はじめまして

November 07 [Wed], 2012, 17:48
アメリカ大統領選挙で、オバマ大統領が勝利宣言をした。
日本時間7日午後3時40分ごろ、オバマ大統領は、シカゴで支援者を前に「われわれは、1つの家族であり、いい時も悪い時も、国として、そして人として、ともにある」と勝利宣言した。
アメリカの大統領選挙は、民主党現職のオバマ大統領と、共和党のロムニー候補が激戦を繰り広げた。
オバマ大統領は現地時間6日、最後の演説で「大変な時を生きてきた、全ての人に感謝したい」と述べ、涙をぬぐう場面も見せた。
オバマ大統領は、選挙結果を待つ間、地元のシカゴでゲン担ぎのバスケットボールをするなどして過ごしていたという。
開票が始まると、オバマ大統領が、全米で7つの激戦州のうち、これまでに6つの州で勝利を確実にした。
中でも、焦点となっていた中西部のオハイオ州を制したことで、再選が確実となった。
アメリカの主要メディアが速報で、次々、オバマ大統領勝利を伝えた。
オバマ大統領も、自身のツイッターで「あなた方のおかげで勝てた」など、フライング気味の勝利宣言もしていた。
ニューヨークのタイムズスクエア前では、「オバマ大統領過半数獲得」と伝えられると、何千人もの人たちが歓声を上げた。
そして、敗れたロムニー候補。
およそ4,000人の支援者が詰めかけたロムニー陣営の会場は、オバマ大統領再選の速報を受け、静まり返った。
ここに現れたロムニー候補は、敗北宣言でオバマ大統領にエールを送った。
ロムニー候補は「オバマ大統領に、当選のお祝いの電話をしたところです。これからが、アメリカの挑戦であり、大統領がこの国を導いてくれると祈っている。本当なら、わたしが大統領になって、皆さんの望みを満たしてあげたかった」と述べた。
そのエールを受けたオバマ大統領は、「今夜、植民地だった国が勝ち取った約200年後、われわれは、自らの意思で運命を決定した。あなた方がいたから前進する。戦争や不況に勝利した精神を再確認したから」と述べた。
一方、日本では、4年前に大きな盛り上がりを見せた福井・小浜市が盛り上がっていた。
名づけて「オバマガールズ」によるフラダンスの応援の中、市民ら100人が開票結果を見守った。
小浜市の人は、「楽しかったです。絶対勝ってほしいと思ってました」、「再選したので、これを通じて、小浜市をいろんなところに発信できれば」などと語った。
そして、オバマ大統領の再選に、野田首相は「オバマ大統領の再選をお祝いするメッセージを出しました。これからも、引き続き協力していきたい」と述べた。
一方、元アメリカ国務省日本部長のケビン・メア氏は「オバマ大統領の方が、ロムニー候補よりも、アメリカの防衛予算を削減するつもりなので、日本に対する圧力が強くなると思う」と語った。
これからの4年を、再びオバマ大統領に託したアメリカ。
史上まれに見る接戦との事前の予想も、ふたを開けてみれば意外な大差がついた。


2012年11月6日、海外の人の目に日本人は「二面性がある」と映るようだ。米文化人類学者ルース・ベネディクトは著書「菊と刀」(1946年)の中で、「菊づくりに秘術をつくし、芸術や美を賛美しながら、他方では刀を崇拝し、武士に最高の栄誉を帰する」とし、日本人は「野蛮な一面と温和な一面を兼ね備えている」と描写している。


ルース氏は同書でさらに「日本人は頑固でありながら、環境に応じて忍耐することも知っている」、「従順でありながら、他人に操られることを嫌がる」、「忠実でありながら、反逆心もある」、「勇敢でありながら臆病」、「保守的でありながら、新しいライフスタイルを取り入れるのが好き」と日本人の性格を描写している。

日本人がこのように、東洋の上品で含みのある表現の仕方と開放的で自由な西洋の性格両方を兼ね備えるようになったのは、「島国」という地理特性によるもので、この「二面性」は日本のアニメ作品の中でも表現されている。

1)武士道の精神

日本人は武士道の精神を尊んでいる。戦争当時の「天皇のため、お国のため」という精神はまさに武士道の精神の集約と言えるだろう。1980年代の人気漫画「聖闘士星矢」はギリシャ神話をモチーフにしているものの、女神アテナを守るために戦う闘士聖闘士(セイント)らの精神は「武士道の精神」だ。聖衣(クロス)と呼ばれる防具をまとい、星雲鎖(ネビュラチェーン)などの武器を持つが、各ストーリーの中で首尾一貫して貫かれているのはやはり武士道の精神だ。また現在、中国でも圧倒的な人気を誇るアニメ「NARUT―ナルト」に登場する忍者達が、心の中で守っているもの、夢、最後まで戦い尽くすその姿はいずれも、忠誠を尽くし、勇敢に戦う武士道の精神の表現である。

