小宮と水谷公生

December 09 [Sat], 2017, 4:28
私の保有する株がここ最近、とくに上がり下がりが激しいので、儲かりそうな株の銘柄、下がりそうな株の銘柄を自分自身で判断し、売買をしております。



まれに失敗して、マイナスになってしまうこともありますが、今のところ収支はプラスとなっています。
今の状態のまま、プラスで売り抜けられたらありがたいです。



聞いたことがあるとは思いますが、株取引には現物取引と信用取引がございます。やっぱり株を始めたばかりの人には、リスクの高い信用取引はおすすめしません。今手持ちの資金内で投資できる現物取引が絶対におすすめです。



入金した金額より損するリスクがないんですから。例えば、優待狙いで長く株を保有するのも一つの投資方法と言えます。株の売買には現物株という方法以外にも投資方法は様々にあります。オプションもその中の一つです。



これにはコールという買う権利と売る権利であるプットがあって、このそれぞれを売買でき、これら4つのパターンの組み合わせによって、自由自在に投資の戦法が組めるデリバディブ投資なのです。

かなり魅力的な投資法ではありますが、十分な知識がいることでもあります。

株に詳しくないものはその買い方が難しいでしょう。
証券会社社員から具体的な目安を教えてもらったり、株式売買をしている知り合いに相談するなどして、株式の買い方を教わると良いでしょう。
また、デモトレードを使用して、勉強してみるのも選択肢の一つかもしれません。

上昇や下落がどのくらいになるかを時間を追って確認するものとしてチャートを活用する投資家は少なくありません。例を挙げると、大幅に上髭が出現した株のローソク足はこれから、下降するのではないかと分析することができますし、ローソク足は、いつ売買したら良いかを決める材料になります。

自分は最近、株を始めたばかりの初心者でございます。
株式を買って、ある程度稼いだら、さっさと売却するべきなのか、他に、長期保有したほうが儲けになるのか分からず、未だに悩んでいます。長い間、保有していると、優待による利益もありますし、苦悩するところです。株式について書かれた本を何冊も分かるまで読んだ上で、株式投資の初心者が投資をする場合、スイングトレードと呼ばれる投資方法を選ぶ人も多いことでしょう。
スイングトレードは儲かる時には大きな利益を得られるので、かなり人気がある投資方法です。もちろん、いつでも利益が得られるわけではありませんから、損してしまうケースもあります。


株を所持する場合、自身の資金に対しての利回りを意識するのではと思います。銀行に預けるとしてもあまり利息がつかない現在では、定期預金や国債、投資信託や債券に比べ、利回りの良いものでなくては投資の意味がありません。



しっかりと利回りを意識しながら投資をすることが重要なのです。
信用取引は現物株や現金を担保にして資金以上の取引、空売りが可能なことが大きい特徴です。
特に空売りというのは、下落相場において大きな力を発揮し、うまく利用することで相場が上がっても下がっても儲かる武器となります。



その一方で、資金以上の取引は借金と同じなので、初心者は資金管理をきちんとすることが大事です。


株式投資を行う場合には、単元株式ではない、ミニ株に投資する手段も存在します。単元株では、購入する金額が高すぎて購入できない株式を入手したい時には、ミニ株でちょっとずつ購入する方法によって一度に大きな金額を用意しなくてもほしい銘柄を買い取ることができます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:カナタ
読者になる
2017年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる