2012/5/26(土) 海上釣堀もスランプ突入。

May 27 [Sun], 2012, 23:03



ネクラに前職での最後のコミッション(あぶくぜに)が入ったので
1か月ぶりに海上釣堀に参戦。
前日、ネクラは会社で大きな行事があって寝不足が続いていたため、
朝の運転は俺様にお任せして、いざ出発。

途中、ネクラはウトウト。
ハッと目が覚めたのは、俺様にしては珍しく急ブレーキを踏んだとき。
右車線にいる我が家の車の前には一台の車、車上にはなんと




赤  灯



しかも助手席からは道路工事の整備のオジサンが持ってるような
赤い棒がニョッキリ出てきて上下に動いている。

まさか、やってしまいましたか。




しかしそのクルマのターゲットは左車線にいた乗用車だったようで
なんとなく我が家は難を逃れて引き続き目的地へ。
残り点数の少ない俺様、相当ヒヤッとしたようす。
(ちなみにネクラは年に数回くだらない理由で切符をくらうものの
残り点数を気にするほど国家権力のご厄介にはなっていない)

これで運を使ってしまったのではと思われる出来事そのイチ。



釣り場について、竿と仕掛けをセッティングしつつ船を待つ。
ほどなくして船がやってきて、イカダへ渡ったあとに釣り場を選ぶ
くじを引く俺様。(ネクラはくじ運がないので俺様の出番)


引いたピンポン玉を見る。


「1」


でたっ 意味ない一番!
(だってネクラは一番いいところに入っても腕がない)


これで運を使ってしまったのではと思われる出来事そのニ。



そして釣り開始。


いきなり横のオジサンが鯛を上げる。
活性高いんじゃないの〜!


しかし当たらない。



じりっとした時間が流れる…



眠い…



ねむい…


ねむ…







「オイ!!!!」



!!!!



俺様の声でいきなり目が覚める(=寝ていた)

条件反射で竿を上げるが、時すでに遅し。
スカッと仕掛けが上がり、ハリはカラ。


俺様「居眠りとか信じらんねー」


申し訳ありませんね釣りをナメてるとか言われたら
確かにそりゃーその通りかもしれませんけど
眠いと思ってる時にたいした会話もなけりゃ人間
ウトウトしたって仕方ないでしょうよ


と思ったが口に出さずに無視。


しかしアタリがあったということはタナは間違って
ないということだから(たぶん)もういちどエサを
つけて落とす。そして今度は集中して見つめる。


アタリ!


数回ピョコンと動いたあとで、スーッと棒ウキが入る。


キターーーーーー



ガッと合わせたところで俺様がタモを持ってきてくれる。
「ウキ沈んだのか?」と聞かれる。「そう」一言返し。
浮き上がってきたのは日焼けした鯛。それでもうれしい!
俺様がタモ入れして一言



「ちっせーな」


・・・

嬉しい一匹目だったはずなのに、なんだか喜べない。
単なる感想だとしても、もうちょっと言い方とかこう…

こらえるんだネクラ。
こないだ釣りサミットの帰り俺様が「やっぱり俺が数釣って
お前が釣れないっていうのが正しい形だよな!」とドヤ顔で
言っていたときだって愛想笑いできたじゃない!
ここも頑張れ頑張るのよ!!!!


↓ネクラ的には小さくても嬉しい鯛



ほどなく他の人とおまつりしながら俺様が鯛を釣り上げたが
ネクラが釣ったのと大した変わらない大きさだったことを
ネクラは一生忘れない。


↓俺様の鯛



そんなつまんない思惑を抱いていたからきっと
鯛にも青物にもシマアジにもヒラメにも見切られてしまい
施設からおみやげをもらって帰る釣果にしか
できなかったのだと反省している。


ただ釣れないだけでなく、まわりが釣れているのに
ウチだけ釣れないというこの屈辱。
先々週の釣りサミットで久しぶりに釣りに対する
自信を取り戻したかに見えた俺様、再びスランプへ。



2012/5/26(土)

俺様 鯛2
ネクラ 鯛1(+おみやげ1)


帰ってきて俺様が姿造りにしてくれた。
(ちなみにツマも自作)






翌日の日曜日はひと柵を炙り、ひと柵を昆布締めで。



久々の鯛めし




ちょっとムカツクことが多かったけど、
美味しかったからまぁいっか!



↓静かに参加中
にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ

にほんブログ村

Ice Cream of the Future.

May 20 [Sun], 2012, 23:17



チャカチャカ君のお誕生日に食べさせてあげたいケーキを求めて
たどり着いた亀戸サンストリート。
気持ちよくひらけた広場の階下の店にネクラが何気なく目をやると


あれは 近頃巷で噂のあのアイス!


