みやこと半沢

June 04 [Sat], 2016, 9:17
転職理由は、書類選考や面接の際に大変重要です。相手が納得するような理由でないと評価が落ちます。ただ、転職する理由を聞かれたとしても答え方がわからない人もきっと多いはずです。ほとんどの人が履歴書を書く際や、面接の際に、悩まされるのが、この転職理由になります。
どのような転職する理由がふさわしいかというと、まず、心から転職したいと思ったわけを書き出してください。正直に話すわけではないので、深く考えずに、紙に書きましょう。その次に、その内容をできるだけ暗くならないように言葉の使い方を変更してください。転職理由の部分が長いと言い訳のように聞こえてしまうので、長くなりすぎないようにしましょう。
辞める理由が長時間労働だという場合は「生産性に重きを置いた仕事を希望したい」、仕事を辞める理由がやりがいを感じられないという場合は「新しい職場で成長したい」といいかえればイメージは悪くありません。言いかえることでネガティブな転職理由も、肯定的なものになります。履歴書記載の注意は、理想は150文字から200文字程度です。
転職するための活動は、在職中から始めて、転職先が決まってから、辞めるのが一番です。退職してからの方が時間の自由がききますし、時間をおかないで働くことができますが、転職先がすぐに決まらない事例もあります。職の無い期間が半年を超過してしまうと、さらに就職先が決まりづらくなりますから、退職後のことを考えないで今の仕事を辞めないことをお勧めします。
人材紹介会社を通して納得のいく転職が出来た人も多く見られます。転職活動を一人きりで進めるのは、辛い気持ちになることも多いです。転職先が見つからない状態が続くと、何がいけないのか、どう改善したら良いのか分からなくなることもあります。人材紹介会社を頼った場合、自分の状況に応じた応募先を教えてくれたり、有効なアドバイスをくれることが期待できます。
面接の場では、身だしなみには細心の注意を払ってください。清潔感のある装いで面接にチャレンジするということが大事です。平常心ではいられないと思いますが、模擬練習をしておき、本番に備えるようにしておいてください。面接の際、質問されることはほとんど決まっていますから、事前に、答えを想定しておくことが大事です。
転職しようとする際に、求められる資格は、専門職以外はそこまで多くないようですが、持っている資格を有効に使って働くことができるということでは、やはり、国家資格が有利なようです。それと、建築、土木関係の場合、「業務独占資格」の建築士などに代表される、該当の資格を有していないと実際に仕事につけないという仕事が多くあるので、狙い目となっているかもしれません。
異なる業種に職を変えるのは難しいと考えている人が多いですが、実態はどうなのでしょうか?結論をいうなら、異なる業種に職を変えるのは簡単ではありません。同じ採用試験に経験者と未経験者が来た場合、経験者を採用するのが一般的でしょう。ただ、確実に不可能というわけではないですから、努力の仕方によっては異なる業種に職を変えられることもあるものです。
転職しようとする場合に有利になれる資格はどれかときかれれば、社会保険労務士や公認会計士が良いとされます。これまで築いてきた経験を使った転職活動を考えている人にもおすすめしたい資格です。社会保険労務士という資格があれば、総務、人事関連の仕事に就職しやすくなりますし、公認会計士の資格があれば財務や経理関係の仕事を得られやすくなります。
普通、転職する際に、有利だと思われている資格に中小企業診断士があります。中小企業診断士となることで、経営に関する知識を証明することができるので、自分は会社にとって貴重な戦力になりうると扱ってもらうことができるでしょう。法律に関する知識が豊富な行政書士やお金に関するあれこれに精通するファイナンシャルプランナーも、転職の大きな味方となるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ショウ
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ta1iprpieelcso/index1_0.rdf