みゆきちで進(すすむ)

October 20 [Thu], 2016, 8:43
" 親父が病気をしてから「大野屋」とは何年か通いながら話し合いをしてきました。葬儀の体験入門に「花で送る家族葬」があったので、体験しに行って、おいしい料理を頂いた事があります。
 そこで「花で送る家族葬」が気に入って見積もりをしていましたが、父親が亡くなった日がゴールデンウィークに入る為、急いで火葬しないと火葬場が休みに入るというので、急遽、普通の「親族だけの家族葬」にしました。
 父親が亡くなって、大野屋に連絡した後、すぐ霊柩車を手配してくれて、大野屋にある霊安室に一時的に置いてくれました。その手際の良さに感心するばかりで、頼んでよかったと思いました。
 本当にするつもりだった「花で送る家族葬」は総額120万円でした。しかし、連休に入るので、遺体をいつまでも置いてもお金がかかるだけで大変だからと、思い切ってお通夜無しの葬儀となり、あっという間に葬儀は終ってしまいました。
 総額は55万円で、お金は助かるし、お別れを惜しむ暇もなく、すぐに火葬場へ行ったから、天国にいる?父親が怒っていたかもしれません…。
 実際に体験してみて、葬儀に関してはやはり葬儀屋に任せるのが一番だと思います。家族がどうしていいかわからない時は、葬儀屋が前に打ち合せした通りの事を実行してくれる。また、うちの家族のように予想外の事が起きても、葬儀屋は、何回も家族と話し合いをして納得するまで打ち合せをしてくれる。
 さすが、この葬儀屋は随分自信を持って実行してくれているんだと、この「大野屋」には感謝しています。だから、ぼったくりなどの問題はありませんでした。
 "
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:悠
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ta3nwn3eaebywe/index1_0.rdf