無事にチャカチャカ君のお買い物も終わったところで、俺様に
今日のスイーツはあれにしない?とご提案。
でももう晩御飯の時間が近づいているので、テイクアウトですよ。


どれ。



まわりが広場なので犬を連れている人も多い。


「おれもたべる」



はじめてだから、バニラ…



いやでもソーダもおいしそう…



(おれのは別に買ったから、がまんして。)

生まれつき甘いものが苦手なネクラだが、アイスは結構好き。
未知の食べ物だけど、せっかくなのでネクラも食べたい。
ジャンル問わずなんでも食べられる俺様は、見た目からなのか
レインボーを選択。
ネクラは食べられそうなバニラ×チョコをお買い上げ。
(正式名称を忘れてしまった)
帰ってきて冷凍庫に入れたときに改めて見つめる。


つぶつぶ!






おいしゅうございました!


次はソーダを食べたい。

2012/5/20(日) チャカチャカ君のたんじょうび

May 20 [Sun], 2012, 21:13



チャカチャカ君が我が家にやってきたのは2011年7月10日。
それはそれとして、とりあえず誕生日を祝いたい。

チャカチャカ君の誕生日は、血統書によると2011年5月23日。
平日… ネクラは遅いかもしれない。

19日土曜日、20年来のお友達の結婚式で24時すぎ帰宅した俺様に
「あしたは釣りに行かないでチャカチャカ君のお祝いしようよ」と
ウルッとした目でお願いをしたら、渋々承諾を得られた。

ということで、前倒しでお誕生日。

俺様が昨年の春1か月間入院生活を送った病院のそばにある
都立公園の中にドッグランがあるということがわかったので
まずはお出かけ。


入場直後こそはしゃいで走り回ったものの、ヨソの犬とご対面で

↑逃げ腰。



その後もネクラと俺様のそばを離れようとしないチャカチャカ君。
内弁慶に育ててしまったことを悔やみつつ、1時間も経たずに退場。


帰宅前にチャカチャカ君のケーキを求めて亀戸まで足を延ばし、
犬用ディナーとスイーツを手に入れて帰宅。


食べたくて仕方ないチャカチャカ君を制止して、写真撮影。





(ちょっと早いけど)1歳、おめでとう。
ネクラと俺様だけでなく、ネクラの両親も俺様の両親も
そしてネクラと俺様の数少ない共通の友達との鎹とも
なってくれているチャカチャカ君。

これからも長生きしてね。



2012/5/13(日) テナガデビュー

May 13 [Sun], 2012, 23:21



前日、釣りサミットから帰宅したのは20時すぎ。
明け方から夜半まで粘っていた外房での釣りと違って
体力限界というほどではない。
土曜朝まで体調不良と主張していた俺様も、新しい釣りを
新しいコミュニティで会得できたことですっかり元気。
(ただしまだふたりとも鼻がズルズルしている)

土曜日夜寝る前、チャカチャカ君にネクラは言った

「あしたドッグラン行く?」

途端に目がランランとし元気になるチャカチャカ君。
わかった嬉しいのはわかったでも行くのは明日だから、、
と言って寝かせつけ、ネクラと俺様も磯遊びの
心地よい疲れからすぐに就寝。



朝。



目を覚ました俺様が一言



「テナガエビ釣りに行っか」



!!


実は先週のGW後半にチャレンジ予定だったテナガエビ。
お天気やタイミングに恵まれず、仕掛けは仕入れたものの
お流れとなっていたのだった。

テナガエビであれば都内東部のポイントで釣れるらしい。

ゆっくり起きてごはんも食べてから出かけて釣れる?
そして夕ご飯の時間くらいにはかえって来られるのなら、
まぁ行ってみましょう。


チャカチャカ君に「ごめんね。。」と言い残し、出発。
もうちょっとチャカチャカしなければ、一緒に行けるけど…

途中J州屋でかさびたみたな虫を仕入れて現地入りは15時。
そこそこ人はいるけど、バカスカ釣れてる様子はない。


久しぶりの延べ竿、外房の海に幾度となく献上した延べ竿…
アジ釣りにはまだ早いけど、テナガには延べ竿がよいと聞き
買った仕掛けをセットして投入。


・・・



ウキが動いてんだかどうなんだか。


と、思っていたら。


俺様が上げた竿に、ちびっこテナガエビ!




いるんじゃん!!

あがるテンション。


ちっこいと言っても虫だし…とジャリメイソメ同様
素手での接触を拒んでいた赤虫にあまり生命感を感じず
ひょっとしたらいけんじゃね?と試しに触ってみたら

ゾワッとしない!背筋!


