浜と桂

July 05 [Wed], 2017, 19:53
看護師として働いている人は、数万人存在しますが、それに反して、看護師という資格を所持していながらも、就職していない人が五十万人以上いると言われています。日本で4万人の看護師が足りないと認識されているので、ほんの少しの人でも職業として働くことができれば、この問題は、多少なりとも解決できると思います。


卒業後、看護師の受験資格を取得できる機関には看護学科を持つ大学と専門学校があり、それぞれ違った特色があります。


まず、大学はどういったところかというと、最先端の医療について等、より専門的な内容を学ぶことができるという点と一般教養科目によって、さらに幅広い見識を深められるという点にあります。それに対して専門学校は、実習が多いので実践的なことを学ぶ機会に恵まれており、すぐに戦力として使える人材になれるでしょう。
さらに学費に関していえばなんと大学の学費の十分の一程度です。



病棟勤務に就いている看護師の勤務形態ですが、2交代制か、最近は3交代制の方が多いようですが、交代制を敷いてもれなく夜勤業務に入ることになるでしょう。


夜勤ならではの特徴としては、日勤と比べて人手がだいぶ減ってしまい、また、夜中になって容態が急変した重体患者が出たりなど、通常の作業ではない、不測の事態への対応が増加することになります。そうした中で、通常の業務も並行して行なうことになり、全体の作業は、おそらく日勤を超えるでしょう。近年の高齢者増に伴い、福祉施設でも看護師の募集人員は増加してきているのです。それに、人員が多数所属する会社になると医務室などにも看護をしてくれる専門職の方がいて、健康診断や健康相談、ストレスなどによるメンタルケアを担当しています。こういった場合、その会社の社員として所属することも決してなくはないでしょう。看護師からしてみればお仕事、育児の両方をしっかりとこなすのは困難な問題といえます。



どんなに病院で仕事をしたいと思っても、育児をやりながら、看護師の職責を果たすというのは、実に様々な問題が生じてしまいます。
仕事と育児の両方をこなすのは自分だけの問題としてよりも医療全ての問題として実践する必要があると思います。

看護師さんは大変な仕事が多いですね。
くれぐれも過労死をしてしまわないように体調を管理したほうがいいでしょう。待遇に不満があるなら、別の病院への職場を変えることを考えてみてください。


重大な病気になれば、バリバリと働くことも難しくなります。ご自身の体は周囲の誰も守ることができません。
転職活動の場面においては、看護師であっても当然、履歴書が要りますが、注意すべきことがあります。
何だと思いますか?それは、履歴書の項目の中でも特に大事な「なぜその職場を志望したか?」についてどう書くかということです。
雇用条件であったり、労働環境であったりが良かったのが志望のきっかけだとは言わずに、研鑽に励みたいという理由や今までやってきたことを活かすことが出来そうだというような理由など前向きな印象を受ける内容が適すると思います。
医師の資格保有者がしていたことを看護師がするようになり、仕事内容が充実化しています。
様々な業務に加え、相次ぐ患者の急変への対応に追われ、休みの日も取りにくく、帰宅できない日も増えているそうです。



結婚や出産をした人の立場からみれば、家事や育児にプラス仕事は、つらいものがあります。



ますます仕事を辞める者が増えてしまい、看護師不足の問題は解消されません。妊娠している可能性のある看護師には、特に気を付けてほしい事としてとにかく、放射線被曝には注意しなければいけません。
放射線治療やCT、エックス線撮影をはじめ、病院内で働く限り、危険はいろいろありますので、注意するに越したことはありません。もう一つ、薬のことも病院で患者に接する中、薬にふれる機会も数限りなくありますから、軽く考えない方が良いでしょう。また、立ち仕事をはじめ、何かと忙しく無理をしやすい仕事なので、母体への負担が大きいあまりに、流産や早産になることも多いのです。


それを踏まえ、妊娠期間中だけでも、きちんと休憩を取って無理をしない勤務を徹底してください。ナースはいつもスマイルを保つことが大事なのです。
病院に来る患者さんは心細い気持ちで苦しんでいるケースが多数であったりします。

