叔父の急逝

January 12 [Thu], 2012, 15:47

昨日、母方の叔父が息を引き取った。

14年間続けてきた、人工透析の終わり際
突然の心肺停止だったらしい。

ネクラが札幌を出てからの話だが、母の兄ふたりは
南高OBの団体で合唱を楽しんでいた。(りっか だっけ?)
もしかしたら皆秋の合唱祭ですれ違ってたかもね。

さきほど母から、「爆笑メール」と題打ってこんなものが送られてきた。
亡くなった叔父から、下の叔父に向けて送られたメール。


「おめでとう (←恐らく正月挨拶 遅い)
 体調はよくなってきている
 21日の練習と新年会は行くつもり
 車で行くなら送り迎え頼む」


その4日後のできごと。 

中学校(だったかな)での音楽教師を引退後、
なにやってたんだか知らないけどきちんと透析に通いながら
2年くらいまえ死にそうになったとこから復活したそうなのに。

17年前祖母の葬儀の際には兄ふたりでお経を詠んだ。
お布施を寄越せとふたり揃って言っていた。

母の音楽好きはきっと叔父のおかげ。

母の音楽好きがあって、ネクラとネクラの姉はピアノを続け、
ネクラの姉は音大へ、ネクラは趣味の合唱で今でも仲間に支えられ。


我が家に音楽をありがとう。 合掌。


-------------------------


と、いうことなのでネクラは金曜午後から札幌へ。

外房リベンジ、先延ばし…

俺様は釣りたい釣りたいストレスがマックス状態なので
ゾウ君とでも行ってきたら?と聞いてみたが、
あいつは理屈くさいからいい、と。

そんなこといって行ってくるような気がするけどね!

日曜日のおつまみがなめろうであることを祈りつつ


フィッシュランドでイカゴロ買ってこようかな〜
(何しに行くんだ)


2011ネクラと俺様とチャカチャカ君の年末年始

December 31 [Sat], 2011, 21:39


12/30 未だ家族でないネクラと俺様は別々のお正月。
俺様はピーナッツのまちへ、ネクラは雪のふるまちへ
それぞれ里帰り。チャカチャカ君はネクラの要望により
ネクラと一緒に飛行機に乗って北国へ。


俺様は父上様と年始早々船に乗ってラメヒーを狙いに行くそうで
釣具屋さんに行って準備をしたりしてるそうな。
(昨年も年始から船に乗っていたが船酔いで撃沈していた)


ネクラはこの年末年始決めていたことがある。

それは会える限りの人に会うということ。

昨年も年末年始は帰省したが、病院明けだったこともあって
ほとんど出歩かずに実家で父親と晩酌&迎え酒だった。

来年のお正月は俺様と過ごすかもしれない。
これはやっぱり今年のうちに皆と遊んでおかなくちゃ!
(※都合のいい解釈)

ということで到着した昨日30日は家に帰ってから
進愛なるHARUの営む小料理屋さんへ。
そこでHARUと年越しは一緒に地元の喫茶店に行くことを
約束して帰宅。
ひとりになってからの時間を支えてくれた友達に
ちょっとずつでも出来る限り恩返しをしておきたい。


実家に来てもお留守番のチャカチャカ君。
じじばばが力の限り甘やかしてくれているので
調子に乗り過ぎてちょっと困ってきているところ…




雪中散歩。
まったく気にせずいつもどおりチャカチャカ。




ばーちゃん(※ネクラの母)の足元でグッスリ



そして本日12/31 21時現在
動きすぎてグッタリなチャカチャカ君、
そして両親と一緒に第九を聞いてもなんだか
年末という感じがおきてないネクラ…


出来事だけみると、世間的にもネクラと俺様的にも
大変な年だった。ネクラの厄はあと一年。
がんばっていい年にしよう。

行き場のない母の愛

November 29 [Tue], 2011, 13:14

「ボケ防止のために編み物でもしようかと思う」

実家の母からこんなメールがきたのが1月ほど前。

ああそう頑張ってと思っていたらなんと
俺様用にセーターを編むという。

いまどき手編みのセーターですか…

方向性さえ間違えなければ彼女(※母の)の腕は確かであり
ネクラも数年前にはデザインと毛糸の色と質をカッキリ指定して
帽子を編んでもらったりしたものだ。

しかしそれをいくら大のお気に入りだとはいえ
数回会っただけの俺様に強制するのは如何なものか…

「今からだったらクリスマスには間に合うと思うから」

母はここまで来たら止まらない。
気持よくボケ防止プログラムに取り組んでもらわねばならないので
最近頻度の高い釣りに来てくセーターにしてね、と言っておく。
(※それならば露出も極力抑えられようという思惑もある)


前身頃やゆきを計って母にメールし、しばらく何もないので
忘れていたのだが、今日になってまたメール。

毛糸があまりそうなので、今度はチャカチャカ君にお洋服を
編むから寸法測って送れと言うのだ。
(※ところで実の娘の分はどうした母よ)

チャカチャカ君がおとなしく着るとも思えないけど、
楽しみを奪うのも可哀想なので従っておこう。


よく見ると、メールに写真が添付されている。

開く。




母よ これじゃあ化け猫だ

2012年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31