2)団結精神

ヒーローが大好きな米国と違い、日本のアニメ作品の中では団結の重要性が強調されている。日本の各アニメの主役には、必ずいっていいほど、息のピッタリあったチームが存在し、チームの成員は主役の引立て役を務めると同時に、個々の個性も備え、そのストーリー全体に花を添えている。例えば、90年代の人気アニメ「SLAM DUNK(スラムダンク)」に登場する、湘北高校バスケット部の主役は言わずと知れた桜木花道。しかし、脇役の流川楓や赤木剛憲、三井寿、宮城リョータ、木幕、赤木晴子、「桜木軍団(水戸洋平・野間忠一郎・大楠雄二・高宮望)」などは桜木にとって、バスケットチームと友情軍団の2チームを構成している。また、「美少女戦士セーラームーン」に登場するセーラー戦士たち、「ドラゴンボール」のクリリン、亀仙人、チチなども同じだ。日本のアニメは団結精神や協力する精神を作品の中に盛り込み、若者たちの心にそれを浸透させている。そのため、人気となるアニメ作品は子供たちを楽しませるだけでなく、生活の知恵や人生哲学なども色濃く含んでいるため、老若にかかわりなく人気となる。

3)伝統的な民俗文化

日本のアニメにはロマンチックな桜道や美しく舞う桜ふぶき、桜の木の下に集まる人々などのシーンがたびたび登場し、男女問わず伝統衣装である着物を身にまとっている。そして、一面に敷かれた芝生の上に座って、楽しそうに弁当をみんなで食べている。このようなシーンが日本人の特徴をさらに鮮明なものにしている。美しい着物、おいしいお弁当、詩のワンシーンのような桜道、高層ビルと対照的に映し出される神社、空中を気持ちよさそうに泳ぐ鯉のぼり、整然と広がる田んぼなど、日本の漫画家は自身の作品の中に日本の特徴のうち、最も美しい一面を存分に織り交ぜ、日本文化の特色を発信している。

4)自由な想象力と創造力

日本を代表するアニメーション・映画監督である宮崎駿氏の代表作、「となりのトトロ」を見たことがある人なら、トトロがサツキとメイを抱いて、田舎を飛び回る名シーン、サツキとメイがネコバスに乗るシーンなどを覚えているだろう。これらのシーンはいずれも我々が子供のころに、夢に出てきたシーンのようで、懐かしい思いにさせられる。日本の漫画家は伝統文化から、ひらめきのようなものを感じ、想象力をはたらかせて、それを専門的な画法や絶妙な色彩術を通して、アニメ作品の中で表現し、同時にリズミカルで魅力あるストーリーを展開するのが非常に得意だ。さらに、日本人は非常に寛容な民族で、この性質が日本人の創造力につながっている。鳥取県中部に位置する北栄町は、中国でも人気のアニメ「名探偵コナン」の作者として知られる漫画家青山剛昌氏の出身地で、それに端を発した「コナンの里」構想での町おこしを行っている。同町の住民票にはコナンの透かしが入っているほどの力の入れようだ。このような日本人の創造力はなにかの経済的利益を求めるためではなく、それを心から愛する感情から出たもので、このような創造力は限りない原動力ともなる。

上記に列挙した例は日本のアニメのうち、文化の真髄や民族精神を最も分かりやすく表現している作品にすぎない。日本のアニメが世界的な人気を誇っているのは、ポストプロダクションなど技術的な面で優れている以外に、民族を代表する人格や特色を反映しているというのが最も主要な原因だろう。伝統的な民族文化が日本のアニメの「魂」となっている。これが日本のアニメと欧米諸国のアニメの違いだろう。一方、発展過程にある、中国のアニメ産業も民族文化の核心的価値をそこに盛り込み、伝統文化からその基礎、柱を探し出すべきではないだろうか。
中国のアニメ産業は現在、世界のアニメ産業という分野においては低迷しており、発展途上と言わざるをえないが、60年代は「大闇天宮」や「小蝌蚪找媽媽(おたまじゃくしがお母さんを探す)が、80年代には「ナーザの大暴れ」、「琴と少年」などが世界でも名を馳せた。これらの作品はいずれも、中国の神話小説など中国特有の民族文化と関係があり、これが中国のアニメ産業の「復活の道」への道しるべではないだろうか

米シティグループ<C.N>とスイスのUBS<UBSN.VX>は7日、初めて共同で、アジア太平洋地域のブローカー向けに決済などの一部取引サービスを提供することを明らかにした。

シティによると、ブローカーはミドル、バックオフィスのサポートが受けられるようになり、コスト削減が可能となる。

UBSのアジア太平洋地域のオペレーション責任者、アンドリュー・マーフィン氏は声明で「コストへの圧力が非常に強くなり、規制環境も厳しく急速に拡大するなか、企業は経営上のオプションの見直しをますます強く迫られている」と述べた。