看護師が笑顔でいたら気持ちが安らぎます。


常ににこにこ笑顔で患者に接してあげてください。
高齢化社会が進み、福祉の現場でも看護師たるものはとどまることを知らないのです。
それに加え、大企業になると医務室には看護師がいて、様々な角度から健康、ストレスなどのサポートをやっています。



このような事象では、その会社の一員になる可能性もあると言えるでしょう。看護師が働き先として違う病院を探す場合にも、公共職業安定所で相談したり、求人情報誌などに目を通して探そうと試みるのが多くの人がしていることだと思います。
でも、気をつけなければいけないのは求人を出すのが、このような媒体の病院というのは珍しいくらいです。

公共職業安定所や求人情報誌などで募集をかける病院は給与面などの条件、職場環境に問題があり、応募してくる看護師さんが少ない病院がほとんどです。

修学旅行やツアーにお供し、病気や怪我などの応急処置や病院への手配をしてくれる看護師もいます。



子供がいる結婚している人は土曜日日曜日の休みがあったり、夜勤がないという勤め先を希望しているものです。病院とは違った場所で働くには、その場面に最適な専門知識を習得している認定看護師や専門看護師の資格があれば、雇用がされやすくなっています。


看護師の働くところといえばホスピタルという印象が大部分が思うことでしょう。また、ナースの資格を活かせる職場は、病院以外にもそれはあることです。


保健所で保健師とのチームプレーで地域の住民の健康上の様々な対応をするのもナースの役割です。また、福祉施設にはドクターを確保しているところは少なく、だいたい全部の医療行為を看護師が行います。

病棟勤務と外来勤務では、看護師の作業内容はまったく違ってくるものです。

という訳で、例えば病棟勤務をこなしてきた人なら、再就職をした時も、前の経験を買われて病棟で、ということにはなりやすいです。あるいはまた、特に採血が得意であるなど、できることを雇用者に知らせておけば、得意なことを最も活かすことができる場所で働けるようになるはずです。
仮に、いつでも夜勤が歓迎である旨を伝えるとしますと、ほぼ病棟勤務ということになるでしょう。
そうした仕事の中身により、給金の額も増減することを視野に入れつつ、とにかく希望することなどがあれば、言っておくべきです。



看護師というのは今でも人手不足です。この人手不足をどうにかするには、看護師の資格がありながら何かしらの理由で、看護の仕事から離れている人に、もう一度、看護師としての仕事に就いてもらうのが良いと思われます。ライフスタイルに合わせた柔軟な働き方が可能なように、医療機関が良くしていくことが大事でしょう。看護師の不足は十分な医療を提供できないという意味では社会問題と言えます。

原因としては、仕事に追われる看護師の厳しい労働環境があります。



近年、看護師の医療行為が解禁されたことで看護師一人にかかる仕事量が増加し、仕事に拘束される時間も長くなり、休みを取ることも難しいのが現状です。
また、子供を出産後、夜勤で働きながらの育児は困難だとして、職を辞する人も多いのです。看護師が引っ越しによって転職する場合、よく知らない場所での転職先探しは大変苦労します。職場環境やその土地での評価などを己の力で、全部調べるのはたぶんできないでしょう。
近隣の市町村で探す時でも、希望条件に適う転職先を探すと、予想したよりも求人の情報が少なく、びっくりするでしょう。
看護士が許可されている医療に関連した行為は、今までは、限定されて行われてきたのです。ですが、ドクターの数が足りないという理由もあり、すぐに対応ができるよう気管の点滴を行うなどの一部分の医療に関する行為を行えるようになるようです。
許されるようになった行為は、研修を決まった時間行って、欠点などのないようにしてから自身の判断で出来るのが特徴です。

どうして、看護師は動いている時間が長いのでしょうか。事務の仕事をしている人と並べると動く量が多いといえます。

患者さんをストレッチャーや車椅子で移動させたり、ナースコールでの呼び出しがあったら、即病室に駆けつけたりするためだと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Issou
読者になる
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ta0a3lrrtwe5el/index1_0.rdf