10人のイレブン決勝で涙…なでしこ福島に拍手

October 31 [Mon], 2011, 6:00
 “10人のイレブン”、力尽きる――。強豪で知られる福島県立富岡高校女子サッカー部が30日、全日本女子ユース(U―18)選手権東北大会(山形県天童市)の決勝で敗れて全国大会出場にあと一歩届かず、今年の公式戦日程を終えた。

 同校は東京電力福島第一原子力発電所からわずか10キロの距離にあり、事故後、部員はスタメンにも満たない10人に減少。数的不利の連戦に耐え、果敢に闘い続けたみちのくのなでしこたちに、観客席から惜しみない拍手が送られた。

 決勝の最終スコアは「0―5」。ベンチに戻った富岡高の大木汐(しほ)主将(18)は大粒の涙を流し、「悔しいけど、このメンバーでやって良かった。これだけ走れるチームはない」と声を振り絞った。

【記事引用元】Yahoo!JAPANニュース より