指サックつけててもジャリメイソメに針をぶっさす時は
なんだか背筋が明確にゾワッ!!とするのだけれど、
この虫のときは感じず。
赤い体液は嫌だけれど、夏場に俺様が仕事に持っていく
ハンドタオルをポッケに忍ばせていたので問題なし。
「それ触れんだったらジャリメもいけんだろ」と俺様。
でもなーちょっと別の問題なんだな。


夕方近く、明確に気温が下がってきてネクラはGive up
すぐ近くの車で待ち、ほどなくして俺様もお片付け。


結果

テナガエビ総勢13匹
マイクロハゼ3(俺様1,ネクラ2)


「ここでアジとヒラメとメジナが釣れたらいいのにな」


俺様の発した都合の良い発言を右から左に流しつつ、
土日ともに新しい釣りで楽しむことができたことが
とても嬉しく、また明日から一週間頑張ろうと決心。


もっといっぱいいろんな釣りするぞー




↓静かに参加中
にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ

にほんブログ村

2012/5/12(土) 釣りサミットのおかげで新しい世界を知る

May 12 [Sat], 2012, 23:31

簡潔に文章をまとめる訓練と思って
書きたいことをガツガツ削ってみるテスト。


初めての三浦、そして二次元で知り合った人たちと
初めて三次元での顔合わせ。
何を準備していいかもわからず、どういう感じで行ったら
いいのかもわからず就寝。
翌日は平日と同じ朝5時に起きるつもりだったけれど
無意識に目覚ましを止めていて寝坊…
それでも7時には意識を取り戻したので俺様も叩き起こし、
とりあえず朝8時半、出発。

「とりあえずどこを目指そう?」
つぶ太さんにカーナビの設定場所をメールで聞く間、
いつの間にか俺様が三浦フィッシングセンターを行先に。
乗り気でないように見えて、きちんと調べていたらしい。
素直でないネクラと俺様っぽい出だし。


普段通っている外房よりも遠いイメージでいた三浦、
実は外房よりも20kmほど近く、そしてほとんどが高速なので
100kmのうち半分が下道の外房よりも相当移動できると
いうことが判明。

10時すぎ、三浦フィッシングセンター到着。

といっても、何を買ったら良いのか…


俺様 「電話で聞いてみろよ」

ネクラ 「えー (自分で聞けばいいのに…) わかった…」


そうしてつぶ太さんへファーストコンタクト。


俺様 「コマセいるって?」

ネクラ 「いるっちゃいるけど なくてもチビッコは釣れるって」

俺様 「フーン じゃあいっか、どーせ今日は見学だ」

ネクラ 「そうだね…」

俺様 「何だよ」

ネクラ 「いや何かつぶ太さんの声って結構チャラいような…」

俺様 「チャラ男?」

ネクラ 「っていうより…文章が老けてたから40歳って言われても
 なんだかピンときてなかったんだけどさ」

俺様 「え 俺より年上?!」

ネクラ 「らしいよ  何?知らなかった?」

俺様 「てっきり俺より年下かと思ってた」

ネクラ 「私はもっとじいさんかと思ってた」


勝手な会話を繰り広げながら軽自動車は油壺の駐車場へ。


そこでつぶ太さん、初対面。

ナイナイの岡村をシュッとさせた感じ!
しかも釣りなのになんだかオシャレ…
ネクラと俺様はいつも汚れてもいい服ばかり。
ちょっとハズカシイ。


そこから俺様も一緒にご挨拶をして、釣り場へ。
初めての磯歩き、ひとりひそかに必死。

釣り場は既に宴のあとのような落ち着きを見せていて
ワイルドに横たわる男性がふたり…(気づかなかった…)
挨拶もそこそこに、釣り開始。
俺様は見よう見まねでフカセの仕掛け(いつものように
いつの間にかフカセの道具をさっきの釣具屋で買っていた)
ネクラは巨大キス狙いで天秤、でもエサはバイオワーム。
投げてはみたものの瞬殺で藻のやつらに絡まれてしまい
仕掛け消失してしまったので見学に切り替え。

俺様の様子をうかがうと、、

メバルだとかソイとか釣り上げたのち、いきなりメジナ釣ってるし!


