自然。 

October 19 [Sun], 2008, 1:58
シンシナティに来てもう1ヶ月が経ちました。
最近は結構冷え込んできて貴子のルームメイトも風邪でダウン・・・

だいぶここの生活にも慣れてきて、Pridonoff(新しい先生です)ともこれからの計画や方向性などを話し合い、一緒にがんばって行けそうです。Pridonoffはヨーロッパや日本など世界中でも教えているので日本の状況も理解してくださり、とても助かっています。

とはいうもののここは都会、シンシナティ(少なくとも貴子にとっては)。周りは背の高い建物ばかりで空がよく見えません。Fredoniaという空がきれいなことが一番の特徴のような場所から来たのでこの空の見えない場所でどう生き残っていくのかが結構課題だったりします。
Fredoniaは本当に何もないところだったけれど、空や草とか花とか木とか、そういう何気ない自然のものが気づかないうちに心の栄養になっていたんだなーと思います。そして北海道も同じ。
ということで来週末にどこか自然のあるところにいこうと友達と計画中。

勉強は、音楽クラスが結構大変。。。自滅しないようにがんばりますが。
これからPiano Pedagogy(ピアノ教授法)のProjectのために友達と打ち合わせ。
では行ってきますー

Korean School!? 

September 27 [Sat], 2008, 11:44
学校が始まって今日が3日目です。
ここ、Cincinnati College Conservatoryは韓国人、中国人がものすごくおおいです!
特にピアノ専攻は半分くらいが韓国人、留学生が大多数です。
学校のランキングが就職にも影響する韓国では、アメリカでもトップクラスといわれるこの学校を卒業すると韓国に戻ったときの大学の教授職はほぼ確実に手に入るらしいです。だからみんなここに留学しにくるんだとか。
勉強は、かなりたいへん。伴奏がまったくないのはいいんだけれども、単位も多くとっているし、課題やreadingの量が半端じゃなく多いです。今回は中国語、生命科学、人間地理学と3つのacademic class をとっています。どれも宿題多いです。。。。特に音楽クラスはFredoniaで楽をしていたぶんこっちでもっとintenseなクラスをとらなくてはいけなくて、練習どころじゃない感じかも・・・早くなれればいいんですが。。。

ピアノ学部ではチャイコフスキーコンチェルトコンクールが再来週辺りにあるらしく、あちこちからチャイコが聞こえてきます。studioクラスでも何人かの演奏を聴いたけれど、いい曲だなーと改めて思いました。

キャンパスはとてもきれい。でものすごく大きいです。。
写真撮ったらupしよう。
では☆
Have a great weekend!!

3年目。 

September 16 [Tue], 2008, 20:30
なんて早いんだろう。
昨日から新しい場所で3年目の留学生活が始まっています。
今はオハイオ州のシンシナティ大学にいます。その中に属する音楽院にかようことになります。
明日から留学生オリエンテーション。。ルームメイトも新しく来た韓国人で一緒に参加します。。
彼女、高校はロンドンに行っていたらしく、高級な香りが漂っています。
学校そのものも、フレドニアのほんわかした感じではないかも。別世界、目がきりっとしたアジア人がいっぱいいます。これからどうなるかわからないし、キャンパスは大きすぎて迷いそうだけど、とりあえず前に進んでいこうと思いますー。
では行ってきます!

レパートリー(英語版) 

August 14 [Thu], 2008, 11:45
Scarlatti Sonata K.9, 96

J,S Bach
Chromatic Fantasy and Fugue BWV903
Toccata BWV913 D minor
Weltempared Clavier
Inventions and Sinphonia

Mozart      
Sonata K.310, 332, 333

Beethoven    
Sonata Op.81, 101
Variations WoO.80

Liszt        
Transcendental etudes
            No. 4 Mazappa
            No. 5 Feux Follet

Chopin          
Waltz
Etude Op.10 No. 1,4,5, 8,9,10,12
Op.25 No. 1,4,8
Andante Spianato and Brilliante Polonaise Op.22
Fantasy Op.49
Mazurka Op.50 No.1
Ballade No. 4 Op.52
Polonaise Fantasy Op.61

Brahms
Sonata No.3 Op.5
Rhapsody Op.79 No.1, 2
Op.119 No.4 Rhapsody

Schumann
Sonata No.1

Mendelssohn
Rondo capriccioso Op.14
Songs without words Op53-3 `Agitation’
Op.67-4 `Spinning song'

Weber
Rondo brillante "La gaiete" Op.62

Prokofiev
Sonata No.7 Op.83

Stravinsky
Three movements from Petrouchka

Kabalevsky
Sonata Op.46

Bartok
Sonata

Ravel
Mirrors No.3 Une barque sur l’ocean
No.4 Alborada del gracioso

Szymanowski
Mazurka Op 50 No.2

Janacek
In the mist

Gorezki
Sonata No.1

Kapstein
Sonatina Op.100

充電中☆。 

August 12 [Tue], 2008, 6:39
こんにちは!
久々にパソコンを開いてみたら2ヶ月も日記放置してたんですね・・・!
全然新年の目標が実行されていません、貴子です。

というのも6月の終わりからちょうど2,3,日前まで、アメリカのChautauqua音楽祭に去年に引き続き参加しまして、自分のパソコンは持って行ったのですが何故かインターネットがつながらない事態になり、日本語が全く使えない状況だったのです。ルームメイトのパソコンを借りてメールチェックはしていたのですが彼女のパソコンは中国語対応ですから英語と中国語以外は使えず。。。

予定ではアメリカにそのまま残る予定だったのですが、事情があり日本に再び帰国しています。編入先の学校が9月まんなかから始まるのでそれまでは普通に家にいる予定です☆

Chautauquaでは去年と同じように、後半に国際コンクールがありました。セミファイナルもファイナルもリサイタル形式、曲も違うしあいだも1日しかない(当たり前か)しファイナリストにとってはかなり過酷なコンクールでしたが何とか終わりました。。。上位5人のファイナルまでは残ったのですが、ファイナル全体の結果は1位のみ、2,3位はなしという異様なことに。politicsがちょっと入っていたらしいですがそういういみでも、いろいろ学んだコンクールでした。でもどんな結果であろうと、クラシック好き、さらに言えばピアノ好きのお客さんあってのピアニストですから、コンクールで勝つ以前に、お客さんに楽しんで貰えることが1番なんだとはいつも思いますが。


これはいつもマスタークラスが開かれるpiano departmentのメインの建物。通称Sherwood。

ここでまた多くの才能あるピアノ弾きや審査員やマスタークラスをしてくださったピアニストたちと出会えて、得たものはかなり大きいです。確かにここは厳しい世界ですが、じぶんのやりたいことをせっかくやらせてもらってるので、自分が満足するために、自分のために悔いのないようにしようとも決意しました。

それにしてもChautauquaは本当にユニークなところです。
問題が全くないわけではないのですが、クラシック音楽愛好者を増やす意味でも、本当に良く成り立っています。
日本でもこのようなことができたらすばらしいのですが、全く同じ事をするのはかなり厳しいかも・・・。

これから1ヶ月はしっかり充電しつつ来学期に備える感じになりそうです。

それではよいお盆休みを!!



さて。 

June 19 [Thu], 2008, 23:25
すっかりご無沙汰してしまいました。
日本滞在も明日で終わりです。

あさってから去年に引き続いてシャタークワ音楽祭に行ってきます。
今年はソロ部門が開催されるようで1時間以上のレパートリーを持って行かなきゃならないんですが
こんなブログ書いている時間がないほど練習しなきゃ、かなりやばいです・・・

でも日本にいる間は1年分のお買い物をしたり、定山渓に行って1年ぶりの温泉に行ったり、友達にも会えたりしたのでかなり充実していたと思います。
おそらく来年のお盆あたりまで帰ってこないので、これを糧にまたがんばってこようと思います。

去年帰ってきたときと比べてもっと中立的に日本とアメリカを見比べることができるようになった分、今回の一時帰国は結構さめた心境かも知れません。
あんまり驚かなくなったというか、感動しなくなったかも・・・年かな???

