸命竿を投げたが、
結局この日ネクラの竿にはうなぎもちーバスも来ず。


俺様だけは多数のちーバス



そしてなまず・・・


ほどなく紀元さんが福浦へ移動すると撤収し(タフ…)
21時からネクラが泣きの一時間延長を申し入れるも
状況は変わらず、結局は22時前に撤収。

ネクラには釣れなかったが、気軽な装備で来られて
河原で良い景色を見られただけで、この日は満足。
いつの間にか、俺様だけでなくネクラにとっても
釣りはなくてはならないものになったようだ。

いい景色。


--------

このまま終わればよかったのだ、よけいな話がひとつ。

駅を超えて駐車場につくころに気が付いた


鍵 が な い


たしかカーゴパンツのポッケに入れていたはず。
結構な存在感だったのに、いつから無かったっけ…

考える。

考える。

考え…








紀元さんのクルマだ!


駐車場をみつけて紀元さんのクルマをおりるとき、
確か何かものが落ちる音が聞こえて足元に目をやると
ネクラの視線は自分のキーケースではなく

イソメ

を捉えてしまったのだ。

紀元さーんイソメこれ持っていきますか?と聞き
足元からイソメパックを取り出して紀元さんに手渡し
これまたいい気になってお手伝いした気分になっていた。


確信をもって福浦に向かっている紀元さんに電話し
運転中にも関わらず足元をチェックしてもらうと

やっぱりあった


やってしまった…

とりあえずその日は俺様の鍵で帰れるので、
後日着払いで郵送してもらうことをお願いして、
この日は家路についたのでした。


おまけ
うなぎの引っ越しをする俺様@ベランダ




この日のうなぎは翌日の夕食に。


ひつまぶし。


ごちそうさまでした!


↓静かに参加中
にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ

にほんブログ村

2012年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31