目から鱗のお手軽ダイエット

January 26 [Thu], 2017, 23:17
ダイエットはしたいけど食べる量は減らしたくない、というのは一見わがままに見えますがしょうがない自然の摂理なのかもしれません。人は空腹になると命の危険を感じてどうしてもカロリーを摂取したくなるものです。ですから空腹を無理に我慢するのは精神的にも悪影響を与えますし、空腹状態を続けることで体が飢餓状態だと認識してしまいます。飢餓状態だと認識した体は、少しでもカロリーを摂取するとなるべく体に蓄えようとしてしまうのです。ダイエットの基本としては痩せやすい体を作る方が効率がいいですし、後々リバウンドする危険性も低くなります。痩せやすい体を作るには筋肉量を増やすことが最も近道なのですが、運動になじみのない人や極端に太っている人などは急な運動をすることで体を傷める場合もあるのでお勧めはできません。それよりもカロリーの吸収を穏やかにする「食べる順番ダイエット」がいいのではないかと思います。食べる順番ダイエットというのは、野菜やたんぱく質などの食べることで血糖値を上げる効果がなるべく低く緩やかに行われる食品から先に食べるようにするというダイエットです。血糖値を緩やかに上げることで食べたものが脂肪に代わることをなるべく防ぐという働きがあるため、食事の最初に炭水化物を食べるというのは避けるだけで、実はダイエット効果があるのです。この方法では食事量や内容をあまり変える必要がなく、空腹状態の時間を減らすことができるため、無理をせず、長期スパンでダイエットに取り組むことができるのです。食べる順番が習慣になることでリバウンドせずに一生かけて緩やかに健康的に痩せられる人になれるのです。まずはサラダから、まずはスープから、そしてご飯やパンは最後に残すようにするということを心がけてください。

食べるのを我慢したくない!わがままダイエット

December 08 [Thu], 2016, 9:45
痩せたいけど食べたい!なんて言うと「わがまま〜」って思われがちですけで、極端な肥満体系でない限りは食べる順番を変えるだけで1〜2キロは落とすことができるお手軽ダイエットに繋がります。よく、お腹に入ってしまえば一緒なんていう人がいますが、実はお腹に入っていく順番が変わることでカロリーの摂取量が同じでも吸収量が変わるというデータがあるのです。その最大の原因となるのが血糖値というもの。人間は食事をすると血液中に栄養が行くために血糖値が上がります。この血糖値が上がるスピードは、食品の種類によって胃で溶かされて分解され、腸で吸収されるスピードに比例します。ですから、ごはんやパンなどの炭水化物などの盗塁を多く含むものは早く、野菜などの食物繊維がじゃましてなかなか消化吸収されにくいものは遅く、血糖値が上がるという仕組みなのです。そして血糖値が急激に上がることで脂肪細胞が活性化し、より太りやすくなるという研究結果が出ており、できるだけ血糖値を緩やかに上げることで太りにくい食生活にできるということなのです。さらに、野菜やスープから食べ始め、たんぱく質などを経て最後に炭水化物や糖質などを摂取することによって、満腹感を早くに感じることでカロリーの高い炭水化物の摂取を少なくできる効果も期待されています。これは先に食べる量を決めてしまうと結果としてカロリーは変わらないので効果が出ないため、前菜からおかずなどをすべて食べきってから主食をよそうようにすることで量を減らしていきます。野菜から食べたからカロリーの高いものを後に食べていいというのではなく、ある程度のカロリー計算も併用して、普段の食事より100〜200キロカロリー少ない程度の食事内容を心がけるといいでしょう。

緩やかに体質改善!食べる順番を変えるだけ

October 22 [Sat], 2016, 22:00
食べる順番で脂肪や糖の吸収量が変わるって知ってましたか?その名の通り、食べる順番ダイエットというものが以前流行ったのですが、これだけで痩せるということは実質は不可能です。食事のカロリーというものは食べる順番がどうであれ総量としては変わらないので、普段通りの食事内容の場合は順番を変えても痩せる効果を得られるものではありません。ではどういう仕組みで痩せるのかというと、食事による血糖値の上昇を緩やかにして体に脂肪を吸収させにくくするというイメージです。ですから、野菜やスープ類などの血糖値の上昇が緩やかにはじまるものから食べるようにし、徐々に肉や魚のたんぱく質、最後に炭水化物であるご飯やパンを食べるようにするといいのです。これは短期間で痩せるというよりも、長期間行うことで体質改善を行うような目的で実践するダイエットです。食べるとすぐに太ってしまったり、肉や魚などの脂肪分をなるべく我慢したくない方におすすめです。先に野菜やスープでお腹を膨らませることで、焼き肉などに行っても今までのようにたくさんのお肉を食べる隙間がなく、思ったよりたくさん食べることができません。しかし、空腹を我慢することで脳にストレスがかかりますので、我慢せずに好きなだけ食べるためにはこれが最善の方法なのです。ここで大事なのは、毎日の食事をとりわけ形式、いわゆるビュッフェ形式の食卓にし、最初に食べる量を決めてしまわないこと。野菜を食べ、満腹状態で肉や魚、主食のご飯などをよそうようにすると、確実に今までよりは少ない量を取ることができます。これを習慣づけていくことで意外にも早く痩せることができるでしょう。食べることを我慢したくない人にお勧めです。