すかさずつぶ太さんから「すごいですよ今日イチ!」の声。

いいですって鼻のびちゃうから!鼻の下じゃなくて鼻!
TENGUのように!
でも初めての磯で初めてのフカセ釣り、キンギョだろうが
なんだろうがアタリの取り方をグイグイ習得していく様は
釣れねーなといって腐っている最近の姿よりもよっぽど
安心してみることができた。

嬉しかったのは女性がネクラのほかに2名もいたこと!
ふりーじあさんにはネクラの大好きなたまごのサンドイッチを
作ってきていただき(※ただの偶然)、カエルコさんとは
砂浜へキスを狙いに、フカセに夢中な俺様を男子組に残して
出かけることができたのがとても楽しかった。 

いつもふたりで出かけているのでバラけてしまうと当然ながら
ひとり×2。 釣れても釣れなくても無言。
それがこういうパターンだと俺様と離れたとしても
釣れたー なにこれーとか、ここはあるけど磯とかってふつう
トイレ困るよねーとか、そういう話ができて楽しかった。
そして俺様もそうやって話をしてるんだろうな、と妄想して
ひとりクスッとなったりするのだった。


そうしてカエルコさんがメゴチベラベラと釣ったところで
そろそろ戻りましょうかと磯へ戻ると、見学をしていた
ふりーじあさんが「すごいよ、俺様いっぱい釣ってる」と。



えー ほんとに??(疑)


寄って行ってバケツを覗くと、満員御礼!


ネクラ 「えっこれほんとに釣ったの?いただいたとか・・」

俺様  「おめーな釣ったんだよほんとに俺が!!」

ネクラ 「じゃあ今から釣ってよ見てる前で〜」

俺様  「もう釣れねーよ おめーのタイミングがわりーんだよ」



結局その後も俺様がメジナを釣り上げるところを目撃する
ことはできなかった。本当だったんだろうか。真実は闇の中。

おひさまが傾きかけたころ、深夜から頑張っていた皆さんが
撤収準備を開始。メジナは出なくなったもののフカセウキの
アタリをつかみ始めていた俺様はまだまだやるぜオーラ。
それでもお見送りのときに「まだ頑張っていくんですか?」と
聞かれた俺様「あと一時間ですね」 

ほんとですかー

「ここって暗くなってからがいいようですよ」とtosh3
やめてくださいホントそれシャレにならないんですこの人!!

ところがこの日は終了時刻までのカウントダウンを俺様が担当。
(実際に竿をしまったのはいつもの通りネクラの方が先だった)
ネンブツダイしか釣れない海に俺様が見切りをつけて竿を片付け、
最後に小腹がすいたので朝買ってきたコンビニのおにぎりを
夕日が沈む磯をふたり占めしながらゆっくり食べて、撤収。

磯って、いいね。


----------

BBQセット持ってきていただいたtoshi3さん、
ネクラの竿を海から拾ってくださったごくうさん、
おいしいごはん持ってきてくださったふりーじあさん、
ハゼの生態教えてくださったスピードさん、
釣りガールの心得教えてくださったカエルコさん、
そして何より「参加しますか?」でなく「場所わかりますか?」と
参加前提で連絡をくださったつぶ太さん。
とっても楽しい時間でした。ありがとうございました〜


俺様、
普段めんどくさいやりたくねぇといっている包丁仕事、
皆の前でお願いしたとき快く引き受けてくれてドーモでした!


俺様の釣りのルーツはお父上、そして釣りのスタイルを
確立したのは中学校時代の同級生、そのまんま40近くなって
30年ぶりに海釣りを再開したはいいもののお父上は船だし
堤防や磯は誰に聞いていいのやらという状況だったようなので
俺様としても楽しい日だったようでした。

----------

俺様は来週19日土曜日、お友達の結婚式。
日曜日だけじゃさすがに遠出は無理だわね。

その次の週末は海上釣り堀に行く予定!
せめて月一回くらいはいけたらいいね、と話しているので
月末のご褒美に行くことに(今のところ)決めている。

もし興味がある方がいらっしゃったらご一緒しましょ、
コメントお待ちしてまーす




↓静かに参加中
にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ

にほんブログ村

釣りサミット御礼

May 12 [Sat], 2012, 23:00



こんだけ放置してたにも関わらず、参加前提で問いかけてくださった
つぶ太さんに今となっては感謝あるのみ。


朝7時まで家で寝ていたくせに、初めての磯釣りと磯までの移動で
ネクラも俺様ももうおネム。
取り急ぎ今日は御礼までとして、詳細はあしたup予定。
※期限を決めなければまた一週間が始まって何もできなくなってしまう


今日のディナーはこんな感じ!


って写真upしようと思ったのにうまくいかない




おまけ

帰宅してみたら案の定、トイレ以外の場所でのおそそうが有り
俺様にこっぴどく叱られるチャカチャカ君の図。


って写真upしようと思ったのにうまくいかない


クソッ

でもとりあえずあしたまたチャレンジする予定。
それでは皆様バイバイキーン




↓もう意味ないかもしれないけどとりあえず参加中
にほんブログ村 釣りブログ 女性アングラーへ

にほんブログ村

2012年05月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31