でもやっぱり自分の生まれ育った国が一番ですね。
それはたぶん一生変わらないでしょう。
将来この国で自立して生きていけるようもう一踏ん張り。

休みの間に貴子に会ってくれたみんな、どうもありがとう☆
そうやって貴子のことを覚えていてくれていて、みんなと同じ国にいないのに気にかけてもらえる私は幸せです。そして何度も言うように(?)夢に向かって、目標に向かって考え努力しているみんなを尊敬しているし誇りに思います。今努力している分野は全然違うけれど、一番の根本にある思いはみんな同じだと思います。貴子も負けずにがんばります☆

近況報告。 

May 11 [Sun], 2008, 23:10
すっかり春めいてきたと思ったら学校の花も散り始めて
気づいたら5月です。
こんにちは、あと1週間で今学期も終わりです。


練習室から見える花も満開だったのに今は散り始めています・・・これは1週間くらい前のもの。

先週はLizのリサイタルでバイオリンの伴奏をさせていただきました。(フォーレバイオリンソナタ1番☆)
その前は別のバイオリンリサイタルの伴奏したりそれなりにステージでひかせていただける機会がありました。
きのうピアノの学期末実技試験も終わり(ショパンEminorコンチェルト☆)後は中国に向けて練習するのみです。。

今週末、ミシガン大学のローガンスケルトンという先生のところにプロコフィエフの修行をしにいってきます。そして来週から10日間くらい、中国の四川音楽院で開かれるAmerican Chinese International Piano Instituteなるものに参加してきます。今はそれに向けてかなり必死。。あまりのひどさに撃ち殺されないようがんばります。。中国のが終わったらいよいよ日本に帰国です。シャタークワが始まるまで、6月1日から21日まで、3週間の滞在です。
そのあと去年に引き続きシャタークワ音楽祭に行ってきます。


あと、次の学期からオハイオ州民になることが決定しました。
シンシナティ音楽院に転校します。
今はいろいろとまだsetting中ですが。。。

それではよい1週間を☆

Refresh☆ 

April 12 [Sat], 2008, 14:03
アメリカに来て1年目、つまり去年は、見ることもやることもすべてがどきどきわくわくで
毎日ハプニングの連続だったんだけど、
なれてきた2年目になると要領もわかってくるので毎日が地味に感じられます。
そんな中、ちょっと挑戦者になって先週ニューヨークに行ってまいりました☆
悔しい結果に終わってしまったけれど、ただでは起き上がりません。。
もっとパワーアップして戻ってきてやると決意しました。

ヨーロッパはわからないけれど、アメリカのピアノ学生は中国人かアメリカンチャイ二ーズに支配されているような気がします。
アメリカの国際コンクールの優勝者、韓国人もすごいけど中国人もすごい。。
日本人は参加者すらあまりお目にかけません。。
日本人はみんなヨーロッパに行っちゃうからでしょうね。。

ニューヨークシティ、今回3回目ですが行く度にこの町がすごく好きになってきてる気がします☆
PTNAのホームページに、19世紀のパリを「最高の富と最低の貧困のある都市」と形容していた部分があったけれど、それはいまのニューヨークに当てはまるんだろうなと思いました。
ハーレムと超高級住宅街が隣り合っているまちですからね。


Manhattan School of Musicのある通り。Music Schoolの向かいはコロンビア大学、隣は有名女子大のBanerd大学など有名な大学が続きます。


セントラルパークから5th Aveのスタート地点。
この通りが銀座っぽくてすごくすきです。この隣にapple storeがあります。

フレドニアと違って地下鉄、電車がどこでも通っているので自分の足で行きたいところへいけます!
それがすごく嬉しい!
今度はいつ行けるんだろう・・・そう思いながらフレドニアに戻ってきました。

