緑川の葛西

April 07 [Thu], 2016, 20:15
異業種に職を変えるのは困難であるというイメージが強いですが、実態はどうなのでしょうか?結論から述べますと、違う業種に転職するのは難しいものです。経験者と未経験者の2名がいた場合、人事担当者は、経験者を選ぶことが多いです。ただ、確実に無理というわけではないので、努力をいとわなければ異なる業種に職を変えられることもあるものです。転職するための活動は、在職中から始めて、転職先が決定してから、辞職するのが理想でしょう。退職してからの方が時間の自由がききますし、すぐ働けますが、すぐに転職先が決まらない場合もあります。職の無い期間が半年以上を過ぎると、就職先が減少していきますから、後先を考慮せずに今の仕事を辞めないようにしてください。仕事を変えるとなると面接を受ける必要がありますが、その時は清潔なイメージの恰好をして前向きに生きている方だと思わせるように思わせましょう。聞かれそうなことは最初から用意されていますから、先回りし、青写真を描いておいて、きっぱりと説明できるよう心得ておいてください。しどろもどろになったり、弱気なしゃべり方はご法度です。胸を張っていきましょう。転職をする際に求められる資格は、専門の仕事以外だと、そこまで多くないようですが、持っている資格を有効に使って働くことができる点では、やっぱり、国家資格が強いようです。それから、建築や土木系だと、建築士のように「業務独占資格」と言われるような、その資格を有していないと実際に働くことができないというような仕事が多いので、狙いやすいかもしれません。転職サイトを活用すると、情報誌やハローワークにはない求人情報を入手できる可能性が高いです。それから、より効果的に転職を達成するためのアドバイスをもらうこともできるのです。コストはかかりませんから、インターネットできる環境があるのに活用しない手はないでしょう。転職先をリサーチする一つの手段として、ぜひとも活用してみましょう。転職する理由は、書類選考、また、面接において大変重要です。相手が納得するような理由でない場合評価されません。でも、転職したい理由を質問されても上手に言えない方も多いかもしれません。多くの人が、履歴書を書いたり、面接をしたりする時に、この転職理由のために苦労します。より良い仕事につくために取っておくと良い資格もあることですから、まず取得し、それから転職するのがいいかもしれません。別の分野へ転職を希望する人なら余計、未経験なのですから、他に志願している人達の方が有利になるので、その仕事をするのに役立つ資格を取得し備えておけばいいですね。資格があれば絶対に採用されるとは考えられません。普通、転職する際に、有利とされている資格の一つに中小企業診断士があります。中小企業診断士の資格があれば、経営に関する知識を証明することができるので、自分は会社にとって貴重な戦力になりうると認めさせることができます。法律に関する知識が豊富な行政書士やお金に関するあれこれに精通するファイナンシャルプランナーも、転職するとき、大いに助けとなるでしょう。余裕のない気持ちで転職活動をすると、慎重に検討する余裕がなくなって、とにかく何かしらの職に就きたいと年収の低い仕事を選びがちです。その結果、前歴よりも年収が低くなることも多いです。これだと、一体何のために転職したのかと後悔したくなるでしょう。所得を増やしたいと思っているのなら、心にゆとりをもって仕事を探しましょう。職場に秘密で転職活動をしながら心は新天地へと向いているけれど、うつ病と診断される人もいます。うつ病の症状をかかえてしまうと、治療は医師との共同長期計画のようなものになりますし、生活費のことでもっと心配ごとが増えます。転職のために応募を何箇所かしはじめる活動をしていると、もう自分にはほかの職場がないような光のささない感覚になって、自分の置かれた状況を客観視できずにすべてが暗闇に思えることも多くあります。自分ひとりでなんとかしようと行動を続けずに、苦しみの初期段階で、相談員のいる専門の窓口で悩みを打ち明けてみましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:悠希
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ta1errstnjcoec/index1_0.rdf