お腹いっぱい食べられる!食べる順番ダイエット

August 27 [Sat], 2016, 21:20
ダイエットはしたいけど、空腹を我慢するのは嫌だという人は多いはず。もちろん、ある程度の努力と我慢はダイエットになくてはならないものですが、少しでも効率よくダイエットをしたいという願いはありますよね。お腹がすいている状態というのはストレスを感じている状態といえるため、体には負担がかかっています。精神的にも苦痛であると同時に、体は生存本能で危機を感じ、意識的に脂肪をため込もうという働きが出てくるそうです。ですから、空腹状態を長く続けることは逆に脂肪を燃焼させようとする意図からはだいぶ外れたものとなってしまい、空腹後の食べた食材を最大限に体にため込もうとしてしまうのです。ダイエット中はできるだけ、食べたものを体にためずにすべて使い切りたいので、空腹状態は感じない方がいいのです。ということは、カロリーの引く食材をたくさん食べるとか、脳に空腹であると思わせないことが大事になってきます。ここで注目なのが、実際に高カロリーのものを食べていなくても、脳を満腹であると錯覚させる方法があるということです。それが食べる順番ダイエットというもので、例えばスープや野菜などといった、血糖値を緩やかに上げるものを食事の最初に摂取することで満腹感を長く続けるという方法なのです。血糖値が急激に上がることでも脂肪をため込みやすくなるという研究結果もあり、これはダブルの効果で痩せられるダイエット方法といえます。さらに、低カロリーのものをさきに食べることで、脂肪分である肉や炭水化物のご飯などの主食を少しでも減らすという狙いもあります。ですので、先に食べる量をすべて決めてしまわないで、野菜やスープなどを食べ終わってから少し時間をおいて、その時の空腹状態でその後の食べる量を決めるといいでしょう。


順番だけじゃなくてやっぱり内容も大事!

December 31 [Thu], 2015, 10:50
食べる順番ダイエットって、食事を無理に制限しなくても痩せられる楽なダイエット法というイメージを持っている方もいますよね。
確かに、食べる順番に気を付けるだけで痩せられるというと、ものすごくお手軽なイメージを抱いてしまうでしょう。
ですが、実際にはそんなに甘いものではありません。
なぜなら、食べる順番ダイエットと言ってもやはり、順番だけではなく、食事の内容にもある程度気を付けないといけないからです。
このダイエット法では、最も脂肪になりやすい糖質を多く含む炭水化物を最後に食べるということが基本になっています。
そのため、カレーやどんぶりと言ったおかずとごはんを一気に食べるようなものは御法度になってしまいます。
また、サラダにかけるドレッシングなども、油分やイロイロな食材が使用されているので、基本的にNG。
こういった制限を考えると、「結局、ダイエットに良さそうなものを選んで食べなければならないのでは?」という結論になりますよね。
そうなんです。
食べる順番ダイエットでは、結局はダイエット向けの食べ物を選ぶという流れになってしまうのです。
でも、これがストレスなく、簡単にできるというのが大きなポイントなのでしょうね。
「炭水化物を最後にしたいから」ということを意識することで、食べる内容も変わってくるわけです。
ですが、これまでガッツリどんぶり物などを食べてきた方からすれば、このような食べる順番にこだわるのは、ちょっと厳しいかもしれません。
まずはカレーやどんぶりなどの一品料理を食べる機会を減らしていくところから始めると良いでしょう。
ちなみに、パスタやパンも炭水化物。
これらも、食べる順番ダイエットには不向きです。
どんぶりにはそれほど興味がない女子でも、こういった洋風炭水化物が食べにくくなってしまうのは、辛いところですね。