シティとUBSはこれ以上の詳細は明らかにしていない。

前日の欧米株は軒並み上昇。為替相場も朝方は対ドル、対ユーロともに円高一服の動きが見られたため、前場の日経平均は9000円台を回復して寄り付いた。その後は、米大統領選結果の様子見姿勢から上値は重く、円相場の反発に伴って日経平均はマイナス圏に沈んで前場の取引が終了した。
 前場終了後から、選挙の開票状況が明らかになるにつれ、先物主導で大きく乱高下。後場は安値(8924円41銭)で始まったが、オバマ大統領の再選が確実となると、再び買い戻しが入り、以降は小動きとなった。
 もっとも、大統領選の結果が判明したとはいえ、米議会のねじれ現象など、「『財政の崖』問題をどう解決するか、不透明な要因は払拭(ふっしょく)されていない」(インターネット証券)との声が出ており、選挙結果を消化できていないようだ

スズキは、軽乗用車『MRワゴン』に、特別仕様車『MRワゴン ECO-Xセレクション』『MRワゴン Xセレクション』を設定し、11月7日に発売した

今回の特別仕様車はともに、ブラックメッキを施したフロントグリルのほか、アルミホイールを標準装備し、個性的で引き締まった印象の外観とした。また、茶色の車体色には屋根部分を銀色に塗り分けた2トーンルーフモデルを設定した。

内装には、細い縞模様をあしらった黒色の専用シート表皮や、本革巻ステアリングホイールおよびシフトノブを採用。さらにディスチャージヘッドランプやオートライトシステム、6スピーカーなども標準装備とした。

また、ECO-Xセレクションは、アイドリングストップシステムなど低燃費化技術の採用により、27.2km/リットル(JC08モード)の低燃費を実現し、エコカー減税の免税対象となる。またXセレクションは、2WD車が75%、4WD車が50%の減税対象となる。

価格はECO-Xセレクションが138万9150円。Xセレクション・2WDが129万4650円、同4WDが141万2250円。


モデルの田波涼子(39)が第2子を妊娠5ヶ月であることが7日、わかった。同日発売の『nina's Superior Over35で母になった私たちの豊かな子育て』のインタビューで明かし、自身のブログでも「30代最後の年に、念願の第二子を妊娠できたことは自分にとっては本当に奇跡のようです」と喜びを綴っている。

 田波は2007年4月にウエディング関連会社社長の野尻佳孝氏と結婚。2011年3月に第1子となる男児を出産したが、その時はつわりはほぼなかったといい「今回はなんといっても大変なのが『ツワリ』。。。初めてツワリの辛さを知りました。経験された方、辛かったですねっ!実は前回はほぼなかったんです。これもイイ経験ですね」と現状を明かしている。

 第2子を授かり「大事にゆっくり。。。とは息子がいてなかなかできませんが、また妊婦生活を楽しんでみようと思っております。これからもブログやお仕事を通してみなさんに日常の出来事や新しい発見などお話できたらいいな〜と思っています!」と、有意義なマタニティライフを送っているようだ

婚活は早く始める事が成功への近道だ。

プチ活は始めやすさをウリにしている婚活サービスを展開している。

東京婚活という近くの人と会いやすいというのはオススメのポイントである。

格安婚活というくらい料金が安いのも若い人が始めやすい。

他社との違いをよく考えて色々チェックする事が、良いサービスを選ぶ事に繋がるので要チェックだ!


 11月15日 20:00〜21:30にかけて、タワーレコード×ドレスコーズのUSTREAM特別番組『できるかな ドレスコーズ』が配信されることがわかった。

 ドレスコーズの1stアルバム『the dresscodes』の発売(12月5日)を記念した本番組では、事前にファンから募集した写真を番組中にコラージュし、タワーレコード店頭で掲出する『the dresscodes』のディスプレイを制作。さらに、志磨遼平(vo)が視聴者の悩みに答える生電話コーナー“タワレコ電話相談-ドレスコーズ編-”を実施することも決定している。

 なお、写真の応募受付は11月14日まで行っており、完成したディスプレイは12月4日よりタワーレコード店舗(一部店舗)にて設置される。



米国の映画監督、ジョージ・ルーカス氏(68)は、人気SFシリーズ「スター・ウォーズ」などを制作したルーカス・フィルム社の売却益40億5千万ドル(約3245億円)の大半を教育の慈善事業に寄付する、と発表した。寄付が盛んな米映画界でも、一度の寄付としては相当な巨額となる。

 創業者で100%株主のルーカス氏は同社の売却について、米ディズニー社とすでに合意している。ルーカス氏は「これまで時間とお金を41年間会社につぎ込んできたが、人生の新たな章においてはそれを慈善事業に費やすことをうれしく思う」とのコメントを出した。

 ルーカス氏は2010年、米投資家ウォーレン・バフェット氏と米マイクロソフト共同創業者ビル・ゲイツ氏が始めたキャンペーンの一環で、資産の大半を慈善事業に寄付することを約束していた。米フォーブス誌によると、今年9月時点のルーカス氏の資産は推定約33億ドル

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:タタ
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ta7mi/index1_0.rdf