それではおやすみなさい☆

ホームコンサート♪ 

March 27 [Thu], 2008, 14:01
今日はWNYCOという地元のオーケストラの募金コンサートでひかせてもらいました。
前もってチケットを予約していた人たちがミセスイーストの家で、手作りのご飯を食べて、演奏を聴くっていう、ホームコンサートみたいな、すごくカジュアルな感じで弾いている方もホールでひくよりリラックスして楽しんでひけました。

アメリカって、お金のある人が演奏家や友達を自宅に招いて、ホームコンサート権お食事会をするのが結構頻繁あって、シャタークワでもそういうところでひかせてもらえたんだけど、クラシック音楽がホールでかしこまって聞かれるものじゃない、気の知れた友人同士で家でもっと身近に聞けるものなんだって認識されているってことですよね。今回ひくチャンスを与えていただいたミセスイーストに感謝!

休みが終わってしまう前に哲学の宿題も終わらせなくちゃ。。
それではまた!

休みだ! 

March 23 [Sun], 2008, 12:59
ということで今日からspring breakです☆
みんなおうちに帰っているので留学生しか大学には残っていません。。
練習してたら夜11時くらいにuniversity policeにもう建物を閉めるからとか何とかで追い出されてしまいました。。いつもは朝4時くらいまではいても何も言われないのにbreakだからですかね。
そして明日はイースターだそうですね。
大学のスタバもしまってしまいます。。。
コーヒー飲めません。
なぜかアメリカに着てから毎日コーヒーを飲むようになりました。
どこででも売っていてみんな飲んでるからかな。
あと眠気覚まし。
去年の今頃はコーヒーがないと昼間でも起きていられないほど忙しくて睡眠不足だったので
ほんとうにコーヒー漬けでしたね。
今はちゃんと寝ないといい練習ができないんでいっぱい寝てるけど。

ということでもう寝ますー
good night☆
2008年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像Akina
» 自然。 (2008年10月19日)
アイコン画像ママちゃん
» 充電中☆。 (2008年08月12日)
アイコン画像takako
» Refresh☆ (2008年04月19日)
アイコン画像のな
» Refresh☆ (2008年04月14日)
アイコン画像takako
» ホームコンサート♪ (2008年04月01日)
アイコン画像MASON HALL
» ホームコンサート♪ (2008年04月01日)
アイコン画像ヤマダミツタケ
» ホームコンサート♪ (2008年03月28日)
アイコン画像takako
» 休みだ! (2008年03月25日)
アイコン画像chika
» 休みだ! (2008年03月24日)
アイコン画像takako
» 休みだ! (2008年03月24日)
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:徳田貴子
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
読者になる
4歳よりピアノを始める。 日本国内の各種子供コンクールに入賞。 14歳のときにヨーロッパ研修旅行に参加。プラハ、ウィーンにて演奏する。2006年、北海道北広島高校を卒業し渡米。2007、2008年と連続で、シャタークワ音楽祭に参加し両年ともにシャタークワ国際コンクールで上位5人のファイナリストとなる。2006年から奨学金を得てニューヨーク州立大学フレドニアにて学ぶ。ピアノをFr.Sean Duggan、室内楽をPhyllis East、Janet Sungに2年間師事。2008年9月よりシンシナティ音楽院に奨学金を得て編入。Pridonoff夫妻に師事する。日本ではこれまで宮澤功行、宮澤陽子、木村真由美に師事する。またこれまでElizabeth Pridonoff, Rebecca Pennys, Monique Duphil, Logan Skelton, Richard Goode, Sara D Buechner, Alan Chaw, Svetozer Ivanov, Jan Novotonyをはじめとする多くの著名なピアニストのマスタークラスや個人レッスンを受ける。
Yapme!一覧
読者になる